バイク修理屋のつぶやき2011年10月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2011/10/16(日)
預かっているビーノの親から電話がきて現状を教えた。
多少メカは知っているようなので話が楽^_^;
買ったバイク屋に連絡して取りに行かせると連絡してくれた。

1時間後くらいに向こうのバイク屋から電話があり昼くらいに取りにくると言ってきた。
点検料はいくらかと聞かれたが直ってないのでいらないと言っておいた。

昼くらいになり向こうのバイク屋が到着。
ビーノの現状を見せて始動が悪いのとマフラーからの煙も確認させてこちらでやった事を説明した。
バイクを渡す時に「しっかり直してやってくれ」と一言言っておいた。

それなりに手間が掛かりそうな感じだがオーナーさんのためにしっかり直してほしい。
2011/10/15(土)
昨日の夜に初めて来店したビーノ。

急にエンジンが吹けなくなったとか。

詳しい話を聞いてみると中古(走行約3000km)を買ってまだ2回目の走行らしい(・_・;)

燃料は入っている。

症状的にガソリンに水が混入しているような感じだったのでキャブのドレンを緩めてガソリンを抜いてみると多少水らしき液体が出てきたような気がした・・

もう一つ気になるのはマフラーからの煙。

2サイクルじゃないんだからこんなに煙が出てくるわけがない。

もう一度エンジンを再始動しようとセルを回すがすぐに止まってしまう・・・

プラグをチェックすると完全にかぶっている。

しかもガソリン臭くない。

キャブレターを少し掃除してみたりいろいろやってみたが進展はない(・_・;)

オーナーの女の子に「買った所で修理してもらった方が良いよ。とりあえず預かっておくから」と言って帰りの事を聞いてみるとこれから出かける所があるとか。

近くなので軽トラに乗せて現場まで送っていく。

軽トラの中で話をしているとフットサルの練習に行く途中だったようである。

フットサルの話をしている瞳がキラキラしていて羨ましいくらい眩しい。

これが若さってやつかなぁ・・

現場まで送って帰ってきた。

店を閉めて晩飯を食べて納得いかないビーノに再チャレンジ・・・

何とかアイドリングを安定させるところまで進展したがオートチョークがあまり利いていないのと吹け上がりが悪いのはそのまま・・・

マフラーからの煙も減る事はなく店の中がオイル臭い排気ガスでいっぱい(・_・;)

最近の4ストスクーター(50cc)は手入れをしないとすぐに壊れる傾向にある。

燃費を売りにしてもエンジンが壊れやすければ意味はない・・

程度が良いと言っても中古はあまりお勧めできないのが現状。

昔のスクーターの方が丈夫で良かったなぁ・・
2011/10/14(金)
約2年前くらいにフォークオイルを苦労して交換した常連さんのDR400SM

こちらからフォークオイルの交換を指定したいところだが走り方の違いもあるのでオーナーさんが言ってくるまでやらない^_^;

ただこちらが触ってみてフォークの動きが変だと交換を言ったりする。

こちらの理想としてはあまり乗らない人でも1年に一度くらいは交換しても悪くはない。

今回はオーナーさんと話をしていたら「フォークオイル交換してください」と突然言われた。

迷わずバイクを中へ入れて早速作業開始。

ホイールを外しキャリパーを外し片方のフォークを外して古いフォークオイルを抜く・・・・・

初めて作業した時は構造が理解できてなくて苦労したのだが多少慣れてしまうとあまり苦労はしない。

古いフォークオイルは多少色が悪くなっていたが真っ黒ではなかった。

それでも劣化はしている。

新しいフォークオイルを注入しストロークさせてエア抜き・・・・・

エア抜きが終わり仕上げると気持ち良い動きをしている(^_^)

オーナーさんにも触らせる。

仕上げた方を車体に組み込みもう片方のフォークを抜いてオーナーさんに触らせると違いが分かったようだ。

こちらも同じようにフォークオイルを交換していく・・・・・

フォークを仕上げて車体に組み込みホイール、キャリパーなどを組み上げて完成。

帰るので店から発進した時にオーナーさんが違いが分かったのか「おぉ~」とか聞こえた^_^;

次の日にまた来店したら「気持ち良く走れて疲れない」と言ってきた。

元々良い装備をしているDR400SMだからまともになれば当たり前の話ではある^_^;

楽しく走って消耗品を交換しながら良い思い出を沢山作ってほしい。
2011/10/13(木)
タイヤ
ブレーキ修理で預かっているスペイシー100

タイヤは見てのとおりツルツルひび割れ状態(>_<)

それでもタイヤ交換しなくても良いと言うのでやらない。

依頼されたブレーキだけ修理する。

先にフロントパッドの交換。

こちらは特に問題なく作業が進んだ。

問題は後ろ。

ホイールを外すのにマフラーを外すのだが転倒しているようでマフラーが若干曲がっているみたい(・_・;)

外す時に多少手間が掛かってしまった。

ホイールを外しブレーキシューを外しカムの部分をチェックするとかなり渋い動き(・_・;)

分解してグリスを塗り動きを良くしてから新しいブレーキシューを取り付けブレーキは終了。

問題は外しにくかったマフラーの取り付けである。

予想通り取り付けは上手くいかない(>_<)

かなり強引に取り付けしてやっと完成(マフラー取り付けだけで1時間)

このタイヤで納車するのは心苦しいが本人がやらなくて良いと言ってるからまあいいか^_^;
2011/10/12(水)
他の店でクラッチ交換をしたカブ50(キャブ車)

クラッチを交換してからギヤを入れればクラッチが切れてないしシフトの調子も悪くなったとか(・_・;)

一応エンジンオイル量は問題なし。

こういうトラブルはやった店へ出すのが普通なのだが信用できないと言ってこちらへ来たらしい。

本人に了解を得てマフラー、ステップを外しエンジンのカバーを外しクラッチをチェックしてみる・・・

クラッチのセンター部のオイルスルーと言う部品が反対に組まれていていた(・_・;)

この部品はマニュアルを見なくても分かると思うのだが・・(・_・;)

担当のメカニックが経験がなかったのか?・・・

他もチェックしてオイルスルーを適正な組みつけをしてカバーを取り付ける。

クラッチ調整をしてオイルを入れる前にエンジンをかけてギヤを入れてクラッチの具合を見る・・OK

すぐにエンジンを止めてエンジンオイルを注入。

そしてまたエンジンをかけてギヤを入れてクラッチの具合を見る・・・・・

ギヤチェンジをしながらしばらく様子をみるが特に問題はなし。

本人にもチェックしてもらったら「直った(^_^)」と喜んでいた。
2011/10/11(火)
今日、初めて来店したスペイシー100

修理依頼はフロントブレーキパッドとリヤブレーキシューの交換。

当然在庫はないのでお預かり。

預かる時にバイクをチェックしたらリヤタイヤが丸坊主(・_・;)

一応リヤブレーキシューを交換する時にホイールを外すのでタイヤ交換も勧めてみたが拒否されてしまった。

一度にやれば多少安く済むのに・・

本人がそれで良いのなら仕方がない。

白バイなどに整備不良で捕まらなければ良いが・・

多分まだ捕まった事がないから問題ないと思っているのだろう。

こちらは依頼された事をやってさっさと納車しよう。
2011/10/10(月)
電話でジョルノの外装一式を交換してほしいと言ってきた人がいた。

詳細を聞いてみると中国製の輸入品の外装に交換してほしいとの事。

あちこちで工賃を聞きまくっているようであった(・_・;)

ホンダならホンダを通して部品を買っているのならまだ分からんでもない。

でも直輸入の中国製の部品はとにかく品質が悪い(今まで品質の良い物は見た事がない)

お客さんは簡単に言ってくれるが取り付けがすんなりいく事はほとんどなく最悪は割れる場合もある。

返事は「すいませんが他でやってもらえる所を探してください」と素直に断った。

いくら商売でも断る時もある。
2011/10/09(日)
たまに来る常連さんから電話がきた。

ハンドルのグリップ交換の依頼で知り合いと一緒に来店するとの事であった^_^;

しばらくすると常連さんが到着。

知り合いの人も女性であった。

バイクを中へ入れて雑談しながらグリップ交換。

話を聞きながらバイクの気になる所をチェックしているとリヤサスの話になり車高調整をしてほしいと言ってきた。

見てみると確かに調整する部分はあるが何かが足りないような気もする・・

調整する部分を緩めてジャッキアップしてみるとやはり調整するための部品が必要であった。

車高調整は諦めてもらいリヤサスのリンク部のグリスアップを勧めてみたらすんなり「やってください」と依頼されてしまった^_^;

ジャッキアップして準備OK

本人の見ている前でリヤホイールを外しリヤサス周りを分解していく・・・

その間面白いような恐ろしいようなガールズトークを黙って聞きながら・・・^_^;

リヤサス周りを分解していくと私の力でも緩まないボルトが出てきた(・_・;)

こんなに力いっぱい締めなくても良いのに(・_・;)

エアインパクトを使い緩まなかったボルトは解決^_^;

スイングアーム、リンク部のベアリングにモリブデングリスを塗り組み上げていく・・・・・

ガールズトークはまだまだ続いている^_^;

最後にリヤホイールを組み込む前にリヤキャリパーの可動部にもグリスアップしてホイールを組み込む。

ホイールを回してみると分解前よりも軽く回るようになった(^_^)

本人にも確認させると納得の笑顔。

今までこんなに軽く回った事はないらしい^_^;

ジャッキを外してリヤサスの動きを確認するとしなやかな動きになった(^_^)

これでかなり良い仕事をしてくれるだろう。

リヤサスを高級な物に変更するのも悪くはないが一度リヤサスリンク部のグリスアップをやってみるのも悪くはない。

本物のオリジナルの動きを体験して納得いかなければ部品の変更を考えても良いだろう。
2011/10/08(土)
壁
ほとんど仕上がっている裏の壁。

防犯フェンスも一人で取り付けてこんなもんかなぁと思っていたが何となく中途半端な感じがする^_^;

これで長持ちしてもらわないと困ってしまうよなぁ・・

やはりもう一回ペンキを塗ろう。

ハシゴを伸ばして上からペンキを塗り塗り・・・

今度は色むらもなく綺麗な黄色になったヽ(^o^)丿

個人的に納得^_^;
2011/10/07(金)
ニュースを見ていると東北のゴミの受け入れを拒否したり、福島から来た材料だからと苦情を言ったりしてる人が居るようだ。

元々は天災が原因。

でも東電のお偉いさん(天下り)が適当な事を言ってきたからの結果でもある。

が、世間の人も冷たい・・

義援金さえ送れば後はそちらで何とかしろと言っているのと同じである。

それで何とかなるなら問題にならないが何とかできないのが現状。

「絆」と口で言うのは簡単。

それを行動に移せるのが本当の「絆」のような気がする。

狭い日本。

人間の器まで狭くする必要はないと思う。

こういう時だからこそ人間の本心が出るのかもしれないが・・
2011/10/06(木)
たまには昔話を^_^;

バブル期で有名?なバイクと言えばVFR750R(RC30)

まさにレーサーに保安部品を取り付けただけみたいなバイク。

エンジンの一部にチタンパーツを使っていた贅沢なシロモノ。

1速で引っ張れば130km/h以上、そのまま2速3速とシフトアップしていくとすぐにリミッターが利いてしまう凄いエンジンである。

こんな物を良く市販したものである(・_・;)

確かに性能は良かった・・・

でも当たり外れの多かったバイクでもある。

新車整備(納車整備)をしてエンジンをかけるとマフラーから煙が出たり、それより酷い物はマフラー出口が多少オイルで濡れる物もあった。

それでも新車なのでそのまま納車したのも事実。

後でマニュアルを見てみるとピストンリングの交換は5000km毎となっていた(・_・;)

確かヤマハのOW-01も同じだったと思う。

ほぼレーサーのエンジンだけに耐久性はちょっと難ありだったかな^_^;
2011/10/05(水)
年々チャンネルを変えたように季節や気温が変化しているような気がする(・_・;)

朝晩が寒くなってきて急激に気温が下がったりしている・・

気温が下がってくれば当然タイヤの空気圧も下がってくる。

先日、常連さんのオイル交換をするのでバイクを中へ入れた時にちょっと違和感があった。

古いオイルを抜いている時にタイヤの空気圧をチェックすると・・やっぱり足りない。

走ってきたばかりでタイヤがそこそこ暖まっているのに標準の空気圧より低い。

オーナーさんはあまり気にならなかったようである^_^;

多少大雑把でも悪くはないが・・^_^;

でもタイヤの空気圧が下がるとバイクの取り回しにも影響するし、タイヤの性能や磨耗にも関係してくる。

当然燃費も。

バイクの場合、タイヤの丸みで旋回するので空気圧はかなり重要!!

これからどんどん気温が下がってくるのでタイヤの空気圧を要チェックしてもらいたい。

基本は各メーカーの推奨されている空気圧が目安。

できれば月一回くらいはチェックしてもらうのが良い。
2011/10/04(火)
店の常連さんも私のブログを見ているらしい^_^;

先日の大工仕事が気になるようである^_^;

気になる人はやはり台風で雨漏りなどのトラブルがあったりなかったり・・

建築関係の仕事をしてる人にはあまり見せたくはないがちょっと覗けば見られてしまう。

でもハシゴだけでの作業で「良く仕上げたね」と言ってくれる人も居る^_^;

褒められて嬉しいやら恥ずかしいやら・・

自分の家だから自分で出来る事はやらないと出費が多くなるので大変である^_^;
2011/10/03(月)
今日、近所らしい年輩の方が来店。

店に入ってくるなり「プラグ交換して」と言ってきた^_^;

ちなみにバイクは何か聞いてみるとタクトとか。

外に出てバイクを確認すると・・・ほぼ初期型らしいタクト(@_@)

多分同期にはスカイがあったと思う^_^;

まさか80年代のタクトを見られるとは驚きである。

外装はかなり色あせてはいるがかなり綺麗な状態。

プラグを外してチェックすると在庫がある^_^;

すぐにプラグを交換して終了。

エンジンをかけてみると多少くたびれているがまだまだ元気であった(^_^)
2011/10/02(日)
以前バッテリーあがりで充電したファイヤーブレード。

このバイクもそれなりに古い^_^;

今回はヘッドライトのロービームだけが点灯しないとか・・

オーナーさんはヒューズをチェックしたらしいが問題はない。

実際ハイビームは点灯するのでヒューズ切れではない^_^;

2灯式のバルブが一度に切れるなんてのもほとんどありえない。

一応片方のソケットを外して他のバルブを取り付けてみたがやはりダメ。

試しに左ハンドルスイッチを外して直結してみるとロービームが点灯した。

問題はスイッチらしい(・_・;)

狭い隙間ではあるが何とか分解しヘッドライトの切り替え部分を分解して接点を綺麗にするとロービームが復活。

復活したのは良いのだが今度は組み上げなければならない(・_・;)

壊さないように配線をよけながら組み上げ成功^_^;

古くなってくるといろいろと小さいトラブルが出てくるから大変である^_^;

Before  | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ