バイク修理屋のつぶやき2013年06月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2013/06/30(日)
前にフォークオイルを交換したGSX-R750

久しぶりに来店の連絡が有り待つ・・

すると前回書いたGSX1100Sが来店。

ちょうどブレーキホースを購入しに行く頃だったのでロスタイムはない(^^ゞ

GSX-R750の要件はフロントブレーキのエア抜き。

他でやったらしいが納得いかないとか(^^ゞ

ブレーキレバーを握ってみると少しエアが入っているような感触。

バイクを中へ入れてエア抜きしてみる・・

マスターシリンダー、キャリパーのエアは抜けた。

レバーのタッチも少し良くなった。

でもまだ微妙にエアが入っている感じがする。

多分右キャリパーから左キャリパーまでのホースの中に入っているようである。

ちょっと裏技を使い更にエア抜き・・

エア抜きが終わりオーナーさんにレバーのタッチを確認してもらう。

これ以上はノーマルホースだから無理と伝えるが何となく納得しないのでブレーキホースを指でつまませてレバーを握らせるとオーナーさんも納得したらしい(^^ゞ

もっとタッチを良くしたいならホース交換だがそれはオーナーさんに任せる事に。

追加でフォークの突き出しを依頼されオーナーさんの指示で調整・・

作業が終わる頃にGSX1100Sのオーナーさんがホースを購入して帰ってきた。

GSX-R750は突き出し作業が終わり今回は終了。

もしかしたら次回はブレーキホースを交換かな(^^ゞ
スポンサーサイト
2013/06/29(土)
GSX1100S
かなり久しぶりにGSX1100Sが来店。

今回はアップハンドルに変更する予定。

本体を乗ってくる前に必要な部品を先に持ってきてからの来店である。

問題のブレーキホースはある程度形にしてから寸法を測り長さが足りなければオーナーさんが買いに行く予定。

まずはアップハンドル用のブラケットを取り付ける・・

オーナーさんも大体の作業が分かっているのでカウルを外す。

ノーマルハンドルを外し軽くジャッキアップしてトップブリッジを外す。

ブラケットの部分をフォークに通してトップブリッジを取り付ける。

一緒に作業しているオーナーさんも楽しそうである(^^ゞ

左右のハンドルバーを仮組してそこそこ形にしていく・・・・・

ノーマルポジションよりは5cm前後アップする感じである。

やはり今までのブレーキホースでは若干長さが足りない(^^ゞ

右ハンドルには新しいマスターシリンダーが取り付けてあるのでメジャーでキャリパーまでの長さを測る。

ここでオーナーさんはブレーキホースを買いに・・

こちらは固定出来る部分をしっかり固定しておく。

しばらくしてオーナーさんがブレーキホースを購入して帰ってきた。

ブレーキホースの取り付けはこちらがやる事に。

ブレーキホースの交換する部分だけマスターシリンダー(ノーマル)ごと外す。

新しいブレーキホースを取り付けながらバンジョーの角度を合わせて新しいマスターシリンダーに固定しブレーキフルードを注入しエア抜き・・・・・

この時作業効率が悪い人ならかなりのブレーキフルードを使うだろう。

エア抜きが終わりオーナーさんもブレーキレバーを握ってもらうとニヤリ。

ハンドルスイッチをしっかり固定しハイスロも前とは違う角度で固定しスロットルの遊びを調整。

左グリップをゴムのりを使い固定し特注のグリップエンドを取り付ける・・

ほとんど形になりオーナーさんはカウルを取り付ける・・

細かいハンドルの位置はオーナーさんに任せる(^^ゞ

最後にプラグのチェック・・4本とも良い感じである(^^)

季節的に湿度が不安定になるのが辛いところ(^^ゞ

それでもかなり前からオーナーさんが計画していた作業が終わり精神的にも楽になったと思う。
2013/06/28(金)
常連さんのジェベル200

ちょっと前に借りてオフロードに行ってきたが路面状況も良かったのでシラック(ミシュランタイヤ)でもそれ程問題なく走れた。

ただ常連さんはドロドロ道でも走りに行くらしくシラックではかなり辛いはず(^^ゞ

本人に直接聞いてみると確かに辛いらしい(^^ゞ

そこでタイヤを本格的な物にチェンジする事を勧めるとOKが出た。

リヤタイヤの選択肢が少ないがミシュランタイヤで前後を揃える事になった。

いつものタイヤ屋さんへ注文・・

フロントはT63、リヤはAC10

リヤタイヤが欠品らしく少し時間が掛かるらしいが仕方がない(^^ゞ

オーナーさんにも連絡して待ってもらう事に。

しばらくしてタイヤ屋さんからタイヤが入荷したと連絡は入る。

タイヤの入荷予定日をオーナーさんに知らせておいたので来店した。

すぐにタイヤを引き取りに行こうと思っていたら緊急のお客さんが来店。

そちらを先に片付けてから夕方タイヤ屋さんへタイヤを引き取りに・・

店へ帰ってきて早速タイヤ交換。

先にフロントから・・

ジャッキアップしてホイールを外しシラックからT63へチェンジ・・

10分ちょっとでフロントは終了。

続いてリヤへ・・

ジャッキアップしてホイールを外しシラックからAC10へチェンジ・・

その間にオーナーさんはバイクの掃除(^^ゞ

こちらはタイヤ交換が終わりオーナーさんの掃除待ち(^^ゞ

オーナーさんの掃除が終わりホイールを取り付けて最後にチェーンに注油し完成。

今度のタイヤは悪路でもかなり良い仕事をしてくれそうだ。
2013/06/27(木)
いつもの中華エンジンのカブ号

ここ最近来ないなぁ~と思っていたらまた何か部品(中国製)を持って来店(^^ゞ

さてその部品はローハンドルにするためのトップブリッジと左ハンドルスイッチ(ウインカースイッチ有)

まずはローハンドルから(^^ゞ

レッグシールド、ヘッドライトなどを外しハンドルを外して配線も必要な所だけ外す・・

問題のトップブリッジが出てきた。

持ってきた物と比べると確かに高さが違う(^^ゞ

持ってきたトップブリッジに交換。

ここまでは特にトラブルはない(^^ゞ

外してあるハンドルにオーナーさんが持ってきた左ハンドルスイッチの配線を通している。

ハンドルスイッチは固定せずハンドルを取り付けていく・・

まず分かる配線だけ接続し加工する配線をオーナーさんと二人で加工しながら接続していく・・・・・

ハンドルスイッチの配線の色がバラバラで苦労する(^^ゞ

ウインカーの接続・・OK

ヘッドライトの接続・・OK

ホーンの接続・・OK

順調すぎて怖いなぁ・・

仕上げにかかる。

レッグシールド関係以外は全て固定した。

ここでもう一度チェックを入れる・・いきなりヒューズ切れ(~_~;)

何故・・・

ヘッドライトを外し配線をチェックするがこれと言って問題が見つからない???

何故・・何故・・

でもヒューズは切れる(~_~;)

配線の接続は問題なしとして考える・・

もしかしてハンドルスイッチ?

試しにハンドルから左ハンドルスイッチを外してぶらぶらの状態でチェックしてみると思った通りヒューズは切れない(^^ゞ

その左ハンドルスイッチをハンドルに近づけるとパチパチと電気が飛ぶ(~_~;)

ハンドル周りで配線トラブルがないのを確認してハンドルスイッチとにらめっこ・・・?

じっとにらめっこしていると怪しそうな部分?を発見。

その部分を加工してもう一度ハンドルに近づけてみるとパチパチが消えた\(^o^)/

ヘッドライト、左ハンドルスイッチを固定しもう一度チェック・・OK\(^o^)/

恐るべし中国製(~_~;)

最後にレッグシールドを加工し取り付けて完成(^^ゞ
2013/06/26(水)
先週エンジンオイルを交換したCB400SFバージョンS

フロントフォークの部品が入荷しオーナーさんへ連絡。

来店する日にオーナーさんから連絡が入りこちらへ向かうとの事。

しばらくするとオーナーさんから電話。

もう少しで府中の所でエンジンが止まりセルも回らないらしい(~_~;)

ある程度場所を確認して軽トラでレスキューへ・・(^^ゞ

現場へ到着しCBとオーナーさんを軽トラに積んで店へ帰ってきた。

バイクを下して現状を確認・・かなりバッテリーが弱っている・・

とりあえずバッテリーを外してチャージ・・

その間にフロントフォークの修理・・

ジャッキアップしてフロント周りをを分解していく・・

見ているオーナーさんは楽しそう(^^ゞ

片方のフォークを外し更に分解していく・・

いろいろ説明しながらフォークを組み立てて新しいオイルシールを打ち込む・・

動きを確認してから新しいフォークオイルを注入し油面を合わせて仕上げる。

車体にフォークを取り付ける前にオーナーさんにも動きを確認させてみる(^^ゞ

それからもう片方のフォークを外しそのままの状態で動きを確認させてみるとオーナーさんも動きの違いがはっきりと分かったみたいである。

もう片方も同じように作業していく・・・・・

途中でバッテリーの充電具合をチェック・・順調に充電している。

もう片方のフォークも仕上がり車体へ取り付けていく・・

残りの外してある部品も取り付けてフロントフォーク修理は完成。

さて問題のバッテリー上がり・・

十分にチャージ出来たバッテリーを積んで無事にエンジンは始動。

アイドリングは1200rpmで充電電圧は13vくらい(~_~;)

やはりこれではバッテリーが弱ってもおかしくはない。

オーナーさんにもテスターの針を見せながらアイドリングの調整・・

最低でも1300~1400rpmくらいにしないと14vをキープする事は出来ないのを確認させておく。

メーカーの指定なら1500rpmだが燃費を気にするなら少し下でも問題はないだろう。

充電系にトラブルがなかっただけでもオーナーさんは喜んでいた(^^ゞ

もしこれでバッテリー上がりが出るようであればバッテリーを疑うしかない。
2013/06/25(火)
日曜に銀のCB1300が来店。

シフトが固い?・・とか。

オーナーさんがクラッチのフルードを交換したらしいがあまり変化がないらしい。

試しにこちらがクラッチのエア抜きをしてみる事に。

まずはマスターシリンダー側でレバーをにぎにぎして細かいエアを抜く・・

レバーのタッチが少し変化した。

それからシフトリンクを外し黒いプラスチックカバーを外す。

クラッチスレーブシリンダーからもエア抜き・・

エアは少量だけ(^^ゞ

後は黒いカバーを取り付けてシフトリンク部にグリスアップして取り付ける。

センタースタンドを解除してエンジンをかける。

クラッチレバーを握りギヤを入れる・・

問題なく軽いタッチでギヤは入った。

何度か繰り返しでチェックするが問題はない。

オーナーさんにもチェックしてもらいOKをもらった。

こちらもオーナーさんもやっている事はあまり違わない。

ただ・・ちょっとしたコツを知っているかどうかである。

オーナーさんも良く頑張ってメンテしている。

メンテしながらいろんなコツを掴んでもらいたい。
2013/06/24(月)
整備の終わったZRX400

天気予報を見て今日の予約で朝一で車検場へ・・

そのまま乗っていっても良かったのだが軽トラに積んでいった。

車検場へ到着するとガラガラ

いつもの場所で自賠責保険を頼むと「今月はガラガラですね」と言ってきた。

この時期はバイクなら少ないような気がするが車も少ないらしい。

予約確認を済ませてラインへ・・

今日もユーザー車検が多いみたいでマンツーマン体制(^^ゞ

待っているとクラウザー(サイドカー)が私の後ろへ並んだ。

前から気になっていたので近くで見るとカッコいい~

話をするともう生産中止とか。

でも後付のサイドカーよりはしっかりした造りで好感が持てる(^^)

ただ値段が1000万くらいするので貧乏人には高嶺の花だが(~_~;)

私の番になり保安部品チェックがすぐに終わる。

ノーマルマフラーなので対応が良いのか?(^^ゞ

多少不安があったヘッドライトも一発OK

普通はこんなもんである(^^ゞ

新しい車検証とシールを貰い帰ってきた。
2013/06/23(日)
ZRX400
では車検整備を・・

先にタンク、シート、サイドカバーなどを外す・・

エアクリーナーの掃除をしてバッテリーの端子もチェックして取り付ける・・

2次エアー装置のチェックをしつつプラグのチェック・・

ハンドルを少し高くしてあるのでロングワイヤーが取り付けてあるのだが・・

雑な取り付けで唖然(~_~;)

クラッチワイヤーはハンドルストッパーに干渉してるしスロットルワイヤーはメッシュホースの取り付け角度が悪くハンドルスイッチとの固定部が折れているし・・(~_~;)

スロットルワイヤーはメッシュホースの取り付け角度を調整してからハンドル操作に支障がない部分を束ねてから遊びを調整していく・・

問題はクラッチワイヤー・・

少し長めのワイヤーなので取り回しをどうしようか・・・・・

長さの帳尻を合わせながら取り回しを修正すると問題解決(^^ゞ

ちょっとしたカスタムでも苦労させられるものだ(^^ゞ

ノーマルポジションに体を合わせるのも大事だと思う(^^ゞ

次にリヤの足回り・・

ホイールベアリングのチェックをしてからチェーンのチェック。

それからブレーキの掃除をしてからエア抜き・・

次にフロントの足回り・・

ステムのチェックをしてからホイールベアリングのチェック。

それからブレーキの掃除をしてからエア抜き・・

細かい作業をしてから外した外装を取り付ける。

それから洗車&注油・・

整備は終わったので天気予報を見てから予約だな。
2013/06/22(土)
先日、近所?らしきお客さんが初来店。

車検の相談であった。

料金の話になり車種を聞くと・・Z・・?・・400とか(^^ゞ

カワサキのバイクみたいなのは分かった(^^ゞ

多分ZRX400かZZR400かな・・

特に大きな部品交換とかがなければ¥・・・・・くらい(法定費用含む)と伝える。

「もし良かったら納税証明書、印鑑、法定費用(2万くらい)を揃えて来てください」と伝えるとお客さんは納得したように帰っていった。

現物を見てないのではっきりとは言えない。

常連さん以外でノーマルの人はかなり少ないから(^^ゞ

常連さんでもマフラー(特に)を交換してあれば改造車扱いとしている。

それから二日くらいしてそのお客さんがバイクに乗って来店。

バイクは予想通りZRX400であった。

ポジションは多少変更してあったがマフラーはノーマル!!

特に車検のあるバイクのマフラー変更はあまりお勧めしない。

走行距離も約6500kmほど。

あまり手入れらしい事はしてないみたいだが保管場所に恵まれているのか錆は見えない。

連絡先を聞きマークシートにハンコを押してオーナーさんへハンコを返した。

特に気になる所を聞いたが「特になし」とか(^^ゞ

必要な修理があれば連絡すると伝えるとオーナーさんはバイクを預けて帰っていった。
2013/06/21(金)
以前グリップヒーターを取り付けたカブプロ110

フロント周りをぶつけたのか?もしくは転倒か?で部品注文の依頼。

部品が入荷し連絡すると後日来店。

先に違和感があるらしいフロントフォークのチェック・・曲がってないのを確認。

2点固定のフォークなのでノーマルカブよりは丈夫だと思う(^^ゞ

ただ・・ハンドルが3次元に少し曲がっていた(^^ゞ

オーナーさんに説明して確認してもらい納得したようである(^^ゞ

修正出来るか?と聞かれたが元には戻らないと伝える。

とりあえず入荷した部品交換・・

次にドライブチェーンのチェック・・問題なし。

次にクラッチ調整・・

最後にプラグ交換で終了。

ボアアップの話もしてきたが最高速は変わらないと説明しておいた(^^ゞ
2013/06/20(木)
エリミネーター400
部品が入荷したエリミネーター400

まずは点火系から・・

4番のプラグ、プラグキャップを交換・・

3番のプラグキャップも狭い隙間ながらも何とか引き出して交換(^^ゞ

エンジンをかけると確かに4気筒サウンド。

エンジンの調子も部品交換前と比べればかなり良くなった。

後はフロントフォーク修理。

ジャッキアップしてホイール、フェンダーなどを外していく・・

フロントフォークを片方外しインナーチューブの錆処理をして分解・・

それをまた組み立てて新しいオイルシールを打ち込む。

それから新しいフォークオイルを注入し油面をチェックしてから仕上げる・・

もう片方も同じように作業・・・・・

外してある部品を組み上げて完成。
2013/06/19(水)
先日、もうそろそろ開店しようかなと思っていた時に電話がきた。

エンジンオイル交換とその他チェックをしてもらいたいらしい。

昼くらいに来店するとの事で了解し電話を切った。

昼過ぎくらいにあまり見かけないタイプのCB400SFバージョンS(規制前)が来店。

もしかして限定バージョン?

電話の主である事を確認出来たのですぐにバイクを入れて古いエンジンオイルを抜く・・

一応オーナーさんに気になる所を聞く・・

フロントがゴツゴツする感じらしい。

先にドレンボルトを締めて新しいオイル(トリプルR)を注入。

エンジンをかけるとアイドリングが低い?

オーナーさんに聞いてみると納車時からこんな感じとか。

それにしてもこのアイドリングではバッテリーが心配。

オーナーさんに基準のアイドリングを教えて基準よりやや下くらいに調整。

これくらいなら大丈夫だろう(^^ゞ

それからフロントフォークを見るとうっすらとオイルの輪が見える。

インナーチューブを綺麗にしてから動きをチェック・・

何だか動きが渋いなぁ・・

もしかしたらまだ馴染んでないかフォークオイルが仕事をしてないか・・

インナーチューブにはやはりオイルの輪が出来る。

オーナーさんに保証の件を聞いてみるともう保証切れになっているとか(^^ゞ

ちなみに何処から来たのか聞いてみると千葉・・

わざわざ遠い所からありがたい事だ。

フロントフォークは部品が来てから作業する事にして今回は終了。

オーナーさんが帰る時にドライブチェーンに注油して渡した。
2013/06/18(火)
現在預かっているエリミネーター400

預かる前に不具合の部分を聞く・・・・・

不具合はエンジン不調とフロントフォークのオイル漏れ。

フォークは部品がなければ何も出来ないので後回し(^^ゞ

エンジンの不調をチェック・・・

排気音を聞いていると3気筒っぽい。

たまに4気筒の音にもなるのでキャブレターが原因ではなさそうだ。

エキパイを触ると4番が怪しい。

こいつはプラグキャップ関係が良くトラブル(^^ゞ

特に3番なのだが(^^ゞ

この話をオーナーさんに伝える・・

オーナーさんも多少時間に余裕があるみたいなので試しに4番のプラグを中古で使える物に交換。

プラグキャップはそのままでエンジンをかけると4気筒サウンドが響く(^^)

でも少しそのままにしておくとまた3気筒に(~_~;)

4番のプラグキャップを外しエンジンをかけると4番のプラグキャップの側面から見事なリーク(^^ゞ

激しい電気が飛びまくり・・

オーナーさんにも見せると説明しなくても良く理解出来たようである(^^ゞ

プラグキャップも他の使えそうな物に交換してエンジンをかける・・

するとまた4気筒サウンドが蘇る(^^)

しばらく様子を見たがエンジン周りの交換部品は決定したようだ。

ただ3番のプラグキャップも時間の問題だと説明すると3番のプラグキャップも交換する事に。

エンジンの調子が良くなるとオーナーさんも喜んでいた。

連絡先を教えてもらいお預かりとなった。

ただいま部品の入荷待ち・・
2013/06/17(月)
運が良いのか悪いのか天気が悪いのでPCと格闘出来る(^^ゞ

だがそれほど長く集中出来るわけでもない。

そういう時はPC関係の整理・・・

すると見覚えのあるようなないような配線が出てきた・・

はて?・・何の配線だ?・・

もしかしてモニターのデジタル配線かも。

接続部をチェックするとやはりそうらしい(^^ゞ

せっかく出てきたのだからアナログ配線からデジタル配線へ・・

PCの電源を入れると何だか画面がくっきり見えるようになった(^^ゞ

ブログを開くと文字もくっきりである(^^ゞ

デジタルって凄い!!

そういえばメールの設定はしたが送信のチェックはしてないなぁ・・

試しに自分の携帯にメールしてみる・・届かない(~_~;)

もしかして設定ミス?

もう一度プロバイダーのHPを見ながら再設定・・・・・

今度は大丈夫かなぁ(^^ゞ

また自分の携帯にメールしてみる・・ちゃんと届いた(^^ゞ

ど素人の設定だからミスは多々あるものである(^^ゞ

迷いながらもなんだかんだPCを弄ってくると自分の使う範囲はある程度慣れてきたのかなぁ・・

雨にも感謝かなぁ(^^ゞ
2013/06/16(日)
PC
さて何が何だかさっぱり分からないwindows8(^^ゞ

メールの件でプロバイダーへ電話・・

アプリには対応してないのでwindowsライブメールとやらをダウンロードしなければならない。

検索してみる・・

windows8に対応してるのは・・ライブメール2012らしい。

一応日本語版を確認してダウンロード・・・・・

ダウンロードが終わりライブメールを開いてみる・・(~_~;)

えっ・・たっぷりとアルファベットの文字が・・(~_~;)

日本語版って書いてあったのに・・(~_~;)

何かミスでもしたのかと思いアンインストールして再度トライ・・

やっぱりダメ(~_~;)

どうしよう・・(~_~;)

他にも検索してみるがほぼ同じサイトに行ってしまう(~_~;)

相性が合うかどうかは分からないがライブメール2011(日本語版)を試しにダウンロード・・

開いてみると見事に日本語\(^o^)/

アカウントの設定はプロバイダーのHPを見ながら(^^ゞ・・・・・

PC側から何か言っているみたいだが無視(^^ゞ

そのままアカウントの設定が終わるとすぐにメールが来た(^^)

何とか開通したらしい(^^ゞ

アプリの設定はどうでも良いのでそのまま放置かな(^^ゞ

×印がしっかり表示してあるけど(^^ゞ

まあこれでネットとメールは何とかなった。

試しに写真もチャレンジ。

PCの設定前に撮っておいたのをPCに入れてみる・・

保存されているはず(XPはそうだった)と保存されている?部分をクリック・・

写真のショートカットなるものは存在するが写真はどこにもない(~_~;)

こいつはどうやったら保存出来るのか???

ど素人の感を頼りにいろいろやってみると何とか保存も出来た\(^o^)/

サイズの変更も何とか出来たらしい(^^ゞ

セキュリティはまた王様ソフトを使う事に(^^ゞ

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ