バイク修理屋のつぶやき2012年08月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2012/08/16(木)
先日NC700X-DCTが来店。

GIVIのセッティングステー(トップケース)の取り付け依頼であった(^_^;)

KITをチェックすると何となく安っぽい(^_^;)

まずは左側から取り付けしてみる・・

仮付していくとシートカウルギリギリの隙間・・

きっと何か挟むのかなぁと思っていたのだがKITには入ってない( ̄◇ ̄;)

オーナーさんに説明しワッシャーを一枚追加し仮付すると何とか隙間をキープ。

これならもしもの時でもシートカウルにダメージは少ないだろう(^_^;)

固定ボルトにグリスを塗りしっかり固定していく・・

右側も同じようにしてしっかり固定していく・・

トップケースはまだ購入していないらしいので作業はここまで(^_^;)

後日また来店するとトップケースが取り付けされていた。

アタッチメントの取り付けはオーナーさんがやったらしいが少し苦労したとか(^_^;)

保険の示談も終わりこちらも一安心である(^.^)
2012/08/15(水)
前回フロントフォークを直したSR400

オーナーさんからまた電話があり今度はリヤサス交換依頼。

2本サスだからそれほど手間はかからないと思っていた(^_^;)

前回来店した時でもノーマルのリヤサスではなかった記憶がある。

SR400が来店。

リヤサスをチェックするとナイトロンであった。

今取り付けられているサスと若干スプリングの位置が異なる。

すぐにリヤサス交換作業へ・・

右のサスは問題なく取り付ける。

問題は左。

サスを合わせてみると金属のチェーンケースと干渉してしまう( ̄◇ ̄;)

きっとこれが原因で依頼してきたのだろう。

オーナーさんにチェーンケースの加工(干渉する部分をカット)を確認。

そのチェーンケースを外すのだが前側のボルトを触れるのだが工具が使えない(→o←)ゞ

仕方なくリヤホイールを外しチェーンケースを外す。

切る部分をチェックしながらサンダーで切っていく・・・・・

要らない部分をカットしてリューターで角の処理・・・・・

またチェーンケースを取り付け左のサスを取り付ける。

最後にリヤホイールを取り付けて完成。

一応オーナーさんに跨ってもらいサスの状態を見る・・特に調整は要らない感じである。

これでしばらく乗ってもらい問題があれば来店してもらう事にした(^_^;)
2012/08/14(火)
少し前にフォークオイルを交換したカブ110

先日また来店。

今度は何かと思えばブレーキワイヤーの注油(^_^;)

本人も頑張ってやろうとしたが途中で断念したらしい(^_^;)

引力に逆らわずやるのが一番無難だがワイヤーインジェクターと潤滑剤の圧力があれば下からでも出来る(^_^;)

ドラム側のワイヤーを外し下から上へ注油・・・

作業しながら前に行っていたバイク屋の話が・・

内容はあまり良い話ではない。

バイク屋もいろいろ諸事情があるからね(^_^;)

ワイヤー注油後オイル交換も依頼された。

オイル交換が終わり精算してカブ110は帰路へ。

何かあればまた来店してくれるらしい(^.^)
2012/08/13(月)
世間はお盆休み。

民族大移動で店の前を通る車は少なくなる。

こうなると風が涼しく感じる(天気も影響するが)

おまけに騒音も少ない

この涼しさが続くのもたった数日(^_^;)

のんびり仕事しながら涼しさを楽しむ事にしよう(^_^;)
2012/08/12(日)
タンク
常連さんのTRX850

お盆休みに何処かへ出かけるらしく給油したら・・・

タンクからガソリン漏れ(→o←)ゞ

とりあえずタンク内のガソリンを抜き中を調べるとかなりの錆(→o←)ゞ

タンクを外し一番漏れの酷い部分をガソリン対応の補修材で埋める・・・・・

補修材が硬化しタンクを取り付けてガソリンを徐々に入れていく・・・

半分くらい入れて様子を見ると漏れはないようだ。

残りのガソリンを入れて一度納車してみる。

10分くらいしてまたTRXが戻ってきた( ̄◇ ̄;)

やはり漏れてきたらしい(→o←)ゞ

現状を見ると補修した部分は大丈夫みたいだがその隣の部分から漏れているようである(→o←)ゞ

またガソリンを抜きタンクを外し怪しい部分を補修材で埋める・・・・・

補修材が硬化しタンクを取り付けてガソリンを少しずつ入れて様子を見る・・・・・

ガソリンを半分以上入れるとまた他の部分から漏れてきた(→o←)ゞ

タンク内の錆の部分全体が怪しくなってきた( ̄◇ ̄;)

またガソリンを抜きタンクを外す。

今度は錆の部分全体に補修材を塗り穴埋め作業・・・・・

これで大丈夫かな・・

とりあえずバイクを預かり様子を見る事にした。

補修材が硬化しタンクを取り付け少しずつガソリンを入れていく・・・・・

ガソリンがほぼ満タンになりタンクの補修部をチェック・・

今度は漏れてない\(^o^)/

これでお盆休みは大丈夫だろう(^_^;)

出来る事ならタンク交換を勧めたい(^_^;)

仮に錆落としをしたらもっと酷い状態になりそうな気配である。

古いバイクはいろいろ大変だ(^_^;)
2012/08/11(土)
オイルクーラー
中華エンジン(110cc)を積んだカブ。

今度は熱ダレするとかでオイルクーラーを買って来店(^_^;)

カブ用のオイルクーラーなんて聞いた事はない。

箱を見るとモンキー、ゴリラ用と書いてある(^_^;)

値段を聞くとかなり安物(^_^;)

注文してあったリヤタイヤを交換・・

さて・・

オイルクーラーをどういう感じで取り付けようか・・・

いろいろ合わせてみてエンジンの下の方でオーナーさんも納得。

フロントフェンダーに上手くガードされるので多分大丈夫だろう(^_^;)

先にオイルクーラーを取り付けてエンジン始動・・

オイル漏れはないみたい(^_^;)

こいつを固定しなくては・・・

ホームセンターで買ってきた金具を加工しながらオイルクーラーを固定していく・・

最後にレッグシールドを取り付けたが干渉もしないでラッキー(^_^;)

オイル交換も依頼され交換。

かなり強引な取り付けになってしまったがトラブルが出ない事を祈る(^_^;)
2012/08/10(金)
パソコンのセキュリティソフト。

始めた頃から無料のセキュリティソフトを使っている(スキルもないのに)

最初はウイルスソフトだけを使っていたのだが途中でファイアーウォールまで使うようになった(^_^;)

バラバラのソフトを使っていてアップデートしてパソコンがいきなり調子が悪くなった事もある。

この時は何とか回避出来た(^_^;)

こんな事があり今はウイルスとファイアーウォールがセットのソフトを使っている(無料)

先日、そのソフトが新しいバージョンになるお知らせが来た。

迷わずダウンロード(^_^;)

インストールが終わり再起動・・

問題なく起動(^.^)

メールもインターネットも問題なし。

試しにデジカメの写真を入れてみよう。

カメラをUSBケーブルで接続。

カメラの電源を入れる・・・・・・・・・

いつもの音はするが画面に何も出てこない( ̄◇ ̄;)

カメラの電源を一度切りもう一度電源を入れる・・・・・・・・・・

やっぱり画面に何も出てこない( ̄◇ ̄;)

前のバージョンの時は何も問題なかったのに~(T_T)

画面の右下を見ると何かが反応している。

きっとこいつの何かが悪いのだろうと思い開いていろいろチェック・・・・・

あれをやって・・ダメ(T_T)

これをやって・・ダメ(T_T)

3時間ほど格闘してみたが問題は解決しない(T_T)

もう~~嫌~~

頭の悪いおやじはバンザイでございます

仕方なくセキュリティソフトの会社の電話番号を調べて寝た(^_^;)

次の日、パソコンの電源を入れてその会社に電話・・

今までの事を説明するとすぐに向こうも理解出来たらしく対応の仕方を説明・・

向こうの指示通りにパソコンを動かすと「これで終わりです」と言われ電話を切る。

パソコンを再起動しデジカメを接続し電源を入れるといつもの画面が出た\(^o^)/

これでいつも通り使える(^.^)

直って良かった(^_^;)
2012/08/09(木)
近所のゼファー750のお客さん(私より歳上)

来店するたび店の出入り口を塞ぐようにバイクを止める。

向こうも仕事しているのだからこれがどういう事なのか分かると思うのだが・・

昨日も来店しいつものように出入り口を塞ぐようにバイクを止める。

話は車検らしい。

こちらも仕事なのだがすんなり受ける気はない。

ユーザー車検を勧める。

すると向こうが「冷たいなぁ。やってよ」と言ってきた時にブチッ(-_-メ) 

我慢の限界・・

あんたいい加減気がつかないのか?

毎回店の出入り口塞いで営業妨害してるんだよ!!

そんな奴の仕事すんなり受けると思う?

言いたい事を言うとなんだがスッキリ(^_^;)

すると向こうは「すいません」と言いバイクを移動。

車の車検は本人がやったと言っていたのでバイクも一緒と説明。

ただマフラーを変更しているのでどうなる事やら・・
2012/08/08(水)
NC700X-DCT
カブに突っ込まれたNC700X-DCT

見積もり金額を見て結局保険を使うと言ってきたようである。

相手の保険会社から電話が有り写真がどうのこうの・・

アジャスターが来ると言うのでオーナーさんに連絡しバイクをお預かり。

次の日、アジャスターから電話が有りいろいろ話を進めていくと見積書と写真9枚は相手から受け取っているらしく足りない部分の写真と車検証の写真を送ってくれればOKと言う事で納得。

すぐに写真を撮りメールに添付して送る。

これで修理前の仕事は終了。

後は示談書に記入すればOKになる。

さて・・最近の新型バイクにも乗ってみたい(^_^;)

ホンダのATバイクがどんなものなのか気になる(^_^;)

日中は車が多いので夜まで待つ・・・

大分車の数が減ってきたのでちょっとだけ試乗させてもらう(^_^;)

キーをONにしてエンジン始動

ここまでは普通のバイクと一緒である。

ハンドルを握り左手が付いていない妄想レバーをニギニギ(^_^;)

そういえばATだったなぁ(^_^;)

さてどうすれば発信出来るのか?・・

右ハンドルスイッチにDの文字が見えるので押してみるとメーターに1が出た。

ゆっくりスロットルを開けるとスムースに発進していく。

そのままゆっくり加速していくとカチャ、カチャと自動でシフトアップしていく。

慣れていないのでシフトの音が少し気になるが変速時のショックはかなり抑えられているようで良い感じ。

減速時のシフトダウンもカチャ、カチャと音はするがショックは非常に少なく乗りやすい(^.^)

驚いたのはブレーキ。

まだそれほど走行していないのに絶妙な制動力。

ABSを利かせるほど強く制動してないが十分な制動力であった。

おまけにコントロールもしやすい。

これは足回りも影響しているのだろう。

コーナリングはまったりとしているが良く曲がる。

ツーリングでは丁度いい感じかな。

欠点と言ってしまえばそれまでだがシート高は賛否があるだろう(^_^;)

ローダウンキットを取り付ければ問題解決にはなるがコーナリングに多少問題が出るかもしれない。

マニュアルタイプとDCT(AT)のどちらが良いのかは人それぞれ。

スポーツしたい人ならマニュアル。

のんびりツーリングならDCT。

って感じだろうか。

個人的にはDCTの方がこのエンジンにはあっているような気がする。

試乗から帰ってきてオーナーさんへ連絡するとすぐに来店。

保険屋の話やバイクの話をしてオーナーさんはバイクで帰っていった。

とりあえず示談が早く終わるといいなぁ。
2012/08/07(火)
以前ジェネレーターを改善したCB1300(白/赤)

雨ガエル号のクラッチ交換をしている時に電話でオイル交換の依頼があった。

雨ガエル号のクラッチ交換が終わると外は雨^_^;

これではCB1300は来店しないかも・・

雨ガエルさんは雨の具合を見て帰路へ。

しばらくすると雨が止んで少し天気が回復。

するとCB1300が来店(^_^)

すぐにオイル交換作業へ・・

その時オーナーさんがオイルフィルターを買ってきたらしくフィルターの交換も。

新しいオイル(トリプルR)を注入しエンジン始動。

オイルフィルター部のオイル漏れチェックをしてエンジンを止める。

するとオーナーさんがまた何かを出してきた。

デジタルの電圧計である^_^;

少し前にバッテリートラブルがあり不安になったらしい^_^;

電圧が見えて安心するならそれで良いと思う。

中身をチェックすると配線が短い(・_・;)

ハンドル周りから電源を取るしかないようだ。

電圧計の位置をオーナーさんに決めてもらいマジックテープで固定する。

先に共通回路を繋ぎ残りはアースへ・・

エンジンオイル量をチェックし少し補充しエンジン始動・・

電圧計の文字がブルーで綺麗^_^;

エンジンを止めてブラブラの配線をテープで固定していく・・

で、外はまた雨^_^;

空が明るいので止むでしょうとオーナーさんに言ってみる^_^;

精算を済ませしばし雑談(タイヤなどの話)

すると雨が止みCB1300は帰路へ。

不安が消えて楽しく走ってくれるだろう。
2012/08/06(月)
先日、電話がありフォークオイル交換をすぐにやってほしいと依頼があった。

特に急ぎもないのでOKし、しばらくしてお客さんが来店。

バイクはほぼノーマルのSR400

バイクを中へ入れる時に?・・変に硬い感じがする・・

オーナーさんに聞いてみるとフォークシリンダーとスプリングの間に社外品のバルブ?みたいな物を入れたとか。

多分オイルの流れを変更するための部品であろう。

とりあえずホイール、フェンダーを外し片方のフォークを抜く。

現状をチェックすると・・オイルの抵抗が有り過ぎてただの棒みたい(・_・;)

これじゃあ何時転んでもおかしくない設定である(・_・;)

フォークオイルを抜きながら現状のオイル番定を聞くと15番とか。

これでは話にならないのでオイル番定を半分の7.5番で勧めてみるとOKが出た。

社外品のバルブはそのままで7.5番のオイルを標準で入れて動きをチェック・・

15番の時よりは動くようになったがそれでもかなりの抵抗である(・_・;)

理屈は分からんでもないがあまりにも酷い。

オーナーさんにバルブを外すのを勧めると渋々OKが出た。

その代わり油面を変更する事でOKしてもらえた。

この時にオーナーさんの知人(SR500)も来店。

入れた新品のフォークオイルをメスシリンダーに戻し社外品のバルブを外す。

フォークオイルを標準の10番くらいに調整し油面を20mmほど高くして組み上げる。

こちらで仕上げたフォークと現状のフォークの動きをオーナーさんにも確認させると違いに驚いていた。

仕上げたフォークを車体に取り付けてもう片方も仕上げる・・・

フェンダー、ホイールを取り付けて完成・・のはずだったがステムベアリングの動きが悪い。

せっかくフォークを直したから気になる^_^;

オーナーさんと知人さんにもチェックしてもらうが違和感を感じたのは知人さんの方^_^;

おまけでステム調整するとスムースな動きになる(^_^)

これで試乗してもらう。

その間にSR500の悩み事を聞くとエンジンの調子がいまいちらしい。

バイクをチェックするとマフラーがやや抜けの良い物になっているだけで後はノーマル^_^;

エンジンをかけて調子を見る・・・燃料が薄い音がしている^_^;

抜けの良いマフラーを取り付けているのでそれも影響している^_^;

排ガスは関係ない年式なのでちょっとパイロットスクリューを調整・・

排気音の変化に敏感に反応するオーナーさん。

スロットルのレスポンスも良くなりご機嫌になる(^_^)

SR400が試乗から帰ってきて具合を聞き精算して3人で雑談・・^_^;

どちらもSR好きらしくそれなりに拘りがあるみたい。

その後2人で一緒に帰路へ・・

暑い季節だが楽しく走ってもらいたい。
2012/08/05(日)
カブ90(雨ガエル号)のクラッチ交換。

レッグシールド、マフラー、ステップを外す。

バイクを左に傾けてクラッチカバーを外すと少しオイルが出てきた。

多少は仕方がない^_^;

さて第一関門・・

クラッチアウターを固定している5mmのスクリュー(4本)

3本は緩んだが残り1本が緩まない(>_<)

エアツールを使い何とか緩む^_^;

ここさえクリアすれば後は問題なし。

ロックナットを外しクラッチ本体を外す。

クラッチ板を外すとそれほど減っている気配はない(本人にも見せる)

ただ古くなっているとクラッチが剥がれる場合もある。

ドライブプレートを外すとクラッチスプリングが出てきた。

こちらは予想通りへたりが^_^;

滑りはこいつが原因だろう。

新品のスプリングを組みドライブプレートを固定していく・・

その間に本人(雨ガエル)にクラッチカバーの古いガスケットを除去させる^_^;

新しいクラッチ板を組み立ててクラッチ本体は完成。

エンジンに合体させていく・・・

ここでしっかり奥までいれて固定しないと失敗する!!

クラッチカバーを取り付け調整し少しオイルを補充してエンジンは完成。

ステップを取り付けてサイドスタンドで立てる。

マフラーを取り付けエンジン始動(当然キックで^_^;)

クラッチの具合を見て雨ガエルさんは早速試乗へ・・

試乗から帰ってくると滑りは解消されたようである。

ここでもう一度クラッチを微調整^_^;

レッグシールドは本人に取り付けさせて完成^_^;
2012/08/04(土)
NSR80
BRDのサイレンサーウールがダメになるとやってくるNSR80^_^;

今回もウールがダメになり点検もセットでお預かり中。

ウールを交換したらエンジンの調子も良くなった(^_^)

エアクリーナー掃除、ギヤオイル、プラグを交換すると更に調子良くなった(^_^)

他もいろいろチェックして仕上げていこう。
2012/08/03(金)
クラッチ部品
雨ガエルカブ2号機(90)

エンジンが熱くなってくるとクラッチが滑ってくるらしい。

必要な部品をピックアップし注文。

それほど時間がかからずに入荷。

修理はいつになるのかなぁ・・
2012/08/02(木)
NC700X-DCTの部品番号と値段をいつもの部品屋さんへお願いした。

一応車体番号を記入しておいたのだがあまりにも種類が多いらしくモデル番号?を聞かれた(・_・;)

で、オーナーさんへ連絡・・

モデル番号を調べてもらいもう一度部品屋さんへ連絡。

しばらくするとFAXで部品番号、値段が到着。

見積書に記入する前にチェック・・・

ある程度予想はしていたが・・高い(・_・;)

外装の値段は予想に近かった。

でも・・ホイールの値段は・・

税込みで約¥50000(・_・;)

見積書に記入・・・・・

見積書が完成すると金額は購入金額の3分の1以上(・_・;)

オーナーさんへ連絡するとすぐに来店。

見積書を確認してもらいながら雑談^_^;

後は相手との交渉だけだが相手は無保険(任意)

上手に交渉してもらいたい。

Before  | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ