バイク修理屋のつぶやき2014年10月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2014/10/16(木)
台風19号が近づいて雨模様になると気温が低下・・

その台風が通過したと思ったら夏みたいな気温(^^ゞ

北海道ではが降ったとか・・

で・・

また・・

更に気温が下がっている(-_-;)

忙しい天気だ(~_~;)
2014/10/15(水)
ステムを分解したGSX400S

ベアリングを見ると新車時と思われるグリスの残骸が・・(^^ゞ

どうやら一度もやった事はないらしい(~_~;)

良く壊れなかったものだ(^^ゞ

テーパーローラーベアリングの内側に押し込むようにグリスを塗りベアリングをクルクルを繰り返す・・

ベアリングにたっぷりグリスを塗ったらフレームと合体・・

グリスの分だけしっとりした動きになったかな・・

フォークを取り付けフェンダー、ホイールも取り付ける・・

フロントキャリパーのチェック&掃除をしてフォークと合体・・

フルードのエア抜きをするとレバーのタッチも良くなった(^^)

オーナーさんが気にしていたカウルステーも修正・・・・・

カウルの脱着を繰り返しながら修正していく・・・・・

カウルを固定しタンクを乗せてチェック・・こんなもんかな(^^ゞ

またタンクを外しプラグ、エアクリーナーの掃除・・

エンジンを十分暖めてキャブレターの同調・・

大きく狂ってはいないが微妙にバラバラ(^^ゞ

エンジン、マフラーの音を聞きながら調整していく・・・・・

湿気が多いので満足出来るほどには良い音は出ない(^^ゞ

天気が良くなったらパイロットスクリュー調整で何とかなるだろう・・

タンクを乗せて固定・・

チェーンをチェックしてリヤキャリパー作業へ・・

キャリパーのフタの部分を外すと・・

オーナーさんが間違った組み方をしてるしパッドの残量が・・(-_-;)

オーナーさんは大丈夫と言っていたのに・・嘘つき・・(~_~;)

すぐにオーナーさんへ連絡するとリヤパッド交換が追加された。

リヤキャリパーの掃除だけしておく・・・
2014/10/14(火)
GSX400S

車検で預かっているGSX400S

外は台風騒動・・

こちらも台風で動けないのでのんびり作業中(^^ゞ

まずはオーナーさんから依頼されたステムベアリングのグリスアップ中・・
2014/10/13(月)
先日、メールでやり取りしていたST1100のお客さんから電話・・

こちらに来店するとの事で予定日を聞いた。

予約当日・・

ST1100パンヨーロピアンが到着(^^)

バイクを見るがやっぱり作業した事はないな(^^ゞ

メールでも伝えてあるが(^^ゞ

すぐにバイクを中へ入れる・・お、重いぞ(~_~;)

時代を感じるなぁ(^^ゞ

乾燥重量だけでも300kgくらいあるから仕方ないか(^^ゞ

オーナーさんが持ち込んだステムベアリングをチェックし作業開始・・

フロントをジャッキアップ・・

先にトップブリッジのセンターナットを緩める・・

それからホイール、フェンダーを外しフォークを抜く・・

トップブリッジを外しステムを外す・・

ステム側のボールレースを外し新しい物に交換・・

それからフレームのボールレースを外す・・のだが下の部分が外せない(-_-;)

何とかしなければ・・・

いろいろ物色して少し加工したら下のボールレースも外れた\(^o^)/

フレームに新しいボールレースを打ち込む・・・・・

グリスを塗りステムを組み込もうかと思っていたらオーナーさんがトップブリッジの折れボルトを思い出したらしく追加で修理依頼(^^ゞ

とりあえずステムをフレームに合体させる・・

それからトップブリッジに取り付けてあるメインスイッチを外す・・

折れボルトを確認し動くか試してみる・・・・・

やっぱ動かないな・・

ドリルで穴を開けてタップを切るか・・

折れボルトのセンターを出すようにドリルで穴を開けていく・・・・・

地味な作業だが根気がいる・・

何とかタップを切れるくらいの穴が開いた(^^ゞ

タップで少しずつネジ山を切っていく・・・・・

ネジ山が完成したのをオーナーさんにも見せる・・OKサインが出た。

トップブリッジにメインスイッチを取り付けステムと合体・・

外したフォークを取り付けてセンターナットをしっかり締める・・

ハンドルを取り付けて動きを確認・・OK

後はフェンダー、ホイール、キャリパーを取り付けて完成(^^)v

他のバイク屋で交換依頼をしてみたらしいが全て断られたとか・・

古いバイクだからやりたくないのか?・・

それとも面倒くさいだけか?

多分両方だと思うが・・

2014/10/12(日)
フォークパイプ

電話でやり取りしていたカブ110(丸目)

修理で来店して部品を持ち込みでそのままお預かり。

修理はフロントフォークパイプの交換&エンジンオイル交換。

現状でハンドルが振れる事はないらしいのでステムシャフトは大丈夫だろう(^^ゞ

フォークをチェックすると・・左パイプが微妙に曲がっている。

ステムも若干違和感を感じる(^^ゞ

作業開始。

フロントをジャッキアップ・・

オーナーさんがフェンダーを外してきたので楽(^^ゞ

ホイールを外し左フォークを抜き分解・・

フォークオイルが臭い(~_~;)

フォークパイプを外し新しいパイプを取り付けて新しいフォークオイルを注入・・

油面を合わせて仕上げステムに取り付ける・・

やはりステムも極微妙に歪んでいる(~_~;)

でも走行には支障はないくらい(^^ゞ

続いて右フォークを抜いて分解・・

こちらのオイルも臭い(~_~;)

フォークパイプを外し新しいパイプを取り付け新しいフォークオイルを注入・・

油面を合わせて仕上げステムに取り付ける・・

ドラムブレーキの掃除をしてホイールを取り付ける。

後はエンジンオイル交換。

古いオイルを抜く・・

ドレンボルトを締めて新しいオイル(トリプルR)を注入・・

一度エンジンをかけてオイル量をチェック・・OK
2014/10/11(土)
バイクや車のサスペンション・・

乗っても乗らなくてもスプリングは伸びきる事はなく突っ張っている。

最近のバイクはセンタースタンドが装備されていないのが多い。

まだ一部のバイクにはセンタースタンドが装備されているのもあるが(^^ゞ

サイドスタンド仕様はサスの突っ張りの他に車重がプラスされへたりが早い・・

センタースタンド仕様でも車重が半減されるがそれでもへたる・・

バイクメーカーのスプリングは混ぜ物をしてあるので最初は良いが動きが良くなってくるとへたりが早くなる。

コストダウンで仕方がない事ではある・・

サスのへたりを感じない人も多いが(^^ゞ

少し前にフォークオイルを交換したZ1000

フロントフォークが良い仕事をするようになるとリヤサスの動きが気になってきたらしい(^^ゞ

リヤサスの動きをチェック・・微妙に柔らかくなったかな(^^ゞ

ジャッキアップしてスプリング調整・・・

ジャッキを外して動きをチェック・・こんなもんかな(^^ゞ

オーナーさんはすぐに試乗へ・・

スタートする時のリヤサスの動きを見ていたが丁度良いくらいかな(^^ゞ

試乗から帰ってきたオーナーさん・・

ヘルメットの中で笑っていたので大丈夫らしい(^^ゞ

細かい事でも気になる所をやっておけばそれだけ不安なく走れるわけである。
2014/10/10(金)
前後パンクのCB50が来店。

しかも悪戯で(-_-;)

前も同じようにパンクで来店したはずだが・・

今回はフロントタイヤが新品になっている・・

とりあえずジャッキアップしてリヤからパンク修理・・

一応釘などをチェック・・やはり無し・・

タイヤを捲りチューブを出す・・

チューブに空気を入れて穴をチェック・・ど真ん中に1か所・・

チューブを修理して接着剤が乾燥する間にタイヤの内側から再度チェックするが釘などはない・・

チューブが完成し組み上げて空気を入れてリヤが完成。

続いてフロントをジャッキアップ・・

一応釘などをチェック・・やはり無い・・

こちらもそのままタイヤを捲りチューブを出す・・

空気を入れて穴をチェック・・こちらもど真ん中に1か所・・

やっぱ悪戯だな・・

誰かに恨まれてるのか?

チューブを修理して接着剤が乾燥する間にタイヤの内側から再度チェックするがやはり釘などはない・・

チューブが完成し組み上げて空気を入れてフロントも完成。
2014/10/09(木)
テキスト

あれから5年・・

また免許更新のハガキがきた。

台風19号が来る前に・・と思い朝一で府中試験場へ・・

少し早目に到着すると駐車場はそこそこ空いていた(^^ゞ

免許とハガキを持って案内所へ行き用紙をもらう・・

用紙を書き込んだら更新料¥3450を支払う・・

視力検査・・問題なし(^^ゞ

暗証番号を印刷・・

写真を撮り講習室へ・・

毎回ゴミになるテキストをもらう(^^ゞ

眠~い講習が終わり終了のハンコをもらい別館へ・・

途中二輪コースを通るとバンパー仕様のCB400SF軍団が何やら練習中?

細身からデ・・体格の良い人まで様々(^^ゞ

別館で新しい免許証をもらい本籍確認をして終了。
2014/10/08(水)
EKチェーン

NSR250(88)の常連さんから電話・・

どうもドライブチェーン(RK)が傷んできたらしく交換したいらしい(^^ゞ

一応「用品屋で良いチェーンが安く売っている場合もあるから行ってみれば(^^ゞ」

常連「ん~面倒だからノンシールのチェーンお願いします」

って事でチェーンを選ぶ・・

88NSRだけに安物は使えない・・(自分が乗っていたバイクだけに(^^ゞ)

こちらではRKのGP520SM(強化タイプのノンシール)がお勧めだったが今では生産中止(>_<)

DIDも探してみるがピンと来る物は見当たらない・・(~_~;)

EKを探してみる・・

ん・・

これならいけそうな予感・・

お値段は・・やっぱそれなりの値段だよねぇ(^^ゞ

でもこれくらいでなければすぐに伸びてしまい使えなくなる。

一応予算的にはクリアしてるから注文(^^ゞ

数日後チェーンが入荷(^^)

一応中身をチェック・・

ジョイント部分を落として音を聞く・・

工具みたいな音。

RKやDIDでは聞いた事がない(^^ゞ

これならお値段も納得出来る。

オーナーさんに連絡。

数日後NSRが来店。

EKチェーンを渡すとレーシングスタンドを立ててオーナーさんがチェーンの交換・・

当然リンク数が多いのでチェーンカットがこちらでやる・・

カットしたコマの落ちた音で違いが分かったらしい。

後はオーナーさんがジョイントを取り付けてチェーン調整・・

遊びをチェックしてアクスルシャフトを締める・・

でも締めたらチェーンの遊びが減る(^^ゞ

これがチェーン調整の難しい所(^^ゞ

またアクスルシャフトを緩めさせる・・

そこでちょっとコツを教えて締めさせる・・

すると遊びが適正になる。

タイヤを回してみるとチェーンの音はほとんどなしで軽快に回る。

これだけはノンシールチェーンの特権だな(^^ゞ
2014/10/07(火)
台風の中心が接近中・・

微妙に風が強くなってきた・・

雨は止む事はなく降っている(~_~;)

ニュースを見ていると風で飛ばされそうになっている人が・・

毎回聞く話だが海や川を見に行って行方不明になっている馬鹿な奴・・

何を考えているのやら・・

余計な仕事増やしてんじゃねぇ!!

多少緊張しながら台風の中心が通過するのを待つ・・

あまり風の影響はなく雨ばかり・・

台風の中心が通過すると雨雲も減り青空が出てきた。

気温も上がり秋を忘れそうだったなぁ(^^ゞ
2014/10/06(月)
台風が近づいているので朝から雨・・

おまけに気温も低い・・

外を見ていてもバイクはほとんど走ってないような・・

仕事はほとんど終わったので暇(^^ゞ

台風が何処を通ってくるのか???

関東直撃の予報だし・・

多分明日も雨だろうな・・
2014/10/05(日)
キムコ

残るは燃料系と判断しキャブレターをオーバーホール・・・

細かい部分を掃除して組み上げる・・・

キャブレターを取り付ける前にキックしてみる・・

頼りない吸気だなぁ・・

とりあえずキャブレターをエンジンと合体させる・・

キックを連発してキャブレターに燃料を送る・・・・・

メインスイッチON・・

キックを連発するがエンジンがかかりそうでかからない(~_~;)

少しは進歩してるんだけど・・(^^ゞ

こうなると・・リードバルブが気になる

またキャブレターを外しインマニも外す・・

リードバルブを外し明かりの方へ向けると・・3か所から光が見える(~_~;)

一応ピストンもチェックするがキズらしい物は見えない。

リードバルブを分解し掃除・・

それを組み立てると今度はしっかり閉じて光も見えない(^^)

これならいけそうだ(^^)

リードバルブを取り付けインマニで固定しキャブレターも合体させる・・・

メインスイッチON・・

キックすると見事にエンジン始動\(^o^)/

そのまましばらく様子を見てエアクリーナーを取り付ける・・

微妙にキャブレターを調整・・

カバーを取り付ける前にエンジン周りの掃除・・・・・

またエンジンをかけてチェック・・OK

カバーを取り付けて磨いて完成。
2014/10/04(土)
キムコ

知り合いから電話・・

どうも息子のスクーター(キムコ)がエンジン不動とか。

私「キムコ~・・やりたくないなぁ~・・」

「頼むよ・・他には頼みたくないし・・」

私「最悪専用部品の交換になったら諦めてね」

って事で後日の午後知り合いを乗せてバイクを引き取りに・・・

現地へ到着しバイクを見る・・

ほとんど乗りっぱなしで無茶苦茶バッチィ・・

はっきり言って触りたくもない・・(^^ゞ

今まで走れていただけでもラッキーな話である。

バイクを積んで知り合いの店へ・・

そこで夕方まで談笑・・・(^^ゞ

それからこちらへ帰ってきた。

まずはバッテリーのチェック・・13v

ガソリンは十分入っている・・

プラグチェック・・火花は出ている。

エンジンの圧縮もチェック・・とりあえず問題なさそう・・

試しに中古プラグを取り付けてエンジンをかけてみる・・変化なし。

またプラグチェック・・エンジンがかからないのに濡れてない・・

何度か繰り返してみるがやはりプラグが濡れない・・

排圧をチェック・・詰まりはなさそうだ。

そうなればキャブレターか・・

邪魔なカバーを外す・・・・・

更にバッチィエンジン周り・・(~_~;)

とりあえずキャブレターまでガソリンが来ている事をチェック・・OK

キャブレターを外して掃除・・・

これでエンジンがかかればラッキーだが・・
2014/10/03(金)
ジェネレーターカバーのガスケットが入荷したCB125T

オイル交換も依頼されていたので先に古いオイルを抜く・・

それからジェネレーターカバーを外す・・

カバーをチェックすると・・

下の方に水抜きの穴が・・

そうなると・・クランクのオイルシールか?・・

どっちにしてもフライホイールを外さないとガスケット交換が出来ない。

フライホイールを特殊工具で外す・・

すると予想通りクランクのオイルシールが抜けていた(~_~;)

エンジンが壊れなかっただけでもラッキーである。

抜けたオイルシールをチェックしてクランクケースに取り付ける・・

一応淵の部分に液体ガスケットを塗り少し放置・・

それから新しいガスケットを取り付けてフライホイールを取り付ける・・

ジェネレーターカバーを取り付ける・・

ドレンボルトを締めて新しいオイル(トリプルR)を注入・・

エンジン始動・・

しばし暖気・・・

燃料が薄いなぁ・・(^^ゞ

これじゃあ回さないと走らないなぁ(^^ゞ

いろいろ対策しないとまた同じ事になるだろうな(^^ゞ

オーナーさんには少し控えるようには言っておいたが(^^ゞ
2014/10/02(木)
バッテリー待ちのジャイロキャノピー。

バッテリーが入荷するまでにキャブレター関係の掃除でも・・

タンク内のガソリンチェック・・

まったく使えないわけでもなさそうだがとりあえずそのまま・・

エンジンを隠しているカバーを外す・・

エアクリーナーを外すのに左リヤタイヤが邪魔なのでジャッキをかけて外す・・

エアクリーナーを外しキャブレターを外すとガソリンの腐った臭い(~_~;)

1年以上放置してあればこんなもんである(^^ゞ

ここで他のバッテリーを接続しセルを回すとキャブレター手前までは問題なくガソリンがきている。

キャブレターを分解しキャブレタークリーナーを使ってしばし放置・・・

その間にタンク内の古いガソリンを抜き換える・・

プラグも掃除&火花チェック・・OK

放置してあったキャブレターを掃除・・

スロージェットがまだ貫通しないか・・

細い針金でスロージェットをほじほじしてまたキャブレタークリーナーを使って少し放置・・

やっと貫通したスロージェット。

キャブレターを組み上げる・・

エンジンにキャブレターを合体・・

エアクリーナーもキャブレターに合体・・

セルを回してキャブレターにガソリンを送る・・

キャブレターにガソリンが十分に届くとエンジン始動(^^)

オートチョークもきちんと仕事している(^^)

しばしそのままで放置・・・・・

アイドリングの調整をして左リヤタイヤを取り付ける・・

エンジンを止めてカバーを取り付ける・・

後は新しいバッテリーを待つだけ。

後日バッテリーとCB125Tのガスケットが入荷。

バッテリーの初期充電をしてからバッテリー交換・・

一応エンジンをかけてチェック・・OK(^^)

ジャイロキャノピー完成。

Before  | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ