限定解除

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2010/06/26(土)
天気は雨(大粒)(・_・;)
いつも通り受付を済ませ待機。
一緒に待機している連中が「雨だよ。嫌だなぁー」と言っているが、泥の怖さを知っている私には別にたいした事とは思ってなかった^_^;
時間がきてコースへ。
試験バイクはCB750KとGSX750E。
今回も100人くらいかな。
試験前に若い検査員から受験生へ「雨でビビっている人は居ませんか?のろのろ走られても合格しませんからそういう人はお帰り下さい」
受験生・・ざわざわ・・・
こういうお役人の上から目線が気にいらない!!
私「飛ばしても良いって事ですか?」
検査員「法定速度内なら」
お役人らしい返事である。
そんな会話を聞いていた受験生の15人くらいはその場で帰ってしまった。
試験が始まり走っているのを見学しているがほとんどの受験生が直線でもあまり速度を出してない(・_・;)
完走しても予想通り不合格。
私の名前が呼ばれた。
しかも白髪の年輩の検査員(・_・;)
受験生の一部の人が「可哀想~」なんて言っているのが聞こえた。
年輩「前回は嫌な思いをさせてしまったね」
どうやら私を覚えていたらしい^_^;
私「あ~・・どうも」
年輩「でも試験だからきちんと採点するからね」
私「それは分かってます。宜しくお願いします<(_ _)>」
と言って余っているバイクを見るとGSX750E。
これはラッキー^_^;
確認してスタート。
一本橋(いつもより幅広に見える)→波状路→スラローム→踏み切り→クランク→S字→急制動・・・
直線はいつものように元気に走り、カーブはいつもより抑えて走るがやや滑った^_^;
坂道発進→外周→信号のある交差点→スタート地点
バイクを降りて年輩の検査員の所へ行く。
タイヤが滑ったから多分不合格だろうなぁと思っていた。
年輩「運転が雑だね」
何だかいつもとは違うパターンである。
前に完走した時は「次回頑張って」とすぐに免許証を返された。
私「すいません」
年輩「オフロードでもやってる?」
私「少しだけ・・」
年輩「もっと丁寧に運転しないと大怪我するよ」
私「はい」
・・・・・・・・・・
説教が長い^_^;
と思っていたら黄色のセーフティカードを出してきて「はい。合格
本日、初の合格(^_^)v
しかも白髪の年輩から!!
残っている受験生からは大きな拍手である。
パチパチパチパチ・・・
これで何でも乗れるようになった(^_^)
地球上のバイクは全て乗れる!!
スポンサーサイト
2010/06/25(金)
天気は晴れ。

いつものように受付を済ませ、時間になったらコースへ。

今回の試験バイクはCB750KとGSX750E。

若い検査員に呼ばれて試験開始。

バイクはCB750K。

スタートして一本橋→波状路→スラローム・・・

今回はバイクの調子も良さそうな感じ。

踏み切り→クランク→S字→急制動・・・

特に大きなミスはないと思う^_^;

坂道発進で一時停止、確認してスタート・・・・・

また整備不良だよ

クラッチミートしてもエンジンの回転だけが上がって前に進まない(>_<)

嫌味のように全開しても進まない(>_<)

そのままの状態で左手を挙げて検査員を呼ぶ。

検査員が来て私が「クラッチが滑ってて進みませ~ん。また整備不良のバイクに乗せられてます。前回はブレーキロックで今回はクラッチ滑りです。私のミスでないのにまた失格ですよね。再試験は無しですよね」

検査員「・・・・・次回頑張って下さい」

私「前回もそのセリフを聞きました」

と言ってバイクを方向転換してスタート地点に戻った。

ちょっと怒りが収まらないので白髪の年輩の検査員の所へ行って「自分の運転がまともだとは言いませんがまともなバイクは無いんですか?」

年輩「厳しく言っておくから今回は我慢してくれ」と言って頭を下げられた。

私「分かりました。また来ます」

と言ってまた予約を取り帰ってきた。

まともなバイクはGSX750Eくらいだろう。

不運の3回目も不合格・・・・・
2010/06/24(木)
限定解除2回目。

天気は晴れ。

この日も朝8時30分までに受付を済ませ待合室で待機。

試験時間になりコースへ。

事前審査は前回パスしてるので普通の試験だけ。

今回も受験者が100人くらいは居る。

試験バイクはCB750FとGSX750E。

検査員は若いのから白髪の年輩まで幅広である^_^;

常連の噂では白髪の年輩がかなり厳しいらしく合格する奴は珍しいようである。

若い検査員に名前を呼ばれて試験開始。

バイクはCB750F。

周りを確認しバイクに跨りエンジンをかけて後方を確認してスタート。

ここまでは良かった。

本コースへ入る前の一時停止をして左右を確認し出ようとしたら・・・

フロントブレーキがロックしていて進めない(>_<)

進もうとしてもフォークが沈むだけで進まない(>_<)

検査員が近づいてきて「これでは走れないね」と言ったのでもう再試験出来ると思っていた。

そしたら

検査員「また次回頑張って下さい」

私「???再試験じゃないの?整備不良のバイクに乗せられて動けなくなったら不合格なの?」

検査員「今回は我慢して下さい」

私「じゃあ印紙代は返してもらえますよね」

検査員「それは出来ません」

私「もしかして詐欺ってやつですか?」

検査員「今回は我慢して下さい」

決まり文句しか言わないのでかなりムカついた!!

帰り際に残っている受験者に「皆さん気をつけて下さいね」検査員にも聞こえるように言った。

それと同時に整備不良のバイクは収納されて他のバイクを出してきた。

結局再試験はさせてもらえず予約して帰ってきた。

仕事で必要なければこれで試験は止めていただろうなぁ・・・

走行10mで不合格・・・
2010/06/23(水)
入社して1年。

先輩から「そろそろ限定解除しろ」と言われた。

当時は一発試験のみ。

場所は府中試験場。

月~金曜日の平日のみの試験。

コースは一つだけ。

とりあえず休日(平日)に試験の受付内容を確認して見学してきた。

受かる確立は100人中1~2人くらいだったと思う。

試験に受かると黄色の小さい手帳を貰い免許の交付を待つだけ。

試験1回目。

天気は晴れ。

朝8時30分までに試験場3F8番窓口で受付を済ませて待合室で待機。

試験時間になってコースへ。

常連組はそのまま試験で試験初めての人は少し離れた所で事前審査を受ける。

バイクはスズキのGT750で取り回しである。

やたら筋肉を自慢してた奴がバイクを起こせなくて落ちたのには笑ってしまった^_^;

事前審査が終われば普通の試験である。

この日の試験のバイクはCB750KZとGSX750E。

私はGSX750Eでの初試験。

急制動でリヤタイヤがロックしたが最後まで走らせてもらえたようであった^_^;

当然試験は不合格^_^;

次回の予約をして帰ってきた。

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ