バイク修理屋のつぶやき2012年12月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2012/12/17(月)
常連さんのセロー。

フロントタイヤが減ってきたとの事で注文の依頼。

タイヤが入荷して来店待ちしているとフロントフォークオイル漏れで追加部品注文(^_^;)

他にもエンジンオイル交換とHIDキット(持ち込み)の取り付けなど・・

追加部品が入荷しセローが来店。

すぐに作業開始。

ジャッキアップしてフロントホイールを外しタイヤ(シラック)交換・・・

タイヤ交換が終わりそのままフォークオイルシール交換へ・・

一応ステムベアリングの動きをチェックしフォークを外し分解していく・・・

新しいオイルシールを出してフォークを組み立てていく・・・・・

左右のフォークが完成し車体へ取り付けホイールも取り付ける・・

次にエンジンオイル交換・・

古いオイルを抜きドレンを締めて新しいオイル(トリプルR)を注入しスーパーゾイルも注入・・

ここまでは何も問題はない。

後はオーナーさんが購入してきたHIDキットの取り付けである。

まずはキットのチェック・・・

それから配線だけを繋げてライトのチェック・・・OK

ここまでは問題なし(^_^;)

後はこの装置類を何処に収納するかが問題(^_^;)

配線の長さをチェックしながら装置の収納場所をオーナーさんと考える・・・・・

タンクの下はほとんど隙間がない( ̄◇ ̄;)

メーター周りもそれほど隙間がない( ̄◇ ̄;)

残るは・・タンク側面のカバーしかない・・

先にバッテリーまでの配線を処理・・・

それから2個の装置を左右に振り分けていろいろ加工しながら固定していく・・・・・

配線を接続し形になったところでエンジンをかけてライトチェック・・OK(^.^)

残りの外してある部品を取り付けて完成。

HIDキットの取り付けだけでも2時間くらいかかってしまった(^_^;)

でもライトが明るくなってオーナーさんが喜んでいたので良かった(^.^)
2012/12/16(日)
青いホーネットのお客さん。

やはり冷たさには耐えられないようでホンダのグリップヒーターを注文してきた(^_^;)

社外品もあるのだが純正品はそれなりに上手に作ってあるから不安もないだろう。

部品が来るまではしばし我慢である(^_^;)


今年も後半月ほどで終わる・・

業者さんが休みの予定を連絡してくる(^_^;)

年末だなぁ・・と思い知らされる(^_^;)

世間は世間・・

こちらはこちら・・

コツコツ頑張るしかない(^_^;)
2012/12/15(土)
かなり前にタペット調整したGPZ900Rが来店。

カウルの下に何かが漏れた跡があったらしい・・

カウルの下を覗いてみると緑色した液体が見える?

見る限りはLLCっぽいのだが・・

触ってみるとサラサラしているがはっきりLLCとも言えない(^_^;)

オーナーさんに何かしてないか聞いてみるとエンジンオイル交換をしたとか。

オイルはカワサキ純正らしい。

オーナーさんの話ではかなり緑色だったとか・・

オイル交換してから漏れ跡が出るようになったらしい・・

ライトでエンジン周りをチェック・・・・・

オイル通路のパイプが濡れている・・

更にその上をチェックしていくとヘッドカバー。

そのガスケットからオイルが滲んでいる。

周りにも緑色のオイルが少量見える・・

オーナーさんにも確認してもらい部品注文。

部品が入荷したらまた来店するとの事。
2012/12/14(金)
tomさんが新しいカブ110になってから10000km走行し整備で来店。

必要なパーツはこちらで用意してあるので何も問題はない。

先にリヤ周りから・・

チェーンケースを外しリヤホイールを外す。

ブレーキのダストを掃除しタイヤ(M35)交換・・

リム幅が広くなっているので丁度良い感じで装着(^.^)

ドラムブレーキのグリスアップをしてリヤホイールを仮付け。

それからドライブチェーン(GP420MS)交換・・

100リンク丁度で切る必要もなく取り付けし調整してホイールをしっかり固定。

チェーンケースを取り付けてリヤ周りは終了。

続いてフロント周り・・

先にホイールを外しブレーキのダストを掃除。

それからタイヤ(M35)交換・・

こちらもリム幅が広くなっているので丁度良い(^.^)

ここからが初作業(^_^;)

フロントフォークオイルの交換である。

前のタイプ(丸目)とは違うフェンダーを外していく・・

多少迷いもあったが外してみるとそれほどでもなかった(^_^;)

フォークを抜くとフォークトップがネジタイプに変更されていた。

油面も変更されている。

古いオイルを抜き新しいオイルを注入し油面を合わせて組み上げる。

フォークの作業が終わりドラムブレーキのグリスアップをしてホイールを取り付けて完成(^.^)

2012/12/13(木)
雑誌
久しぶりに雑誌(オートバイ)を買った。

でも・・

付録が段々小さくなっている( ̄◇ ̄;)

もうちょっと頑張ってほしいなぁ(^_^;)
2012/12/12(水)
TLM220
リヤホイールの磨きが終わっているTLM220

今度はフロントホイールを磨く・・・・・

リヤのスポークほど綺麗にはならなかったが年式相応かな(^_^;)

外装は遠くから見れば綺麗だが近くから見ると・・・

まあこんなもんでしょう(^_^;)

フロントフォークパイプはいずれ再メッキして復活させよう(^_^;)
2012/12/11(火)
ハンドルウェイト
どんなに排気量が小さくても出てくる振動。

写真はカブ110(角目)のハンドルウェイト。

ホンダではハンドルウェイトBと呼ぶ(^_^;)

こいつはハンドルに埋め込まれる形で存在する。

丸目のカブも同じだと思う。

普段見えるのは写真左のグリップエンド。

こいつも見た目通りそれなりに重さがある。

この二つの部品がハンドルの振動を消す大事な仕事をしている(^_^;)

振動を気にしなければもっと軽量化も出来るのだが・・

メーカーも乗り心地を考慮すれば取り付けしないわけにはいかないのが現状。

これも企業努力ってやつ(^_^;)

企業努力が足りないなぁ・・と思っているのがホンダのパーツリスト。

丸目カブと角目カブ・・

普通なら統合しても良さそうなもんなのだが・・・・・

バラバラ( ̄◇ ̄;)

しかもコピー対応で無茶苦茶高い(>_<)

不景気なのも分からんでもない。

でももうちょっと企業努力しても良いと思う。
2012/12/10(月)
少し前に左ハンドルスイッチを修理したホーネット250

フロントタイヤとドライブチェーンの入荷を連絡したら後日来店した。

先に作業しているバイクがあったのでホーネットは夕方までお預かり。

追加でエンジンオイル交換も依頼された(^.^)

作業していたバイクが終わりホーネットの作業へ・・

先にフロントタイヤから交換。

ジャッキアップしてフロントホイールを外す。

かなり硬化しているタイヤをタイヤレバーで外していく・・

新しいタイヤを履かせてバランス調整をして車体に取り付ける。

ジャッキを外しバイクの向きを変更・・

またジャッキアップしてリヤホイールを浮かせる。

アクスルシャフトを緩めてチェーンアジャスターも緩める・・

サンダーでチェーンをぶった切り新しいチェーンを引っ掛けてずるずる引っ張り入れ替える・・

チェーンのコマ数を合わせ切りジョイントを嵌める。

後はチェーン調整をしてアクスルシャフトをしっかり締めアジャスターもロック。

りやホイールを回すとチェーンの音が消え軽く回るようになった(^.^)

最後にエンジンオイル交換を済ませてオーナーさんへ連絡・・

2時間くらいしてからオーナーさんが来店。

タイヤとチェーンの説明をして納車。

後日オーナーさんから電話がきた。

「タイヤとチェーンを交換したらかなり走り易くなった」と言ってきた(^.^)

おまけに「今度は違う音が聞こえる」とか(^_^;)

ただ・・またウインカーの調子がたまに悪いらしい( ̄◇ ̄;)

修理している時に「これでダメなら交換」と伝えてある。

接点を磨いた時にかなり深いキズが入っていたからなぁ・・

仕方なく左ハンドルスイッチは注文・・

修理してみたが残念(^_^;)
2012/12/09(日)
近所のRZ125のお客さんが来店。

ハンドル周りに違和感があるとか・・

チェックするとステムベアリングがかなり傷んでいる感じ。

調整をしてみたら少しは良くなったがそれでも動きが悪い事には変わりない。

ベアリング交換を勧めると素直に納得(^_^;)

こちらから純正ベアリングより社外品を勧めておいた。

それは何故か・・

当時のヤマハのステムベアリングは品質が悪いから(^_^;)

社外品(RCエンジニアリング)で対応ベアリング(テーパーローラーベアリング)が出ているとオーナーさんが調べていたようである。

後日そのベアリングを購入してまた来店。

すぐに作業開始。

フロントホイール、フォークなどを外しステムを分解・・

ほとんどグリスが残ってないのでスチールボールがボロボロ落ちてくる(^_^;)

昔のはみんな同じだが(^_^;)

ボールレースをチェックするとグリスらしき物が鼻くそみたいになっていて錆とキズがある(^_^;)

もしかして一度もグリスアップしてないかも・・

ボールレースを外しテーパーローラーベアリングにモリブデングリスを押し込むように塗っていく・・

グリスを塗りこんだら固定する部分に打ち込んでいく・・・・・

後は組み込むだけ。

ステムをフレームに取り付けトップブリッジを仮付けしライトステーを固定・・

そこにフォークを通して固定していく・・

ここで一度動きをチェック・・滑らかに動く(^.^)

フェンダー、ホイールなどをしっかり固定する。

ジャッキを外しステムのガタをチェック・・問題なし。

オーナーさんに試乗してもらう。

帰ってくると笑顔でOKをもらう(^.^)

ハンドル周りがスムースに反応すればそれなりに楽しく走れる。

多分無茶はしないだろう(^_^;)
2012/12/08(土)
先日、カブ110プロが来店。

依頼は純正グリップヒーターの取り付けである。

部品は車体番号を聞いてこちらで注文。

部品入荷の連絡をして来店予定日を教えてもらい来店してもらった。

一応初めて触るバイクとは言ってある(^_^;)

こちらの店はネットとかではなく仕事中に見つけたらしい。

来店前に取説を読んであるので要点は理解してある(^_^;)

では作業開始。

まずはグリップエンド外し・・問題なく外れた(^_^;)

後は要点を思い出しながら作業を進める・・・・・

作業中にオーナーと雑談なども・・(^_^;)

ノーマルカブみたいにカバー外しがないので作業が楽(^_^;)

最後の配線処理する前にエンジンをかけてヒーターのチェック・・OK(^.^)

一応オーナーさんにもチェックしてもらう。

配線の処理をして外した部品を取り付けて完成(^.^)

やっぱり寒い季節はこういうアイテムが必須なのだろう(^_^;)

2012/12/07(金)
カブ110
黒カブ110(角目)のお客さんがボアアップキット(エンデュランス)と純正グリップヒーターを購入したらしく取り付けで来店。

ボアアップキットはすんなり取り付け出来るかは開けてみないと分からないと言ってある(^_^;)

グリップヒーターは問題ないだろうと思いボアアップキットの取り付けから・・

邪魔な部品を外していく・・・・・

エンジンを分解していくと前のとは多少違った構成になっていた。

シリンダーを外すとオイルトラップの溝があるピストンが見えた。

クランクケースの合わせ目は綺麗な円で素晴らしい。

キットのピストンにもオイルトラップの溝がある。

ノーマルピストンを外しキットのシリンダーを仮付けしてみる・・問題なし(^.^)

一応取説を読む・・バルブの磨り合わせの文字は見当たらない。

ポートからバルブを覗いてみたが特に大きな汚れはない。

ただ・・エキゾーストガスケットが2枚入っていて変な潰れ方をしていた(^_^;)

キットのピストン、シリンダーを取り付けてシリンダーヘッドを取り付けしっかり締める・・

カムタイミングを合わせしっかり固定しヘッドカバーを取り付ける・・

吸気側を取り付けて一度エンジン始動・・問題なし(^.^)

エンジンを止めてノーマルマフラーを取り付けてまたエンジン始動・・排気漏れなし(^.^)

後は灰/青の配線に抵抗を加えもう一度エンジン始動・・排気音が変化。

これでエンジンは終了(^.^)

さて・・次はグリップヒーター・・

まずはグリップエンドを外す・・・左は外れたが右が外れない(>_<)

インパクトで刺激を与えるが全く外れない(>_<)

しばらくグリップエンドと格闘したがやっぱりダメ(>_<)

ホンダのバカやろう~~

固着するほどネジロック塗るんじゃねぇ!!

おまけにネジが曲がってるし!!

仕方なくグリップエンドのボルトを破壊する・・

ボルトの頭だけ破壊し右グリップエンドが外れた。

取説を見ながらハンドルカバーを外していく・・

カブなんだけどスクーターのカバーを外している気分(^_^;)

おまけにネジが多い(^_^;)

ハンドルカバーが外れ左右のグリップを外す。

右側のグリップエンドの根元(ハンドルウェイトB)を外し残っているボルトの残骸を抜く・・・

ゴムの部分がダメになっているので後日部品が入荷してから取り付けする事になった。

とりあえず右グリップを取り付ける。

ハンドルカバーなどに10mmの穴を3個開ける・・・

専用の配線を繋いでいく・・・

ハンドルカバーを取り付けて左グリップも取り付ける。

各配線を穴に通し専用配線に接続していく・・・・・

ここでまたエンジン始動・・グリップは問題なく暖まる(^.^)

配線処理をしながらハンドルカバー周りを仕上げていく・・・

オーナーさんが気にしているきしみ音が出ないように合わせ目などをしっかり合わせていく・・

残りの外した部品もオーナーさんと一緒に取り付けて完成。

オーナーさんは「遠回りして帰る」と嬉しそうに走っていった。
2012/12/06(木)
前回左ハンドルスイッチを修理した青いホーネット250

今度は右ハンドルスイッチ(セル)のもどりが悪いと言って来店(^_^;)

チェックすると毎回ではないが確かにセルボタンのもどりが悪い。

今回は接触が悪いわけではないので潤滑剤を使ったら直った(^_^;)

それからフロントタイヤとドライブチェーンの話に・・

前に用品屋でいろいろ嘘を言われたのでこちらで交換する事になった。

タイヤを選択させて注文(ドライブチェーンも)

部品が入荷したら連絡しまた来店する事にしてオーナーさんは帰路へ。
2012/12/05(水)
前の車検からまた2年経過・・

軽トラ(サンバー)の車検である。

またいつもの寺澤モーターに依頼。

それでいつも軽トラ(キャリー4MT)を出してくれる。

キャリーで帰ってくるとフライホイールの重さからくるトルクで粘りのある走りである。

ただ・・40km/hくらいで走行していても凄い騒音(^_^;)

サンバーと違い運転席にエンジンが近いので仕方がないが(^_^;)

サンバーの車検完成の連絡がありすぐに引き取りにGO

向こうに到着すると親父さんに「仕事休み?」と聞かれた(^_^;)

こちらも負けずに「休みじゃないけど急ぎの仕事もない」と答える(^_^;)

少し雑談しながら精算・・

サンバーのエンジンをかけて少し暖気・・

運転席に座ると・・親父さんが足回りのセッティングをしたのがすぐに分かる(^.^)

このセッティングを何度かチャレンジしてみたが上手くいかないんだよねぇ(^_^;)

餅は餅屋だね!!

サンバーを走らせると車検前よりキビキビと走る(^.^)

微妙なハンドル操作にもしっかり反応し楽しい(^.^)

やっぱりサンバーが良い!!
2012/12/04(火)
TLM220
エンジンが復活したTLM220

今度はリヤホイール周り磨き。

チェーン、スプロケットのコテコテ油汚れ掃除・・・・・

チェーンが綺麗になると何故かジョイントが2個有る( ̄◇ ̄;)

前のオーナーさんが何かやったのか???

トライアル車なので高速走行しないから問題はないが・・

後は地味なスポーク磨き・・・・・・・・・・

指が疲れたがそれなりに綺麗に変身(^_^;)
2012/12/03(月)
前の記事と同じ日。

閉店5分前くらいに青いホーネット250が来店。

ウインカースイッチの調子が悪いらしい・・

接点復活剤を使ってみたがあまり変化なし( ̄◇ ̄;)

プッシュキャンセルタイプは個人的には分解したくないのが本音(^_^;)

でも何とかなるだろう(^_^;)

左ハンドルスイッチを外す・・

更にウインカースイッチの部分も分解していく・・

予想通り接点が汚れていた。

かなり細かいサンドペーパーで接点部を磨く・・・・・

接点が綺麗になり組み立て・・・

この組み立てが面倒(^_^;)

小さいスチールボールとスプリングを無くさないように気をつけながら組み立てる・・

ハンドルスイッチの組み立てが終わりハンドルに取り付ける前にチェック・・OK(^.^)

ウインカーの調子も良くなったしスイッチ操作も軽くなった。

後はハンドルにスイッチを固定し完成。

約1時間ほどかかったが直って良かった(^_^;)

Before  | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ