バイク修理屋のつぶやき2011年10月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2011/10/31(月)
以前ZIRを修理したお客さんがZZR1400で来店。

話を聞いてみるとお悩みはフロントブレーキ。

ゆっくりブレーキをかけると微妙にフワフワ?するとか・・・

このバイクも初めて触る^_^;

とりあえず中へ入れてチェック・・・・・

ディスクローターが歪んでないか・・問題なし。

ホイールベアリング・・問題なし。

キャリパーが緩んでいるか・・問題なし。

ブレーキレバーの動きは良好。

フロントフォークはオイルがダメになっているような感じ^_^;

考えられるのはパッドくらい・・

キャリパーを外しパッドを外しピストンの動きをチェック・・問題なし。

軽く掃除をしてパッドの角を削り組み立てる。

作業を見ているオーナーさん。

キャリパーをフォークに取り付けてホイールの動きをチェックすると作業前よりも回りが良くなった。

これでオーナーさんに試乗してもらう・・・

帰ってくると「直りました(^_^)」

原因はやはりパッドらしい^_^;

一つのキャリパーの中で4個のパッドが一組ごとに独立しているタイプなので細かい動きをしてしまったような気がする。

初めて触ったZZR1400はそれほど重くなく小さく感じた。
スポンサーサイト
2011/10/30(日)
昨日、県外からわざわざ来店してくれたDR400SMのお客さん。

作業は説明を入れて3分程度の作業^_^;

それでも変化した事を喜んでもらいほっとした。

その後はいろいろ話をしてお客さんは帰路へ。

ちょっとした事でも県外から来店してもらえるのは嬉しい(^_^)
2011/10/29(土)
普段エンジンオイルはまめに交換していてもプラグの交換はしてないと思います。

プラグも消耗してくると徐々に火花が小さくなってきます。

ほとんどの人はエンジントラブルなどが無ければ交換しないような気がします。

通常なら10000kmくらいで交換するのが良いと思います。

良く回して乗るのなら5000kmくらいの交換が無難かと思います^_^;

小排気量のバイクほどプラグの消耗は激しいはず。

普段あまり回転を上げない人ほど火花の強いプラグをお勧めします。

燃焼効率が良くなり燃えカスが少なくなり燃費も良くなるはず。

先日もGSX1400のプラグを交換しました。

前回交換してから約8000kmくらいでしたが交換後はエンジンの調子も良くなりました。

ちょっとした火花の違いだけでエンジンの調子が変化します。

今の時期が一番エンジンのパワーが出ますのでプラグを交換して気持ち良く走れたら良いですよね。

普段あまりプラグ交換をされてない人は一度交換してみるのも良いですよ。
2011/10/28(金)
今では廃盤になったゼファー1100

元はボイジャー1200の水冷4バルブのエンジンをわざわざ空冷2バルブツインプラグにしたカワサキ。

普通は空冷から水冷への進化をするのだが・・・

でも当時は空冷が流行。

カワサキも流行に便乗してしまったような気もする。

ただ元々1200ccのエンジンを何故1100ccにしたのかは分からない。

私の個人的な意見としてはそのまま1200ccで空冷にした方が良かったような気がする^_^;
2011/10/27(木)
またバブル時代の話でも^_^;

当時市販されたGL1500

フラット6エンジン搭載でバックギヤ装備のツーリングバイク。

乾燥重量は余裕の300kg超え(確か350kg前後)

最初はこんなでかぶつ売れるのか?と思っていた^_^;

しかしお金に余裕のあるお客さんが結構購入していた。

購入されたお客さんのほとんどはフルオプションみたいな感じで納車。

点検の時は一応試乗もした。

乗ってみて分かったのは見た目の重そうな感じは取り回しだけで走り出すと重さを感じさせない軽快な動き。

低速走行でもバランスが良く乗りやすい。

Uターンなどは6気筒の滑らかなエンジンのおかげでクルクルと安定して曲がる。

乗った事がない人には理解出来ない性能であった。

これで高速道路に入れば無理なく楽に走れる。

ツーリングバイクと言うよりはクルーザーと呼んだ方が良いかも。
2011/10/26(水)
買ってみました。

オータムジャンボ!!

たった一枚だけど^_^;

結果は見事に大ハズレ~(>_<)

やはり貧乏人には当たらないのかなぁ・・

仕事をコツコツやるのが一番だろうなぁ^_^;
2011/10/25(火)
歳を取ってしまった(・_・;)

後2年で・・・・・50か・・

気がつけばメカニックを始めて30年・・

良く続いてるものだ^_^;

それでも経験してない事が多いと思う^_^;

きっと動けなくなるまでやるんだろうなぁ・・・
2011/10/24(月)
では続きを・・

メッシュホースが入荷し連絡するとすぐに来店。

一応ホースの長さを確認してから作業へ・・

まずはノーマルホースを外す。

後はメッシュホースをよじれないように組み立てて取り付けていく・・・

ホースをしっかり取り付けて同封されているブレーキフルードを注入しエア抜き・・・

エア抜きが終わるとブレーキレバーのタッチがかなり良くなった(^_^)

オーナーさんは試し乗りしたくてウズウズ・・・

すぐに試乗へ・・

試乗から帰ってくるとブレーキの感触が良くなり余裕が出たようである。

ただ・・・フロントフォークの動きに違和感を感じているのでフォークオイル交換の追加依頼^_^;

こちらでは予想していた事である^_^;

で、フォークオイル交換作業へ・・

まずは左のフォークを抜きスプリングを外して古いフォークオイルを抜く・・・

フォークオイルを注入する前にノーマルスプリングのチェック・・この車重には柔らか過ぎる・・

何とかしてあげたいので他のスプリングを探すとノーマルより少し長いタイプが2種類出てきた。

片方はノーマルのスプリング径がやや太め、もう片方はノーマル径と同じ。

先にやや太めのスプリングを組み込む事にしてフォークオイルの硬さを調整し注入(油面は同じ)

スプリングを組み込み仕上げてみると・・・予想よりも硬くなりもう片方に変更・・

スプリングを抜きフォークオイルの油面を調整し直してノーマル径と同じ物を組み込む・・

今度はこちらの予想通りの動きになった(^_^)

もう片方のフォークを抜いてオーナーさんに触らせると違いに驚いていた。

もう片方も同じように変更して仕上げる。

車体にフォークを組み込みフェンダー、ホイール、キャリパーを取り付けて完成ヽ(^o^)丿

スタンドを降ろして動きをチェック・・こんなもんでしょう^_^;

ちょっとした段差でもチェックすると弾む事なく良い動きをする(^_^)

久しぶりに良い仕事したなぁって感じ^_^;

また試乗したくてウズウズしているオーナーさん。

早速試乗へ・・・

オーナーさんが試乗から帰ってくると顔がにやにやしている^_^;

バイクの動きがかなり良くなったのだろう。

これでまた峠の練習が楽しくなるであろう。

見た目ノーマルでそれなりに戦闘能力をアップさせるのはかなり地味な作業ではあるがバイクのバランスを考えれば一番良いと自分では思っている。

必要に応じたパーツ交換は必ず訪れる。

それなりのパーツを装備するのならそれなりのテクニックも必要だと思う。
2011/10/23(日)
常連さんのGSX1400

お気に入りの峠でひたすら練習しているようである。

たまに他の峠も走っているが道を細かく覚えるのは大変だろう。

今はどノーマルにツーリングタイヤで練習させている。

とにかくノーマルの限界を少しでも把握させようと努力させている。

いつもならお気に入りの峠で5往復くらいしても特に問題は出ていなかったが最近ではブレーキが少し悲鳴をあげてきたようである。

ちょこちょこエア抜きをしてブレーキの引きずりもチェックしていたが問題はない。

パッドの残量にも余裕がある。

フロントフォークの動きに違和感を感じてオイル交換もしているがスプリングのへたりも関係しているのでこちらも調整していくが目いっぱい締めこんで多少良くなる程度。

お盆くらいに注文してあったWPのフォークスプリングは入荷未定になりキャンセル。

その分はタイヤ(同じ物)へ移行させる。

タイヤが新品になるとまたバイクの動きが良くなり峠のペースが上がる。

これを繰り返していると話の内容もかなり変化が出てくる。

まだ若いが成長が早い。

大きな怪我もせず悪運が強いのかセンスがあるのか・・・

先日もお気に入りの峠を攻めていたら1往復目からブレーキが悲鳴があげたらしくブレーキフルードを交換。

普通ならこれでいけるはずだがそれなりにペースが上がっているので時間の問題・・

重量車だけに重さが大きな障害になる。

一応こちらから「そろそろメッシュホースにしても良いかなぁ」と言っておいた。

その返事は後日峠を走ってきて「メッシュホース注文して下さい」と一言^_^;

やはりブレーキに違和感を感じたのだろう^_^;

目の前で注文し雑談をして帰った。

メッシュホースにしたらフロントフォークの改善も必要だろうなぁ・・・

続く・・
2011/10/22(土)
キムチ
先日の夕方に食料の買い物へ行ってきた。

いろいろ物色していたら誘惑に負けて買ってしまった^_^;
2011/10/21(金)
1週間くらい前にクラッチトラブルがあったカブ50

一時は直ったがすぐに悪い症状が出て更にクラッチが滑ってきたようである。

前回はクラッチを全バラにしたわけではない。

簡単な組みつけミスを直して調整しただけである。

それでオーナーさんからクラッチ板とスプリングの交換を依頼された。

必要な部品を注文し入荷。

オーナーさんに連絡し本日来店。

今度はクラッチを全バラにするので不調の原因がはっきりするだろう。

マフラー、ステップを外しクラッチカバーを外してクラッチを外す時・・・

クラッチのセンターナットの締まる位置が微妙だが違和感を感じる・・

センターナットを外しクラッチを外して分解しながらチェックする。

クラッチ板を外すと一番奥のクラッチプレートの裏にクラッチウェイトががっちり当たっているキズがあった。

普通は当たらないはず・・・

原因はドライブプレートの組みつけミスのようだ。

スプリングも交換するのでドライブプレートも外しスプリングを入れ換えドライブプレートを取り付ける。

すると1mmあるかないかの微妙な隙間の違和感が消えた(^_^)

丁寧に組み付ければミスはないのだが・・・^_^;

クラッチ板も入れ換えてクラッチ完成。

完成したクラッチを本体に取り付けセンターナットを締めるとシャフトの頭が少し出て違和感解消ヽ(^o^)丿

カバーを取り付ける前にレリーズの部分を一番奥まで緩めておいてカバーを取り付けレリーズ調整。

これでクラッチ&シフトの不調は直っているはずなのでオイルを足さずにエンジン始動。

キックの感触も良くなりギヤを入れてクラッチも切れているし半クラッチも復活(^_^)

後はオイルを足してステップ、マフラーを取り付けて完成!!

オーナーさんの話では知り合いの人も同じ店でクラッチ交換をして同じトラブルが出たとか(・_・;)

もしかしたらこっちに来るかなぁ・・
2011/10/20(木)
今では排ガス規制で使用されている触媒。

前回のビーノの修理で納得いかなかったのでいろいろ調べてみる・・・

やはり触媒(マフラー)の詰まりが考えられる。

今回は走り方よりもエンジンオイルの入りすぎが原因かも。

オイル注入口までたっぷり入っていた(・_・;)

一応オイルは適量に調整。

エンジンを何とか吹けるようにしたらマフラーの中でジュワジュワと何かが焼ける音がしていた。

売った店でどういう修理をするのか分からないがこちらではマフラーが怪しい気がする。

触媒のトラブルは他にもいろいろあるがエンジンオイルによるものが多いみたいである。

最低でもメーカー指定。

それより良いオイルなら問題はないらしい。

どこぞの店で使っている納車整備用のリザーブオイルはあまりよろしくないだろう・・

後はエアクリーナーの掃除も大事!!

燃焼効率を良くしておく事が重要である。

高速道路を使える排気量なら一年に一度くらいはマフラーの掃除ついでに高速道路を走ってほしい。

これで触媒の掃除が出来れば安いと思う^_^;

最近のマフラー(ノーマル)は高いですから。
2011/10/19(水)
今日、不調のホーネットを納車。

バイクを渡す前に話をしているとバイク初心者であった。

向こうの店での納車時の話を聞いてみたが取り扱いの説明が初心者には分かりにくい。

こちらで分かりやすいように説明すると納得の顔をしていた。

週末にでもRBに乗っていくような感じであった。

一度オーナーさんの前でエンジンを始動させてみる。

チョークを使いすぐにエンジン始動。

オーナーさんはこんなに簡単にエンジンがかかった事がないと言っていた。

RBがきちんと説明してないからの結果である。

後はこちらで出ていた症状を直してもらうだけ。

RBで直してもらってからまたこちらへ来ると言っていた。

ちゃんと直っていれば良いが・・
2011/10/18(火)
店の前の信号で止まっているライダーの声がたまに聞こえてくる。

こんなとこにバイク屋あったんだ・・とか

こういうのは気にならない^_^;

でも・・・

こんな店で何ができるんだ・・とか

こんなちっちゃい店はまともな修理はできないよ・・とか

こういう事を言っているライダーのバイクを遠くからチェックするとバイクの調子はよろしくない^_^;

こんなライダーのバイクは以外と覚えている^_^;

前に一度バイクのトラブルで来店した悪口君が一人居た。

その時に「ちっちゃい店だからまともな修理ができないんじゃなかったの?」と言ってみた事がある^_^;

向こうはびっくりした顔で沈黙状態・・

それでもバイクをきちんと修理して納車した。

それからは来店してないし店の前を通過してるのを見た事はない。

悪口は聞こえないように言わないと困る時もある^_^;
2011/10/17(月)
初めて来店してきたホーネット250

エンジンがかからないとか・・

キーホルダーをみるとRB

セルを回し過ぎたのかバッテリーが弱っているのでちょっとお預かり。

バッテリーを充電してる間にプラグを掃除してしばらく待つ・・・・・

バッテリーが復活してエンジンをかけてみると無事始動。

電動ファンが回るまで様子をみていたがエンジンの調子はあまりよろしくない(・_・;)

RBのオイルが悪いのか・・それとも整備が悪いのか・・

個人的な意見としては両方かも^_^;

完全に暖まった状態でちょっと吹かしてみるとそのままエンジン停止(・_・;)

再始動しようとセルを回すと気持ち良く回らない(>_<)

当然エンジンは始動しない(>_<)

エンジンが冷えるまでしばらく待ってみたがセルの回りはよろしくない(・_・;)

現状をオーナーさんへ伝えるとバイクを見に来ると言って電話を切った。

再度オーナーさんが来店していろいろ説明してエンジンをかけてみるがやはりセルの調子が悪いしエンジンがかかりそうでかからない。

RBで買ったばかりらしいがいろいろトラブルが続いているような話であった。

見た目は綺麗なんだけど・・・

それでも保証期間はまだ残っているので有効に使わせるように話をした。

こちらももう一度冷えた状態でエンジンがかかるのかチェックしたいのでしっかりお預かり。

夜にもう一度エンジンを始動させたら何とかかかる状態。

でもこのままでは何処にも行けないのですぐにRB行きだろうなぁ・・

向こうでちゃんと直してくれれば良いが・・・

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ