バイク修理屋のつぶやき2013年07月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2013/07/31(水)
先日の朝から雨の日・・

どう見てもバイクに乗っている格好ではないお客さんが来店。

話を聞くと車(NOTE)のタイヤの空気が抜けている?から修理してほしいとか(^^ゞ

更に詳しく聞くと前から空気を入れても抜けているらしい(~_~;)

車を見に行くとフロント左のタイヤがペッタンコ・・

最近の車ってジャッキアップする所を間違うと大変な事になるんだけどなぁ・・(-_-;)

近くに日産があるんだけど・・

やれるだけやってみるか(^^ゞ

パンタジャッキを持っていきギリギリの隙間からジャッキを入れて上げるのだがジャッキアップポイントには入らないので仕方なく他の場所で上げてみる・・

一応ホディの具合を見ながら上げていくと何とかなったみたい(^^ゞ

問題のホイールを外し空気を入れてみる・・

釘らしき物は見えないが洗剤をつけてみると・・ブシュブシュと泡が出てくる所を発見!!

何となくだがコンパスの針みたいな物でやられたような傷・・

パンク修理キットで修理・・・・・

空気も抜けてこないので大丈夫だろう(^^ゞ

またホイールを持って車へ向かう・・

ホイールを取り付けようとすると高さが足りない。

またジャッキを更にアップ・・

さっさとホイールを取り付けてパンク修理完了(^^ゞ
スポンサーサイト
2013/07/30(火)
ディスクローター

常連さんのNSR250プロアーム。

リヤブレーキのトラブルではないがディスクローター&パッド交換で来店。

今使っているディスクローターはかなり薄くなっている(^^ゞ

持ってきたディスクローターはもう純正が入手不可なので社外品(^^ゞ

プロアームのリヤアクスルを分解するのは久しぶり(滅多にやらない(^^ゞ)

リヤをジャッキアップしてホイールを外す。

リヤアクスルの大きなナットをオーナーさんに手伝ってもらい緩める(^^ゞ

ドリブンスプロケットも外す。

リヤキャリパーも外す。

リヤアクスルのナットを外すとやっとリヤアクスルが外れた。

そこに固定してあるリヤディスクローターを交換・・

それからしっかりグリスアップしてからリヤアクスルを仮固定していく・・

リヤアクスルの動きが軽くなる(^^)

続いてリヤパッド交換・・

キャリパーを掃除&グリスアップして新品パッドを取り付けて固定・・

ドリブンスプロケットを仮固定・・

リヤホイールをしっかり固定してからリヤアクスルの大きなナットをしっかり締める。

ドリブンスプロケットのナットもしっかり締めてチェーンの注油をして完成(^^)

ホイールの動きも良くなったからまた良い走りをしてくれるだろう。
2013/07/29(月)
Z1000

先日、常連さんが購入したバイクの納車日。

店も忙しくなかったので常連さんをその店まで軽トラで送る・・

その店で常連さんを下して帰ってきた(^^ゞ

しばらくしてその常連さんが新車のZ1000で来店。

ピッカピカの新車だぁ~~

早速エンジンオイル交換(^^ゞ

いくらも走行してないがスラッジが出てきた(~_~;)

まあこんなもんなのかもしれないが(^^ゞ

新しいオイル(トリプルR)を注入しスーパーゾイルも添加。

エンジンをかけてしばらく様子を見ているとエンジンが徐々に静かになっていく(^^)

チェーンをチェックするとバリバリに張ってある状態(-_-;)

新車だからってこれはないでしょう(-_-;)

チェーンはおまけで調整。

後はオーナーさんがやりたがっている?レバー、ペダルのグリスアップ・・

作業を見ているとグリスが無い所もあれば多少塗ってある所もあった(^^ゞ

作業していると急に外の空気が冷たくなり大雨と雷(~_~;)

無事に作業が終わってから少し停電(~_~;)

大雨が雨状態になってからオーナーさんは帰った(^^ゞ
2013/07/28(日)
夕方くらいになり急に冷たい風が・・

外を見ると雨雲がいっぱい(>_<)

それにも・・

そしたら一気に大雨(-_-;)

おまけに雷もかなり近い所にあるみたい(-_-;)

急いでPCの電源を切る。

しばらくして停電(-_-;)

PCの電源を切っておいて正解(^^ゞ

停電も少しの間だけで復旧。

何だかまだ梅雨明けしてない気分・・
2013/07/27(土)
ブラシ

DRZ400SMの常連さん。

最近たまにセルモーターが回らなくなるらしい。

こちらではその症状が出た事はないが(^^ゞ

バッテリーの問題はない。

少し前に交換してから特にトラブルはないから。

予想ではセルモーターが原因ではないかと・・思う(^^ゞ

オーナーさんもいろいろ調べてみたらセルモーターのトラブルが結構出ているらしい。

そのほとんどはブラシらしい。

ブラシを交換して直る内は軽傷。

中にはコイル側がダメになっている場合もある。

一応ビックシングルだからセルモーターの負担は大きい。

特にちょい乗り程度を繰り返すとそれだけセルモーターを使う事になる。

同じ走行距離でも使用頻度が高いとそれだけ壊れる確率もアップする。

オーナーさんからメールで中古のセルモーターの件を相談された。

返事をする前に確か中古のセルモーターが有るのを思い出した。

そいつをエンジンから外してきてオーバーホール・・

元々動いていた物だけに問題はないのだが(^^ゞ

それでも中はそこそこ汚れており掃除すればもっと良くなるはず。

ブラシの残量が少ないがオーバーホールは終了。

バッテリーチャージャーで電気を流すと元気良く回る(^^)

現状をオーナーさんにメールするとこちらのセルモーターを使用する事に決定。

オークションで売っていたオーバーホール済?のセルモーターよりは信用出来るからとか(^^ゞ

ブラシの部分は単品で売っているらしいのでこちらで注文。

ここで部品待ち・・

部品はそれほど待たずに入荷(^^ゞ

またセルモーターを分解・・

古いブラシを外し新しいブラシに交換して組み上げる・・

セルモーターが完成しまた電気を流してチェック・・

前よりも元気になったような気がする。

これはブラシが2個だが4個だったらもっとトルクの有る回り方をするんだけどなぁ・・

まあその分組み立てが面倒だけど(^^ゞ

後はオーナーさんが来店するのを待つだけである。
2013/07/26(金)
たま~に来店するNC700X

今回はオークションで購入したタイヤ(前後)交換とフォークオイル交換を依頼。

先にリヤタイヤから・・

センタースタンドを立ててアクスルナットを緩める。

アクスルシャフトを抜くのだが動きが渋い(-_-;)

手では抜けそうもないので強引に抜くともう錆てる(-_-;)

しかもグリスの気配もない(-_-;)

ホイールを外してタイヤレバーで交換していく・・

交換が終わりホイールバランスを調整してグリスアップしながら取り付ける。

続いてフロントタイヤ交換&フォークオイル交換・・

先にホイールを外しタイヤレバーで交換していく・・

交換が終わりホイールバランスを調整してタイヤ交換は終了。

そのままフェンダーを外し片方のフォークを外す。

一応動きのチェックも(^^ゞ

初めての作業なので油面のチェックをする・・

それから古いフォークオイルを抜く・・

新しいフォークオイルを注入しエア抜きしながら油面を合わせて仕上げる・・

動きをチェックすると前よりも踏ん張りが出た感じ(^^)

もう片方も同じように仕上げる・・・・・

フォークを車体に取り付けフェンダー、ホイールも取り付ける。

バイクが完成しオーナーさんにもフォークの動きをチェックしてもらうと違いが分かったようである。
2013/07/25(木)
電話で連絡があったZZR1200が来店。

珍しいバイクではあるが私個人としては迷車ではなく名車!!

前のZZR1100を大きく改善したとても良いバイクである。

世間一般では知らない人も居るらしいが(^^ゞ

今回はステムのガタ。

中古で購入した時はなかったらしい。

段差を通過させると確かにガタがある。

ジャッキアップしてベアリングのチェック・・

錆があるような気配はなさそう。

ホイールベアリングもチェック・・問題なし。

ハンドルを外しトップブリッジのセンターボルトを緩めようとすると簡単に回った(~_~;)

一応ベアリングの調整をしてセンターボルトをしっかり締める。

ベアリングの状態を確認してハンドルを取り付ける。

それから段差のチェックをして完成。
2013/07/24(水)
DRZ400SMの常連さんがタイヤの件で相談に来店。

ついでなのでエンジンオイル交換も依頼。

オイル交換しているとリヤタイヤの話に・・

特に指定はないのだが耐久性重視が良いらしい(^^ゞ

オイル交換が終わりオーナーさんとゆっくりタイヤの相談・・

オーナーさんが選択したタイヤを注文して帰った。

こちらもタイヤ屋さんへ注文・・

しばらくしてタイヤ屋さんから電話・・???

注文したタイヤは納期未定(~_~;)

一度キャンセルしてオーナーさんへ電話したが繋がらない。

しばらくしてオーナーさんから電話が入り納期未定の件を伝える。

すると第2候補のタイヤを注文する事に。

またタイヤ屋さんへ注文・・

すると後日また納期未定(~_~;)

仕方なくまたキャンセル。

またオーナーさんへ連絡するが繋がらない。

しばらくしてオーナーさんから電話が入り同じ事を伝えるとまた来店して考えるとの事であった。

それにしても2本連続で納期未定とはまいった(^^ゞ

こんな事もあるんだねぇ(^^ゞ
2013/07/23(火)


先日、バリオスのお客さんから来店の連絡が入る。

しばらくしてバリオスが到着。

話を聞くとリヤブレーキから変な音がするとか。

チェックするとパッドが無い!!

フロントパッドの残量はたっぷり残っている。

このオーナーさんもリヤブレーキを良く使うタイプらしい(^^ゞ

パッドの在庫は無いのでオーナーさんに用品屋を教えるとすぐに買いに向かった。

しばらくしてオーナーさんがパッドを購入して帰ってきた。

すぐにバイクを中へ入れてリヤパッド交換から。

一応ブレーキの引きずりをチェックしてからキャリパーの掃除をしてグリスアップ・・

それから新しいパッドを組み込んで車体に取り付ける。

ディスクローターはサンドペーパーで修正・・

ここでもブレーキの引きずりをチェックしてチェーンの注油も。

続いてフロントブレーキ。

こちらは極低速での効きが不安定らしい。

フロントキャリパーのそれなりに汚れているので掃除だけでもしてみよう。

一応ホイールベアリング、ディスクローターのチェック。

それからキャリパーの掃除&グリスアップ・・

これで様子を見てもらう事に(^^ゞ
2013/07/22(月)
ステータ

前に少し話をした?アドレス110のお客さん。

今回はバッテリーが寿命になったらしくバッテリー交換の依頼。

一応用品屋で安いバッテリーも売っていると伝えたがこちらでやる事に(ありがたや~)

新しいバッテリーが入荷し初期充電・・

それからバッテリーを交換しエンジン始動・・

充電電圧を調べるとアイドリングで13vちょっと。

エンジン回転を上げると14vギリギリだが大丈夫だろうと思い一度納車。

二日後またアドレス110が来店。

もうセルが使えない状態とか(~_~;)

もう一度充電電圧をチェック・・前よりも0.5v低い(~_~;)

こうなると発電機(ステータ)が怪しい・・

オーナーさんと相談し値段を調べる事に。

後日部品屋からFAXで連絡が入る。

オーナーさんに連絡すると部品の発注を依頼。

後日部品が入荷しオーナーさんへ連絡する。

後日またアドレス110が来店。

作業はやってみないと分からない(経験がない)と伝えておいたがその場で作業開始。

先にバッテリーを充電しておく。

さて何処をどう外せばいいのか・・

結局発電機のカバーを外すまでに後ろの外装を全て外す事に(~_~;)

マフラーも邪魔になるので外す。

隠れネジを見つけながら発電機のカバーを外すと嫌な予感が当たり(~_~;)

特殊工具のスライディングハンマーが必要(~_~;)

とりあえず簡単に外せるか試してみたが外れないのでここでお預かり。

オーナーさんが帰ってから知り合いのバイク屋などに工具を持っているか聞いてみる・・

何処も持ってない(>_<)

さて・・どうしよう・・・・・

軽トラに積んでスズキの店へ行けば簡単に外せるのだがそれはファイナルアンサーで残しておく(^^ゞ

頭の悪いおやじが無い知恵を使ってフライホイールと格闘・・

やはり特殊工具が必要か・・・

いろいろ試行錯誤しながらフライホイールと格闘していると外れた\(^o^)/

写真の古いステータを外し一応抵抗などを調べるが数字的には問題はないし見た目も大丈夫そう・・

新しいステータもほぼ同じ数字(~_~;)

本当にこいつを交換したら直るのか・・(~_~;)

でもやってみないと分からない。

新しいステータを取り付けてフライホイールを固定する。

発電機のカバーを取り付けマフラーも取り付ける。

充電しておいたバッテリーを積んでエンジン始動・・

アイドリングも少し上昇したようである。

充電電圧を調べるとアイドリングから14.6v(^^)

多分電圧が上昇しプラグの火花も強くなったのであろう。

テールランプなども取り付けてもう一度充電電圧をチェック・・やはりアイドリングで14.6v(^^)

これなら大丈夫!!

やはりステータの銅銭の劣化(酸化)みたい。

外した外装をしっかり固定し完成。

オーナーさんへ連絡すると夜に来店。

現状を説明し納車。

ちなみにアドレス125も同じようなステータ(直流)を使っている。

アドレス125はインジェクションだから電圧の低下で調子が悪くなったのもあると聞いた事がある。

バッテリーが弱ってきたら充電電圧のチェックも必要だろう。
2013/07/21(日)
フロントタイヤ

常連さんのBMWK75C

フロントタイヤが限界で注文を受ける。

今回は旧車っぽく縦溝パターンのタイヤを注文(^^ゞ

タイヤが入荷。

週末くらいに来店する予定だったが平日に向こうから連絡が有りしばらくして来店。

作業する時に前から言われていたフォークオイル交換も一緒にやる事に。

先にフロントタイヤの交換・・

パッドの残量をチェックしながらホイールを外す。

タイヤは問題なく交換。

続いてフォークオイル交換へ・・

この年式はダンパー効果より潤滑効果がメインなのでフォークを外す事は滅多にしない。

フォーク下のドレンボルトを緩めて古いフォークオイルを抜く・・

それなりに汚れていた(^^ゞ

ドレンボルトを締めてフォークトップに付いているヘキサゴンボルトを抜き新しいフォークオイルを注入・・

適量注入したらヘキサゴンボルトを締める。

フロントホイールを取り付けてフォークを動かしてエア抜きすれば完成。

これで今年の夏のツーリングは問題ないだろう。

ツーリングから帰ってきたらリヤタイヤが限界近くまで減っていそうな感じである(^^ゞ
2013/07/20(土)
DT360

かなりマニアックなバイクが来店(^^ゞ

DT360

エンジンがかからないらしいが他のバイクを作業しているのでとりあえずお預かり。

作業していたバイクも終わりDT360をやる事に・・

まずはプラグをチェック・・

それからバイクをゆするとチャプチャプとガソリンの音もする(多分予備タンかな)

エンジンをかけてみる・・

キック一発目・・見事なケッチン

2ストとは言え排気量がデカいから衝撃もそれなりに(^^ゞ

ケッチンに気をつけながらキックすると問題なくエンジンが始動。

だが少しすると燃料が足りない感じでエンジンが止まる。

もしかしてキャブ?

とは思ったが先にタンクキャップを開けて燃料チェック・・

やはり燃料は予備タン(^^ゞ

バイクをゆすると燃料フィルターにガソリンが流れてくる。

旧車には良くあった事だが予備タンくらいになると構造上タンクの左右に燃料が分かれる(^^ゞ

こうなるとガソリンコック側だけガソリンが流れてガス欠状態になる。

試しに燃料を少し補充してみるとスムースに燃料が流れてきた。

これでもう一度エンジン始動・・

今度は燃料が足りないと言う事もなくエンジンも快調である。

しばらく放置しているとアイドリングが上昇してきてまたガス欠状態に(^^ゞ

バイクをゆすると燃料が流れてまた快調になる(^^ゞ

バイクには何も問題はない。

燃料が足りなくなっただけの事であった(^^ゞ

オーナーさんに連絡し説明すると納得したようである(^^ゞ
2013/07/19(金)
W650

またW650の車検。

今回はエンジン下のオイル漏れがあるので預かる時にドライブスプロケットカバーを外しオーナーさんに怪しそうな部分を説明・・

車検整備をしながらオイル漏れの周辺を探る・・

クランクケースの周りのカバーをチェックしているとクランクケース後方にキック何とかカバーなる物も発見。

こんな所まで有るとは思ってなかった(^^ゞ

パーツリストがないのでネットで調べる・・・

簡単に外せそうな感じのカバーみたいだがやってみないと分からない。

まずはオイルで汚れている部分を掃除・・・・・

やはり怪しいのはキック何とかカバーかトランスミッションカバーのどちらか・・

まずはキック何とかカバー側をチェックしながらカバーを外そうと頑張ってみるが何故だか外れない???

裏で何かと接続されているような手応えを感じる・・

無理に外そうとして破壊しても困ってしまうのでしっかりネジで固定しつつ液体ガスケットを合わせ目に塗り乾くのを待ちながらも車検整備を進めていく・・・

車検整備は終了。

後はエンジンをかけてオイル漏れするか扇風機を当ててしばらく放置・・

今の所オイル漏れはない。

先に車検を取る事にした。

予約も問題なく取れて後日車検場へ。

車検場でもオイル漏れをチェック・・漏れなし。

書類チェックしてラインへ・・

ラインも問題なく一発OK

新しい車検証とシールを貰い帰ってきた。

それからもエンジンをかけてオイル漏れのチェック・・やはり漏れはない。

後日、市内を走りまわりたまにチェックを繰り返す・・

久しぶりにダンディに行ってみよう(^^ゞ

到着すると社長がポルシェのSUVと格闘中(^^ゞ

邪魔をしない程度にお手伝い?(^^ゞ

とは言っても何も役には立ってなかったかも(^^ゞ

それから談笑して帰ってきた(^^ゞ

帰ってきてからもまたオイル漏れのチェック・・オイル漏れなし。

ここまで見てきてオイル漏れがないから後はオイル交換してオーナーさんに連絡するかな(^^ゞ

全ての作業が終わりオーナーさんへ連絡すると夕方くらいに来店。

一応オイル漏れしていた部分をライトを当てて現状を見てもらいながら説明・・

これで納車。

天気が微妙に悪かったが元気に走っていった。
2013/07/18(木)
先日、前にエンジンオイル交換+スーパーゾイルをしたフォルツァが来店。

電話でホイールベアリングのグリスアップを依頼された件である。

スクーターはリヤホイールに関してはミッションシャフトにダイレクト固定なのでグリスアップは出来ない事は説明しておいた(^^ゞ

とは言ってもフロントホイールベアリングにしてもグリスを封印してある物なのでオーナーさんに直接見せれば納得してもらえるかと思っていた(^^ゞ

バイクを中へ入れる。

フロントをジャッキアップしてホイールを外す・・

オイルシールの奥にあるベアリングを見せながら説明・・・

オーナーさんも納得してもらえたようである。

アクスルシャフトなどにグリスを塗りホイールを取り付けていく・・

作業が終わりいろいろ話をしていると駆動系のトラブルで他の店(多分夢店)で見てもらったらしい。

コンピューターが絡んでいるらしくこれといった直接的な原因が見つからなかったとか(~_~;)

結局関連するサンサーを全て交換したら直ったとか。

金額まで教えてもらったら(片手万円)くらい掛かったらしい(*_*)

ハイテク技術はそれなりに高いなぁ・・
2013/07/17(水)
初来店のGSX400刀

後からVT250マグナも到着。

マグナは前にステップボード交換やフォークオイル交換をしたので記憶にある。

今回はGSX400刀の方。

こちらもフォークオイルの交換である。

バイクを中へ入れる時にチェーン周りに違和感・・

フォークパイプをチェックすると部分的にメッキが剥がれそうになっているが可動部は何とか使える(^^ゞ

刀シリーズはフォークを外すのにどうしても外さなくてはいけないカウル。

絶対とはいわないが作業を楽に行うにはやはりカウルを外すに限る(^^ゞ

フロントをジャッキアップしてホイールを外す・・

それからちと面倒なフェンダーも外す・・

フォークを抜いて古いフォークオイルを抜く・・・

マグナの時よりはまともなオイルが出てきた(^^ゞ

新しいフォークオイルを注入しエア抜きし油面を合わせ仕上げる・・

もう片方も同じように仕上げていく・・

全て組み上げて完成しフォークのチェックをすると動きが滑らかに(^^)

一応チェーン周りの違和感も伝えておく。

多分チェーン、スプロケットを交換すれば直るはずである。

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ