バイク修理屋のつぶやき2011年09月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2011/09/30(金)
壁
本業をやりながらの壁修理^_^;

先に隙間処理をやるのに発砲ウレタンスプレー(1回使い切り)ともう一つを買ってきて説明書を良く読み作業していく。

大きい隙間に発砲ウレタンを使いブシューとやるとモコモコと増量してきた・・

これならしっかり隙間を埋めてくれそうだ(^_^)

硬化するまで時間があるので細かい隙間も処理していく。

これで次の日まで待つ^_^;

コンパネに塗る物を探してみると16年前に買ったペンキ(ほぼ新品)が出てきた(ラッキー)^_^;

これでもう出費はない(^_^)

次の日朝からハシゴを登って発砲ウレタンの邪魔な部分をカッターでサクサク切っていく・・

後はペンキとハケを持ってハシゴに登り塗り塗り・・・・・

途中ペンキの臭いでクラクラ・・

でも最後まで塗るとほぼ完成。

1週間ほど掛かってしまったが素人仕事だからこんなもんかな^_^;
スポンサーサイト
2011/09/29(木)
先日、ズーマーのお客さんが「エンジンは動いているが走らない」と言って来店。

エンジンの音を聞いてみると中の部品が壊れているとか緩んでいるとかの音はしてない。

多分ドライブベルトが切れたようである。

すぐには修理できないのでお預かり。

ドライブベルトの部分を分解してみるとベルトの残骸がボロボロと落ちてきた(・_・;)

さて何処まで壊れているのか???

プーリー、クラッチの部分を外して切れたベルトの除去・・・・・

これが結構手間がかかる(>_<)

プーリーの中身もチェックするとウェイトローラーもダメ(>_<)

おまけにスライドピースが無くなっている(・_・;)

プーリーは何とか使えそうなので他の部品を注文。

部品入荷待ち・・・・・

部品が入荷してすぐに部品交換・・・・・

完成すると何事もなかったかのように良い調子になる^_^;

お客さんに連絡するとその日の内に来店。

ベルトその他の残骸を見せて納得したようだ^_^;

ホンダは今も昔もベルトが切れるまで走れるようだ。

でもベルトが切れた時は大変だなぁ^_^;
2011/09/28(水)
今日は朝から雨ガエルさんが来店。

こちらのコンパネ作業を手伝う予定で早く来たのだが一日遅かった^_^;

でも気持ちだけでも手伝いに来てもらえて嬉しかった(^_^)

で、またカブ110のフォークセッティング。

前回は15mmのエンビパイプを使ったが今回は10mmで再セッティング。

たった5mmと言っても違いは確実に出る。

本人の希望通りフォークオイルは15番で油面は前回と同じ。

一度作業をやっているので今回はもっと楽にできるようにゴムバンドを用意した。

フロントフォークは前回と同じ本人が脱着。

ゴムバンドのおかげで作業は楽々終了(^_^)v

あまりにも早く作業が終わってしまって「早すぎる」と嬉しい苦情を言われてしまった^_^;

作業が早くても気持ち良く走れるようになればそれでOKである。
2011/09/27(火)
壁
空模様を見ると曇り空。
風はほんのり吹いているかな。
何となく雨が降りそうな予感・・・

そんな事を考えながらハシゴを伸ばし前日の夜に加工しておいた右上のコンパネを握力腕力で持って登る・・・
命綱なんてないから風が吹いたらかなりやばい(・_・;)
でも自分一人なのでやらないわけにはいかない。
怖いなんて泣き言も言えない(>_<)
ハシゴの上まで来てコンパネを合わせてみたいがハシゴの先が邪魔でハシゴを少し浮かせてコンパネを通し合わせてみるがすんなり合うわけではない(>_<)
ハシゴを登り降りを繰り返して微妙に修正をして合わせていきやっと右上の取り付けが終わる。

またハシゴに登り左上の寸法を測りコンパネを加工する・・・
そしてまた右上の時と同じように合わせてみるがすんなり合うわけがない(・_・;)
微妙に修正を繰り返して左上の取り付けが終わる。

とりあえずこれで一番高い(怖い)所に登らなくても良い^_^;

でも・・・小雨が降ってきた・・・(>_<)

今日中にコンパネは完成させたい・・

ハシゴを少し短くして登り今度は右下の寸法を測りコンパネを加工する・・・
窓枠の部分だけ取り除いた丸々一枚のコンパネが完成。
こいつが一番重そうだ(・_・;)
今度はハシゴが邪魔してないので合わせるのは楽だが重い。
それでも合わせてみると何とかなりそう(^_^)
ちょっと強引だが継ぎ目を合わせながら取り付けていく・・・^_^;

大雨にならない事を祈りながらハシゴを登り左下と窓枠の左部分の寸法を測りコンパネを加工する・・・
この部分は加工したままの状態ですんなり取り付けができた^_^;

素人作業だがコンパネどうしの合わせ目がほとんど合ったのでラッキーである^_^;

後は天気が良くなってから周りの隙間を埋めていこう。

それが終わったらコンパネの塗装をして終了だ。
2011/09/26(月)
壁
ハシゴだけでの作業はかなり苦労する^_^;

それでもやるしかないのだが・・・

古いコンパネを剥がし薄っぺたい断熱材がとりあえず入っている^_^;

でもこんな薄い物では頼りないのでスタイロフォームと木材とその他を買ってきて多少でも冬対策を^_^;

店を開けながらの作業なのでなかなか進まない。

家も元々歪んでいるのでいろいろと苦労する(・_・;)

お客さんの相手をしていると時間が過ぎていく・・・・・

仕事だから仕方がないが^_^;

明日はそこそこ形にしたいなぁ。

コンパネ作業が一番苦労しそうだ(・_・;)
2011/09/25(日)
壁
ブログに壁の事を書いたら常連の電気屋さんがハシゴを貸してくれると言うのでありがたくお借りしました^_^;

とりあえず古いコンパネを剥がす作業からやらなくてはいけない(・_・;)

高い所があまり得意じゃないから気をつけてやらねば・・
2011/09/24(土)
先日の天気の悪い日(台風の前かな)

TRX850のお客さんが中古のリヤキャリパーを買ったとかで来店。

先に中古キャリパーをチェックしてみるとピストンが固着しているかのような感じでそのまま取り付けは出来ない状態であった(>_<)

このまま取り付けしても仕方ないのでオーバーホール・・・

油圧でピストンが出せる所まで出してキャリパーを分解。

片方のピストンは工具で外せたがもう片方は工具では外せずエアツールを使ってかなり苦労してピストンを抜いた。

オーナーさんにキャリパーの状態を教えながら掃除していく・・

パーツリストには載っていないOリングも見せてあげた。

ヤマハは何故このOリングを出していないのか不思議・・

キャリパーを綺麗にして組み上げやっと取り付け出来る状態になった。

古いキャリパーからパッドなどを移植してホースを繋ぎ固定してフルードを足しながらエア抜き・・・

エア抜きが終わり完成。

この中古キャリパーが熱膨張した時にフルード漏れが出なければいいのだが・・
2011/09/23(金)
昨日は台風15号の影響で天気は最悪(>_<)

バイクの姿はほとんど無し・・

いつもなら夜9時までやっているのだが昨日は6時半くらいに店を閉めた^_^;

台風が遠のき強風もなくなったのでラッキーと思っていた。

次の日、店の周りをチェックすると・・(・_・;)

店の裏のコンパネの壁が一部剥がれている(>_<)

やられた(>_<)

築30年以上のボロ家ではあるが修理が必要となってしまった(>_<)

材料を買ってきて補修するしかないか^_^;

ハシゴも買わなければいけないので大変だ・・・

まずは壁の穴埋めをして雨対策もしなければ(・_・;)

バイク屋が大工屋にチェンジだな^_^;
2011/09/22(木)
新品ミラー
新品のミラーが入荷ヽ(^o^)丿

中身をチェックすると・・

ウインカーが付いてない状態でかなりお高い(1万以上)(>_<)

古いミラーを外しミラーを分解してウインカーを外しウインカーレンズをコンパウンドで磨く・・

今度は新品のミラーを分解しウインカーを取り付ける・・

配線を繋ぎカウルに固定して完成(^_^)

やっぱり新品は輝きが違う。

3次元に曲がっているブレーキレバーもそれなりに修正^_^;
2011/09/21(水)
ミラー
ブラックバードの折れた右ミラー。

新品を注文してるけど試しに修理してみる・・

5mm厚のアルミプレートを加工しドリルで穴を開けて本体の方にタップを切り4mmのボルトで数ヶ所固定して形にはなった^_^;
でも回転はさせられない状態である。

普通に使える状態になったがまた折れた時の代用品としてならOKかも^_^;

ちょっとした楽しい工作であった^_^;

新品が入荷したら交換だ^_^;
2011/09/20(火)
ミラー
常連さんのブラックバード。

先日タイヤ交換する予定だったのに・・・

出発前にセンタースタンドを降ろす時に右に重心が動いて右ミラーがポキッ(>_<)

これを読んでいる方も多少覚えがあるかも^_^;

運が良ければ折れないのだが今回は運が悪くミラーのステー部分が折れてしまった(・_・;)

このミラーは専用部品なので代用がきかない(>_<)

このままでは走行に支障があるのでお預かり。

一応新品部品を注文。

ウインカーが内蔵しているので値段もそれないに高い(・_・;)

でも無ければ問題が出るので仕方がない・・

ちょっとの間、スパーダ号で我慢してもらおう^_^;
2011/09/19(月)
本日、昼くらいに連絡して250カタナを乗っていきそのまま納車。

仕上がり具合を見て納得したようだ^_^;

ガレージの中へ入れてほしいとオーナーさんが言って軽自動車を外に出すとその中に86トレノがあった。

エアロパーツなども取り付けてある。

その86トレノはレストア中とかでいろいろと細かい事をやっているようだ。

一番気になったのがエンジン。

どうみてもノーマルじゃない。

私が「これって5バルブのエンジン?」と聞くとオーナーさんが「ノーマルエンジンは遅いから^_^;」とか

まるでイニシャルDみたい^_^;

確かに当時のエンジンでは今の軽自動車にも負けてしまうかトントンって所だろう^_^;

なんて話をしながら250カタナを86トレノの前に横付けして終了。

修理代を貰い歩いて店まで帰ってきた^_^;
2011/09/18(日)
一応常連さんのスティード600

先日久しぶりに来店してフロントタイヤを注文していった。

特に指定がなかったので今までと同じTT100

いつものタイヤ屋さんで購入してすぐに連絡したが電話に出ない(・_・;)

1時間くらいしてから向こうから電話がきた。

タイヤが入荷したのを伝えるとすぐに来店。

目の前でちゃっちゃとタイヤ交換。

ホイールバランスも調整し取り付けて完成。

見た目はかなりくたびれているがまだまだ現役で走っているバブル期のバイク。

大事に乗ってほしい。
2011/09/17(土)
預かっている250カタナ。

カウルのキズにペイントして乾くのを待つ。

午後には注文していた部品もすぐに届いた。

最近のスズキは部品の入荷が早い(そう思っているだけだろうか・・)

早速ウインカーとステップを交換。

完成したがお客さんが取りに来れる状態ではない^_^;

こちらから納車するつもりで連絡してみると「もう終わったんですか」と言われた(・_・;)

早く終わったらいけないのか?・・・

すぐに納車可能の事を伝えるとすぐにはダメらしい(・_・;)

後日また連絡してからの納車となった。
2011/09/16(金)
250カタナ
ウインカーを外し、カウルも外してカウルステーの状態をチェック・・・

左右と真ん中の3分割のカウルステー。

あっちこっち変な歪み方をしている(・_・;)

まずは大きく歪んでいる部分を優先して修正していく・・・

これで仮付けするとカウルステーは上手く合体しない(・_・;)

この状態でバールその他を使い真ん中のカウルステーを中心に修正していく・・

そして左右のカウルステーを合体できるように修正して仮固定しカウルを取り付けてみる・・

これですんなりカウルが取り付けできるわけがない^_^;

またカウルを外しバールその他を使い微妙に修正しつつカウルを合わせての繰り返し・・・・・

やっとカウルが取り付け出来る状態になったのでカウルステーをしっかり固定していく・・

微妙に傾いているのを修正しカウルを取り付けると何とか形になった(^_^)

キズの部分は似たような色でペイントしようかな^_^;

黄ばんだ純正色なんて売ってないからなぁ^_^;

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ