バイク修理屋のつぶやき2013年05月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2013/05/31(金)
GPZ900R
続いてタペット調整..

サイドカバー、タンク、アンダーカウル、センターカウルを外す..

アッパカウルはステーに取り付けたままでメーター、インナーカバーを外す。

アッパーカウルステーの取り付けボルトを外し少し移動させておく。

やっとエンジンのヘッドカバーが外せる状態になる。

6本のボルトを外しヘッドカバーを外すのだが隙間がギリギリで手間が掛かる(^_^;)

ヘッドカバーが外れてセルをちょんちょんと押してカム山の位置を調整しタペット調整..

バルブ16個中14個を調整(とは言っても基準値を外れているわけではない)

でもせっかく細かい調整が出来るロッカーアーム式だから0.01mm単位で最低数字に合わせる。

直打式だとシム(0.05mm単位)の交換なのできっちり合わせるのは難しい。

中にはシムを削ってまで調整するメカニックも居るらしいが私はやらない(^_^;)

精密な部品を適当に削るわけにはいかないから。

でも自分のバイクならこだわりでやっちゃうかなぁ(^_^;)

ここでガスケットが入荷するまで作業は中断。

.....

ガスケットが入荷(^.^)

新品のガスケットを取り付けてヘッドカバーを取り付ける..

ガスケットの状態をチェックししばし待つ..

エンジンオイルを交換する前にエンジン始動。

キャブレターの同調が狂っているのは来店時の音で分かっていたのでそれも考慮しながらオイル漏れとその他の異音をチェックしていく..

まずはバランサの調整で少し異音が減る。

続いてカムチェーンの調整で更に異音が減る。

オイル漏れはない(^.^)

ここでエンジンオイル交換。

古いオイルを抜き新しいオイル(トリプルR)を注入。

エンジンをかける前にバキュームテスターを取り付けてからエンジン始動。

予想通り同調は狂っていた。

ここで調整をしないとせっかくのタペット調整が無駄になる。

他の店などではやらない所が多いらしいが。

しばらくエンジンオイルが暖まるのを待ち同調の調整..

エンジンがご機嫌になってきたがまだバラつきがある。

最後にパイロットスクリューの調整.....

気持ち良い排気音になってくるとエンジンも滑らかになり異音もほとんど消えた(新車みたいにはならないが)

ここでもオイル漏れのチェック..問題なし。

後は外した部品を取り付けて完成(*^^)v


スポンサーサイト
2013/05/30(木)
GPZ900R
現在預かっているGPZ900R

こちらのブログを見ての来店であった。

依頼はタペット調整とリヤサスリンク部のグリスアップ。

ヘッドカバーのガスケットにヒビが入っているのですぐに注文。

先にリヤサスリンク部のグリスアップから。

リンク部を見るとセンタースタンドが見事に邪魔している(^_^;)

後、社外のマフラーも微妙な位置。

緩められる所を緩めてセンタースタンドをサイドスタンドにチェンジ。

社外のマフラーを必要な分だけ外す。

ジャッキアップでリンク部の負荷を抜く。

緩められなかった部分も緩めてリンク部を分解していく..

外したリンク部を綺麗にしながら丁寧にグリスアップしていく..

後は組み立てるだけ。

全体を仮組みしてセンタースタンドが邪魔をする部分だけしっかり締めて固定。

ジャッキを外しまたセンタースタンドを立てる。

残りをしっかり締めて固定していく..

これでリンク部のグリスアップが終了。
2013/05/29(水)
先日、かなり久しぶりにアドレス110の常連さんが来店(^.^)

相変わらずマフラーは良い感じで焼けている(2ストなのに)

これだけマフラーにオイル汚れのない2ストスクーターは今までこの常連さんだけ(^_^;)

ライテクにしても私が必死になっても敵わない人である(^_^;)

今回はフロントブレーキパッドの交換と全体のチェック。

先にパッド交換..

ピストンを綺麗に磨いて可動部をグリスアップ..

新しいパッドを組んでフォークに固定し少しエア抜き。

ブレーキレバーの動きも悪いのでこちらもグリスアップ。

レバーのタッチが良くなる(^.^)

リヤブレーキもチェックしてレバーのグリスアップ。

プラグをチェックすると予想通り消耗していて交換。

他も軽くチェックしてエンジン始動。

プラグの調子も良さそうだ(^.^)

作業が終わり金魚や釣りの雑談で楽しい時間(^_^;)

まだ一度も一緒に釣りに行った事がない。

予定が合えば釣りに行きたいものだ。
2013/05/28(火)
たまに来店するホーネット250のお客さん。

今回は盗難防止の件で来店(^_^;)

盗難防止のアイテムはいろいろ有ると説明はしてみるが..

絶対!!の約束は無いに等しい。

是が非でも盗難する奴はそれなりの準備もしているだろうし。

とにかく盗難しにくいようなアイテムを選んで装着するしかないと個人的に思う(^_^;)

後は人気のないバイクを選ぶという方法もあるが(^_^;)
2013/05/27(月)
蚊!!

何となく痒いなぁ~って思っていたら体のあちこちでチューチューされていた(^_^;)

まだ5月だっていうのに..

これからもっと増えてくるんだろうな( ̄◇ ̄;)

蚊取り線香買ってこなきゃ(^_^;)
2013/05/26(日)
タイヤ
軽トラのタイヤ。

もう1?年使っている(^_^;)

先日の妙義山もこのタイヤで大丈夫かなと思いながら行ってきた。

さすがに限界なのでどうしようか考えていたらタイヤメーカーに勤めている常連さんが来店。

タイヤの話をしてすぐに注文。

後日タイヤを持ってきてくれた。

少し話をして常連さんが帰ってからタイヤ交換。

閉店時間まで後1時間。

とりあえず2本だけでも交換しようかな(^_^;)

なんて考えていたら1時間以内に4本とも交換で終了(^_^;)

バイクに比べたら苦労もせず無茶苦茶簡単。

4輪のメカニックでも出来ない奴が居るとか( ̄◇ ̄;)

怖い話である。

閉店時間になり店を閉めて試乗へ..

やっぱり新品タイヤはグリップが良い(^_^;)

軽トラの動きが機敏になり楽しい(^.^)

これが普通の感覚だと思うが(^_^;)

長々と仕事してくれたミシュランタイヤ。

本当にお疲れ様
2013/05/25(土)
先日、NC700のお客さんから電話..

自分でキャリパーのメンテをしていたら組み立てられない部品が出てきたとか(^_^;)

何となくその部品が想像出来る(^_^;)

それをきちんと組み立ててほしいとの事であった。

少し待っているとNC700が到着。

組み方が分からない部品を見るとやっぱり想像していた物であった(^_^;)

キャリパーからパッドを外しその部品の組み方(取り付け方)を教えながら組み立てる..

のだがオーナーさんの方で少し格闘したらしく少し歪んでいた( ̄◇ ̄;)

その歪みも修正しながら組み立てる。

作業が終わりオーナーさんに「マニュアル見るのも良いけど作業前に写真を撮っておいた方が無難ですよ。もし分からなくなっても写真を見れば何とかなるはずだから」と伝える(^_^;)

最近のホンダのマニュアルは昔と違いほぼプロ用?みたいな感じで素人さんには辛いかも。

これも良い経験だろう(^_^;)

もし自分でメンテするなら携帯やデジカメで分解する前に写真を撮っておくのをお勧めします(^_^;)
2013/05/24(金)
先日GSX1100Sのお客さんが初来店。

修理の件で話だけして帰った。

次の週にまた来店。

今回は先週相談していったフォークオイル交換。

バイクを中へ入れる。

段差を越える時の感触が変..

おまけにANDFも踏ん張りがないみたい。

フロントをジャッキアップしてフォークを抜く..

古いフォークオイルを抜くとかなり汚れている。

これではまともな動きは期待出来ない(^_^;)

とりあえずノーマルに近い状態にリセット。

もう片方も同じようにリセット。

バイクが仕上がってフォークの動きを確認するとANDFもしっかり作動する(^.^)

これなら今までよりも楽しく走れるはず。

他もいろいろと調子が悪そうだが少しずつ直していくみたいである。
2013/05/23(木)
ジェベル250
点検で預かっているジェベル250

点検のついででヘッドカバーのガスケット交換も。

まずは部品を注文。

部品が来るまでに足回りの点検。

オーナーさんもいろいろメンテしているので楽(^_^;)

エンジンもチェックするがオーナーさんの言っている症状は出ない(^_^;)

たまにエンジンをかけてはチェック..出ない..

とりあえず部品待ち。

部品が届き邪魔な外装を外す..

パッと見る限りヘッドカバーが簡単に外れそうだがスズキのバイクだけにそれはないだろう(^_^;)

試しにヘッドカバーのネジを外しチャレンジ..

やはりオイルホースが邪魔をしているが外したくない(^_^;)

エンジンのマウント部分を外しオイルクーラーのネジを外す。

やっとヘッドカバーが外れた。

古い液体ガスケットを除去..

また液体ガスケットを塗り入荷したガスケットを取り付けヘッドカバーを取り付ける。

新しいガスケットがヘッドカバーの溝に嵌ったのを確認してからネジで固定。

ついででオーナーさんが持ってきたプラグも交換。

エンジンマウントを取り付けオイルクーラーも固定する。

液体ガスケットが乾くのを待ちタンクを取り付けてエンジン始動。

しばらくそのままにしてオイル漏れチェック..OK

後は細かい部分をチェック&注油しながら外装を取り付けていく..

点検終了。
2013/05/22(水)
毎年の事だがまた戸袋にムクドリが来ている。

今年も無事にヒナが育っているようでここんところチーチーパッパと賑やかである(^_^;)

後どれくらいヒナの鳴き声が聞けるのか..

今年はヒナが落ちてこない事を祈る(^_^;)

まだ当分は賑やかだろうな(^_^;)
2013/05/21(火)
さて妙義山で壊してしまったGPZ1100

見積もりを出したら中古を買える金額に( ̄◇ ̄;)

おまけに外装はほぼ生産中止(>_<)

社外の外装も有るには有るのだがオーナーさんはきっぱり諦めるとか。

短命であったがそれなりに得るものもあっただろう。

オーナーさんはまだ若いし怪我もしてないからまだまだ乗れる。

とりあえず間をおいて復活するだろう。

こちらでそこそこ仕上げていたからもったいないと言えばそこまで(^_^;)

精神的修業も必要かな(^_^;)
2013/05/20(月)
どう見てもバイク乗りには見えない人が男の子と一緒に来店(^_^;)

話を聞くと近所の奥様らしい。

ママチャリの鍵を無くしてしまってロックを壊してほしいとか。

破壊するだけなら良いと伝える(^_^;)

しばらく待っていたが来ないなぁ..

外へ出てみると重そうな感じでママチャリを運んでいる姿を発見(^_^;)

かなり辛そうなのでこちらがヒョイと担いで店まで運んだがいろいろとトッピングが装備されていたのでそれなりに重かったなぁ(^_^;)

さてママチャリのロックを破壊しなくては..

トッピングが邪魔でサンダーは使えそうもない..

仕方なくマイナスドライバーで鍵の部分をこじ開け破壊に成功(^_^;)

ロックを外して破壊完了(^_^;)

お金は要らないと言ってママチャリを渡した。

30分後くらいにまたその奥様が来店(^_^;)

さて何だろう..

「先ほどはどうもありがとうございました」と言って手に持っていた袋を置いていった。

お礼という事で貰ってしまった(^_^;)

まあいいか(^_^;)
2013/05/19(日)
店の前で聞き覚えのない爆音っぽい排気音が止まった。

少ししてオーナーさんが中へ入ってきた。

話を聞くと..

オーナー「TRXの燃費が少し悪いような気がする..」とか

外へ出てTRXを見ると予想通りマフラーは社外品(一応JMCAのプレート付)

もし車検だったら受付はしないだろうな(^_^;)

オーナーさんにエンジンの調子を聞いてみるがそれほど悪くないらしい。

燃費なんてオーナーさんの走り方で簡単に左右されてしまう。

当然メンテも確実に影響してくる。

その前にマフラー変更で低速トルクが減っているので燃費が悪いと言われても困ってしまうが(^_^;)

オーナーさんに「このマフラーで燃費の話をされてもねぇ..」

ちなみに燃費を聞くと16km/ℓくらい

それほど悪い数字ではない。

オーナーさんに何をしてもらいたいのか聞いてみるとキャブレターのオーバーホールとか。

インシュレーターをみると少しヒビ割れがあるがまだ穴は開いてない感じ。

この部品も交換しながらキャブレターをオーバーホールしたからと言って燃費が向上するとも言えない。

それでも良いのなら作業すると伝える。

大体の予算を伝えると「また来ます」と言って帰っていった。
2013/05/18(土)
以前社外のステップを取り付けたマグナ250

エンジンの調子が悪い?らしく来店。

とりあえずエンジンをかけてみる..

オーナーさんの言っている症状が出ない(^_^;)

困ったなぁ(^_^;)

少し雑談しながらしばらく様子をみる..

やはりその症状が出ない(^_^;)

ここはもう少し様子を見てもらう事にした。

追加でオイル交換の依頼。

オイル交換しながら大型バイクの事で話を聞く。

マグナもアメリカンが好きという事ではなく購入したとか(^_^;)

オーナーさんはどういうバイクが良いとか好きとかも決まってないらしい(^_^;)

オイル交換が終わり更に話を聞く。

マグナが壊れているわけでもないのでいろいろ試乗して気長に決めれば良いと伝える。

バイクは購入前の悩んでいる時が一番楽しいかも(^_^;)

妄想している時は時間は過ぎても財布の中身は変わらないから(^_^;)
2013/05/17(金)
フロントフォーク
初来店のGPZ1100

少し前にフロントフォークのオイル漏れ修理の話だけしていった。

バイクを預けていくとの事で来店したわけである。

話だけしていった時には錆は無いと言いきっていたのだが..予想通りの錆( ̄◇ ̄;)

部品を注文する前にオーナーさんに錆の事を伝える。

今回はオイルシール交換をやる事になった。

部品が入荷し作業開始。

多少改造してあるのでジャッキアップだけでも手間が掛かる。

一応ブレーキの引きずりをチェックするとホイールの回転が重い( ̄◇ ̄;)

社外のキャリパーが原因か?それともそのブラケットが原因か?..

とりあえず作業を進める。

スタビライザーまで装備されているので大変だ(パイプがこれだけ太ければ必要ないのだが)

フォークを抜きまずは錆の処理.....

オーナーさんはフォークの掃除をあまりしないみたいなので時間の問題だが(^_^;)

やっと本来の作業が出来る。

フォークを分解しスライドメタルをチェックするが問題なし。

後は組み立てるだけ。

パイプとアウターチューブを合体させて新しいオイルシールを打ち込む...

新しいフォークオイルを注入し油面を合わせ仕上げる...

これで片方が終わり車体に取り付けてもう片方も同じように作業を進める.....

もう片方も仕上げて車体に取り付けて外した部品を取り付けていく.....

全部組み立ててもう一度ブレーキの引きずりをチェック..作業前よりは良くなったみたい(^_^;)

キャリパーは簡単に外れたので問題ない。

多分ブラケットの問題だろう。

しっかりしたブラケットを使用しないと歪んでくるものである。

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ