バイク修理屋のつぶやき2013年08月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2013/08/16(金)
ホーネット250

たま~に来店するホーネット250

車検整備並みの整備を依頼された(^^ゞ

RBで購入しているがまともな納車整備をされていなかったからなぁ・・

こちらで多少手直しもやっているが(^^ゞ

それなりにチェックするので少しお預かり。

エンジンオイル交換も依頼されているのでまずは古いオイルを抜く・・

その間に外装を外していく・・

エアクリーナーの掃除をしてから新しいオイル(トリプルRを注入。

エンジンをかけてマフラーの便秘もチェック・・問題なし。

ドライブチェーンの調整&ホイールベアリングのチェック(チェーンの注油も)

リヤキャリパーの掃除をしながらピストンの動きもチェック。

引きずりもなし。

フロントのホイールベアリングのチェック。

フロントキャリパーの掃除をしながらピストンの動きをチェック・・

引きずりは問題ないがピストンの動きが渋くなってきている。

それなりに年数も経過してるし(^^ゞ

プラグも問題なし。

ブレーキレバーグリスアップ、クラッチレバーグリスアップ&ワイヤーの注油、シフトペダルのグリスアップ、ブレーキペダルのグリスアップ、サイドスタンドのグリスアップ、スロットルワイヤーの注油・・

タイヤの空気圧もチェック。

後は外した外装を取り付けてもう一度エンジンをかけて電装チェック・・問題なし(^^)

ワックスをかけて完成(^^)
2013/08/15(木)
預かっているバイクの作業中・・

プコカブ110が来店。

フェンダーのフォークカバー部が外れた状態???

話を聞くとオーナーさんが自分でフォークオイルを交換したのだが右上のステムボルトがなめてしまったらしく対処出来なくての来店であった。

ステムのネジ山はそれほど崩れているような感じではないがボルトは使えないような状態である。

タップを探してフォークが取り付けてある状態でネジ山をチェックするが途中で引っかかるので仕方なくフォークを抜いての作業になってしまった(^^ゞ

右のフォークを抜いてステムにタップを入れてみるが予想通りそれほど大きなダメージはない。

またフォークを取り付けてもう片方のネジを手で入れていくがやはり引っかかる???

無理するとこちらのボルトも破壊する事になるのでいろいろチェックしていく・・

考えられる事はステムに開けてあるフォークの穴が微妙に内側になっているような感じである。

品質の問題になってしまうが一応規定範囲内なのだろうが・・

一応オーナーさんにもフォークを取り付けた状態でボルトを入れてもらうが素直に入らない(-_-;)

フォークの位置を微妙に変更しながらボルトを手で絞めていくと何とかなった(^^ゞ

普通ならもう少しクリアランスが有るはず・・

オーナーさんはマニュアル通りのトルクで絞めていたがはっきり言ってトルクの数字が間違っているのではないかと思うほどである(^^ゞ

通常はこれくらいで良いとこちらで絞めた状態をオーナーさんに緩めてもらう(^^ゞ

オーナーさんも納得したようである。

ホイールのアクスルナットも締め過ぎた事もあったらしい(^^ゞ

それもこちらで一度締めてからオーナーさんに緩めてもらったら納得したようである(^^ゞ

作業が終わって少し雑談していると・・

鎌倉からやってきたらしい(^^ゞ

もっと近場かと思っていた(^^ゞ

また何か困った時は来店するとか。

ステムのトラブルが解消されてオーナーさんは笑顔で帰った。
2013/08/14(水)
先日、いつもの中華カブがまた何かを買って来店(^^ゞ

今度はハイコンプピストンキットと・・

韓国製のマフラー(^^ゞ

まずはハイコンプピストンを見る・・

何となくヘッド部分が飛び出しているような・・

とりあえずエンジンを分解していく・・

ピストンを比べると予想通りヘッド部分が異常に飛び出していた(^^ゞ

取り付け不可なのでカーボンの掃除・・・・・

それからシリンダーヘッドのマフラー取付け部のスタッドボルトを外すのだがまったく動かない(-_-;)

まるで硬化剤でがっちり固めたような感じである。

でもこのままでは韓国製のマフラーを取り付け出来ない・・

仕方なくスタッドボルトを折りドリルで穴を開け直してタップを切る・・・・・

エンジンを組み立てていく・・

エンジンが完成し韓国製のマフラーを取り付けてエンジン始動・・

無事にエンジンが始動。

マフラーの音はノーマルより若干大きいくらいだがほとんどノーマルと変わらない(^^ゞ

でもノーマルよりはエンジンが安定している(^^ゞ

耐久性は???

オーナーさんが納得しているからこれで良いのだろう(^^ゞ

しばらくエンジンの様子を見るがオイル漏れも無し。

これで終わりではないだろうな(^^ゞ
2013/08/13(火)
釘

昨日の夕方、リトルカブがパンクで来店。

リヤタイヤをチェックすると釘の頭が見える(-_-;)

抜いてみると・・約7cmの釘が出てきた。

その釘を抜かずに走行してきたのでチューブ交換が必要と説明・・

在庫がないのでお預かり(^^ゞ

預かる時にオーナーさんがタイヤ交換の追加依頼。

オーナーさんが帰ってからいつものタイヤ屋さんへ電話するが在庫無し(滅多に出ないからなぁ(^^ゞ)

仕方なく用品屋へ行こうとしたらまた冷たい風が・・

雨が降るのを覚悟して軽トラを走らせていると・・

予想通りのゲリラ雨(*_*)

ワイパーを最高スピードで動かすも雨の量に負けてしまう(^^ゞ

おまけに街灯が消えているのか道が暗い。

水溜りも深い所があるとフワフワする(^^ゞ

視界の狭さからくる恐怖と楽しみ(^^ゞ

楽しみが優先しての走行(燃えるぜぇ(^^ゞ)

用品屋へ到着すると雷が最高潮みたいでなかなか軽トラが出れない(^^ゞ

様子を伺いながら用品屋で飛び込む。

タイヤを探す・・

確かこの辺りに・・

タイヤとチューブを購入しての帰り道。

大雨と雷が軽トラに乗り込むのを妨害している(^^ゞ

待っていても雨は止まないのでズブ濡れになりながら軽トラに乗り込む。

甲州街道が川みたい(^^ゞ

左側車線は宜しくない状態(^^ゞ

それでもいつもとは違うので楽しい走行である(^^ゞ

何処を通っても大きな水溜りが待ち構えている(^^ゞ

軽トラを壊したくはないので道を選びながら走行(^^ゞ

無事に店へ帰ってきた。

それからリトルカブのタイヤ交換・・

古いチューブを外して空気を入れてみると穴の行列(^^ゞ

古いタイヤも外してブレーキの掃除&グリスアップ・・

新しいタイヤを反面入れて新しいチューブも入れてもう反面も入れていく・・

空気を入れてエア漏れチェック・・問題なし(当たり前だが(^^ゞ)

ホイールを取り付けて完成(^^)
2013/08/12(月)
今日も朝から蒸し暑い(>_<)

午後1時くらいから扇風機の風が一気に生温い風に(~_~;)

な~~んて思っていたら外からいきなりの冷たい風?

空模様を見ると黒い雲が・・

するとポツリポツリ・・

稲妻が光りピカッ・・ゴロゴロ・・

一気に大雨(>_<)

嵐みたい

山の天気じゃあるまいし急激な変化である。

雷の影響で京王線が一時ストップしたらしい(-_-;)

大雨が止んだらまた一気に生温くなった(~_~;)

まだまだ暑い日が続くだろうな(^^ゞ
2013/08/11(日)
暑~~~い(~_~;)

いつもなら夕方くらいになると風も涼しくなるのだが・・

夜になっても暑~~~い(>_<)

夏だから仕方ないか(^^ゞ

先日、久しぶりにヤングライダーのT君が来店。

愛車のYB50を売るらしい。

いろいろ話をしていると・・

今年から就職もしたとか。

もう社会人になっちゃったんだねぇ(^^ゞ

免許の話(普通二輪)の話になり教習所に行くのを勧めた(^^ゞ

一発試験も悪くないが確実ではない。

教習所に通いながらのんびりバイクを探すように言っておいた。

焦る事はない。
2013/08/10(土)
ついさっき・・

時間は9日PM11時前くらい。

テレビを見ていたら外からキュ~ボン・・の音が聞こえた。

明らかに車の事故っぽい

外に出てみると軽自動車(ワンボックス)が対向車側の電柱にど真ん中から突っ込んでいた(>_<)

作業着を着ていたが原因は何なのか???

飲酒ではなさそうに見えたが・・

もしかして携帯でも弄っていたのか?

ドライバーはエアバックのおかげ?で助かったみたい。

だがそのエアバックが邪魔で外に出れないらしい。

しばらくしてから救急車が先に来てそれから警察が来た。

ドライバーは大怪我はしてないらしい。

それにしても単独でも事故は嫌だねぇ・・
2013/08/09(金)
もうすぐお盆休みになる頃・・

バイクの国内メーカーも8月10日~8月18日までが休みらしい。

今部品を注文されても1週間以上(10日前後)は待ってもらう事になる。

こちらは普段通りの営業(^^ゞ

休んだところ(休む気はないが)で何処も渋滞している事だろう(^^ゞ

休みで出かける人は気をつけてもらいたい。

事故にも・・

警察にも・・
2013/08/08(木)
久しぶりに白カブ110が来店。

エンジンオイル交換である。

何となくまたマフラーが変わっているような・・(^^ゞ

とりあえず古いオイルを抜いていると・・

オーナーさんがやはりマフラーの話をしてきた(^^ゞ

何処のメーカーなのか忘れてしまったが今回のマフラーは良いらしい。

多分エキパイが長い分だけトルクが上がっているようである。

ドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

エンジンをかけるとそれほどうるさくないみたい。

そのままスロットルを開けるが予想よりはうるさくない。

でもスロットルを戻すとそれなりの音である(^^ゞ

タイヤの空気圧調整しているとリヤタイヤの話に・・

さすがにリヤタイヤ(M62)が坊主寸前(^^ゞ

今M62を注文していて納期未定の件を伝える。

黒カブ110もリヤタイヤが同じ状態らしいので他で購入してきても良いと伝える。

無いものは仕方がない(^^ゞ
2013/08/07(水)
また昔話でも・・

半独立の外注契約の開始日までは少し余裕がある。

とりあえず店に来てメカニックとたまに話をしながら仕事の流れを見る・・

三人のメカニック(こちらも外注)がのんびり?作業しているような気がする(^^ゞ

ただのんびりやっているのかそれとも必死にやっているのかは不明だが(^^ゞ

大体の仕事の流れは理解した。

契約開始日。

一応朝のミーティングもやっているようなのでそれに間に合うように通勤。

とは言ってもこちらにはあまり関係ないのだが(^^ゞ

とりあえず納車整備のバイクを確認・・

預かり中の修理車もいろいろ確認・・

部品は店側が用意するので必要な部品を伝えるだけ。

納車整備をしながら預かり修理車もやる・・

作業中に飛び込み修理もやってくる(^^ゞ

単なるレバー交換やタイヤ交換・・

結構スクーターも多くプーリー関係の作業もある。

それでもメカは私一人で十分いけそうなので何とかなりそうだ(^^ゞ
2013/08/06(火)
中華エンジンのカブ号。

ショートクランクにして発電機も国産にチェンジしたのだが・・

発電量が徐々に足りなくなってきた(~_~;)

とりあえず純正部品の在庫確認・・・・・

生産中止!!

キャブ式のカブにも欠品部品の波が・・(-_-;)

オーナーさんはまた妄想の世界(^^ゞ

後日また来店。

手には何やら怪しい袋(^^ゞ

中身はチューニング用の発電機(^^ゞ

6vのエンジンもこの部品を使えば12vになるらしい(^^ゞ

バイクを中へ入れてオーナーさんは外せる所を外していく・・

発電機がむき出しになった所でバトンタッチ。

特殊工具でフライホイールを外しベースプレートごとステーターを外す・・

持ってきた部品を合わせてみると問題なく取り付け出来そうだ(^^ゞ

細かい物を取り付けてステーターを固定しフライホイールもしっかり固定。

これから先はまたオーナーさんが配線加工・・・

配線が繋がった所でエンジン始動・・

無事にエンジンがかかりヘッドライトも前より明るい(^^ゞ

普通は暗くなるのだが(^^ゞ

もしかしてHIDが取り付け出来るかも・・

試しに配線を繋いでみるがやはりダメ(>_<)

発電量がまだ足りないらしい(^^ゞ

軽量発電機でどれだけトルクが薄くなったかはまた来店した時にでも聞いてみよう(^^ゞ
2013/08/05(月)
先日、CB1300のお客さんから「リヤブレーキのフルードが入ってない」と電話が入った。

こちらでは車検の時にしっかり見ているのだが・・???

オーナーさんにいろいろ説明するが電話では安心しないかな(^^ゞ

オーナーさんがこちらに来ると言うのでしばらく待つ・・

店の前にCB1300らしき音がする。

外に出てみるとやはりCB1300

すぐにリヤブレーキ周りを見てフルードの容器を見る・・

フルードがしっかり入っている(^^ゞ

オーナーさんにも見せながら説明・・

フルードがしっかり入っているのを確認させると安心したようである。

ちょっとした不安でも解消すればまた楽しく走れる。

少し雑談してオーナーさんは笑顔で帰った。
2013/08/04(日)
Z1000

まだピッカピカのZ1000

早速スラッシュガードの注文。

予定?では金曜くらいに入荷するかも・・と部品屋から言われていた。

丁度その日にZ1000が来店(^^ゞ

一応その話をすると暇なのか夕方まで雑談しながら待っていた(^^ゞ

するとまだ外が明るい内に部品屋がスラッシュガードを持ってきた。

早速取り付け作業・・

まずは取説を読む・・

何となく把握してからスラッシュガードを取り付けていく・・・・・

多少無茶な所もあるがこれが向こう(製造元)の答えなのだろう(^^ゞ

取り付けて邪魔になるわけではない。

装備しておいて助かる事もある。

もしもの時の保険みたいな物である(^^ゞ
2013/08/03(土)
先日、オーバーホールしたDRZ400SMの中古セルモーター。

常連さんから連絡が有り来店待ち・・

しばらくしてDRZ400SMが来店。

パッと見て隙間は十分にある。

ただ固定しているボルトを外すのにマフラーが邪魔(~_~;)

少し熱いがマフラーを外す・・・・・

それからセルモーターの固定ボルトを外しセルモーターを外そうとするが動かせる範囲が狭く外せない(-_-;)

隣にあるクラッチワイヤーを緩めて動かせる範囲を広げるとセルモーターが外れた\(^o^)/

それからオーバーホールしたセルモーターを取り付ける・・

マフラーを取り付ける前にエンジンを始動・・

やはりオーバーホールした方は元気に回る(^^)

問題なくエンジンも始動(^^)

エンジンを止めてクラッチワイヤーをしっかり固定してマフラーも取り付ける・・

最後にもう一度エンジン始動・・

やはりセルが元気に回りエンジンが始動(^^)

オーナーさんの追加依頼で古いセルモーターもオーバーホール・・

こちらもブラシがかなり減っていたがオーバーホール後は少し元気を取り戻したようである。

一応スペアとしてキープしておくらしい(^^ゞ
2013/08/02(金)
蝉

蝉!!

一週間くらい前?あたりから鳴き声が・・

ジジジジジ・・とか

ミーンミンミンミ~~~・・とか

まだヒグラシの声は聴いてないなぁ・・


それにして都会の蝉はトロイ(^^ゞ

簡単に手で捕まえられた(^^ゞ

撮影してからまた木に戻す。

それでも飛んでいかずにのんびりしていた(^^ゞ

Before  | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ