バイク修理屋のつぶやき2014年07月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2014/07/31(木)
タイヤ

前日に虫ゴムを交換した上さんのママチャリ。

後日また空気が抜けてしまったらしい。

仕方なくタイヤ&チューブを買いに近所のホームセンターへ・・

自転車コーナーへ行くと・・あれ、無いぞ(~_~;)

もう一つのホームセンターへ行ってみる・・

こちらはかなりの在庫数(^^)

安い物から高い物までにぎにぎしてみる(^^ゞ

一番高いスーパーハードのタイヤが硬くて良い感じ(^^)

安物の2倍以上したがMADE IN JAPANの文字で決定(^^ゞ

チューブも同じメーカーに合わせてみる(^^ゞ

購入して帰ってすぐにママチャリを中へ入れて逆さにする。

フロントホイールを外しひび割れタイヤとチューブを外す・・

新しいタイヤは少し硬いが道具を使わずに装着出来た。

空気を入れると元々ハードなのでしっかりした感じが良い(^^)

これなら長持ちしそうだ(^^ゞ
スポンサーサイト
2014/07/30(水)
夕方・・

上さんが「前タイヤの空気が抜けた」と言ってきた。

とりあえず虫ゴムを外してチェック・・

虫ゴムを交換して空気を入れてみる・・

エア漏れしてないな・・大丈夫か(^^ゞ

ついでなのでいろいろチェック&グリスアップ・・

リヤホイールを回すと・・

凄~~くダンスしてる(~_~;)

良く見るとスポークが一本折れてるし(~_~;)

ダメもとでスポーク調整・・

振れを何とか2mmくらいまで調整出来たかな(^^ゞ

これで多少は良くなっているはず(^^ゞ

もう一度フロントタイヤをチェック・・大丈夫みたい・・

これでダメならタイヤとセットで交換だな。
2014/07/29(火)
常連さんのCRF250

先に前後タイヤを注文しておいて入荷済み。

予定通り日曜に来店。

先にリヤタイヤ交換・・

初めて抜くアクスルシャフトはもう錆びていた(-_-;)

続いてフロントタイヤ&フォークオイル交換・・

ホイールを外しタイヤ交換・・

こちらのアクスルシャフトはギリギリ錆びてなかった。

それからフォークオイル交換・・

先に左側から作業・・

トップキャップを緩めて初のご対面・・

ん・・

何か足りなくないか?・・

フォークスプリングが入ってない(@_@)

入っているのはダンパーカートリッジだけ!!

とりあえず油面をチェックして古いフォークオイルを抜く・・

左フォークはそのままで右側のフォークを抜いてトップキャップを緩める・・

すると・・

右側はスプリングだけでダンパーカートリッジがない(@_@)

ほぼ潤滑のためのフォークオイルは入っているが・・

この手の造りはトライアルバイクでは良く見かけたが・・(-_-;)

いくら何でも軽量マシンだからってコストダウンし過ぎじゃないか・・

見た目だけ豪華っぽい倒立フォークにするなら中身のしっかりした成立フォークの方が無難じゃないか・・

オーナーさんも唖然としていた・・

とりあえず右フォークを仕上げる・・

仕上げた右フォークは車体に取り付ける・・

さて・・左フォークをどうしようか・・・・・

このまま仕上げても・・

オーナーさんに「このままじゃ嫌だよね(^^ゞ」

・・・・・・・・・・

へたってはいるがまだ使えるフォークスプリングから長めの物を探す・・

「これを使って何とかしてみる(^^ゞ」とオーナーさんに伝える。

フォークにスプリングを入れてダンパーカートリッジのトップまでの余りを計測・・

余っているスペースは塩ビパイプを加工して長さを合わせる・・

元々スプリングが入ってないからサポートとしてみれば問題はない(^^ゞ

フォークオイルを注入し油面を合わせて仕上げる・・

これならサポートとしての仕事はするだろう(^^ゞ

仕上げた左フォークを車体に取り付けホイールも取り付ける・・

作業前のフニャフニャ感は解消され丁度良い感じになる(^^)

オーナーさんにもチェックさせてみるとOKサイン。

後はエンジンオイルを交換して終了。

とりあえず様子を見るとの事で楽しそうに帰った。

しばらくしてオーナーさんから帰宅の電話。

フロントフォークの具合を聞くとフニャフニャが消えて特に不安もないとの事であった(^^ゞ

もうちょっとコストダウンの仕方を考えて欲しいなぁ・・

これではオフ車の購入相談されてもお勧め出来ないかも・・
2014/07/28(月)
先日、VTマグナが来店。

マフラーに穴を開けられたとか・・

マフラーを見ると・・

サイレンサーに小さい穴が開けてある(~_~;)

何処かの愚か者が開けたのだろう。

適当なネジを探して穴を埋める・・

これでマフラーの音は気にならないはず(^^ゞ

オーナーさんも納得出来たようであった。
2014/07/27(日)
梅雨明けしてから暑い日が続く・・

昼くらいになると扇風機の風も熱風になる(~_~;)

夕方になれば多少涼しくなるのだが・・

それでも蒸し暑い(~_~;)

今年も鈴鹿の夏の祭典をやっているみたい。

見に行く、見に行っている人は暑さに気をつけてもらいたい。

鈴鹿を走っているライダーは熱したフライパンの上を走っているようなもの・・

まさに灼熱地獄!!

どのチームも頑張ってもらいたい。

今日は静かな一日であった(^^ゞ

明日も暑そうだな・・
2014/07/26(土)
常連さんの白カブ。

ヘッドライトの他に補助ライトとしてLEDランプを取り付けたのだが配線が・・(^^ゞ

他にもいろいろ装備しているのでその辺りから電源を取る事に。

電源の取り出しはOK

後はLEDランプの配線を接続し中間にスイッチを取り付ける・・

スイッチはオーナーさんと相談しながらレッグシールドに取り付ける。

配線の接続にちと苦労するがオーナーさんが満足そうなのでOK(^^ゞ
2014/07/25(金)
いつもちょこちょこ来店する常連さん。

まだ梅雨明けしてない時にオフロードへ行くと店へ来て自分で軽く整備・・

それから後日走りに行ったとは思う・・

で、それから来店してないなぁ・・

なんて思っていたら先日足にギブスをして来店(^^ゞ

オフロードで転倒して骨折!!とか。

はく離骨折らしい(^^ゞ

オフロードブーツを履いていたおかげでこれですんだようである。

履いてなかったらもっと酷い事になっていたかも・・

仕事には大きな影響はないがそれでも移動は大変だろう。

骨はそこそこくっついたらしい(若いから)

リハビリしながら復活を待つだけである(^^ゞ
2014/07/24(木)
前に転倒して見積もり(概算)したGSR750

スズキワールドで部品代なども調べてもらったらしい。

とりあえずハンドル交換&左ハンドルスイッチの交換、カバー取付け部の修正で来店。

バイクはカバーが外された状態だったので先に取付け部の修正・・

スズキでは何だか高そうな事を言われたとか。

それからハンドル交換作業へ。

右ハンドルスイッチを外しマスターシリンダーを緩めておく・・

左グリップを外し左ハンドルスイッチ、クラッチレバーホルダーを外す・・

曲がっているノーマルハンドルを外し持ってきたアルミハンドルを取り付ける・・

先に右ハンドルスイッチ、マスターシリンダーを取り付ける・・

それからクラッチレバーホルダーを通して左ハンドルスイッチを交換・・

タンクを外さなくても出来たのでラッキー(^^ゞ

左ハンドルスイッチを取り付けて左グリップを取り付ける・・

しばしゴムのりが乾くのを待って完成。
2014/07/23(水)
以前ジールに乗っていたお客さん。

先日バイクを買い替えたらしく来店。

今度のバイクはNS250R(^^ゞ

またまた古いのを買ったんだねぇ(^^ゞ

来店の目的はクラッチの切れが悪いらしい。

クラッチの遊びは問題なし。

一応購入店に連絡したらしいが古いから勘弁してほしいとか(-_-;)

それだったら売るなよ!!

買う方も問題あるが・・(^^ゞ

で、何とかならないかとの事であった。

こちらも多少良くなる程度なら何とかなる・・と答えた(^^ゞ

オーナーさんはそれでも良いと修理依頼。

特に急ぎもないので作業開始(^^ゞ

アンダーカウルを外しクラッチカバーのネジを外す・・

プラハンでカバーをトントントントン・・・・トントントントン・・・・トントントントン・・・・

まったく外れる気配がない(~_~;)

しばらくトントンしてたらやっとカバーが外れた。

クラッチを分解しクラッチハウジング&クラッチセンターの修正・・・・・

しばらくの間に地味~~な作業が続く・・・・・

修正が終わりクラッチを組み立てクラッチカバーも取り付ける・・

液体ガスケットが乾くのをしばし待つ・・・・・

ギヤオイルを注入しエンジン始動・・

オイル漏れのチェック・・OK

アンダーカウルを取り付けて完成。

これで様子を見てもらう事に。

次の日、NS250Rが来店。

前に比べたらかなり良い感じになった・・とか(^^)
2014/07/22(火)
バンバン125のオーナーさんがキャブレターを持って来店。

そのキャブレターを使って今までの事を説明・・

すぐにキャブレターを交換しても良かったがとりあえず現状を見てもらう。

エンジンをかけるとすぐに異音が減っている事に気が付くオーナーさん。

しばらくそのままでオーナーさんに聞いていない事も聞く・・

するとオーナーさんがピストンリング交換をして症状が出てきたらしい(~_~;)

それまでは普通に乗れていたとか。

エンジンが暖まり現状でもかなり満足したようである。

最後にフロントホイールが左に寄っている件を聞いてみる・・

オーナーさんが作業したわけではなさそうであった(^^ゞ

バイク屋でタイヤ交換した時に間違えた組み方をしていた。

おまけでフロントホイールを外しドラムブレーキを組み直す・・

ホイールが中央に戻り真っ直ぐ走れる状態で納車(^^ゞ
2014/07/21(月)
バンバン125

これまた懐かしいバンバン125(^^ゞ

エンジン不調でお預かり中。

他に回転が下がらなくなるのとクラッチの切れのチェック。

それとたまにスロットルを開けてもガス欠みたいな症状も出るらしい。

スロットルワイヤー(中古持ち込み)とリヤショックの交換依頼も。

まずはクランクベアリングの音がするのでガソリンにズーパーゾイルを混ぜてしばらくエンジンをかけておく・・

はたして何処まで直るやら・・

しばらく様子を見ているとクランクベアリングの音が多少減ってきた(^^)

それと同時にアイドリングも少し上昇。

クラッチのチェックをすると確かに切れが悪い。

エンジンを止めてギヤオイル量をチェック・・多いので抜く。

またエンジンをかけてクラッチのチェック・・今度はOK

スロットルを弄っていると確かにガス欠みたいな症状も出た。

とりあえず持ち込みのスロットルワイヤーに注油・・

それからスロットルワイヤーを交換・・・・・

キャブレターのスロットルバルブが微妙に引っかかる・・

でもキズは入ってない・・

キャブレター本体が少し歪んでいるらしい・・

もしかしてこいつが回転の下がりを悪くしているのだろう・・

本体を使いかけのサンドペーパーで修正・・・・・

スロットルバルブを入れてみるとスムースになった(^^)

それからいろいろキャブセッティングを繰り返す・・・・・

多少良くはなっているがたまに症状が出てしまう・・(~_~;)

毎回出てくれればそれなりの対応も出来るのだが・・

気まぐれな症状で困ってしまう・・

ただはっきりしているのはエンジンが熱くなってくると症状が出やすい事・・

点火時期もチェック・・微妙に進んでいるが問題なし。

ついでなのでクラッチのレリーズ調整も。

エアクリーナーもチェック・・問題なし。

キャブレターを掃除してみるか・・

分解し掃除しながらチェック・・特にゴミなどはないがガソリンの油面が低いよなぁ・・

少し油面を調整しセッティングを繰り返す・・・・・

良くはなっているがまだ症状が出る・・(-_-;)

プラグがかぶる事はないので燃料が濃いわけでもない・・

またキャブレターを外し油面を出来る限り上げてみる・・

燃料を送ってもオーバーフローはない(^^)

これで良くなってくれたら良いのになぁ・・

またエンジンをかけてキャブレターセッティング・・・・・

全体的に良くはなったがそれでも症状が出る・・(-_-;)

気分直しにリヤサスを交換してみよう。

でも・・取付け部の寸法が合わず断念(~_~;)

オーナーさんに連絡するとスペアのキャブレターを持っているとか。

それを持って来店するとの事であった。
2014/07/20(日)
チューブ

常連さんのDRZ400SM

前日まで何も問題なく帰宅。

が・・次の日の通勤の時にフロントタイヤの空気が抜けていたとか(~_~;)

タイヤのチェックをしたらしいが釘などは刺さってない。

試しに空気を入れてもすぐにシューーっと抜けるとか。

多分大きな穴が開いているのだろう・・

後日、先にチューブを購入。

それからオーナーさんの所へ引き上げ・・・・・

一方通行だらけの場所なのでなるべく迷わない道を選び無事に到着(^^ゞ

軽トラにバイクとオーナーさんを積んで店へ帰ってきた。

すぐにフロントホイールを外しチェック・・

確かに釘などは刺さっていない。

タイヤを半面捲りチューブを出す・・

前回のタイヤ交換で交換していないチューブ。

エア注入口の隣に大きな穴(^^ゞ

ホイールをチェックし新しいチューブを入れてタイヤを嵌める・・

空気を入れてエア漏れチェック・・OK

標準の空気圧にして車体に取り付け完成。
2014/07/19(土)
GS650G

少し前に車検を通したGS650G

その時に発電不良が発覚。

問題のステータはメーカーに在庫有り!!

こんなに古いバイクでも聞いてみるもんだ(^^ゞ

部品を先に注文・・

数日後(土日を挟んだ)無事に入荷。

すぐにオーナーさんへ連絡すると夕方くらいに来店。

一応作業前にバイクを見ながらいろいろ手順を考える・・・

セルモーターのカバーを外すのにスペースが狭い(~_~;)

仕方なくタンクを外しキャブレターも外す・・

それからセルモーターカバーを外す・・

エンジンオイルとフィルターも交換するので先にオイルを抜きフィルターも外す・・

やっと本命のジェネレーターカバーを外すと出てきたのはほぼ真っ黒なステータ(^^ゞ

古いガスケット剥がし・・・・・

それから古いステータを外し新しいステータを取り付ける・・

液体ガスケットを塗り新しいガスケットを取り付けジェネレーターカバーを取り付ける・・

配線を接続しセルモーターカバーを取り付けキャブレターも取り付ける・・

新しいフィルターを取り付けてドレンボルトを締めて新しいオイル(タフツーリング)を注入・・

タフツーリングは主に旧車用として販売しているから相性は悪くない。

タンクを取り付けてエンジン始動・・

オイル漏れはなし(^^)

ニュートラルランプも明るくなりヘッドライトも前よりも明るくなった(^^)

少し弱っているバッテリーだがしっかり充電されているようで中で気泡も出ている。

これならバッテリーあがりは回避出来るはず。

最近社外品で売っているLED対応のウインカーリレーを使えばウインカーバルブもワット数を減らせる。

こういう節電もあるとオーナーさんに伝えた。
2014/07/18(金)
GSX1100S

依頼されていたキャリパーの掃除&エア抜きも終わり部品の入荷を待つ・・・・・

突然のスズキのお休みで多少時間が掛かった部品だが無事に入荷。

タンクを外しヘッドカバーを外し古いガスケットを剥がし綺麗にしておいたので後は取り付けるだけ。

液体ガスケットを塗り新しいヘッドカバーガスケットを取り付ける・・

ヘッドカバーを取り付けてトルクレンチを使い固定していく・・・

プラグキャップも取り付けてしばし待つ・・

タンクを取り付けてエンジン始動・・

軽くオイル漏れをチェックししばらくそのままで放置・・

ヘッドカバーのオイル漏れはなし(^^)

オイルクーラーのホース取り出し部本体からのオイル漏れもなし。

もしオイル漏れするとしたらホースエンドに歪みが出ているかも・・

エンジンを止めてメインのクラッチワイヤーの交換・・

前のワイヤーは少し無理な感じで取り付けられていたので丁度折れ曲がった所でワイヤーが切れていた。

新しいワイヤーに注油・・

それから車体に通してワイヤーを接続・・

クラッチレバーの遊びを調整・・

これで全ての依頼は終了(^^)
2014/07/17(木)
GSX1100S

お客さんから電話でクラッチワイヤーが切れて走行不可との事であった。

バイクは自宅にあるとか。

それで週末に引き取りに行ってきたGSX1100S

預かる時に他にエンジンのオイル漏れ修理とキャリパーの掃除も追加。

店に帰ってきて必要なクラッチワイヤーとヘッドカバーガスケットを注文・・

部品が入荷するまで他の事をやる・・

オイルクーラーのホース取り出し口付近のオイル漏れをチェック・・・・・

他の部分を見てもオイル漏れらしき気配はない(^^ゞ

となればやはりこいつしかない。

オイルホースをチェックするが緩んでいるような感じはない・・

でもキャブレターが邪魔ではっきり言えないが・・

仕方なくキャブレターを外しスペースを取る・・

オイルホースを外し本体部分をチェック・・

油圧スイッチも怪しいが本体取付け部に液体ガスケットを塗りしっかり固定・・

それから油圧スイッチを外しOリングをチェックしここも液体ガスケットを塗り締め付ける・・

オイルホースを取り付ける部分にグリスを塗りしっかり固定・・

これでもしオイル漏れが出たら本体が怪しい事になるかも・・

後は外したキャブレターを取り付けてとりあえずここは完成。

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ