バイク修理屋のつぶやき2015年07月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2015/07/31(金)
先日、久しぶりにCB1300の常連さんが来店(^^)

依頼はオイル&フィルター(持ち込み)交換。

バイクを中へ入れてフィルターを外し古いオイルを抜いていると・・

オーナー「少し前にツーリングしてたらトンネルの中で何かを踏んだ時にウィリーしちゃった(^^ゞ」

転倒は免れたようであった(^^ゞ

トンネルも中が明るかったり無茶苦茶暗かったりといろいろ・・

多分暗かった方のトンネルだったのだろう・・

そのダメージがフロントホイール&タイヤだったらしい。

特に重量車はダメージが大きいだろう。

ハンドル振れはなかったようだがエア漏れしたようである。

ホイール&タイヤで大きな出費だったとか(~_~;)

新しいフィルターを取り付けて(手締め)ドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

一度エンジンをかけてフィルターからのオイル漏れをチェック・・OK

エンジンを止めてオイル量をチェック・・少し補充・・

作業は終了。

それからセカンドバイクのセローの話も・・

CBに比べたらかなりパワー不足の面もあるが楽しく走っているらしい(^^ゞ
スポンサーサイト
2015/07/30(木)
NSR250R(ガルアーム)の作業中の時・・

GSX250Sの常連さんが来店。

自分で少しメンテしたいとの事であった。

半分スペースが空いているので「中でやっていいよ(^^)」と伝える。

作業しながらいろいろ話をする・・

弟くん(Dトラッカー)の北海道ツーの話をすると準備は上手く進んでいるらしい。

常連さんはもう社会人なので「羨ましい(^^ゞ」と言っていた。

GSX250Sはエアクリーナー、プラグの掃除で少しご機嫌になったようである。

スズキ車はエアクリーナーの掃除が大事!!

こまめに掃除していればエンジントラブルも少なくなる。
2015/07/29(水)
NSR250R

ジャンク品のPGM-Ⅲで復活したNSR250R(ガル)

追加依頼をやっていこう。

アンダーカウルを外しフロントをジャッキアップ・・

ホイール、他を外す・・

片方のフォークを外し半分解・・

古いフォークオイルを抜く・・

新しいフォークオイルを注入しエア抜きしながら油面を合わせる・・

スプリングを入れて組み上げる・・

仕上げたフォークを車体に取り付けてもう片方のフォークを外し半分解・・

こちらも同じように仕上げていく・・

フォークを車体に取り付けてフェンダー、ホイールを取り付ける・・

次いでなのでブレーキのエア抜きも・・

続いてギヤオイル交換・・

古いギヤオイルを抜く・・

ドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

アンダーカウルを取り付ける・・

もう一回エンジンをかけるか・・

キックすると気持ち良くエンジンが始動(^^)

完成(^^)
2015/07/28(火)
PGM-Ⅲ

何が原因で壊れたか??

PGM-Ⅲ

それは不明・・

で、ジャンク品ではあるがPGM-Ⅲが見つかったとオーナーさんから連絡が入った(^^)

こちらに送るとの事。

後日、レターパックプラスで届いた。

早速PGM-Ⅲを交換・・

キックするとまったく感触が違う(^^)

見事にエンジン始動\(^o^)/

RCバルブも動いているから大当たりのジャンク品(^^ゞ

普通ならRCバルブ側が壊れている物が多いだろう・・

とりあえずNSR250R復活(^^)

オーナーさんに復活したら・・の条件で追加依頼を聞いている(^^ゞ

フォークオイル交換とギヤオイル交換である。

ぼちぼちやっていこう(^^ゞ
2015/07/27(月)
フォーク&ブレーキ

リヤキャリパーが直ったGSX1300R

注文しておいた部品が入荷(^^)

フロントをジャッキアップ・・

ホイール、フェンダーなどを外す・・

先にフォークから・・

片方のフォークを外し自家製特殊工具で分解・・・・・

チタンコーティングが少し剥がれているが錆はない。

オイルシール、ダストシールを打ち込んで組み立てフォークオイルを注入・・

油面はSTDで合わせて仕上げる・・・・・

前の設定では戻りのダンパーが強すぎる・・(~_~;)

後で調整出来るので車体に取り付けてもう片方のフォークを外す・・

こちらも同じように作業し仕上げる・・・・・

フォークが終わりブレーキへ・・

パッドを外し12個のピストンの動きをチェック・・

半分ダメだな(~_~;)

油圧でピストンを出せるだけ出す・・

それから片方のキャリパーを分解・・・・・

アルミのピストンを外しシールも外す・・

シールの溝を掃除・・・・・

新しいシールを取り付けてピストンを嵌めて仕上げる・・・・・

もう片方も分解・・・・・

こちらも同じように作業・・・・・

とりあえずホイールだけ取り付けてキャリパーを固定・・

フルードを注入しエア抜き・・・・・

毎回思うが細かいエアが抜けにくい(~_~;)

裏技も使い何とか納得いく所まで(^^ゞ

マスターシリンダーの当たりはずれでタッチは変化するが(^^ゞ

ホイールを回すと気持ち良いくらい軽く回る(^^)

またキャリパー、ホイールを外しフェンダーを通す・・

それからホイールを取り付けてフェンダーも固定・・

キャリパーも固定・・

バッテリーが気になったので充電・・・・・

完全充電してからエンジンをかけてチャージ量をチェック・・

14.5v出てるなぁ・・

少し暖めてからまたチャージ量をチェック・・

13.5v(~_~;)

ステーターコイルが弱っている(~_~;)

最後にフォークの調整・・・・・こんなもんかな(^^ゞ

一応完成連絡・・

発電機が弱っているのも説明すると納得したようであった(^^ゞ
2015/07/26(日)
リヤキャリパー

先日、初来店したGSX1300R

常連さんの紹介で来店したわけである。

話を聞くといろいろあるのだが・・

まずは固定ボルトが折れたリヤキャリパーの修理。

パッド交換をやろうとボルトを緩めたら折れたらしい(~_~;)

他の店でろくに見もしないでキャリパー交換を勧められたとか(-_-;)

折れたボルトがステンレス製なら話も分かるが折れたボルトは純正。

見積もられた金額は¥30000前後とか。

最悪ドリルを使うかも・・しれないがやってみる・・

周りの部品に気を使いながら折れたボルトに刺激を与える・・・・・

パッドを外してキャリパーも外す・・

更に折れたボルトに刺激を与える・・・・・

さて・・少しは緩んだかな???

キャリパーから少し出っ張っている折れたボルトをプライヤーで挟み回す・・

回った(^^)

後はグリグリしながらボルトを抜いていく・・・・・

抜けた~\(^o^)/

多少ネジ山にダメージはあるが固定する分には問題なし(^^)

折れた側にノーマルボルトを取り付けしもう片方は代用品で(^^ゞ

リヤキャリパーの悩みはこれで解消。

他の悩みはフォークのオイル漏れとフロントキャリパーの引きずり・・

こちらも依頼されてお預かり。

必要な部品だけ先に発注・・

続く・・
2015/07/25(土)
PGM-Ⅲ

先日、NSR250R(ガル)の常連さんから電話・・

通勤途中でいきなりエンジンが止まった・・とか。

引き上げ依頼が有り昼間のあっちっちの時間帯に出動・・

それにしても暑いな(~_~;)

現地に到着しオーナーさんと合流。

エンジンが止まるまでの話を聞いてバイクを引き上げてきた。

まずは邪魔な外装を外す・・

プラグを外して火花チェック・・2本とも点火せず(~_~;)

試しにIGコイルを交換して点火チェック・・やっぱりダメ(~_~;)

バッテリーは問題なし。

キルスイッチ、サイドスタンドスイッチもチェック・・特に問題なし。

パルスコイルも問題なし。

導通もいろいろチェックしてみたが点火せず(~_~;)

こうなると・・

PGM-Ⅲが怪しい・・

気分転換で古タイヤの処理でいつものタイヤ屋へ・・

雑談でPGM-Ⅲを持っているか聞いてみるが無し(^^ゞ

でもMC21の動く現車は有るとの事。

これはラッキー(^^)

一度帰ってから壊れているであろうPGM-Ⅲユニットを持ってまたタイヤ屋へ・・

先に現車のチェック・・問題なくエンジン始動。

そのままPGM-Ⅲを交換してやってみる・・

キックの感触が変化しエンジンもかからない(-_-;)

またPGM-Ⅲを戻してみる・・問題なくエンジン始動。

やっぱこいつが壊れているようである(~_~;)

後日、オーナーさんへ連絡し詳細を説明・・・・・

もう新品部品は入手不可・・

ジャンク品でも点火すれば復活はする。

どうするかはオーナーさん次第・・
2015/07/24(金)
オイルシール

先日、セロー225のお客さんが来店。

依頼はドライブスプロケットの裏にあるオイルシール交換。

このバイクが全盛期の頃は良くやったなぁ(^^ゞ

オイル漏れの原因がオイルシールだったのは少ない。

クランクケースが少し膨張し元に戻らなくなりオイルシールが緩々になるのが原因!!

作業開始・・

シフトペダル、スプロケットカバーを外しドライブスプロケットも外す・・

古いオイルシールを抜く・・・

新旧のオイルシールを比べても特に縮んでいる様子はないしキズも見当たらない。

こいつもクランクケースが膨張したようである(~_~;)

カウンターシャフトにグリスを塗り新品のオイルシールを通し嵌める・・

微妙な手応え・・(~_~;)

こう少しきつければなぁ・・

抜け防止?に液体ガスケットを塗り少し待つ・・

後は外した部品を取り付ける・・・

一度エンジンをかけてオイル漏れチェック・・OK

オーナーさんに原因を説明・・

セローの持病みたいなものだな(^^ゞ
2015/07/23(木)
先日、Z1000がいつものグリスアップで来店。

作業は本人がやるのだが(^^ゞ

本人は作業中・・・・・

話をしていると・・

タイヤの話に・・

そろそろ交換してもおかしくはない。

スリップサインが目立ってきたから(^^ゞ

作業が終わった。

オーナー「これからタイヤ交換って出来ますか?」

私「タイヤが有れば・・」

オーナー「じゃあこれから用品屋へ行ってきます」

と言って一端帰った。

しばらくしてビバンダム君みたいな恰好でまた来店。

すぐにタイヤ交換・・

先にフロントから・・

ホイールを外しタイヤレバーで交換・・

ホイールバランスも調整し取り付け・・

続いてリヤ・・

バイクの向きをチェンジ・・

それからホイールを外しタイヤレバーで交換・・

ホイールバランスは何もしなくてもOKであった。

ホイールを取り付けて完成(^^)
2015/07/22(水)
先日、久しぶりにK75Cの常連さんが来店(^^)

今回はオイル交換の依頼。

古いオイルを抜きながら話をする・・

体力的にバイクを支えられなくなってきたらしい。

次回の車検も思案中とか(^^ゞ

とりあえず今回オイル交換をして最後?のツーリングに行くらしい。

ドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

一度エンジンをかけてオイル量をチェック・・OK

タイヤの空気圧も調整・・

今頃楽しく走っているだろうか(^^ゞ

多分暑いだろうな(^^ゞ
2015/07/21(火)
やっと梅雨明け!!

ちょっと動くだけでも汗だくになる(^^ゞ

適度な水分補給を忘れずに!!

Z1000のフォーク修理している時の話・・

前にNC700XDCTに乗っていたお客さんがMT-09トレーサーで来店。

購入店で初回点検だけはやってもらったらしい(^^ゞ

今回はオイル&フィルター(持ち込み)交換。

基本ホンダと同じなのだが最近は少し短くなっているようである。

バイクを中へ入れてセンタースタンドを立てる。

先にフィルターを外してから古いオイルを抜く・・

それほどスラッジは出てないなぁ・・

丁寧に慣らし運転してるのだろう。

新しいフィルターを手締めで取り付けしドレンボルトも締める・・

トリプルRを注入しエンジンをかける・・

フィルターからのオイル漏れは無し(^^)

エンジンを止めてオイル量をチェック・・少し補充・・

後はバイク全体を軽くチェック・・

ブレーキペダルの動きが悪いので潤滑剤を吹いてみる・・

やっぱ軽く動くようになるじゃん

初回点検とは言ってもほとんど何もしてないって事だな・・
2015/07/20(月)
3連休中か・・

台風騒動でまだ大変な所もあるだろう・・

そうじゃない所の人達は何処かへ出かけているのだろうか・・

店の前を通る車の数が少ないし・・

暑いから熱中症などに気をつけてもらいたい。
2015/07/19(日)
少し前にリヤサス交換したZ1000

運が悪い事にフォークからオイルが滲んできたようである。

先に部品を発注・・

部品はそれほど時間が掛からず入荷。

メールで連絡・・

後日、Z1000が来店。

早速作業開始。

ジャッキアップでフロントを浮かせる・・

ホイール、フェンダーなどを外す・・

片方のフォークを外し分解していく・・・

フォークパイプに新品のダストシール、オイルシールを丁寧に通す・・

アウターチューブも通してオイルシールを打ち込む・・・

ここまで終われば後はフォークオイル交換と同じ。

設定は前と同じにする。

フォークオイル(15番)を注入しエア抜きしながら油面を合わせる・・

スプリングを通して組み上げていく・・・

動きをチェックし車体に取り付けもう片方を外す・・

もう片方も同じように分解し組み上げる・・・・・

後は外してある部品を組み上げる・・

完成。
2015/07/18(土)
さっさと通過してもらいたい台風11号

速度がのろのろ・・

集中豪雨で大変な所も・・

日曜くらいには温暖低気圧になるとか言ってるけど・・

どうなる事やら・・
2015/07/17(金)
CRF250の作業中に電話があったニンジャ400

GIVIのサイドトランクのステーの1ヶ所が固定出来ない・・との事。

夕方暗くなった頃にツインサウンドのバイクが止まった。

社外マフラーの音だが(^^ゞ

問題のGIVIの状態をチェック・・

オーナーさんが苦労した跡が見える(^^ゞ

留められそうで留められないような微妙な角度と穴の位置(^^ゞ

当たりの部品なんて見た事はない(^^ゞ

まずは全体のネジを緩める・・

力技で試す・・

やはりステーの穴だけでも加工が必要だな(~_~;)

リューターで穴の位置を調整・・・

また力技で嵌めていく・・

何とか引っかかり木片を当ててハンマーでコンコン・・

ナットを通して全体を固定していく・・

問題の部分もそこそこ固定出来た(^^ゞ

追加依頼でオイル交換も。

ドレンボルトの位置を探す・・

カワサキも作業しやすいような位置にするために苦労したようだ(^^ゞ

古いオイルを抜きトリプルRを注入・・

一度エンジンをかけて油面をチェック・・OK

最後に社外マフラーの事を話す・・

車検前に音とかチェックしてもらい問題があればノーマルも考えてもらう事に。

最近のノーマルマフラーって意外と高いんだよね(^^ゞ

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ