バイク修理屋のつぶやき2010年12月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2010/12/31(金)
仕事が来ないと思っていたら・・・
常連さんがサンバーのタペット調整にやってきた^_^;
マフラーの音を聞いている分には酷い状態ではないがタペットのクリアランスが広い感じがする。
目の前でヘッドカバーを外すとエンジン内がかなり汚れている(・_・;)
普通はこんなもんかなぁ^_^;
で、8個のバルブの隙間を調整していくと全部基準値より広かった。
調整が終わってエンジンをかけるとエンジンが静かになり排気音に低音が混じり良い感じである(^_^)

今年最後の仕事が終わった。
スポンサーサイト
2010/12/31(金)
私のつまらないブログを見て頂いた方々・・・

ありがとうございます<(_ _)>

来年も宜しくお願いします<(_ _)>
2010/12/30(木)
店を開けているとお客さんが来る(^_^)
今日はリード50
最初はヘッドライトのロービームが切れたと言ってきたが話を聞いていると半年前に切れたようである。
その状態で乗っていたのだが気になったらしくやってきたわけである^_^;
球切れは確認したがそれよりも気になったのがバッテリー。
セルを回せないどころかウインカーも点滅しない(・_・;)
良く今まで他の電装部品が壊れなかったなぁ・・・
いろいろ説明したらバッテリーとヘッドライトバルブの交換でお預かり。

店の中へ入れる時に少し違和感があったがタイヤの空気圧だろうと思っていた^_^;

メーカーも休みになっているからナップスへGO!!
ナップスへ行けばPH11のバルブも売っているだろう?^_^;
向こうへ到着して店員さんに「これ、有る?」と質問すると「有りますよ」とバルブの所へ案内してくれた。
ついでなのでバッテリーも買って帰ってきた。
先にバルブとバッテリーを交換。
セルでエンジンをかけると元気に復活しバルブも明るくなりご機嫌である(^_^)
後は違和感を解消する為タイヤの空気を入れてみると・・・ほとんど入ってない(・_・;)
空気圧を調整してバイクを押してみるとまだ重い感じがする(・_・;)
もしかして・・・フロントブレーキの引きずり???
タイヤを浮かせてフロントホイールを回してみるとかなり渋い(・_・;)
キャリパーを苦労して外してみるとホイールは問題なし。
残るはキャリパーのみ(・_・;)
このまま納車するのも気分が悪い。
少しでも動くようにやるだけの事をやってみたら前よりは良くなった^_^;
時間の問題かもしれないがキャリパーのオーバーホールが必要だろう。
悪い状態で納車するよりは気持ちが楽になった。
勝手に直したので請求できないがこれも商売の難しさだろう^_^;
2010/12/29(水)
では続きを・・・
フロントフォークのオイル漏れの修理。
フロントフォークを分解してオイルシールを外す。
普通はこのオイルシールを交換するのが当たり前だが錆などでキズがあるわけではない。
このオイルシールを裏技(内緒^_^;)で復活させていく。
適度な手ごたえが出たらOK
また組み立てていく。
フォークオイルを油面を調整しながら注入。
この時復活の裏業が失敗しているとオイル漏れが発生する。
でもこの復活作業をしっかりやればオイル漏れは解消する。
フォークスプリングを入れてフタをすれば完成(^_^)
もう片方も同じ作業で仕上げる。
フォークオイルが新しくなったので動きも良くなった(^_^)
実際常連さんに試乗してもらうとオイル漏れも無く動きも良くなり気持ち良いとの事。

ただ復活させられる場合とそうでない場合があるので見極めが肝心である^_^;
2010/12/28(火)
昨日、常連さんがセローを押して店にやってきた。
エンジンがかからなくなったようである。
かからなくなって2ヶ月以上経過しているらしい(・_・;)
バッテリーチャージをしながらプラグの火花を点検してやってみる・・・
かかりそうでかからない。
燃料タンクを調べてからキャブレターの中のガソリンをチェックするとやや変な臭いがする。
でもそれほど問題なさそうな感じではあるがそれでもかからない。
さてどうしよう・・・
予想されるトラブルはスロージェットの詰まり?かな^_^;
タンクを外しキャブレターを外して下の部分だけ外しスロージェットを掃除する。
他の部分もついでに掃除して組み上げる。
タンクを取り付けてエンジン始動・・・
今度は気持ち良くエンジンが始動した(^_^)
少しオイルが回るのを待って少し吹かしてみると・・・
マフラーから真っ黒な排気が出てきた(>_<)
何度か吹かしてみるがなかなか綺麗な排気にならない(・_・;)
エアクリーナーをチェックしても汚れてない。
試しにエアクリーナーのフタを外した状態で吹かしていると徐々に綺麗な排気になってきた。
またフタをして吹かしてみるとやや黒い排気に逆もどり(・_・;)
となると吸気口のゴムが怪しい。
元々吸気口が小さいので気にはなっていた。
常連さんのOKをもらい吸気口のゴムを外し吹かしてみるとまた綺麗な排気になった。
おまけで吹け上がりも軽くなった^_^;
この状態になって常連さんも大喜び。
とりあえずこれで修理完了。
この作業が終わってからもう一つ問題発生。
フロントフォークのオイル漏れである。
それほど漏れているわけではないがオイルの輪ができる(・_・;)
フォークパイプに錆がないのでこちらも裏技で直す事になったが後日また来ると言って今回は終了^_^;
2010/12/27(月)
会社の休日に予約を取りCB750K4の車検に行った。
最初の書類受付が終わり陸運局の駐車場でキックスタート。
エンジンがかかると周りの目がこちらへ向く。
やっぱ旧車は目立つなぁ^_^;
マフラーの音はZ2よりもCBの方が迫力があるような気がする。
不安だったのはヘッドライトくらい^_^;
古いバイクなので提灯みたいな明るさであった。
ラインに入りライトまでは問題無し。
問題のライトは・・・
最初ライトが暗いのでテスターの位置が定まらない^_^;
もう一度・・・
今度は裏技を使ってみるとテスターもしっかり止まって「○」(^_^)v
新しい車検証をもらい名義変更を済ませて帰ってきた(^_^)

やっと自分の物になったCB750K4(^_^)
乗ってみると古さは隠せないが新鮮な感じでもある^_^;
この当時の新型とは比較にはならないが^_^;

旧車の欠点はおいおい改善すれば良い^_^;
これで通勤する楽しみが出来た(^_^)
2010/12/26(日)
CB750K4の車体周りのレストアが終わりエンジンのご機嫌も良くしなければ^_^;
先にエンジンオイル、オイルフィルターを交換。
オイルはウルトラGPを使用。
プラグはノーマルの新品に交換。
エアクリーナーも新品に交換。
K0用マフラーも取り付ける。
バッテリーも新品に交換。
キャブレターに燃料を送りドキドキのエンジン始動・・・
セルは使わずキック3発ほどでエンジン始動(^_^)
暖気しながらオイル漏れのチェック・・OK
ガソリン漏れのチェック・・OK
アイドリング調整をしながら点火時期を調整。
これでエンジンの調子も大分良くはなったがキャブレターの同調は少し狂っている。
一度エンジンを止めて同調用のバキュームテスターを取り付ける。
再度エンジン始動。
バキュームテスターを見ながらキャブレターのリンクを調整していく・・・・・
徐々にエンジンの調子が良くなっていく(^_^)
同調作業が終わるとエアスクリューの微調整・・・・・
車体の振動、エンジン音、マフラー音に気をつけながら調整していく・・・・・
4個のピストンの動きが安定すると振動も細かくなりマフラー音も良い感じになった(^_^)
これがK0だったらもっと大変な作業になる。
ワイヤー一本一本がキャブレターに繋がっているのでいろいろと微調整が難しい^_^;
外装品を取り付けて完成ヽ(^o^)丿
後は車検を取れば乗れる状態(^_^)
当時は10年以上経過したバイクは一年車検。
簡単に言えば毎年車検である^_^;
それでも楽しく走れれば良しとする事にした^_^;

この時の写真は無い^_^;
2010/12/25(土)
YZ
バイクが新しくなって自分とのタイミングが良くなった感じ^_^;
フワッと踏み切る感じで気持ち良い(^_^)
2010/12/24(金)
甘い汁を吸いたいらしい(・_・;)
次期高速道路料金がETC搭載(限定)の普通車まででトラックは完全無視らしい。
普通車で土日、祭日は¥1000だが平日は¥2000になるようである。
天下り先とは喧嘩をしないような形になる。

結局国の代表は死ぬまで甘い汁を欲しがるようである。
2010/12/24(金)
CB750K4のフロント周りの部品も揃ったので作業開始。
部下C君も興味があったのか見学。
まずはフロントホイールを外しこちらもスポーク、鉄リムを交換。
いつも通りサンダーでスポークをぶった切りハブをボンスターで磨く・・・・・
ハブが綺麗になった所で新しいスポークを仮組みし鉄リムも仮組みする。
8割くらい手の感覚で縦振れを調整していくと後はニップルレンチで締めて仕上げる。
スポーク調整が終わったらディスクローターを取り付ける。
新しいフロントタイヤ(BSスタンダード)とチューブを組んで完成。
次にフォーク周りも分解。
錆だらけのフォークパイプとオイルシールの交換である。
フォークを分解しバラバラにし新しいフォークパイプを組みオイルシールを組み上げる。
とりあえずフォークスプリングはそのままでフォークオイルを少し硬めにしてダンパーを効かせるようにする。
もう片方も同じように組み上げる。
組み上げたらフォークのアウターチューブもボンスターで磨く・・・・・
旧車のフロントフォークが構造が簡単で楽^_^;
次にステム周り。
ハンドルも交換するので外す。
トップブリッジを外しステムも外しベアリングに新しいグリースを塗りステムを組み上げる。
ベアリングの動きが良くなると気持ち良い(^_^)
トップブリッジを仮組みし新しいヘッドライトステーを組みながらフォークを取り付けていく。
鉄のフロントフェンダーも新品に交換し仕上げたホイールを取り付ける。
最後にハンドルを交換する。
これは旧車ならではの苦労が見える^_^;
ハンドルスイッチの配線がパイプの中を通っているので配線を通すのがちと面倒^_^;
でもせっかくだからちゃんと通して組み付ける。
これでかなり良い感じになった(^_^)
で、忘れていたのがフロントキャリパー^_^;
特に引きずりはなかったがせっかくなのでキャリパーもオーバーホール。
オーバーホールしたら多少ブレーキのタッチも良くなった気がした^_^;
これでフロント周りも完成(^_^)
2010/12/23(木)
先日、古いジョグのタイヤの空気を入れてあげたら・・・
お客「旧車得意ですか?」
私「え・・・何で?」
お客「中のスパーダやGSFが綺麗にしてあるから得意なのかなぁと思って・・」
私「得意というほどじゃないけどね^_^;」
お客「もう一台XS650を持っているんですが整備出来る所がなくて困ってるんです」
私「何処まで出来るか分からないけどそちらがよければ良いですよ^_^;」

なんてのがたまにある^_^;

旧車だけでなく新型でもちゃんと整備出来ない所もあるからオーナーさんも店選びが大変らしい^_^;
2010/12/22(水)
メカニック修行時代。
CB750K4の部品がぼちぼち入荷してきたので交換作業。
まずはリヤホイールのスポークと鉄リムの交換。
リヤホイールを外しタイヤ、チューブも外す。
古いスポークはサンダーでぶった切り^_^;
ハブに残っているスポークを外しハブをボンスターで磨く・・・・・
そこそこ綺麗になったら新しいスポークを仮組みして鉄リムも仮組み。
縦振れを修正しながら手でニップルを回し8割程度仕上げる。
これを上手にやると横振れも少なくなる。
後は全体のニップルを締めながら仕上げていく・・・
地味な作業ではあるが慣れていると1時間以内で終わってしまう^_^;(磨きは除く)
リヤホイールが仕上がったら新しいタイヤ(BSスタンダードタイプ)とチューブを取り付ける。
スポークとリムが光っていると何だか嬉しい^_^;
ここでもう一つ作業する所がスイングアーム。
一度外してグリスアップ!!
こういう時は2本サスが楽^_^;
邪魔な部品が少ないので脱着が簡単^_^;
動きが良くなった所でリヤホイールを取り付ける。
リヤフェンダーはボンスターで磨き錆を落とす。
当時のメッキは厚く丈夫なのでそこそこ綺麗になる(^_^)
これで後ろは完成(^_^)
2010/12/21(火)
VFR800のオーナーさんと雑談をしている時にアドレスV100がやってきた。
リヤブレーキワイヤーの交換。
部品は取り寄せてないのでお客さんに「用品屋さんで買ってきたら交換しますよ」と言っておいた。
それで急遽買ってきたようである^_^;
新品のワイヤーを受け取り動きをチェック・・・
新品なのにやや動きが悪い(・_・;)
バイクを分解する前にワイヤーに注油・・・
動きが良くなった所で交換作業。
ちょっと手間の掛かった部分もあるが20分前後で作業終了。
ワイヤーの動きも軽く気持ち良い(^_^)

新品のワイヤーを交換する時は動きが良くても悪くても注油するのが良い。
錆の予防にもなる。
2010/12/20(月)
本日、VFR800を納車。
オーナーさんが店に到着して少し話をして試乗してもらう事になった。
私が先頭で市内をちょこっと走ってきた。
信号待ちなどで様子を聞きながらの試乗ではあるがオーナーさんの顔は笑顔。
バイクの仕上がり具合は良いようである(^_^)
店に帰って来てからも雑談^_^;
楽しい時間である^_^;
ちょっと寒くなり始めてから帰っていったが家に到着してから電話がありほっとした。
電話でも仕上がり具合がとても良いと喜んでいたのでこちらも嬉しい(^_^)

まだまだ一流になれないメカニックだがお客さんに喜んでもらえるとやりがいがある。
2010/12/19(日)
もうすぐクリスマス。
バスの運転手もサンタコスプレしていた(全員ではないが)
あまり評判の良い所ではないのでイメージアップなのか?^_^;

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ