バイク修理屋のつぶやき2014年06月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2014/06/15(日)
部品

残りの作業はエンジンマウントブッシュとジェネレーターのダンパ交換。

先にエンジンマウントブッシュから・・

なのだがマウントボルトのナットが外れない(>_<)

潤滑剤を塗りインパクトレンチでガガガガガ・・ガガガガガ・・

多少ボルトが緩んだのだがそれでもナットが固くてほとんど動かない(>_<)

こいつはネジロックが原因か?

とりあえずまた潤滑剤を塗り放置・・

その間にジェネレーターのダンパ交換をやる事に・・

ジェネレーターを固定しているボルト3本を外す・・

ジェネレーターをごっそり外す・・

先端のギヤを回すと少しガタがある。

エンジンの回転をもろに受けているから仕方がない事である(^^ゞ

その先端の固定ナットを外すとギヤが外れダンパが出てきた。

ダンパを交換してギヤを取り付けるとガタが消えた(^^)

固定ナットをしっかり固定しエンジンと合体・・

さて難題のエンジンマウントボルト・・

右側を外そうとするがまったく動かないナット(-_-;)

また潤滑剤を塗り放置・・(^^ゞ

左側のマウントボルトは何とかなりそう?な予感(^^ゞ

ナットにスパナを噛ませてジワリジワリ回していくと外れた\(^o^)/

ボルトを抜くと青いネジロックがこれでもか言わんばかりに塗られていた(~_~;)

また右側のマウントボルトと格闘・・・・・

ナットがネジロック以外の物で完全固定されているような気がしてくる(~_~;)

ナットの角が丸くなってきてスパナが噛まなくなってしまった(>_<)

さて・・どうしようか・・・・・

バーナーを使ってネジロックを焼くような事はしたくない・・・

ナットを何かで押さえ付けてインパクトレンチでガガガガガ・・ガガガガガ・・

潤滑剤を塗りまたナットを押さえ付けてガガガガガ・・ガガガガガ・・ガガガガガ・・

潤滑剤を塗り同じ事を繰り返すとジワリジワリとナットが緩んできたような感じ・・

とにかくこの作業を繰り返す・・・・・

頑固なナットも諦めたらしくやっと外れた\(^o^)/

オーナーが預けていったマウントブッシュ(純正か?)に交換して固定していく・・・

先にエンジンオイルを注入・・

しばし放置してオイル漏れチェック・・問題なし

エキパイを取り付けエンジン始動・・

エンジンは問題なく始動し異音もなし(^^)

一度エンジンを止めてオイル量をチェックして補充・・

サイレンサーを取り付けてまたエンジン始動・・

しばしそのまま放置して様子を見る・・・・・

オイル漏れはなし(^^)

ただ・・油圧クラッチのタッチが悪い・・

かなりエアが混入しているようなタッチである。

クラッチのマスターを交換してノーマルよりも軽くなっているのは分かるがやっぱりおかしい・・

クラッチの組み立ては間違ってないからなぁ・・

試しにエア抜きしてみる・・

フルードのエアが抜けるとレバーのタッチも良くなった(^^)

試乗・・

クラッチの切れも繋がりも問題なし(^^)

これで全ての作業終了(^^)
2014/06/14(土)
破片

破片を探す・・・

ライトを使ってあちこち見る・・

1個目発見・・

2個目発見・・

3個目発見・・

4個目発見・・

5個目発見・・

あと残り2個・・・

何処に隠れているのかな・・

ミッションを回すが問題はない・・

違う方向からライトを当てて探す・・

6個目発見・・

もう1個は何処だ・・

・・

・・・

・・・・

・・・・・

7個目発見\(^o^)/

これで大丈夫(^^)

新しいギヤを取り付けてクラッチを組み立てる・・

オイルパンを固定・・

クラッチカバーを固定・・

残る作業はジェネレーターのダンパ交換とエンジンマウントブッシュ交換だ。
2014/06/13(金)
GSF1200

大分前に一度来店していたお客さんの依頼でGSF1200を軽トラで一緒に引き上げに行く・・

道を教えてもらいながら進むも確かにに分かりづらいような所(^^ゞ

きっと一人で行ったら迷うな(^^ゞ

バイクを積んで帰ってきていろいろ話をする・・

修理内容はオーナーさんがクラッチ交換でミスをしてオイルポンプギヤの破片を探す事。

オーナーさんもオイルパンを外して5個ほど見つけたとか。

破損しているギヤの破片はあと7個・・

他に作業する所も聞いてオーナーさんは帰った。

残ったのはバイクと外してあるマフラー&クラッチ&交換する新品部品。

とにかく邪魔なエンジンカバー(クラッチ、オイルパン)を外して破片探し・・・・・

上手く見つかると良いなぁ・・(^^ゞ
2014/06/12(木)
梅雨・・

と言えばしとしと雨がだらだら降るのは昔の事のような・・

年々しとしと雨ではなくバケツをひっくり返したような雨が多いよなぁ・・

これじゃあ土砂崩れがあってもおかしくはない・・

まだまだ梅雨は続くなぁ・・
2014/06/11(水)
学生だったヤングライダーT君。

今では就職して社会人(^^)

普通二輪免許も取得しバイクの件でいろいろ相談してきた。

こちらも焦らずにお金を貯めるように言っておいた。

お金を貯めながらバイクを探して中古車(バリオスⅡ)を契約したらしい。

本日社会人ライダーへ\(^o^)/

店も暇になったのでT君を購入した店へ軽トラで送迎・・

軽トラの中でいろいろ話をする・・・・・

これからいろいろ経験するであろう事を説明・・・

それにしてもドンブリヘルメットで帰りは大変だろうな(^^ゞ

店へ到着しT君は店の中へ・・

私は納車準備をしてあったバリオスⅡを軽くチェック・・

世間の納車整備なんてこんなもんだろう・・

店員から説明を受けるT君・・

それを少し離れて聞いている(^^ゞ

説明が終わりT君の準備も終わりいざ発進!!

軽トラの後ろを追いかけてくる形で走行・・

60km/hくらいで走行している時に後ろを見ると風圧で辛そうなT君(^^ゞ

途中のGSで給油のためのピットイン。

こちらはそのまま走行して店まで帰ってきた。

しばらくしてT君も店へ到着。

とりあえずバイクの感想を聞く・・

バイクに関しては満足そうであった。

問題は風圧で前が見にくい事(^^ゞ

ドンブリヘンメットにはシールドが付けられないから仕方がない(^^ゞ

ヘルメットの話をしたら新しい物を購入するとの事で用品屋へ行くなら軽トラで一緒に行ってもいいと伝える。

するとT君は一端帰ってしばらくしてまた店へ来た。

そのまま軽トラで用品屋へ・・

軽トラの中でフルヘルにするかジェットにするかかなり悩んでいた(^^ゞ

用品屋で到着。

早速中へ入りヘルメットコーナーへ・・

安い物から高い物までいろいろ見せて実際に装着させる・・・

ヘルメットが決定したら単車カバー&盗難装置コーナーへ・・

とりあえず3点セットを購入し帰ってきた。

これからいろいろと物入りだろうからあまり無駄な買い物を控えるように言っておいた(^^ゞ

秋くらいまでにはきっとタイヤを交換するだろうから初ツーリングにでも連れていこうかな(^^ゞ
2014/06/10(火)
これも梅雨入り前の話。

お悩み相談でマジェスティで来店。

地味~な感じでカスタムしてある(~_~;)

お悩みはフロントフォークのオイル漏れ。

オーナーさんが自分で作業しようと思っていたらしい。

が、いろんな事情でこちらがフォークの作業をやる事になった。

こちらの条件としては邪魔な外装をオーナーさんが外す事。

オーナーさんも条件を納得した上で後日来店すると言って帰った。

それからしばらく連絡がない・・

もしかして自分で作業したのかな?・・と思っていたらオーナーさんから連絡があった。

オーナーさんの予定していた日に予定通りに来店。

すぐにバイクを中へ入れる。

とりあえずフロントをジャッキアップ・・

フロントホイールを外すとオーナーさんが社外品の特殊工具を出してきた。

もしかしたらこれで作業が出来る?かもとフロントフォークのトップキャップを回してみる・・

が、キャップが回らずに工具が曲がった(~_~;)

予想通りだが(^^ゞ

すぐにオーナーさんが邪魔な外装をを外す・・

その間にフロントホイールのチューブレスバルブを交換・・

それほど時間は必要なかったが(^^ゞ

それからこちらの出番になりフォークを外し分解・・

新しいオイルシールを打ち込みフォークオイルを注入し油面を合わせて車体に取り付ける・・

トップキャップは手締めでストップしておく。

もう片方も同じように外し分解・・

新しいオイルシールを打ち込みフォークオイルを注入し油面を合わせて車体に取り付ける・・

こちらもトップキャップは手締めの状態でストップしておく。

最後にトップキャップをオーナーさんに締めてもらいフォーク修理は終了。

これでオーナーさんでもフォークオイル交換が出来る・・はず(^^ゞ

オーナーさんはこの間にフロントディスクローターを交換していた。

後はオーナーさんがホイールを取り付けキャリパーサポートを取り付けたりして組み上げる。

外しておいた外装もオーナーさんが組み上げて完成。

この記事を書く前にコメントをもらったが調子が良いらしい。
2014/06/09(月)
梅雨入り前の話(^^ゞ

CRF250の常連さんが2度目のエンジンオイル交換で来店。

最初のオイル交換の時はそれほど気になっていなかったようなフロントフォーク。

こちらはかなり気になったが(^^ゞ

2度目のオイル交換の時にやはりフロントフォークの事を言ってきた。

新車時はかなりしっかりした感じのフロントフォーク。

ほとんど通勤だけの使用。

それなのに現在はグニャグニャな感じである(~_~;)

せめてもう少しくらいはスプリングに予算を出しても悪くないような気がする。

値段が値段だからかなりコストダウンしているのは仕方がない。

次回来店する時にフォークオイル交換をやる予定である。
2014/06/08(日)
関東も梅雨宣言されてが続く・・

これだけ続けて降られると当然お客さんは来ない(~_~;)

雨続きで大変な所もちらほらニュースで報道している。

昨日はAKB総選挙とかでアジスタの近所は大変だっただろう(^^ゞ
2014/06/07(土)
たま~~に来店するアドレスV100

今回はスロットルパイプがちぎれた?・・とか(^^ゞ

何をどうしたらちぎれるのか・・

走行不可なので会社の車に積んで預けていった(^^ゞ

現状チェック・・

確かにスロットルパイプがちぎれている(^^ゞ

ワイヤーをひっかける部分と握る部分の間でしっかりちぎれている・・

普通こんなとこちぎれるとしたらワイヤーの方ではないのか???

なんて考えながら部品注文・・

後日部品が入荷。

すぐに部品交換・・

なのだが相変わらずボロボロの状態であちこちテープで止めてある(~_~;)

とにかく部品を交換してまた外装を取り付けるのにテープを貼る(~_~;)

とりあえず修理完了(^^ゞ

このアドレスは手入れしないからあとどれくらい乗れるのかな・・(^^ゞ
2014/06/06(金)
アドレス110

前にプーリートラブルで修理したアドレス110

また急に加速が悪くなったらしい(-_-;)

エンジンは問題なしとか。

そうなればまた駆動系トラブルか?・・

来店するとの事で他の作業(インパルス)をしながら待つ・・

インパルスの作業が終わりアドレス110を中へ入れる。

駆動側のカバーを外す・・

バラバラにする前にいろいろチェック・・特に問題はない・・

クラッチ、Vベルト、プーリーを外す・・

クラッチ、Vベルトは問題なし・・

って事はまたプーリーか?・・

プーリーを更に分解・・

するとウェイトローラー以外にプラスチックの破片が一つ出てきた・・

これ何だ?・・

良くみると前回交換したスライドピースの一つが割れている(-_-;)

こいつの破片がウェイトローラーの進角を邪魔していたようである。

では何故こいつが割れたのか?・・

前回必要以上にプーリーが熱膨張したから少し寸法が変化しているような気がする・・

とりあえず前回使っていたスライドピースが見つかったのでそれを取り付けて代用しておく(^^ゞ

これでまた同じような事があればプーリー交換は確実だな・・
2014/06/05(木)
インパルスのお客さんがステータ(中古)、クラッチ、オイルフィルターを揃えて来店。

エンジンオイル交換も一緒にやるので先に古いオイルを抜く・・

まずはステータ交換から・・

タンクを外しCRキャブレターも外しセルモーターカバーも外す・・

一度開けているような感じのジェネレーターカバーを外す・・

するとオイル漏れの原因が発覚。

違う車種のステータが取り付けられていて配線も適当に処理されている(~_~;)

ガスケットも変な物が代用されていた(~_~;)

持ち込んだステータに交換し新しいガスケットを取り付けカバーを固定していく・・

配線接続部を綺麗に磨いて接続。

それからクラッチ交換・・

クラッチワイヤーを外しクラッチカバーを外す・・

こちらは現オーナーさんが一度外しているみたいでガスケットがまだ新しかった。

オーナーさんに「再利用しよっか(^^ゞ」と伝えるとOKが出た。

ガスケットはそのままでクラッチ交換・・・

液体ガスケットを塗りカバーを取り付けワイヤーも取り付ける・・

最後にオイルフィルターを交換しドレンボルトを締める・・

新しいオイル(トリプルR)を注入・・

エンジンをかけてオイル漏れチェック・・OK(^^)

それから充電電圧もチェック・・

オーナーさんにもテスターの数字を見せると「前よりもマシになった」と喜んでいた(^^ゞ
2014/06/04(水)
ベアリング

たまに来店するカブ100(OHV)

今回もまた部品を仕入れての来店(^^ゞ

最初はフロントホイールベアリングの交換・・

外したベアリングをチェックするが特に問題はない(^^ゞ

何年物なのかは不明(^^ゞ

それでも交換してほしいとの事なので交換・・

作業が終わり追加依頼で燃料ホース交換も(^^ゞ

新品のホースを2本出してきた。

まずはレッグシールドを外す・・

片方の新品ホースを出して合わせてみるとこれだけで足りそうだ(^^ゞ

タンクのガソリンを抜き燃料コックをOFF・・

コック側のホースを外しそこに新品ホースをつなぐ・・

それからタンクを外しそのままホースを通す・・

ホースが通ったらタンク側の古いホースを外し新しいホースをつなぐ・・

タンクを取り付けてホースに少しゆとりを設けてホースを切りコックにつなぐ・・

レッグシールドを取り付けて完成(^^)
2014/06/03(火)
先日の話。

いつものタイヤ屋さんへ注文しておいたタイヤが入荷したとの連絡があった。

こちらの用事を済ませタイヤ屋さんへ向かう・・

その途中の小さい交差点辺りで渋滞している・・

のろのろ進んでいくと・・

交通事故(>_<)

しかも歩道に人が倒れておりまったく動かない状態らしい(-_-;)

視野を広げると・・

どうも巻き込み事故?っぽい・・

まだパトカーも救急車も到着してないようであった。

人身だろうが物損だろうが事故は事故。

嫌なもん見たな・・
2014/06/02(月)
少し前からメールのやり取りをしていたTS200Rのお客さん。

要件はクラッチ交換。

部品は持っているとの事であった。

スプリングも揃っていればいいなぁ・・

で先日予定通りに来店。

バイクを中へ入れて部品をチェック・・

こちらの予想通りクラッチスプリングがない(^^ゞ

こいつは後で何とかする事にして邪魔なマフラーを外す・・

それからLLCを抜きウォーターパイプを外す・・

キックを外しクラッチカバーを外すとクラッチが出てきた。

クラッチを分解するがクラッチが痩せている訳ではないが滑るって事はスプリングが大元だろう。

新しいクラッチ板を取り付けてスプリングにはワッシャーを一枚かませてちょっとだけ強化して組み立てる・・

古いパッキンを剥がすがこれが一番大変(^^ゞ

重要な所には特に気を使いながら液体ガスケットを塗り新しいガスケットを取り付けてカバーを取り付ける・・

ウォーターパイプを取り付けマフラーも取り付ける・・

ギヤオイル、LLCを注入する前にエンジンをかけてクラッチの切れをチェック・・OK

それからギヤオイル、LLCを注入・・・

オイル漏れ、水漏れのチェックをしつつエンジンをかけてもう一度クラッチチェック・・OK

オーナーさんの追加依頼でクラッチワイヤーも交換・・

これで作業終了(^^)

おしいのはフォークパイプがかなり錆びている事(~_~;)

今はオイル漏れしてないが時間の問題だろう・・
2014/06/01(日)
新聞屋のプレスカブのクラッチが滑るとかで中華カブのオーナーさんが乗ってきた(^^ゞ

要件はクラッチ修理なのだが・・

前にマニュアルに変更した時のクラッチをキープしてあったのでそのまま移植する目論見である(^^ゞ

まずはノーマルエンジンのクラッチを外す・・・・・

それから中華エンジンのクラッチASSYを合わせてみる・・

取り付け不可(^^ゞ

微妙に違いがあるらしい(^^ゞ

そのまま移植出来ないのでクラッチを分解・・

強化スプリングとクラッチ板をノーマルクラッチに移植・・・

これでクラッチを取り付けられる(^^)

仕上げたクラッチを取り付けてカバーを取り付ける・・

エンジンオイルを注入しエンジン始動・・

キックの感触でクラッチ滑りが解消しているのが判る(^^)

当分はこれで問題なく走れるだろう(^^ゞ

Before  | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ