バイク修理屋のつぶやき2010年05月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2010/05/31(月)
開店以来使っている感熱タイプの電話機が寿命になってしまった(>_<)

壊れたのはFAXの方である(>_<)

でも約14年頑張ってくれたからお疲れ様って所かな^_^;

GSX1400を取りに来ると言っていたが夕方まで来なかったので電気屋さんへ^_^;

電気屋さんに行ってまた感熱タイプの電話機を探すと・・・

ほとんど普通紙タイプで感熱タイプがちょっとだけ(T_T)

B4サイズはサンヨーだけ売っていたのでそれを買ってきた。

前に使っていたのもサンヨーのテブラホンの初期型だったので操作は多分同じだろう^_^;

電話機を買って店に戻ってくるとGSX1400のオーナーさんが待っていた。

オーナー「すいません。遅れて・・・」

とりあえず精算してGSX1400に乗ってもらう。

オーナーさんの前に私も午前中に試乗してみた^_^;

オーナーさんが帰ってくると一言・・・「凄い!!」とニヤニヤ

低速がかなり扱いやすくなってかなり感動していた。

一般道を走るのに2000rpm(約60km前後出る)くらいしか使わないから確かに驚くだろうなぁ^_^;

オーナーさんと雑談していると

オーナー「何を買ってきたんですか?」

私「FAXが壊れたんで電話機を買ってきた^_^;」

それからも雑談が続き結局閉店まで^_^;

電話のセッティングは夜中にやる事にした^_^;
スポンサーサイト
2010/05/29(土)
完成
部品が入荷して早速エンジンを組み上げる。

スズキのエンジンはそれほど難しくないので楽である^_^;

インジェクションのパーツも取り付けて配線を接続・・・

多分間違ってないだろうなぁ^_^;

タンクを取り付けてドキドキのエンジン始動。

無事にエンジンがかかり新車の時のような感じでとても静かになった(^_^)

特にトラブルもないので問題無し。

丁度良い時にオーナーさんが来店。

仕上がったバイクを見て感動していた^_^;

オーナーさんにエンジンをかけさせる。

エンジンの静かさにビックリしていた。

納車した時が楽しみである(^_^)
2010/05/28(金)
タペットシム
精密部品のタペットシム!!

これがエンジンの調子を左右する大切な部品。

幅がたった7mmくらいだが小さな巨人である^_^;

ちなみに

165とは1.65mm

175とは1.75mm

100分の1mmの隙間を調整する。
2010/05/27(木)
メカニック修行時代・・・

店の定休日に店のメンバーで初めての箱根ツーリング。

私は道が判らないのでくっついていくだけである^_^;

何処をどう通ったのか最初は高速を使ったのは覚えているが箱根に入ったあたりからやたらとクネクネした道ばかり走っていたような気がする^_^;

どの道だったか忘れましたが一度オーバーランでガードレールにぶつかり脛が痛かった(>_<)

多分ツバキライン(下り)じゃなかったかなぁ(・_・;)

途中で休憩してる時に脛のチェックをしてみると・・・骨が見える(@_@)

道理で痛い訳だ(・_・;)

ちなみに骨って真っ白じゃなかったです^_^;

その状態で温泉まで入ってきました^_^;

初めての箱根痛かったツーリングでした^_^;

2010/05/26(水)
GSX1400-1
店の常連さんのGSX1400のバルブクリアランス調整

走行は約4000km

インジェクションはキャブレターみたいに誤魔化しは利かないので早めの調整である。

サービスマニュアルを持っていないのでスズキワールドで確認。

INが0.10~0.20

EXが0.20~0.30

余計なパーツを外しヘッドカバーを捲りカムタイミングを先にチェック。

バルブの隙間を調べると確かに基準値ではあるが、数字が大きい(・_・;)

私から言わせてもらえれば全滅!!

タペットシムの厚みも調べて入れ換え可能が8箇所。

残り(8箇所)は部品注文。

部品が来るまで何も出来ないのでエンジンの中を覗くと油冷エンジンも進化している。

吸気排気のリズムが良くなった時のGSX1400が楽しみである(^_^)
2010/05/25(火)
メカニック修行時代。

初めてのエンジン分解。

作業は空冷2サイクル125ccのピストンリング交換を任されました^_^;

工場長に「簡単だからやってみぃ」と一言。

タンクを外し、マフラーを外し、キャブレターを外してすっきりしたエンジン。

シリンダーを外すまでは確かに簡単であった^_^;

古いピストンリングを外し、新しいピストンリングを付けるまでは上手くいっている。

問題はこの後・・・

はい、やっちゃいました(・_・;)

シリンダーを組む時にピストンリングが折れました(>_<)

正確には折りました(>_<)

原因はピストンリングの合わせ目が少しずれた為ピストンの溝にリングがしっかり入ってなかったから(>_<)

これを想定していたのか工場長が「やっぱりやっちゃったね。おたくはこんな簡単な作業も出来ないの?予想してたけど・・・はいこれ。今度は折らないでね」とスペアのピストンリングを渡された。

失敗した私は「すいません」しか言えませんでした。

ピストン、シリンダーにはキズがほとんど無かったので2回目のチャレンジ。

今度は上手くシリンダーが組めてエンジンは完成。

キャブレター、マフラーを組んでエンジンをかけると前よりも元気な気がした(そりゃそうだろ~)

失敗もしたけどエンジンが完成したので良しとしよう^_^;

何かと失敗の多い若輩メカニックであった^_^;
2010/05/23(日)
ぴよ
店に常時居る従業員ピィ~です^_^;

十姉妹です。

ペットショップで買ってきた訳ではなく仕事中に外から飛んできて確保しました^_^;

鳥かごは持っていたのでそのまま中へ。

一応私の事は判っているみたいであまり暴れません。

バイクのエンジンをかけるとピロロロロロ・・・みたいに鳴きます^_^;

もう3回冬を越しましたがまだまだ元気です^_^;

今では餌入れが休憩所になってます^_^;
2010/05/23(日)
ハスクバーナ
今日は常連さんのハスクバーナのスプロケット&ドライブチェーン交換、後はインジェクションのサブコンピューターの取り付けの手伝い^_^;

先にスプロケットとチェーンを交換。

こちらは特に問題もなく終了。

残るはインジェクションのサブコンピューターの取り付けである(・_・;)

取り説をみると全部英語(・_・;)

オーナーさんは理解してるらしいが私はちょこっとしか判らない(>_<)

外装はほとんどオーナーさんが外し、サブコンピューターのパーツをいろいろ出してきて取り付けしていく・・・

こちらはオーナーさんの得意分野なので配線の接続は任せる。

私は配線の取り回しをチェックしながら助言して取り付けの手伝い^_^;

配線が仕上がりオーナーさんがROMのチェックをしながら雑談してると原因が二つあるような気がした^_^;

一つは燃料の問題。

もう一つはナイショ^_^;

サブコンピューターの方はオーナーさんに任せて、もう一つの方を私がやってみる^_^;

出来るかどうかはやってみないと判らないのでチャレンジ。

普通は分解不可能と思ってやってみると分解出来た^_^;

中身をオーナーさんに見せると唖然・・・

今回のオーナーさんの悩みはどうもこちらにあったようである^_^;

店にある物で何とか対策して問題の一つを解消(^_^)v

後の問題はオーナーさんが走りながらROMの設定をしていくだけである。

それにしてもインジェクションは配線だらけで頭が痛くなる^_^;
2010/05/22(土)
バイクのゴミを勝手に捨てていく奴がいる(-_-メ)

こういう奴らは大抵オークションでパーツを買って交換したり大事にキープしておいた部品がいらなくなったりした時に処分出来ないから夜中にこっそり捨てていく。

自分でバイクをいじるのは良いがバイク屋との付き合いも大事にしてもらいたいと思う。

モラルの欠如は悲しい・・・
2010/05/21(金)
お茶
ジョグの元気なおばあちゃん。

バッテリー交換の他に少しメンテした事は黙って渡したが違いが判るようでニコニコしながら店にやってきた。

おばあちゃん「いろいろ見てもらったみたいですね。前よりも走りやすいですよ」

私「ちょっとだけ気になった所を見ておいただけですよ」

おばあちゃん「ウーロン茶は飲まれますか?」

美味しいウーロン茶は飲んだ事がない^_^;

私「飲みますよ(^_^)」

おばあちゃん「これ、日本ではあまり売ってない物なんだけど良かったら飲んで下さいね」

と渡されたのがこのウーロン茶。

私「ありがとうございます(^_^)」

おばあちゃん「またバイクの調子が悪くなったら持ってきますね」

と言って帰っていった。

缶を開けると一つ一つ丁寧にパックされていて高そう(・_・;)

試しに飲んでみると・・・美味しい(^_^)

やたら渋いだけのウーロン茶とはまったくの別物である(@_@)

美味しいウーロン茶は甘みがあって後味も悪くない(^_^)

冷めた状態で飲んでも美味しさは変わらなかった(^_^)

それにしても・・・これ何て読むの?^_^;
2010/05/21(金)
メカニック修行時代に会社の先輩から「仕事終わったら走りに行こう」と言われた。
場所は前に走った事がある大垂水を抜けて大月まで行ってラーメンでも食べて帰って来ようと言ってきた。
特に予定もないので参加させてもらった^_^;
店が終わってから集まったバイクは私のRZ350、先輩のRZ250、もう一人の先輩のCB450、後は営業からCB250RS、SR400の5台。

出発してそこそこのペースで走っていく・・・
走り方をみているとRZ250とCB250RSが元気な走りをしている。
その後をCB450、RZ350、SR400の順で走っていく。
大垂水に入ると前の3台がペースアップ^_^;
私も置いていかれるのが悔しいのでペースアップ・・・してるんだけど前の3台はどんどん離れていく(>_<)
バイクの性能では負けてないがテクニックで完全に負けている(>_<)
道にも慣れてないがそれは言わない。
SR400はマイペースで走っている^_^;
大垂水を抜けるとまたペースダウン。
前の3台に追いついた私とSR400^_^;
大月までずっと走り方を観察しているとCB250RSが鋭いツッコミ(ナンデヤネンじゃないよ)をしているように見えた。
前に大垂水を走っていた連中の走りとはまったく違う走りに見えた。
その後ろをRZ250がピッタリくっついて少し間を開けてCB450が走っていく。
大月に到着してみんなでラーメンを食べている時、CB250RSの年輩の営業にいろいろ話を聞いてみると昔ちょっとだけレースをやっていたと言っていた(@_@)
それについていく先輩は何なんだ(・_・;)

ラーメンを食べての帰り道。
今度はSR400、RZ350、CB450、RZ250、CB250RSの順で走る。
大垂水に入る頃、RZ250とCB250RSがペースアップで抜いていく。
私も先輩達の走りをもっと見たいのでペースアップ。
何とか前の2台の後ろへ着く事が出来た。
後先を考えないでくっついて大丈夫なのだろうか(・_・;)
なんて考えながら大垂水突入・・・
今度は登りなのでCBは少し辛そうだがRZ250に離されないようにくっついている。
私はそれを見ながら徐々に離されていく(>_<)
もっと見たいと思い頑張ったが見えなくなってしまった(>_<)
悔しい~~~(>_<)
なんて思っていたらCB450にも抜かれた(>_<)
大垂水を抜けるとまたペースダウンしてのんびり帰ってきた。
店に到着して先輩が「また行こうね」と言って解散した。

疲れたが面白かった(^_^)
メカもライテクもまだまだ修行中(>_<)
2010/05/20(木)
今日は雨・・・

古いジョグのバッテリーが入荷したので連絡。

オーナーのおばあちゃんが「雨降ってるね」

私「雨だから今日じゃなくても良いですよ」

おばあちゃん「でも近くだから傘さして押して行くからね」

多分70前後だと思うが、元気なおばあちゃんである^_^;

電話が終わって5分くらいでおばあちゃんが傘をさしながらジョグを押してきた。

私「今バッテリーの初期充電してるから1時間くらい待ってもらえます?」

おばあちゃん「それじゃあバイクを置いていくから終わったら連絡して」

と言って一度帰っていった。

私は初期充電してる間にプラグの清掃、ブレーキワイヤーの注油などをサービス(^_^)

マフラーの出口を見ても油まみれではない。

バイクの乗り方が上手いんだろう(^_^)

バッテリーの充電が終わり交換してテスターで充電電圧をチェック・・異常なし。

おばあちゃんに連絡したらすぐにジョグを取りにきた。

おばあちゃん「これでセルが使えるようになったのね?」

私「はい(^_^)もう大丈夫ですよ」

と言ってジョグのエンジンをかけるとおばあちゃんは笑顔になった(^_^)

おばあちゃん「また何かあったら持ってくるからね」

と言ってジョグを押して帰っていった。

いつまでも元気で走り回って欲しいおばあちゃんである。
2010/05/19(水)
私の友人の新聞配達用のスーパーカブ。

普通はプレスカブなのだが何故か渡されたのが普通のスーパーカブのプレス仕様?だったようである^_^;

で、何をやるかと思えばエンジン修理とクラッチ強化。

目の前で組み上げて試乗すると前よりも低速が力強くなった(当たり前)

しばらく様子を見てもらう。

次の休みの日はスプロケットの変更^_^;

ついでなのでタイヤも交換する。

これくらいで他にはやらないだろうと思っていた。

次の休みの日にまたやってきた^_^;

他に何するの?

配達中にバランスを崩しぶつけたようでフロントフォークが曲がっている(・_・;)

その場は必要な部品を注文して帰ったがあれで配達して危なくないのだろうか・・・(・_・;)

フロントフォークが入荷いたので連絡。

次の休みの日に店にやってきて作業開始。

面倒臭そうなフォークの交換^_^;

これはかなり苦労した(・_・;)

曲がったフォークを外すだけでも大変であちこちのネジ部分が硬いしステムシャフトのナットが緩まなくてかなり時間が掛かってしまった(・_・;)

私のスパーダのフロント周りを分解する方が楽である^_^;

フレームの曲がりをチェックすると若干ダメージはあるがそれほど問題は出ないだろう^_^;

新しいフォークを取り付けてもう一度チェックするが前に比べればかなりまともに直っている^_^;

全部組み上げて試乗してみるとハンドルが取られる事も無くエンジンも絶好調である。

無茶な運転で怪我をしなければ良いが・・・

本人は納得出来たみたいなので良しとしよう^_^;
2010/05/18(火)
以前書いたZ750

オーナーさんは女性。

バイクの悩みが足つきの問題。

確かにZ750は185cmの私でも少し高く感じるくらいのポジションである^_^;

バイクを購入した所でリヤサスのリンクパーツが出てないらしくフォークの突き出しをして対処したらしいが逆にハンドルが低くなり怖いと言っていた。

リヤサスのリンク部を確認したらそれほど難しい構造ではない。

見た感じは私のGSF750とそれほど変わらない。

社外パーツが無ければ作ってしまえば良い事である。

バイクにジャッキをかけてリンク部を一部分解しシート高をどれくらい下げるか考えながら寸法を測る。

サイドスタンドを出してバイクの傾きを考えると15~20mmが限界。

20mm下げる事にして正確に寸法を測る。

強度的な事も考えて材料を調達。

寸法と形を整えながら加工していく・・・

大体仕上がった所で一度バイクに取り付けてみると良い感じである(^_^)

それをまた外し細かい仕上げをして黒いペンキで化粧をする。

ペンキが乾いた所でバイクに取り付けてスプリング調整をして終了(^_^)v

後はフォークの突き出しをノーマルに戻しハンドル位置を調整して完了。

納車してオーナーさんから喜びのメールが届いた(^_^)

ポジションが大分楽になったようで恐怖心が無くなったみたいである。

たった20mmシート高を下げただけでもオーナーさんが喜んでくれれば「良い仕事したな」って気持ちになる。

バイクは楽しい乗り物である(^_^)
2010/05/17(月)
せっかく自分のバイクがあるのだから基本的なメンテの実験をしてみる。

自分のバイクだから誰にも迷惑がかからない^_^;

タイヤの空気圧を高くしたり低くしたりしての試乗・・・

ドライブチェーンの遊びを無くしたりゆるゆるにしたりしての試乗・・・

リヤサスのスプリングを硬くしたり柔らかくしたりしての試乗・・・

フォークオイルの量を減らしたり増やしたりしての試乗・・・

ギヤオイルを他の物にしての試乗・・・

他には2サイクルオイルを入れ換えたり、中古タイヤをいろいろ試したり、プラグを交換したり・・・

いろんな事を実験して経験を積んだ^_^;

少し余裕が出てくるとキャブレターもいじくってみたりしていた。

ほんのちょっとした事で変化するから面白かった^_^;

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ