バイク修理屋のつぶやき2010年04月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2010/04/12(月)
貴方のバイクはホイールが軽く回りますか?

シングルディスクブレーキでもダブルディスクブレーキでもドラムブレーキでも正常であれば前後のホイールは軽く回るはずです!!

もし、軽く回らなければ何かトラブルが出ていると思って下さい。

ではホイールが軽く回らない原因としては・・・

ディスクブレーキのトラブルの場合、レバーもしくはペダルの遊びが適正でない又は動きが悪いとかパッドの取り付け方が間違っているとかキャリパーの可動部分の動きが悪い(スライド式キャリパー)とかキャリパーピストンの戻りが悪いとかディスクローターの歪みなどの事が考えられます。
例外としてホイールベアリングが壊れている時もあります。

ドラムブレーキのトラブルの場合、レバーもしくはペダルの遊びが適正でない又は動きが悪いとかブレーキワイヤーが錆びているとかブレーキカムの動きが悪いとかブレーキシューのスプリングが破損しているなどの事が考えられます。
こちらも例外としてホイールベアリングが壊れている時もあります。

簡単な対策としてはレバー、ペダルの動きが原因であれば潤滑剤を使って動きを良くしてみて下さい。

それでも改善されない場合はプロに任せるのが良いでしょう。

ブレーキトラブルは新車だからと言っても絶対ではありません!!
ただトラブルが少ない方と言っておいても悪くないでしょうね^_^;

ブレーキトラブルはバイクの取り回し、燃費や加速にも悪影響を与えるだけでなくライダーの命を奪う場合もあります

バイクが重く感じるとかホイールが軽く回らない時は行き着けのバイク屋などで点検してもらいましょう。
2010/04/11(日)
エンジンは走る度にコンディションが変化してきます。

特にエンジンの燃焼室の環境は熱が加わって吸気排気のリズム(人で説明すると食べて出す^_^;)が変化しエンジンの調子も徐々に悪くなっていきます。

そこでエンジンの調子を良くする為に一度バルブ(弁)の隙間の調整を行き着けのバイク屋などでしてもらえば良いと思います。

エンジンによってはオンジンオイルで適度な隙間をキープするのもあります。

例えばCB750とか。

バルブの隙間調整をオーナーさんがやる場合もありますが慣れてなければあまりお勧めしません。

バイク屋でもいろいろで「音が出てないからまだ良い」とか言う所もあります^_^;

でも音が出てないからと言ってバルブの隙間が正常と言う訳ではありません。

逆に隙間が無くなっている場合もあるからです!!

これは軽量化してきたエンジンに良くあるみたいです。

特にインジェクションのバイクは燃料のコントロールをコンピューターがやっていますのでエンジンが調子悪くなってくるとアイドリングが不安定になったりしてきます。

キャブレター仕様のバイクはキャブレターを調整出来ますので多少の事なら何とかなるでしょう。

ツーリング先などでバイクのミーティングをやっているのを見ているとエンジンが壊れているのでは?と思うバイクもあります。

毎日店の前を通るバイクも見てますがほぼ新車以外はあまり良いコンディションのバイクは見かけません(・_・;)

たまに良いコンディションのバイクの音がすると私の店の常連さんだったりします^_^;

もし新車を買って10000km前後走行してるとか中古車を買ってエンジンが調子悪いような気がすると思っていたら一度バルブクリアランスの調整も考えてみて下さい。

多少金額は掛かりますが絶対悪いようにはならないはずです。

調整後はかなり良い感じで楽しく走れるようになりますよ(^_^)
2010/04/10(土)
自分の愛車のエンジンオイルは大丈夫ですか?

エンジンオイルと言えばエンジンの血液みたいな物です!!

ちなみにオイル交換の目安は走行3000kmくらいでしょう。

これはとりあえずの目安であって正確な数字ではありません。

いろんな状況でオイルの寿命も変化してきます。

一番寿命を短くするのは渋滞走行が長い時やエンジンを高回転で使用している時でしょう。

簡単に言えばオイルの温度を上げ過ぎの状態にするのが一番悪い状況です。

でも世間一般では土日休みの方が多いので多少は仕方ない事だと思います^_^;

で、私からのオイル交換の目安としては・・・

ギヤチェンジする時にシフトペダルの動きが硬くなってきたとか

エンジンの音が少しうるさくなってきたとか

エンジンが熱くなるとアイドリングが不安定になる事が多いとか

エンジンの吹け上がりが重い又は悪くなってきたとか

貴方のバイクはこんな感じになっていませんか?

こんな感じになっているならエンジンオイルの交換を考えて下さい。

走行3000kmの目安よりオーナーさんの感覚の方を重要視して下さいね。

もしエンジンオイルを交換しても良い状態にならない場合はエンジンの中身が壊れてきているか他の所が悪影響を及ぼしていると思って下さい。

何も判らないライダーは多分バイクメーカーの純正オイルを使用してるか行き着けのバイク屋さんにお任せしていると思います。

ちなみにバイクメーカー純正オイルは最低基準と思って下さい。

バイク屋さんの中には提携しているオイルメーカーのオイルを純正として出している所もあります。

有名な所では○い顔のバイク屋ですかね^_^;

昔、そこで工場長なんてのをしてた時もありました^_^;

上記のオイルでも特に問題なく気持ち良く走れれば何も問題ありません。

安いオイルはそれなりに仕事しますし、高いオイルは高いなりの良い仕事をしてくれます。

同じバイクでも使用状況が違うとエンジンオイルも変わってきます。

自分の使用状況に合ったエンジンオイルを使って下さいね。
2010/04/09(金)
バイクをある程度長く乗ってくるとサスペンションの動きが悪くなったりへたりが出てきます。

バイクの使用状況やライダーの体重などによってかなり差はあります。

かなり酷い状態で説明すると・・・

サイドスタンドで止めた時にバイクが真っ直ぐなくらいに立っていませんか?

もしくは以前よりもハンドルの位置が低くなったような気がするとか足つきが良くなったとか?

バイクがフワフワする感じがするとか?

究極は走っている時にハンドルがブルブル振れるとか?(>_<)

こんな感じの症状が出ているならサスペンションが正常な状態ではありません!!

リヤサスの場合ならスプリング、ダンパーの調整で多少対処出来ます。

でもフロントサスの場合、調整で改善しないなら最低でもフォークオイルの交換が必要になります。

フォークオイルを交換しても改善されない場合はフォークスプリングの交換が必要です!!

もしフロントサスからオイルが漏れているならオイルシールの交換が必要です!!

フォークオイルがダメになる距離もいろいろでかなり敏感なライダーで1000~2000km、サービスマニュアルでは10000kmくらいでしょうか。

フォークオイルやフォークスプリングはバイクメーカー純正(指定)の物から社外のケミカル関係の物やサスペンションメーカーの物までいろいろあります。

もし、フォークオイル、フォークスプリングを交換するのであれば私はなるべく社外をお勧めします。

何故かと言えばバイクメーカー純正品のスプリングはへたりが早いです。フォークオイルもあまり褒められた物ではありません。

社外の物はスプリングにしてもフォークオイルにしてもかなり上質ですから乗り心地もまるで違います!!
当然へたりも遅いです!!私の知る限りでは極端にへたった物を見た事はありません。

サスペンションがしっかり直ってそれでもポジションが合わなければ他の部分の変更も有りでしょうね^_^;
2010/04/08(木)
バイクで走る時に必ず動かすスロットルワイヤークラッチワイヤー!!

新車又は新品の時からマメに注油していれば錆びずいつも軽快に動かせるワイヤー類。

貴方のバイクはアクセルが軽く回りますか?

アクセルが軽く回せないと微妙なアクセル操作が出来ないだけでなくツーリングでも余計な力が必要となるので体力の消耗が多いはずです。

何か重いような感じがすると思ったらスロットルワイヤーに注油してみましょう。

ついでにスロットルパイプ(右グリップ)が軽く回るかもチェックして下さい。

スロットルパイプの動きが悪ければワイヤーが良く動いても効果は半減です。

動きの悪い時は潤滑剤をハンドルとスロットルパイプの間に少し吹き付けてみて下さい。

問題がなければ軽く動いてくれるはずです!!

続いてクラッチワイヤー。

貴方のバイクはクラッチレバーは軽く動きますか?

クラッチレバーが重いと微妙な操作が出来ないだけでなくエンストする事もあるので大切な愛車を倒す事もあるし余計な体力も消耗します。

クラッチワイヤーに注油して軽くならなければ交換要です。

バイクの中には油圧のクラッチも存在します。

こちらはレバーを外し可動部分にグリスを塗って少しでも軽くする処理をして下さい。これはワイヤータイプでも同じ作業をして下さいね。

アクセルとクラッチが軽く操作出来れば愛車も軽快に走ってくれるはずです。

今は動きが悪くないから良いやと思っているライダーも一度試してみたら良い感じになるかも!!

ワイヤーに注油する時に便利な道具(ワイヤーインジェクター)が売ってますから上手に使って下さいね。
2010/04/07(水)
3000~5000kmくらい走行したらエアクリーナーの掃除をお勧めします。

エアクリーナーはエンジンに空気を送る大切なパーツです。

エンジンの吹け上がりがかなり悪くなってから掃除するライダーも居ますがそうなるとエアクリーナーの交換になると思います。

定期的に掃除をしているとエアクリーナーの寿命を延ばす事も出来ますしエンジンも常に快適な状態で走れます。

エアクリーナーの種類は大きく分けて2種類。

スポンジタイプとペーパータイプ。

スポンジタイプの洗浄は水で処理出来る専用の洗剤(例えばワコーズのフィルタークリーナー)が売っていますのでこれをスポンジに付けて手で握るようにして(雑巾しぼりはいけません!!)最後は水が透明になるまで濯いで下さい。
後はスポンジを握りながら水を切ってタオルなどでスポンジを揉むようにして乾燥させます。

ペーパータイプはホンダの場合汚れている部分を掃除機の細いノズルで吸い込んで下さい。
他のメーカーではエアの圧力で掃除出来れば良いのですが、そんな装備を持っている方は居ないと思いますので行き着けのバイク屋とかで掃除してもらうと良いですね^_^;

エアクリーナーの交換をする時はプラグも掃除又は交換をお勧めします。

最近のバイクは排ガス規制をクリア為標準で火花の強いプラグが装備されていると思います。
排ガス規制前のバイクではあまり火花の強いプラグは装備されてないと思います。もしプラグを交換する時は火花の強い物(イリジウムプラグとか)にすると良いでしょう。
火花の強いプラグにすると始動性燃費も少し良くなるはずです!!

これは余談になりますが、ワコーズのフィルタークリーナーはドライブチェーンを掃除するのにも使えます!!
私はチェーンの掃除はこれを使っていますよ。
スプレーボトルにフィルタークリーナーを入れてチェーンに吹き付けて10分ほど放置し、使い古しの歯ブラシなどで汚れている部分をゴシゴシして水が透明になるまで流します(普通はこれで終わり)
汚れが酷い場合はもう一度フィルタークリーナーをつけて放置し水で流します。
チェーンの掃除が終わったら一度近所を走って水分を飛ばしてからチェーンルブを吹き付けて下さいね。

チェーンの掃除を灯油などでやる人も居ますが後処理が大変だと思います。
2010/04/06(火)
バッテリーの寿命は長くて3~5年です。

それ以上長く使っているライダーも居るとは思います^_^;

バッテリーメーカーでは3年で交換を勧めてますね。

で、バッテリーのメンテです。

セルモーターの回転が遅いとかライト関係が暗くなってきたりしてませんか?

もしそうなっていたらバッテリーチャージで元気にしてあげましょう。

これでバッテリーが元気にならなければ交換要です。

特に最近のバイクは盗難防止装置が標準装備してある為2~3ヶ月くらい放置するとバッテリーが弱ってしまうらしいので気をつけて下さい。

後はバッテリー端子と+-の接点を綺麗に磨いて電気の流れを良くしてから接続して下さい。

バッテリーを外す時は-が先でバッテリーを繋ぐ時は+からです。

これを間違うとショートして大変な事になってしまう場合があります。

最後にエンジンをかけて充電電圧(大体14~14.5V)をチェック出来たらもっと良いです^_^;

バッテリートラブルの実話ですが・・・

私の店のお客さんでNSR250プロアームが出先で突然エンジンが止まり○ンダ○リーム店で修理してもらったのですが帰り道でまた同じトラブルが出てその店に引き上げてもらいまたいろいろと調べてもらったらしいのですが結局原因不明とサジを投げられたらしいです。

お客さんも困ってしまい私に見て欲しいと電話で言われてその店にバイクを取りに行き、今まで何処を調べたのか何を交換修理したのかを詳しく聞いて(お前直せるの?って顔をしてた)私の店に戻ってきました。

バイクを店の中へ入れてカードのメインキーを入れてONにするとパイロットランプの緑と赤は点いている。

ただ黄色の小さいランプも点いている???(これ何だっけ^_^;)

実は私も電気は苦手(>_<)

とりあえずキックしてみるが火花が飛んでないような感じでエンジンがかからない。

プラグをチェックすると濡れているので簡易バーナーで焼いて私のバイク(スパーダ)で火花チェック・・OK!!

プラグを取り付けてバッテリーのネジにテスターを当てて電圧をチェック・・・問題なし

バッテリーの端子に繋いである+-のコードにテスターを当てると・・・問題あり!!

急いでバッテリーのコードを外し接続部分を綺麗に磨いて、バッテリーの方も綺麗に磨いて接続。

メインスイッチをONにしてみると今度は黄色のランプは消えている。

試しにキックしてみると一発でエンジン始動ヽ(^o^)丿

結局原因は接続部の接触不良であったと言う事でした。

それ以後は同じトラブルが出てないとお客さんも喜んでました(^_^)
2010/04/05(月)
ずばりタイヤの空気圧をマメにチェックして調整してあげる事です!!

春夏秋冬、気温湿度の変化でタイヤの空気圧が変化します。

出来れば月一くらいのペースで空気圧をチェックして下さい。

タイヤの空気圧をチェックする時にタイヤの表面の溝や釘などが刺さってないかもチェックです。

月一のチェックで空気圧が大きく変化していたらエア漏れの疑いがあります。

そういう時はバイク屋などで点検して下さい。

タイヤの空気圧を一定に保っておくとバイクのコンディションが悪くなった時に何らかの形で変化に気付くと思いますのでバイクのチェックをして下さい。

余談で国産タイヤと輸入タイヤの違いについて説明したいと思います^_^;

国産タイヤ(BS、ダンロップなど)は乗り心地重視の造りで路面に当たる部分が柔らかく、側面が硬くなっています。

その為、路面のゴツゴツを拾いにくくしてあります。

重量車などはこの柔らかさが仇になり取り回しで少し重くなります。

ちなみにレース用タイヤはまったく違う造りなので公道タイヤとは比べ物になりません。

輸入タイヤ(ピレリ、メッツラー)は国産とは逆に路面に当たる部分を硬く、側面を柔らかくしてあります。

側面が柔らかくとは言いましたがグニャグニャではありませんよ^_^;

その為、路面のゴツゴツを多少拾いますがサスペンションのメンテをしていれば問題ありません。

タイヤの丸みをある程度キープしてくれますので重量車の取り回しも楽だと思います。

ミシュランタイヤは国産タイヤとピレリ、メッツラーの中間くらいと思って下さい。

どのメーカーのタイヤを履くかはオーナーさんの自由です。

タイヤの空気圧をマメにチェックして下さいね(^_^)

ちなみに店のお客さんでGSX1400(07どノーマル)にメッツラーのZ6インタラクト(ツーリングタイヤ)を勧めて履いてもらったらツーリングで燃費がリッター30kmくらいになったと喜んでました(^_^)

国産タイヤ(新車時のノーマルタイヤ)の時はリッター22~25くらいだったとか。

おまけにバイクの動きも軽くなってグリップも問題ないと言ってました。
2010/04/04(日)
バイクに乗っているライダーで自分でチェーン調整をやってる方も居ると思います。

チェーンのたるみはサービスマニュアルで大体20~30mmくらいでしょうか。

でもこの基準はあくまで新車の状態に近い時だけの数字です。

メーカーの基準の体重は55~60kgを目安にしています。

皆さんご存知でしょうか?

バイクは新車で購入しても保管の仕方乗り方走行距離などで徐々にあちこち消耗したり傷んできたりします。

特に最近のバイクはセンタースタンドが装備されていないのが多いですよね。

自分はレーシングスタンドを使っているから大丈夫と思われているライダーも要注意!!

軽量なレーサーレプリカに乗っていても市販車は市販車。

メーカーの利益重視のコストダウンがあちこちに施されていますので部品の品質が良くありません。

サスペンションもそれなりにへたりが出てきます。

こうなるとバイクを止めている時でもサスペンションに負担が掛かります。

で問題はこのへたりです!!

サスペンションがへたってくるとスプリングが柔らかくなったり車高が下がったりしてきます。

こうなるとサービスマニュアルの指定数字では意味がありません。

特にメーカーが基準としている体重より重い方でマニュアル通りにチェーン調整していればバイクに跨った時に多分チェーンが突っ張っているはずです。

車検の時などはこれで問題はないですが実用ではかなり問題ありです。

今、流行の「エコ」ではありません!!

チェーンを張り過ぎるとエンジンパワーを多少無駄にして燃費加速も悪くしてしまいます。

特に排気量の少ないバイクは馬力に余裕がないのでかなり影響が出ます。

チェーンを調整する時はリヤタイヤを浮かしてタイヤを回しチェーンがなるべく伸びていない所を見つけて調整し、作業が終わったら一度オーナーさんが跨って体重を載せてチェーンの張りを最終チェックして下さい。

この時、もしチェーンが突っ張っていたら少し緩めてもう一度チェックして下さい。

チェーン調整が終了したらチェーンルブも忘れずに!!

ドライブチェーンが軽快な仕事をしてくれると加速も燃費も良くなり財布にもエコになりますよ(^_^)

ちなみにチェーン調整部分のメモリも多少のズレがありますので注意して下さい!!
2010/04/03(土)
それはレバー交換!!

バイクに乗っていれば両手が必ずお世話になる所です。

スペアレバーを持っていても交換出来なければ辛いですよね^_^;

愛車ともっと仲良くなりたければレバーが折れたりする前に一度でも練習しておくのが良いでしょう。

もしツーリング先などで立ちゴケや転倒でレバーが折れたりしたら帰って来れなくなったりしますよね。

レバー交換の練習は是非車載工具などでやってみて下さい。

作業に自信の無い方は普段行っているバイク屋さんで教えてもらうのも良いですよ。
2010/04/03(土)
バイクに乗る時に必ず操作する所(レバーの付け根やブレーキペダルの付け根やシフトペダルのリンク部など)に潤滑剤を吹き付けましょう。

潤滑剤を上手に利用すると錆止めにもなりますし、動きも良くなります!!

走行前などに使用しても良いと思います。

ドライブチェーンにも応急処置で使用しても大丈夫です。(塗りすぎ注意)

でも専用のチェーンルブを使用するともっと良いですね。

ちなみにチェーンルブは2種類有ります。

透明で糸を引く(納豆みたい)タイプと白いグリス入りのタイプが有ります。

何処のメーカーか忘れましたが灰色のチェーンルブも見た事が有ります^_^;

潤滑能力は透明なタイプの方が良いですね。

私はいつも透明なタイプを使っています。

洗車の時も楽ですよ(^_^)

白いタイプはチェーンに塗った時は非常に綺麗です。

潤滑能力は透明タイプより悪いですね。

でもこちらはオイルが飛び散るのは非常に少ないのが特徴です。

ただし洗車の時は結構手間がかかります。

メカが苦手でもこれくらいの事をしていればバイクは悪い状態にはなりにくいはずです。
2010/04/02(金)
やっぱり洗車です!!

バイクを上下に分ければ下の部分が特に汚れます。

洗車で大変なのがホイール周りの汚れです。

泥やホコリの汚れなら簡単に落とせますが、ブレーキの汚れは放置しておくとホイールの塗装やコーティングが傷んでしまうのでちょこちょこ掃除した方が良いです。
特に白いホイールのような明るい色は目立ちます!!

後ろのホイールはチェーンの油もこびり付いている場合もあるのでこちらも洗剤を使って汚れを落として下さいね。

ホイールの掃除をしているとタイヤになどが刺さっているのを見つけられる事も有りますよ!!

メッキ(鏡みたいな所)の部分は泥やホコリの汚れがほとんどだと思います。

雑巾などで拭き取ってワックスをかけておけば錆を抑える事が出来ます。

上の部分は外装(色物)がほとんどだと思います^_^;

こちらも直接水をかけないで雑巾などで汚れを拭き取りワックスをかければ大丈夫!!

ハンドル周りは電気部品が装備されてますのでこちらも水をかけない方が無難です。

乾拭きするかワックスを拭き取ったウエスでフキフキして下さい^_^;

ワックスもいろいろ有りますが私は液状の物を使用してます。

こっちの方が楽な気がします^_^;

バイクがピカピカだと走る時も気持ちが良いと思います。

第三者の目が見ても気持ち良いはずです。

2010/04/01(木)
まずはヘルメット!!
フルフェイスタイプかオープンフェイスタイプが基本ですね。
昔は重くて蒸れるのが当たり前(>_<)
でも最近のは軽くて通気性も良く内装もかなり進化してますね。
なるべく新型の物をお勧めします。

どんぶりみたいなヘルメットを装備してるライダーも良く見かけますが、怖くないんですかねぇ^_^;
もし転倒なんかしたら危ないと思っているのは私だけでしょうか???

次にグローブ!!
これは夏用と冬用の2種類を用意しても悪くないと思います^_^;
あまりゴワゴワしてるグローブは多少扱いにくいと思います。
なるべく手の感覚が良い物を選びましょう。
冬はグリップヒーターなんてのもあるので上手に利用して下さい。
ちなみに私はオールシーズンメッシュタイプをしてます^_^;

次にブーツ!!
いろいろ有りますがなるべく樹脂パーツが少ない物を選ぶと良いような気がします^_^;
ブーツが硬いと操作する時にちょっと苦労するかも。
ちなみに私は足の裏の感覚を重視してるのでソールが柔らかいか薄い物を履いてます^_^;
オフロードを走る時はオフ用のブーツを履いてます^_^;

基本はこの3点を揃えれば大丈夫だと思います^_^;

後は身軽な格好(カジュアル)で走っても悪くありません。
上着はオールシーズン着れるゴアテックスの物を入手したら良いと思います。
多少の雨なら平気ですし軽いです!!
革ジャンも悪くないですが、選ぶ時はなるべく高い物をお勧めします。
安物だとかなり手入れをしないと長持ちしません。

下はジーンズでOKです。
バイクの種類によってはフレームが熱くなり火傷をするライダーも居ましたので革パンも良いですね。
ちなみに私はオールシーズン布つなぎが基本です^_^;

最近は革つなぎを着てるお洒落なライダーも多く良く見かけるようになりましたよね。
昔よりは安くなってるのかなぁ・・・
私も昔カドヤでフルオーダーした物を着てました^_^;
でも・・・う○この時、なかなか脱げないのでどったんばったんしたのを覚えてます(>_<)

余談ですが、最近はプロテクターなんてのも売ってますよね(@_@)
安全性を考えれば良い物だとおもいますが・・・絶対必要なのか???
2010/04/01(木)
バイクを購入したら必要な物は・・・

マイガレージを持っている人は少ないでしょうからチェーンロックワイヤーロックなどを買っておくのも悪くありません。
最近のバイクは盗難防止装置が装備されてますが、これを付けておけば多少は安心だと思います。

ディスクブレーキに取り付けるディスクロックと言う商品もありますが、走行する時に外し忘れたりする事が多々あるみたいなので私個人としてはあまりお勧めしません。
これを外し忘れてバイクを動かすとディスクローター(円盤)が歪んで酷い時は交換しなければなりません。
ディスクローターって結構高いんですよ(>_<)

雨対策としては単車カバーですね。
バイクに乗らない時などにカバーしておけばホコリや雨からバイクを守ってくれます。

ただこの単車カバーも安価~高価と幅広く何を買っていいのか判らないですよね。
出来るだけ熱に強い物をお勧めします。
安物だと熱で溶けたり燃やされたりする事があります。
知り合いの消防士に良く聞く話では単車カバーに火を点けられバイクが燃やされて何度も出動したとか(・_・;)

小さい洗車ブラシも買っておくと便利だと思います。
セットでバケツも買っておくと便利かも^_^;
ホイール(車輪)などの泥汚れなどを掃除する時に便利ですよ。
簡単な汚れなら台所用洗剤などを併用するともっと綺麗になるはずです。

最後に潤滑剤でしょう。
これは安物でも良いでしょう^_^;
多少動きの悪い所があればこれで応急処置出来ると思います。

Before  | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ