バイク修理屋のつぶやき2015年09月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2015/09/30(水)
先日、パンク修理の件で電話・・

ハンターカブでフロントタイヤがパンクらしい。

こちらまでは走って来れるとかでしばし待つ・・

駆動側ではない方がパンクとは相当運が悪いのか(^^ゞ

ハンターカブが到着。

タイヤをチェック・・釘などは刺さってない。

早速フロントホイールを外す・・

タイヤを捲っていると・・

オーナー「パンク修理覚えた方が良いですか?」

私「覚えたければ覚えても良いけどね(^^ゞ」

なんて話をしながらチューブを取り出す・・

IRCか・・(~_~;)

私「このメーカーのチューブはゴムのりを受け付けない場合もあるからね」

BSも同じような感触だが(^^ゞ

とりあえずパンク修理・・・・・

チューブにエアを入れてパッチの部分をオーナーさんにも見せる・・

今はしっかり貼りついているようだ(^^ゞ

私「パンク修理を覚える前にスペアチューブを持っていた方が無難だよ(^^ゞ」

と言いながらチューブを入れてタイヤを嵌める・・

ホイールをフォークと合体させてパンク修理終了。
スポンサーサイト
2015/09/29(火)
先日、WR250Xのオーナーさんから来店の電話。

オイル&フィルター交換である。

オーナーさんは予定通り来店。

オイルフィルター&Oリングは用意してきたらしい。

先にフィルター交換・・

カバーを外しフィルターを交換しカバーのOリングも交換・・

Oリングは純正だが細いなぁ・・(^^ゞ

今までのOリングは社外品で若干太い。

とりあえずカバーを取り付けてドレンボルトを外し古いオイルを抜く・・

ドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

エンジンをかけてオイル漏れのチェック・・

フィルターカバーから微妙にオイルが滲んでくる(~_~;)

エンジンを止めてフィルターカバーを外す・・

Oリングは切れてない・・

けどやっぱり細いよなぁ・・

溝の隙間にグリスを塗りカバーを取り付けてまたエンジン始動・・

少し回転を上げるとグリスが出てきた・・

はみ出たグリスを拭き取り様子を見ていると・・

何とか止まったようである(^^ゞ

エンジンを止めてオイルを少し補充・・

これで様子を見てもらう事に(^^ゞ

オーナーさんが帰ってからヤマハ部品でOリングをチェック・・

初期型から現行まで変更はしてないようである。

カバーの歪みを考えられないわけではないが・・

カバーの溝の割にはOリングが細過ぎない?・・ヤマハさん
2015/09/28(月)
燃料ゲージ

燃料系トラブルのER-6F

部品の入荷を連絡・・

オーナーさんの予定通りに来店(^^)

バイクを中へ入れて現状をチェック・・

燃料は確実に「E」ではなさそうだがメーターはしっかり「E」を表示(~_~;)

タンクを外す前に少し燃料を抜きタンクを外す・・

問題の燃料ゲージを外す・・

新品よりガタが多いなぁ・・

新品の燃料ゲージを取り付ける・・

するとオーナーさんから「オイル漏れしているような・・」とエンジンの右側を指示。

右アンダーカウルを外しオイルが滲んでいる部分をチェック・・

クラッチカバーの上部からオイルが滲んでいる・・

怪しそうなネジを回してみる・・あれっ緩いな(^^ゞ

カワサキですからお許しを・・(^^ゞ

緩んでいるネジを締めてアンダーカウルを取り付ける・・

タンクを取り付ける前にエアクリーナーもチェック・・結構汚れてる(^^ゞ

エアクリーナーを掃除・・

タンクを取り付けて抜いておいた燃料を補充・・

メインスイッチON

メーターの燃料計は「E」ではなくメモリが増えていた。

オーナーさんもこれを見て納得。

エンジンをかけるとオーナーさんが「前と音が違う」とか(^^ゞ

エアクリーナーが綺麗になった分だけ調子が良くなったのだろう(^^ゞ
2015/09/27(日)
RZ125の常連さんがR1-Zを入手したようである(^^ゞ

クロスチャンバー装備でキャブセッティング済とか・・

初の2サイクルツイン・・

セッティング済らしいが何だか調子が悪いとか(~_~;)

こちらが見た感じではエアクリーナーが怪しいと伝える。

作業は本人がやるのでこちらは助言だけ(^^ゞ

後日その報告でまた来店。

予想通りエアクリーナーエレメントがボロボロだったとか(~_~;)

キャブレターも掃除しオイルポンプも調整(標準)したようである。

それで前よりはかなり良くなったとの事。

まあそれでも燃料が濃い感じ・・(濃い分には焼き付きの心配もないが(^^ゞ)

多分ギヤオイルも汚れているかも・・と伝える。

するとこちらでギヤオイル交換・・

スラッジが確認出来るほどのオイルが出てきた(~_~;)

エンジンをかけるとアイドリングが200rpmほど上昇(^^ゞ

これなら重苦しい感じも減るはず・・

多分・・キャブレター、その他もセッティングし直しだろうな(^^ゞ
2015/09/26(土)
先日、常連さんが新車のセロー250(限定モデル)で来店。

走行距離はまだ20kmくらい(^^ゞ

そのセローにツーリング仕様のキャリア(純正)とボックス(社外品)を取り付けしたいらしい。

とりあえず自分でやってみたようだがリタイヤ(^^ゞ

先に車でパーツを運んで来てそれからの来店であった。

まずは邪魔な外装を外す・・

するとオーナーさんも一緒に作業に参加・・

オーナーさんがキャリアの作業中にこちらはハンドルガードの細かい加工をする・・

ハンドルガードの作業が終わりオーナーさんの作業に参加・・

リヤフェンダーに穴を開けなければならないとか。

場所をチェックしてドリル&リューターで加工・・・

これでリヤキャリアをしっかり固定出来た(^^)

確かに純正オプションより丈夫そうだ(^^ゞ

残るはボックス・・

オーナーさんに取り付け位置を決定してもらう・・

決定したらマジックで2ヶ所マーキング・・

キャリアに紙を敷いて穴の位置を確認・・

それをボックスに張り付けて穴開け・・

ボックスも取り付けられて完成(^^)

その後・・スーパーゾイルの話に・・

「入れておいても損はしない」と伝えると・・OKサイン

スーパーゾイル注入・・

エンジンをかけてアイドリングさせているとエンジンのノイズが減少(^^)

まだ新品だからね(^^ゞ
2015/09/25(金)
連休中にTRX850の常連さんが来店。

少し前にセルモーターの調子が悪いとの事で詳細を聞く・・

バッテリーも怪しいような気がするがスペアを使っても変化はないとの事。

そうなると・・セルモーターか?

そんな話をしてオーナーさんは中古のセルモーターを入手して交換したらしい。

でも症状は同じ・・とか(~_~;)

でJAFを呼んでバッテリーを繋いだらエンジンがかかったので来店したらしい(^^ゞ

その時に充電不良とも言われたとか。

一度エンジンを止めてセルボタンを押す・・ジジジジジ・・

明らかにバッテリーが弱っているような感じ・・

バッテリーチャージをしながらいろいろチェック・・

ヘッドライトバルブがLEDになってる(^^ゞ

オーナーさんもいろいろ試しているようである。

電圧は思ったより余裕はある・・

でもセルは回せない(~_~;)

バッテリーの使用期間を聞くを7年くらい使っているらしい(-_-;)

チャージが終わりセルを回すがやはりダメ(~_~;)

こちらのGSF750のバッテリーを繋いでセルを回すと無事にエンジン始動(^^ゞ

充電電圧もチェック・・問題なし(^^ゞ

やっぱりバッテリーが古かっただけか(^^ゞ

オーナーさんも諦めてバッテリー交換をするとの事。

バッテリーはオーナーさんが自分で何とかするとの事でまたエンジンをかけてそのまま納車(^^ゞ
2015/09/24(木)
DRZ400SMの常連さんからメール・・

愛車が盗まれました(>_<)

定期的にメンテをしていたDRZ400SM・・

一晩でやられたらしい・・

何処のどいつが盗みやがったんだ💢
2015/09/23(水)
連休直前の日。

FTRの常連さんが来店(^^)

依頼はオイル交換。

作業しながら前に電話で話をしていた事を聞く・・

やるだけやってみたらしいがダメだったらしい(^^ゞ

その部分を見ると特殊工具が必要であった(^^ゞ

とりあえずオイル交換を終わらせないと・・

ドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

エンジンをかけて状態をチェックしてこちらの作業は終了。

問題のリヤスプロケット交換・・

場所を提供してオーナーさんに作業をさせる・・

リヤホイールを外すと問題のサークリップを外す・・

これでスプロケット交換は出来るようになった。

オーナーさんがスプロケット交換を済ませるとまたホイールにスプロケットを通してサークリップで固定・・

後はオーナーさんが車体にホイールを取り付けて完成。

オーナーさんにチェックを頼まれチェック・・OK

前から悩んでいるリヤサスのへたりをどうするのかは任せる事に(^^ゞ

マイナー車だけにパーツの少なさが痛い・・
2015/09/22(火)
連休前に部品が入荷。

早速作業へ・・

フロントをジャッキアップしてホイール、フェンダーなどを外す・・

フォークも後で作業する事にして外す・・

トップブリッジを外しステムも外す・・

ボールレース部分をチェックすると・・段差がいっぱい(-_-;)

ステムのボールレースを交換・・

頑固に固まっているのかなかなか外れず手間が掛かった(~_~;)

フレームのボールレースも交換・・・・・

グリスをたっぷり塗りステムをフレームに合体・・

ベアリングが新品だと動きも良い(^^ゞ

トップブリッジも仮付けしておく・・

外しておいたフォークを分解・・

問題のオイルシールは錆だらけ(-_-;)

インナーとアウターを合体させ新品のオイルシールを打ち込む・・

フォークオイルを注入し油面を合わせながらエア抜きし仕上げる・・

もう片方も同じように仕上げる・・

仕上げたフォークをステムに合体・・・

ハンドルの動きをチェックしながらベアリング調整・・

後はフェンダー、ホイールなどを取り付けて完成(^^)

納車する時にオーナーさんが「軽い」と一言(^^ゞ

これが普通なんだけどね(^^ゞ
2015/09/21(月)
世間ではシルバーウィーク。

連休前の台風は何処へやら・・

青空がくっきり見えて気持ち良い秋晴れ(^^)

休みの皆さんは出かけているのだろう・・

こちらはボチボチ仕事(^^ゞ
2015/09/20(日)
グースの完成連絡・・

しばらくしてグースのオーナーさんが結構ボロいCRM250に乗って来店。

グースの作業内容を説明・・

後で取りにくるのかなぁ・・と思っていたら今度はCRM250をやってほしいらしい。

最初はエンジンの調子がどうのこうのと言っていたのだが特に壊れているような感じではない。

ただエンジンをかける時に気になったのがステムベアリング!!

かなり傷んでいるようでハンドルを動かすのにそこそこ力が要る(-_-;)

良くこれで走ってきたよなぁ・・(-_-;)

とりあえずオーナーさんの依頼を聞くと・・

フォークのオイル漏れ修理をやってもらいたいらしい(~_~;)

私「フォークだけ直すんだったら断っても良いかな」

オーナー「何故?」

私「他に気になる所はないの?このままだとかなり危険なんだけど」

オーナー「???」

こんなだからグースの手入れもしないのだろう(-_-;)

ダメオーナーに乗りっぱなしにされているバイクが可哀想・・

私「分からない?ハンドルの動きがかなり悪いんだけど。これでフォークだけ直してもまともに走れないよ」

オーナー「フォークの修理だけではダメですか?」

私「断る!!ただし・・ステムベアリングも交換するならやってもいい」

オーナー「・・・じゃあそれも一緒にやってください」

って事でグースとCRM250を入れ替えでお預かり。

すぐに必要な部品を注文・・
2015/09/19(土)
グースの様子を見る為次の日もたまにエンジンをかけて調子を見ていた・・

すると・・

前に一度来店したようなしてないようなアドレスV125Sが来店(^^ゞ

ピカピカだなぁ・・

とりあえず話を聞くとエンジンオイル交換の依頼。

一応オイルの説明をすると・・「前に一度来てます」との事(^^ゞ

オイル交換しながらオーナーさんと話をする・・

購入してからもう1年半くらい経過してるとか。

走行距離は約1500kmらしい(^^ゞ

平均すると一月100kmくらいか(^^ゞ

ほとんど新車だな(^^ゞ

今回で2回目のオイル交換になるなぁ。

ドレンボルトを絞めてトリプルRを注入しエンジンをかける・・

丁寧な運転をしてるようでエンジンはとても静か。

タイヤの減り方を見れば納得である。

おまけでタイヤの空気圧調整とブレーキ調整も。
2015/09/18(金)
グース

忘れた頃に来店するグース(^^ゞ

今回はエンジンがかかったが止まってからはまったくかからないらしい・・

とりあえずお預かり。

まずは・・

燃料・・入ってる・・

プラグの火は・・飛んでいる・・

エンジンの圧縮は・・問題なし・・

怪しいのは燃料か・・

ガソリンコックまでは燃料が流れている・・

キャブレターに繋がっているホースに息を吹くと・・通ってない(~_~;)

多分キャブレターに残っていたガソリンが無くなってエンジンが止まってしまったのだろう(^^ゞ

シート、タンクを外す・・

かなりお疲れぎみのFCRキャブレターを外し半分解・・

フロートバルブをチェックすると・・固着(~_~;)

キャブレタークリーナーを使って少し放置するとフロートバルブが復活。

一応ジェット類もチェックしてキャブレターを組み上げる・・

キャブレターをエンジンと合体させガソリンを流しエンジン始動・・

気持ち良くエンジンは始動(^^)

しばらく様子を見ながらパワーフィルターの掃除・・

これだけ汚れていても掃除しないのだから調子も悪かっただろうに・・

他にもメンテしたような形跡は・・ない(-_-;)

どういう取扱いをしようがオーナーさんの自由ではあるが・・

パワーフィルターを取り付けてタンク、シートも取り付けて完成。
2015/09/17(木)
先々週の週末くらいの夜・・

外は雨だったがER-6Fが来店。

燃料計の調子が悪いとの事。

その症状が出た時に何かやっていないかを聞くと・・

バイク以外で電源を取る物を取り付けしたらしい。

電源の取り出しは燃料計とは直接関係なさそうだが・・

その辺りをいろいろ弄ってみると反応が出たり出なかったり・・(~_~;)

とりあえずその部分を戻してもらい様子を見てもらう事に(^^ゞ

1週間後またER-6Fが来店。

やはり症状は同じらしい(~_~;)

インジェクションだから燃料ゲージは別にないはずだけどなぁ・・

なんて思いながらタンクを浮かせてみる・・

タンクの裏にライトを当ててみるとポンプの他に燃料ゲージ発見!!

燃料はほぼ満タン。

だけど燃料計は「E」(-_-;)

試しにゲージの配線を直結すると燃料計も満タンを表示(^^ゞ

その直結を解除するとメモリがどんどん減っていく(~_~;)

私「多分こいつが原因だろうね(^^ゞ」

って事でゲージは注文する事でER-6Fはそのまま乗っていてもらう。

オーナーさんが帰ってカワサキのサイトで調べる・・

初期型にはゲージはないが後期型はしっかりゲージがある(^^ゞ

ゲージとガスケットを注文。
2015/09/16(水)
滅多に来店しない古い常連さん(^^ゞ

久しぶりの修理で先に部品を注文しておいた。

入荷の連絡をすると週末に来店。

先にフォーク修理から・・

ジャッキアップしてホイール、フェンダーなどを外す・・

片方のフォークを外し分解・・・・・

それなりに汚れたオイルも出てきた(^^ゞ

アウターとインナーを合体させ新品のオイルシールを打ち込みダストシールも取り付ける・・

新しいフォークオイルを注入しエア抜きしながら油面も合わせ仕上げる・・

動きをチェックするとやはりオイルが新しくなった分しなやかな動きである(^^)

仕上げたフォークを取り付けてもう片方のフォークを外す・・

こちらも同じように分解して仕上げていく・・

仕上げたフォークを取り付けてフェンダー、ホイールなども取り付ける・・

これでフォークは完成。

続いてサーモケースのガスケット交換・・

エンジンもそこそこ冷えた所でオーナーさんがアッパーカウルを外す・・

LLCを抜き、問題のサーモケースのフタを外す・・

本当ならキャブレターを外してやれば楽なのだが(^^ゞ

フタが外れサーモスタットの点検も・・

半開きで固着している(~_~;)

オーナーさんも元は整備士だったので唖然としていた(^^ゞ

とりあえず閉じっぱなしではないので普通の走行にはそれほど支障はないだろう(今まで乗っていたのだから(^^ゞ)

ガスケットは完全にへたっていた(^^ゞ

新品のガスケットを取り付けてフタを閉じる・・・

ついでで注文しておいたホースも交換・・

なのだが潤滑剤を使ってもなかなか通らない(-_-;)

オーナーさんと二人で交代しながらホースを通す・・(-_-;)

ホースの交換も終わりLLCを注入し水漏れチェック・・OK

エンジンをかけてしばらく放置しながら更に水漏れチェック・・OK

一応オーナーさんにもチェックしてもらう(^^ゞ

後はオーナーさんがアッパカウルを取り付けて今回の作業は終了(^^)

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ