モトクロス

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2013/05/09(木)
また昔話でも(^_^;)

まだYZ125に乗っていた時の事である。

社長からお客さんをコースに連れていってほしいと言ってきた。

確かに店のお客さんで何人かオフロードバイクに乗っている。

そのお客さんがコースを走ってみたいらしい。

当然インテリメカニックも一緒に同行するとか( ̄◇ ̄;)

コースに行くと言っても平日。

平日に行けるお客さんだけ集まり私のトランポと店のトラックにバイクを積んでコースへ(千葉)

天気は晴れでコースコンディションも良い(^.^)

コースに到着しバイクを下ろし着替える..

お客さんにコースの回り方を教えて最初は先導(3周だけ)(^_^;)

先導周回が終わりこちらは徐々にペースアップしていく。

たまに休憩している時にインテリメカニックが一部のお客さんに8の字走行を教えていたのだが..

ほとんど徐行みたいな速度なのに足を出させて曲がらせている( ̄◇ ̄;)

もっと基本の低重心を教えるのが先だろ( ̄◇ ̄;)

インテリから教わっているお客さんが可哀想(^_^;)

まあ形から入りたい人なら別だが(^_^;)

午後の走行になりDT125(3ET)のお客さんが「○○さんはレーサーに乗っているから速く走れるんだ。DTとYZを交換すれば勝てる」と言ってきた(^_^;)

確かにレーサーは市販車に比べたら馬力規制もないし無駄な物がないからその分速いだろう。

でも扱えなければ猫に小判、豚に真珠である。

まあいいだろうとこちらも「その条件にのった」と返す(^_^;)

いきなり競争するのも悪いのでYZで少し走らせてみる。

様子を見て一度休憩させてからコースIN

当然こちらはコースに慣れているのでハンデでコース半分ほど先行させてからの発進。

コースで初めて走るDT125..

吹け上がりは仕方ないが全体的なトルクはYZより上に感じる。

だからと言って決して遅くはない。

直線の速度ならYZより上である。

ジャンプも余裕が有りあまり苦労しない。

アップダウンの激しいコースだがこのトルクを生かせれば問題なく走れる。

なんて考えながら進むと先行者が1周する頃にはもう後ろにくっついてしまった(^_^;)

2周目に突入した所の直線で勝負をかけるので手前のジャンプで勢いをつける。

そのまま直線をフル加速していくと簡単にYZは後ろへ(^_^;)

扱いきれてないYZはDTの敵ではない。

そのままぶっちぎりで2周してコースOUTし休憩(^_^;)

するとYZのお客さんもコースOUTしてきた。

お客さんが「速いバイクに乗れば速く走れると思ったのに..」とブツブツ

こちらも「転倒しないだけでも良かったんじゃない(^_^;)DTも速いよ」とフォロー

それから夕方近くまで走行し途中で休憩しながら帰ってきた。

週末にコースへ行ったお客さんが来店。

次の日は筋肉痛が辛かったらしい(^_^;)
スポンサーサイト
2010/12/25(土)
YZ
バイクが新しくなって自分とのタイミングが良くなった感じ^_^;
フワッと踏み切る感じで気持ち良い(^_^)
2010/11/14(日)
YZ125(87)
83YZ125(中古)でモトクロスに嵌ってしまい2年ちょっと頑張っていたが86年の後半で新型を買っちゃいました(^_^)
白いフレームの87YZ125!!
写真は千葉のコースの駐車場へ初降ろしで長女を乗せてカシャッ
走行前なのでピッカピカ(^_^)
2010/10/15(金)
ジャンプ
ジャンプの踏み切りで失敗するとこんな感じになる(>_<)
空中でトライアルをやっている訳ではありません^_^;
こうなるとど素人の私では何も修正出来ないので運に任せるだけ^_^;

ちなみに着地した時にハンドルから手が離れて怖い思いをした^_^;
2010/10/14(木)
ジャンプ
大分ジャンプで飛距離を出せるようになってきたが・・・
プロのように前に飛ぶジャンプが出来ない(・_・;)
ど素人は加速の勢いで跳ぶしかない^_^;
これがかなりのリスクで非常に危ない。
ジャンプ台の傾斜が緩ければいいのだが傾斜がきつくえぐれていると上に向かってのジャンプ(>_<)
写真はその傾斜がきつくえぐれたジャンプ台でのジャンプ。
飛距離を出そうとして勢いだけで上にピョ~~~~~ン(>_<)
おまけにハンドルを引いてしまった^_^;

かっこわりぃ^_^;

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ