バイク修理屋のつぶやき2015年10月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2015/10/16(金)
FTRと一緒に来店したEX-4

別の店で車検を通したのだが・・

調子が悪いような・・との事。

エンジンの音を聞くが異音は出ていないようだ(^^ゞ

でもキャブレターの同調は狂っている(~_~;)

他にもいろいろ見てほしいとの事でバイクを中へ入れる・・

んん・・ハンドル周りが重い(-_-;)

タイヤの空気圧も低いような・・

チェーンの張り過ぎはない。

とりあえずセンタースタンドを立ててステムをチェック・・

良くこれで乗ってるよなぁ・・(-_-;)

ステムベアリングを調整・・ベアリングにダメージ有り(~_~;)

それでも前に比べたらかなり良くなりオーナーさんもにっこり(^^ゞ

タイヤの空気圧もチェックすると標準より少ないので調整・・

ホイールベアリングはまだ壊れていないようだ(^^ゞ

問題のキャブレター。

タンクを外しエアクリーナーをチェック・・これは問題なし。

プラグは・・車検で交換したとか言われたらしいが古いまま(-_-;)

やだねぇ・・せこい事してまで儲けようとして(-_-;)

プラグを新品に交換・・

一応プラグのチェックでエンジンを始動・・OK

スロットルも動きが悪いので修理・・・

キャブレターにバキュームゲージを取り付けてエンジン始動・・

予想通り狂ってる(^^ゞ

オーナーさんにも見せる。

同調を調整すると大きな振動が細かくなりエンジン音も変化。

それでもまだ本調子の音ではない(^^ゞ

更にパイロットスクリューを調整すると重低音が響いてきた(^^)

調整が終わると更に振動が細かくなった(^^)

とりあえずこんなもんかな(^^ゞ

試乗してもらうと別物!!との事であった。
2015/10/15(木)
リヤサス

リヤサスのへたりを気にしていた常連さん。

迷って迷って強化スプリングを購入して来店。

専用工具?もセットで購入したようである。

ジャッキアップしてリヤサスを外す・・

専用工具をセットしてスプリングを縮めクリップを外すとスプリングが外れた。

本体を掃除・・

強化スプリングをセットし専用工具で縮めてクリップを取り付けて交換終了(^^ゞ

リヤサスを車体に取り付ける・・

思ったよりはガチガチではなさそう(^^ゞ

でもそれなりにしっかりしている。

オーナーさんに試乗してもらう・・

帰ってくると満足そうな顔であった。
2015/10/14(水)
マフラーの便秘を直した?スカイウェイブ650

納車後特に電話もない・・

大丈夫かな(^^ゞ

なんて思っていたら後日スカイウェイブ650が来店。

オーナーさんから「症状も出ないし違うバイクに乗っているみたいです」との事(^^ゞ

私「それは良かったですね(^^)」

オーナーさんが「現状を維持するには?」との質問。

私「年に一度くらいで良いから高速(80~100km/hくらい)で1時間くらい走ってください」と伝える(^^ゞ

近場のツーリングなどで高速を使ってもらえばマフラーの便秘も解消し楽しく走れるはず(^^ゞ
2015/10/13(火)
スカイウェイブ650

先日、低速域で調子が悪いとの事でスカイウェイブ650が来店。

丁度良くその症状が出ていたのでチェック・・

走行距離は約57000km・・

3000rpmくらいでたまに息つきを起こす・・

今までこの症状が出た事がない・・とか。

オーナーさんもプラグやエアクリーナーを交換してみたがそれほど変化がないらしい。

リコール情報のISCとかECUが関係していなければ良いが・・(^^ゞ

とりあえずお預かり。

まずは燃料にFUEL1を注入・・

しばらく様子を見てからスロットルをブンッと吹かすと・・

マフラーから真っ黒な黒煙(~_~;)

もしかしてこいつが原因かも・・

何度かブンブン吹かして便秘を解消する(^^ゞ

そのまましばらく放置して症状をチェック・・

あれっ・・出ないなぁ・・

おまけで吹け上がりが軽くなってるし(^^ゞ

様子を見ていると電動ファンの音がしなくなりLLCが漏れてきた(~_~;)

ヒューズを探すのだが初めて触るバイクだけになかなか見つからない(-_-;)

30分ほど格闘してやっとヒューズを発見(^^ゞ

チェックすると・・やっぱり切れてた(^^ゞ

交換すると電動ファンが復活。

次の日も何度かエンジンをかけてしっかり暖気させ症状をチェック・・

症状が出ないなぁ・・

次の日にもう一度チェックするが症状が出ないのでオーナーさんに連絡。

オーナーさんがバイクを取りに来店。

こちらがやった事を説明・・・・・

原因はマフラーの便秘かも・・と伝える(^^ゞ

これで様子を見てもらう事に(^^ゞ
2015/10/12(月)
GPZ900R

常連さんのGPZ900R

また車検の時期が近づいたらしい。

それで車検整備のみの依頼。

今回はプラグとスクリーンとミラーを交換するとの事で持ち込んで来店。

一晩お預かり。

邪魔な外装を外す・・

リヤ周りを整備・・・

フロント周りを整備・・・

プラグ交換&エアクリーナーの掃除・・

エアクリーナーのスポンジがそろそろ限界だな(^^ゞ

メーターを外しインナーカバーを外す・・

ミラー&スクリーンを外す・・

持ち込んだミラー&スクリーンに交換・・

インナーカバーとメーターを取り付ける・・

一応エンジンのチェック・・

前にタペット調整したエンジンはとても静かで安定している(^^)

外してある外装を取り付けて完成(^^)

細かい所でいろいろ古さを感じるがまだまだ元気!!
2015/10/11(日)
リヤサス周りをグリスアップしたZZR1200

休みの日に遠出したら「高速でフロントがフワフワして怖い(>_<)」との事。

フロント周りは来月にやるとは言ってたのだが・・

早急にやってもらいたいとの事(^^ゞ

こちらはいつでも良いのだが(^^ゞ

しばらくしてZZR1200が到着。

一応詳細を聞いてからバイクを中へ入れる。

オーナーさんの依頼でステムベアリングのグリスアップも追加。

フォークをやる時に作業すれば工賃も安く済む(^^ゞ

フロントをジャッキアップしてフェンダー、ホイール、ハンドルなどを外す・・

先にフォークオイル交換から・・

とりあえず分解しながら油面をチェックしておく・・

片方が終わりもう片方を作業・・

こちらも分解しながら油面をチェックすると・・17mmも違う(-_-;)

こんなだから他店の作業は怖い。

先に仕上げたフォークと同じように仕上げる・・

それからステム外し・・

ちまちま細かい部品が取り付けてあるので多少面倒(^^ゞ

それでも無事にステムが外れた。

グリスは・・安物が微妙に残っているだけ(^^ゞ

熱に強いグリスを塗りステムを組み上げる・・・

フォークを取り付けながら固定していく・・・

ステム周りをしっかり固定する・・

ハンドルもしっかり固定する・・

ホイール、フェンダーなどを取り付けて作業終了(^^)

オーナーさんに試乗してもらう・・

しばらくして試乗から帰ってきた。

スプリングの設定を変更したが特に問題はないらしい。

前よりしっかりしてて安心とか(^^ゞ
2015/10/10(土)
いつもの中華カブ号(^^ゞ

ついに5速ミッションを買ってきた(^^ゞ

でも・・何となく違和感・・

エンジンの種類があるから大丈夫だろうか?・・

エンジンも降ろして持ってきた(^^ゞ

とりあえずお預かり。

エンジンをのんびり分解・・・・・

シリンダーヘッド、シリンダーを外す・・

ジェネレーターを外しカムチェーンも外す・・

クラッチ、シフト関係も外す・・

クランクケースを分解・・・

4速ミッションを外し5速ミッションと比べる・・

やっぱりな(^^ゞ

カウンターシャフトが違う(-_-;)

クランクケースの内側を削るのは同じだがこれでは組み上げ出来ない(-_-;)

エンジンはバラバラの状態でオーナーさんへ連絡。

私「カウンターシャフトが違うけど・・どうする?」

オーナー「ちょっと考える・・」

で、後日来店し現状を見せる。

話を聞くと・・

ロータリー式リターン式にしたかったようである(^^ゞ

とりあえずバラバラのエンジンをダンボールに入れてまとめておく(^^ゞ

オーナーさんがどうするか・・

このまま組み上げても良いんだけど(^^ゞ

ただのエンジンオーバーホールになるだけ(^^ゞ
2015/10/09(金)
ZZR1200の手直し一発目と言う事でまた来店。

まずはリヤサスリンク部のグリスアップから。

熱いサイレンサーを外す・・

邪魔なリヤホイール、その他も外す・・

リンク部、ピボットシャフトを緩める・・

リンク部のボルトを抜く・・

が、1ヶ所錆が酷くなかなか抜けなくて苦労した(^^ゞ

一度もやった事がないのだろう(~_~;)

リヤショックを外す・・

やっとスイングアームが外れた(^^ゞ

オーナーさんにスイングアームを渡して掃除させる(^^ゞ

その間にリンク部の掃除&グリスアップ・・・

掃除が終わったスイングアームもグリスアップ・・

スイングアームを合体させリヤショックを取り付けながらオーナーさんと話をする・・

オーナーさんから「リヤが跳ねるような・・」との事。

スプリングを少し柔らかくしてダンパーを1段硬くする。

リンク部とスイングアームを合体・・・・・

細かい部分を取り付けてリヤホイールも合体・・

センタースタンドを解除して動きをチェック・・こんなもんかな(^^ゞ

一度試乗してもらう。

試乗から帰ってくると「乗りやすくなった(^^)」とか。

フロント周りは来月やるとの事であった。

エンジンはそこそこ調子が良いので車体を先に手直ししていけばもっと楽しくなるだろう。
2015/10/08(木)
先日、アイドリング不調と言う事でGT380が来店。

動くみたいだから走ってくるのだろう・・と思っていた。

がしばらくしてバイクを押してきた(^^ゞ

エンジンもかからなくなったとか(~_~;)

まずはキック・・

火が飛んでないような・・

プラグを1本外し火花チェック・・

やっぱり飛んでない(~_~;)

プラグを交換してやっても飛ばない(~_~;)

他の2本もチェック・・

こちらも同じ事をやっても飛んでない(~_~;)

アイドリングを見る前に点火系を直さないと・・

ポイントをチェックすると・・ハイテクな物に変更されていた(^^ゞ

全部の火が飛ばないのだからこいつの中枢が壊れたか?

配線をチェック・・

特に腐食している所はない・・

また火花チェックするが変化なし(-_-;)

キルスイッチも特に問題なしか・・(-_-;)

こうなると・・ユニットが壊れたか?

配線図もないからハッキリしないが(^^ゞ

一応ノーマルパーツも残してあるとの事。

だがポイントがダメになったのでこちらに変更したらしい(^^ゞ

でもポイントもばだ売っているとオーナーさんが言っている。

今回はこれ以上何も出来そうもないので終わり(^^ゞ

次回来店する時に配線図とノーマルパーツを揃えて来るとの事であった。

エンジンがかからない事には先に進まないから(^^ゞ
2015/10/07(水)
先日の話・・

店の前の信号でグース350が止まった。

何やらこちらを見ている・・

するとそのグースが来店(^^ゞ

オーナーさんが入ってきて話をする。

バイクを左に倒したらサイドスタンドが曲がった?・・とか(^^ゞ

それほど重くないバイクだけどなぁ・・

と思いながらバイクをチェック・・

サイドスタンドが曲がっている事はない(^^ゞ

問題はサイドスタンドのブラケットの固定ボルトが1本足りない(~_~;)

どう見ても倒れた時に外れたような形跡はない(^^ゞ

バイクを中へ入れてオーナーさんにも手伝ってもらいレーシングスタンドを立てる・・

それからブラケットのボルトを締めてみるがしっかり締まっている・・

とりあえず一度緩めてブラケットの位置を直す・・

10mmボルトか・・

何か有るかな(^^ゞ

いろいろキープしておいたのを物色・・

取り付け出来そうな10mmボルトを発見(^^ゞ

ブラケットの位置を微調整してボルトを取り付けしっかり固定・・

オーナーさんにも見せて納得の顔。

普段必ず使う部分だけにたまにチェックするのも悪くはない。
2015/10/06(火)
先日、常連さんがニューマシンで来店。

ニューマシンと言っても中古だが(^^ゞ

そのバイクはZZR1200

走行距離はかなり走っているが全体的に見てもまだまだ現役状態。

取り回しは重さを感じるが走ってしまえば軽く感じるバイクである。

購入店からそのままこちらへ向かってきたらしい(^^ゞ

バイクは登録時に車検も通しているとか。

それでもこちらで軽くチェックしてもらいとの事であった(^^ゞ

とりあえず普段操作する部分をチェック・・

グリスアップはしてないな(^^ゞ

それでも車検は通せるって事だが(^^ゞ

レバー、ブレーキペダル、シフトペダル、スロットルをグリスアップ・・・

フロントブレーキがフワフワしているので軽くエア抜き・・

レバーのタッチは良くなったがマスターシリンダーは大分お疲れかな(^^ゞ

エンジンはまだ元気でそこそこ良い音。

徐々に手直ししていけばもっと良くなるだろう。
2015/10/05(月)
先日、CB750(初期型)が来店。

オーナーさんは前にCB125T(改)に乗っていた人である(^^ゞ

そのCB125Tを下取りにしてCB750を購入したらしい。

今回の依頼はオイル交換。

その前にオーナーさんから「マフラーから白煙が出る」との事・・

エンジンを始動し現状をチェック・・

エンジンから特に異音はない。

アイドリングさせているが白煙は出ない・・

少し回転を上げて様子を見ていると少し白煙が出てきた。

マフラーのエンド部分をチェックするが特にオイルが燃えているような感じではない。

いろいろ話を聞くと元は教習所で使っていた物とか(^^ゞ

多分・・マフラーの中にストレスが溜まっているのだろう(^^ゞ

なんせ教習所の中で走っているからなぁ(^^ゞ

私「高速なんかを上手く使うと白煙が減ってくると思うよ(^^ゞ」と伝える。

それから古いオイルを抜く・・

その間も話をする・・

前のバイクの数倍の排気量なのでゆっくり走っても楽との事。

そりゃ~そうだよな(^^ゞ

バイクに慣れてくればもっと楽しく走れるだろう。

ドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

一度エンジンをかけてオイル量をチェック・・OK

悩みも解消して楽しそうに帰った。
2015/10/04(日)
XLR250R

エンジンの調子が微妙に悪いとの事でXLR250Rが来店。

最近免許取り立ての人に譲るらしい(^^ゞ

それにしても懐かしい(^^ゞ

全体的に見てもまだまだ現役状態!!

加速ポンプ付キャブレターが標準装備だから豪華(^^ゞ

個人的には250ccOHC単気筒で最強と思っている(^^ゞ

車体の剛性などは最近のバイクには敵わないがエンジンだけならWRより良い(と思っている(^^ゞ)

とりあえず現状をチェック・・

アイドリングが不安定・・

でも吹け上がりはそこそこ(^^ゞ

パイロットスクリューを調整してもあまり反応しない(^^ゞ

キャブレターの掃除でお預かり。

オーナーさんが帰ってから作業開始・・

サイドカバー、シート、タンク、リヤサスのサブタンクを外す・・

ワイヤーを外しバンド&インマニのボルトも外す・・・

先にインマニを外しキャブレターを外す・・・

キャブレターを分解しキャブクリーナーを吹き付けしばし放置・・

このエンジンではネックのインマニをチェック・・

微妙に分離しているような・・

ゴムとアルミの接合部をゼリータイプの接着剤で補強・・

接着剤が乾いたら液体ガスケットで更に補強?(^^ゞ

それからキャブレターを掃除・・

キャブレターを組み上げエンジンと合体・・・

燃料を送りエンジン始動・・

アイドリングを調整ししばしエンジンを暖気・・・・・

ガソリン漏れはない。

それからパイロットスクリュー調整・・

徐々に排気音が変化・・・

アイドリングを規定値に合わせる・・

アイドリングが安定していると気持ち良い(^^ゞ

吹け上がりも前より良くなった(^^)

多分インマニも影響してたのだろう(^^ゞ

原液ではあるがいろいろ手直しも必要(^^ゞ

バイクは古いがエンジンはそれほど傷んではいない。

免許取り立ての人が乗るにはもったいないような・・(^^ゞ
2015/10/03(土)
先日、県外からCBR600RRが来店。

天気が悪いのにありがたい事である。

依頼はフォークオイル交換。

作業前にダンパーの位置をチェック・・

戻りも縮みも最弱・・

スプリングのイニシャルも最弱・・

なんだけど動きが硬いらしい・・

中古で購入してるから前のオーナーさんが何かやっているのかも?・・

フロントをジャッキアップしてホイール、フェンダーなどを外し倒立フォークの可動部を磨く・・・・・

錆は出てないな(^^ゞ

ハンドルを動かすと・・ステムベアリングが少しゴリゴリするような感じ・・

オーナーさんにも確認させてステムベアリング調整・・

ハンドルの動きが前よりは良くなった所で右フォークを外す・・

半分解していると・・普通は外れない部分が何故か外れる(-_-;)

今までもいろんな倒立をやってきたがこれはありえなかった。

オーナーさんにも現状を見せて説明・・

それから作業を進める・・

スプリングを見ると何となくだが純正ではなさそう・・

油面をチェックし古いフォークオイルを抜く・・

結構粘りが強いオイルが出てきた。

多分強化スプリングで指定の番数のオイル(15番くらい?)が入っていたようである。

それはそれで悪くはないが現オーナーさんには硬いらしい(^^ゞ

一応オーナーさんにスプリングの件を伝える。

少しでも柔らかくなるようにオイルの番数を下げる事に・・(^^ゞ

新しいフォークオイルを注入し油面を合わせながらエア抜き・・

後は組み上げていく・・

車体に取り付ける前にフォークを動かしてダンパー調整・・・・・

仕上げたフォークを車体に取り付けて左フォークを外す・・

左フォークを半分解すると問題の部分はいつも通りの感じで外れた(^^ゞ

前のオーナーさんが右側を無理して壊したような気が・・

スプリングを抜き油面をチェック・・

あれっ・・10mmくらい違うなぁ・・(^^ゞ

多少誤差があってもこれはないだろう(~_~;)

古いフォークオイルを抜き新しいフォークオイルを注入し右フォークと同じ油面に合わせながらエア抜き・・

後は組み上げてダンパー調整・・

仕上げたフォークを車体に取り付けてフェンダー、ホイールなどを取り付けて完成。

これでも硬ければ純正のスプリングも考えてもらうしかない(^^ゞ

ちなみにリヤサスもかなり硬くしてあったようでオーナーさんが緩めたらしい(^^ゞ

足回りのセッティングはしなやかさを残しつつ徐々に硬くしていくのが無難。

自分のライテクとセッティングが合わなければ乗りにくくなるだけ!!
2015/10/02(金)
たまに事故見積もりの依頼を受ける。

が・・

外車だったり・・

外車扱い(日本メーカー)だったり・・

のバイクはこちらの部品屋さんでは部品注文が出来ない!!

したがって・・

当然ではあるが見積もりも不可能!!

こちらのブログを見て電話してくるは自分のバイクが外車扱いされていないか確認してもらいたい。

先日も見積もりの依頼があったがバイクの事を確認してもらう事に。

それからはこちらに連絡が来ないので外車扱い仕様だったのだろう。

誰がどのバイクを購入しようが自由・・

でも・・

アフターの事も考えてから購入した方が無難(^^ゞ

結局そういうバイクを取り扱っている店のお世話になる!!

Before  | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ