バイク修理屋のつぶやき2014年09月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2014/09/30(火)
電話でエンジンオイル漏れの問い合わせ・・

バイクはCB125T(懐かしい(^^ゞ)

オイル漏れの場所ははっきりしないが左側らしい・・

とりあえず見せてもらう事になり来店待ち・・

しばらくしてCB125Tが到着。

現状を見せてもらう・・

バイクはほぼ最終型で排ガス規制車。

オイルがリヤタイヤまで飛び散っている(-_-;)

オーナーさんはスプロケット周り?と思っているらしい。

何となくジェネレーターカバーだと思うが・・

スプロケットカバーを外してみる・・

やはりオイルシールが傷んでいる形跡はなさそう。

ジェネレーターカバーが割れているわけでもないからガスケットが破損したのだろう。

お預かりでガスケット待ち。
スポンサーサイト
2014/09/29(月)
DRZ400SM

常連さんのDRZ400SM

一度ノーマルメーターが壊れて社外品のアナログメーターを取り付けていた。

DRZ400SMのメーターは振動や水トラブルで壊れるのが多いとか。

ようやく新品のメーターを取り付けられるようになり部品注文。

後日部品が入荷。

中身をチェックすると・・

前よりも防水処理がしてある(^^ゞ

値段を見ると・・た、高いなぁ(~_~;)

オーナーさんに部品入荷の連絡・・

後日オーナーさんから電話があり来店を待つ・・

しばらくしてDRZ400SMが到着。

バイクを中へ入れて作業開始。

ライトカバーを外す・・

アナログメーターを外す・・

新品のメーターを取り付け配線を繋ぐ・・

メインスイッチON

久しぶりのノーマルメーターが作動・・

ライトカバーを取り付けて完成(^^)
2014/09/28(日)
先日、前にリヤキャリアを苦労して取り付けたFTRが来店。

来店前に電話で「燃費が・・」と微妙に悩んでいたらしい(^^ゞ

燃費を聞くと一応そこそこ・・

乗り方や条件によって差は出る。

その他に加速時に微妙なもたつきがあるとか・・

とりあえずチェーンの遊び、ブレーキの引きずりをチェック・・問題なし。

前回エアクリーナーをチェックしているがこれも問題なし。

エンジンも調子が悪くはない。

そうなるとキャブレターか?

キャブレターを外して分解・・・

見た目はそれほど汚れていない・・

オーナーさんに現状を見せる・・

せっかく分解してるからキャブクリーナーを使って掃除・・・・・

キャブレターを組み立ててエンジンと合体・・・

ついででスロットルワイヤーにも注油・・

エンジンをかけて調子をみる・・

さっきより吹け上がりが滑らかになったかも(^^ゞ

オーナーさんにそのまま試乗してもらう・・

試乗から帰ってきたオーナーさんは満面の笑み(^^)

オーナー「調子が良くなった分回してしまいそう・・」とか(^^ゞ

とりあえずこれで燃費を見てもらう事に。

多分前よりも回さずに走れるはずだから燃費も向上?するかも(^^ゞ
2014/09/27(土)
シム調整が終わったザンザス。

オーナーさんに連絡・・

後日オーナーさんが来店(^^)

キーを渡してエンジンをかけてもらう・・

ドキドキドキドキ・・

問題なくエンジンが始動。

オーナーさんのチェックが入る・・・

オーナー「ほとんど音が出てないです。良い仕事してますね(^^)」

そこまで言われると照れるなぁ(^^ゞ

他に異音の部分もあったので説明・・

特に問題はないのでオーナーさんも納得したようである。

古いバイクなのでまたいろいろ出てくるだろうが大事に乗ってもらいたい。
2014/09/26(金)
ザンザス

エンジンが終わったザンザス。

IGコイルを取り付ける・・

キャブレターを取り付ける・・・

キャブレターに燃料を送る・・

エンジン始動・・

何事もなくエンジンは始動(^^)

音は・・前よりは静かになったかな(^^ゞ

アイドリングを調整してしばらく様子を見る・・・・・

オイル漏れはない。

キャブレターの同調はそれほど狂ってない。

エアクリーナーボックスを取り付けてパイロットスクリューの微調整・・

年式的にキャブレターの部品もそれなりに傷んでいる(^^ゞ

それでもこの年式では調子が良い方だろう。

マフラーがノーマルならもっとトルクが出るのだが・・(^^ゞ

後は外してある外装を取り付けて完成。
2014/09/25(木)
シム

夕方・・

外が暗くなってから部品屋さんが到着(^^)

予想通りザンザスのシムが入荷。

作業開始・・

カムシャフトを外せば作業が楽だが外さなくても出来るようになっているので頑張ってみよう(^^ゞ

まずは楽そうなEX側から・・

真ん中付近だけなのでカムシャフトを回しロッカーアームを横に移動させてシムを交換していく・・・・・

EX側の3枚が終了。

続いてIN側・・

こちらは覗きこまないと見えないので多少苦労しそうだ・・

使いまわしするシムが両端にあるので先にやる・・

カムシャフトを回しロッカーアームを移動し古いシムを外す・・

ここまでは問題はない。

ここから新しいシムを入れるのにかなり苦労させられる(~_~;)

途中でカムシャフトを外した方が良いような気がしていた(^^ゞ

とにかく使える物を探したり加工したり・・・・・

何とか両端のシム交換が終わる。

後は中央付近のシム交換だけ。

中央は工具がそこそこ使えたので早く終わった(^^ゞ

セルを回しバルブの隙間を再チェック・・OK(^^)v

これでどれくらい静かになるかなぁ(^^ゞ

ヘッドカバーを取り付けてエンジンは終わり。
2014/09/24(水)
先日、ヤマハの4スト50ccのスクーターが来店。

あまり見かけた事もないスクーター(^^ゞ

ヤマハのマークがなければ分からなかったな(^^ゞ

そのスクーターが突然エンジンが止まったらしい。

走行距離が27000km・・

良く走ってるなぁ・・

燃料は入っている・・

とりあえずプラグからチェック・・

あまり点検してないようなプラグ・・

火花チェックすると火花は出ている・・

でも燃料が来てないような感じ・・

エンジンの圧縮チェック・・

とりあえず問題なさそう・・

マフラーが詰まっている感じもない・・

そうなると・・キャブレターか?

簡単なカバーを外して中をチェック・・・

ん・・

こいつはインジェクションらしい(^^ゞ

そうなるとちょっと手間が掛かる。

オーナーさんに「もしかしたらもう少し冷えたらエンジンがかかる・・かも」と言ってみる(^^ゞ

オーナーさんは少し急いでいたみたいなので「とりあえず押して帰ります」と言ってバイクを押して帰っていった。

何となくだが燃料ポンプが怪しい・・かなぁ・・

バイクを調べてみたらヤマハのVOXとか言うスクーターであった(^^ゞ
2014/09/23(火)
ザンザス

組み付けミスしていたザンザスのエンジン・・

まずは新品のカムシャフトに交換しなくては・・

こいつもヘッド周りがフレームに囲まれていてタイミングのチェックがし辛そう・・(~_~;)

圧縮上死点を合わせてカムチェーンを緩めてカムシャフト交換・・・・・・・・・・

古いカムシャフトを外したら全てのシムの寸法を調べる・・

多少老眼も入っているので大変だ(^^ゞ

新しいカムシャフトを取り付ける・・

カムシャフトホルダーは組み立てての締め付けなのでそれなりに面倒・・(^^ゞ

スペースが狭いが何とかカムシャフト交換終了。

クランクをグルグル回してタイミングチェック・・OK

前に作業したGSR600に比べたら楽な方かな(^^ゞ

バルブの隙間をチェック・・・・・・・・・・

カムシャフトを合わせながらシックネスゲージでちまちま計測・・・・・

マニュアル通りにやっても合わないのは分かっているのでオリジナルで計測していく・・・・・

EX側が3か所隙間が狭い・・

IN側は5か所隙間が広い・・(基準値内もあるが)

使いまわし出来るシムを除いて5枚注文。

シムが入荷するまではこれ以上作業出来ない。
2014/09/22(月)
ザンザス

初来店のザンザス

タペット調整の依頼であった。

このエンジンはカムチェーンの音と勘違いする場合もある。

とりあえず音をチェック・・

音をチェックしていると・・

オーナー「他の店でカムチェーン周りの音を修理したのだがタペット音も気になる・・」とか。

前はもっと静かだったらしい(^^ゞ

音としてはカワサキらしい音なのだが(^^ゞ

話を聞くだけ聞いてお預かり。

預かる時に新品のカムシャフト(ノーマル)も預かり一緒に交換依頼。

エンジンが冷えるのを待つ・・・・・

タンク、エアクリーナーボックス、キャブレターなどを外す・・・

ヘッドカバーを外す・・

ん・・

ん・・・

4番のIN側にロッカーアームの頭が見える(~_~;)

前の店で組み付けミスしたな・・
2014/09/21(日)
常連さんのZ1000

先日約1年ぶりにフォークオイル交換で来店。

オーナーさんが言うには動きが悪いらしい。

まあ前の作業から1年ほど経過してるからフォークオイルを交換しても良い時期かと(^^ゞ

バイクを中へ入れて作業開始。

ホイール、フェンダーなどを外していく・・

片方の倒立フォークを外し分解・・

ん・・?

ダンパーの調整ネジが最強状態・・

オーナーさんに聞いても特に弄ってないとの事。

とりあえず分解しフォークオイル交換・・・・・

油面を合わせてフォークを組み立ててダンパーを前の状態に調整し車体に取り付ける・・

もう片方の倒立フォークを外し分解していくがこちらはダンパーの調整ネジは弄られてなかった。

こちらも同じ作業でフォークオイル交換・・・・・

油面を合わせてフォークを組み立ててダンパーを元に戻し車体に取り付ける・・

作業が終わりオーナーさんは試乗へ・・

試乗から帰ってくると満面の笑みで中へ入ってきた(^^)

何時何処でダンパーを悪戯されたのかははっきりしない。

でもこういう悪戯は時に大怪我する場合もある。
2014/09/20(土)
レギュレター

TZR250R(3XV)が充電不良で来店。

オーナーさんに話を聞いてお預かり。

まずはバッテリーチャージ・・

バイクは他のバッテリーを繋いでいろいろチェック・・

充電電圧はほとんど充電してない状態(-_-;)

レギュレターは熱くなっていて仕事してるらしい。

発電機は・・

配線が熱くなっているのだが2V???

調べ方を変更したらきちんと発電してる(^^ゞ

となると・・何が悪い・・

引き算していけば残るはレギュレターか?

でもかなり熱くなっていてパンクしている気配はない・・

一応ハーネスも導通チェック・・問題なし。

後日ヤマハのサービスへ電話・・

最初お姉さんが出てきたが話にならないのでメカの人と交代してもらう(^^ゞ

こちらが作業した事を説明・・・・・

向こうの答えもやはりレギュレター。

多分充電する電気をアースに全部落としているのではないか?との事。

滅多にある事ではないらしい。

この症状は今まで初めての事である(^^ゞ

って事でレギュレターを注文。

後日部品が入荷。

レギュレターの交換・・

リヤサスが邪魔してボルトを外すのに苦労する。

やっとレギュレター交換が終わりエンジン始動・・

バッテリーの充電電圧をチェック・・

アイドリング状態で14.5v(^^)

適度な仕事をしてくれたら問題ないのだが仕事し過ぎとは(^^ゞ
2014/09/19(金)
先日、こちらのブログを見たと言って来店したお客さん。

ヤマハのビックスクーター(マグザム?)だったかなぁ・・(^^ゞ

走行中に不注意でおかまをほったらしい・・

とりあえずそのまま走行して帰ったらしいが足回りには問題ないらしい。

問題は外装・・

ヘッドライトを中心に少し壊れていた。

結構部品代が掛かるとは言っておく。

オーナーさんとの話が終わりオーナーさんはバイクでそのまま帰路へ・・

その後でちょっと部品を検索・・・

とりあえず最低限の5点ほど調べてみた・・

たったこれだけで7万円超え(-_-;)

工賃も入れたら・・(-_-;)

これでフロントの足回りも破壊していたらどんだけ掛かるやら・・
2014/09/18(木)
TRX850

フロントホイールベアリング待ちのTRX850

部品が入荷(^^)

すぐに作業開始・・

フロントホイールを外し古いベアリングを外す・・

特に酷かったのは左側のベアリング。

新しいベアリングを打ち込む・・

オイルシールも新品に交換・・

ホイールを車体に取り付ける・・

2度目の試乗・・

1度目はエンジンの調子を重視していたがやはりフロントホイールの動きが気になる(^^ゞ

2度目は車体が落ち着いたのでゆっくり走っていても楽(^^)

エンジンは問題なく調子が良い(^^)

これにてTRX850完成(^^)v
2014/09/17(水)
さて・・

キャブレターをやろうかな・・

バンドを緩めて邪魔なゴムホースを外していく・・

のだがゴムが硬化したりくっついたりしてるから外すだけでも大変(~_~;)

やっと邪魔なホースが外れキャブレターを外す・・

掃除が必要な部分を分解していく・・・

キャブレタークリーナーを吹きかけてしばし放置・・・・・

エアガンを使い掃除・・・・・

キャブレターを組み立てていく・・・・・

一応ガソリン漏れのチェック・・OK

スロットルワイヤーに注油しホースなどを取り付けつつキャブレターをエンジンと合体させる・・

ガソリンを送りエンジン始動・・

そのまましばし暖気・・

アイドリングを調整しつつ同調・・

同調が終わるとキャブレターの側面から緑色の水が・・(-_-;)

一度エンジンを止めて水漏れ部分を修理・・

またエンジンをかけてしばし放置・・

今度は水漏れはない(^^)

そのままパイロットスクリュー調整・・

排ガス規制前のバイクだから気持ち良く調整出来る(^^ゞ

マフラーの音色が良い感じ(^^)

また水漏れチェック・・OK

エアクリーナーボックスを取り付けてキャブレターは完成(^^)v

タンクを固定・・

リヤウインカーを交換・・

後はフロントホイールベアリングだけだ。
2014/09/16(火)
注文していた部品が入荷しオーナーさんへ連絡・・

後日TRX850が来店しそのままお預かり。

まずはハブダンパの交換・・

リヤホイールを外しハブダンパを交換しホイールを車体に取り付ける。

次にフロントフォークパイプの交換・・

ホイール、フェンダーなどを外す・・

先に錆の酷い方のフォークを外し分解・・・・・

新しいフォークパイプを組み立てる・・

新しいオイルシール、ダストシールを打ち込みフォークオイルを注入・・

エア抜きしながら油面を合わせ仕上げる・・

仕上がったフォークを車体に取り付けてもう片方のフォークを外す・・

こちらも同じように分解・・・・・

新しいフォークパイプを組み立てる・・

新しいオイルシール、ダストシールを打ち込みフォークオイルを注入・・

エア抜きしながら油面を合わせて仕上げる・・

仕上げたフォークを車体に取り付けてフェンダー、ホイールを取り付ける・・

ここで一度ホイールを回してみる・・

ベアリングの音がする・・

おまけにガタもある・・(-_-;)

オーナーさんへメールすると交換OKの返事。

すぐに部品注文・・でも連休が明けてからの注文になる(^^ゞ

次にエアクリーナー交換・・

タンクを持ち上げて固定・・

古いエアクリーナーはそれなに汚れていた。

でもあのマイルドな吹け上がりも気になる・・・

とりあえず新しいエアクリーナーに交換。

それからエアクリーナーボックスを外しキャブレターをチェック・・

左のキャブレターのニードルが微妙に汚れている・・

これはキャブレターのオーバーホールだな・・

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ