バイク修理屋のつぶやき2015年10月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2015/10/31(土)
エンジン

4速リターンミッションが取り付けOKになった。

とりあえず腰下を組み上げていく・・

またクランクケースを割る・・

左側のクランクケースにクランクを取り付ける・・

ケースの合わせ目に液体ガスケットを塗り新しいガスケットを取り付ける・・

右側のクランクケースの合わせ目にも液体ガスケットを塗り合体・・・・・

ここでギヤチェック・・

1速・・2速・・3速・・4速・・OK(^^)

オイルポンプを取り付ける・・

カムチェーンを通してジェネレーターを取り付ける・・・

ミッションの細かい部品を取り付けてクラッチも取り付ける・・・

クラッチの取り付けを失敗する業者さんも居るらしい・・

仕事用のカブのクラッチを修理してもらったら前より酷くなったとかでこちらで直した事もある(^^ゞ

後はクラッチカバーを取り付けて腰下完成。
スポンサーサイト
2015/10/30(金)
VOX

カブエンジンの作業中に来店したVOX

こんなのもあったなぁ・・一度も触った事ないけど(^^ゞ

オーナーさんに話を聞くとエンジンがかからないとか。

正確にはエンジンが止まってからかからずそのまま放置していたらしい。

走行距離は約29000km

すぐに何とかなりそうもないのでお預かり。

カブエンジンの作業は中止してこっちをやる。

まずはバッテリーを探してチャージ・・・・・

その間に軽くチェック・・

こいつは水冷でインジェクションなんだ・・

ほとんどメンテしてないような感じだなぁ・・

燃料チェック・・入ってる。

エンジンオイルチェック・・

一応入っているけどLLCが混入し増量&ミルクコーヒー色(-_-;)

エンジンが怪しいな・・

なんて考えながらオイルを適量まで抜く・・・

エアクリーナーをチェック・・

一度も掃除した事ないよなぁ・・って感じ(-_-;)

これじゃあ空気を吸わないだろう・・(-_-;)

バッテリーが復活。

メインスイッチON・・何も音がしない・・

燃料ポンプは何処だ・・・・・

プラグを交換する時に外すカバーを取ると発見!!

プラグの火花チェックをしてから燃料ポンプを軽くコンコンコンコン・・

メインスイッチON・・燃料ポンプが作動している音がする(^^ゞ

セルを回す・・・・・エンジンがかかる気配はない(-_-;)

前にマフラーの詰まりでかからなかった事を思い出しエキパイのボルトを外してみる・・

やっぱりかからない・・か(-_-;)

やはりエンジンが怪しいな・・

オーナーさんへ連絡すると後日来店。

いろいろ話を聞く・・

オイルは定期的に交換していたらしい。

が、かなり前からLLCが減っていたらしい(-_-;)

行きつけのバイク屋で見てもらったらしいが「問題なし」と言われたようである。

やりたくなかったのか?それとも黙っていたのか?

修理代もそこそこ掛かるのを説明すると廃車決定(^^ゞ
2015/10/29(木)
エンジン

ミッション待ちのカブエンジン。

今度は4速リターンミッションを持ち込んできた(^^ゞ

ミッションをチェック・・

やっぱりベアリング部のサイズが違う(-_-;)

とりあえずノーマル(とは言っても中華ギヤだが(^^ゞ)のシャフトに持ち込んだギヤを一部変更しクランクケースに取り付けてみると何とかなりそうな予感(^^ゞ

一度外してシフトカムもセットで取り付けてギヤチェンジしてみる・・

1速・・

2速・・

3速・・

4速・・

シフトカムの横ガタが気になるが一応OK(^^ゞ

またクランクケースを分解・・

シフトカムの横ガタを解消するのに持ち込んだギヤのスラストワッシャーを取り付けて試してみる・・・・・

上手く横ガタも解消(^^)

おまけにギヤチェンジも前よりスムース(^^)

こいつで組み上げていこうかな(^^ゞ
2015/10/28(水)
先日、こちらのブログを見てRBで購入したお客さんがGSF750で来店。

依頼は「不安なので12ケ月点検してください」との事(^^ゞ

交換依頼はエンジンオイル。

邪魔な外装を外す・・・

プラグ、エアクリーナーの掃除・・・

エンジンオイル(リザーブオイル)を抜く・・・

トリプルRを注入していると「スーパーゾイルも」と追加依頼。

バキュームテスターを取り付けてエンジン始動・・

しばらくスーパーゾイルを循環させながら様子を見る・・・・・

それから同調調整・・

パイロットスクリュー調整・・・

回転の下がりが悪かったエンジンもご機嫌になり振動も小さくなった(^^)

オーナーさんにも確認させると納得の顔。

スロットル、クラッチ周りのグリスアップ・・・

キャリパーの掃除をしながらピストンの動きをチェック・・

引きずりはないけど・・動きが悪いな・・

作業しながらオーナーさんに説明・・・

キャリパーの掃除&グリスアップが終了。

ブレーキペダル&スフトペダルのグリスアップ・・

最後に充電状態をチェック・・OK

一応オーナーさんにもテスターを見せながら説明・・

外してある外装を取り付けて保安部品をチェックして完成(^^)v

オーナーさんが帰ってしばらくすると電話・・

オーナー「快適に走れるようになりました(^^)」との事。
2015/10/27(火)
久しぶりにXT500が来店。

依頼はオイル交換。

古いオイルを抜いていると・・

オーナー「スーパーゾイルも・・」

私「入れてからどれくらい走行してる?」

オーナー「まだ1000kmくらいです(^^ゞ」

私「それならまだ入れなくても大丈夫ですよ。十分コーティングされていますから(^^ゞ」

オーナー「商売っ気がないですね(^^ゞ」

私「必要ないなら勧めません(^^ゞ」

なんて話をしながらドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

オーナーさんにエンジンをかけてもらう(^^ゞ

エンジンを止めてオイル量をチェック・・少し補充・・

作業が終わってからも話が進む(^^ゞ

中古のエンジン(SR)を買って趣味で分解しているらしい(^^ゞ

後で組み立てる事を考えなければ大体は出来る・・はず(^^ゞ
2015/10/26(月)
ホーネット250

久しぶりのホーネット250の常連さん。

今回は水漏れでお預かり。

先に部品を注文して入荷済。

追加でプラグを持ち込みの交換も。

邪魔な外装を外してエンジンが冷えるのを待つ・・・・・

キャブレターも外す・・・・・

LLCを抜く・・

問題のウォーターパイプを外しOリングを交換・・・・・

Oリングがエンジンにへばりついてなかなか取れなかった(-_-;)

これじゃあ漏れるよな(~_~;)

左右のウォーターパイプのOリング交換が終わりキャブレターを取り付ける・・・・・

続いてラジエターホースの交換・・

プラグ交換もあるのでアッパーホースは後回し(^^ゞ

プラグキャップを外しプラグ周りを掃除・・

それからプラグ交換・・・

ホースが無くても3番は面倒だな(^^ゞ

プラグ交換が終わり一度エンジンをかける・・問題なし(^^)

ラジエターのアッパーホースを交換してLLCを注入・・

水漏れチェック・・問題なし。

タンクを取り付けてエンジンをかける・・

水は漏れてこない。

しばらく放置して電動ファンが回るまで待つ・・・・・

・・・・・・・・・・

やっと電動ファンが回った(^^ゞ

水漏れをチェックしながらまだ放置プレイ(^^ゞ

水漏れなし(^^)

サイドカバー、シートを取り付けて完成。
2015/10/25(日)
先日・・

ZZR1200の常連さんから電話でオイル交換の依頼。

しばらくするとZZR1200が到着。

納車されてから3週間くらい経過とか。

その時に交換されているだろう?と思うオイルを抜く・・

オイルをチェックすると確かにやってあるみたい(^^ゞ

丁度良いフラッシングくらいにはなっただろう(^^ゞ

ドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

スーパーゾイルも・・」と追加依頼。

スーパーゾイルも注入しエンジンをかける・・

2~3分ほどアイドリングさせてからエンジン停止。

オイル量をチェックして終了(^^)

オーナーさんといろいろ話をする・・

いろいろメンテしながら走っていればそこそこ楽しく走れるようになる・・はず(^^ゞ
2015/10/24(土)
先日の夜・・

スクーターを押してきたお客さんが来店。

見た感じ帰宅途中っぽい。

バイクはアクシストリート。

走行中にガス欠っぽい感じでエンジンが止まったらしい。

燃料などをチェックしながらいろいろ話を聞く・・

最近になってエンジンがかからなくなったりならなかったり・・とか。

今回の走行中のエンストは初めてとか。

私「もしかしたら燃料ポンプのトラブルかもしれないのでもう少し冷えたらかかるかも・・」

オーナー「そんな事あるんですか?」

私「特にヤマハが・・(^^ゞ」

オーナーさんが押して帰ると言ってきた。

タイヤの空気圧が低かったので調整・・

私「試しにエンジンをかけてみましょう(^^ゞ」

エンジンは何事もなかったかのように一発始動(^^ゞ

オーナーさんも呆れた顔をしていた。

私「これは燃料ポンプだと思いますよ(^^ゞ保証期間もなくなってますから修理代も高いですよ」と伝える。

とりあえずエンジンがかかったのでそのままオーナーさんは帰った(^^ゞ
2015/10/23(金)
先日、定期的に来るようになったカブ110が来店。

依頼はいつものオイル交換(^^ゞ

作業しながら関西弁のオーナーさんと談笑(^^ゞ

最近は都内を探索しているとか。

ノーマル状態のカブ110なら都内の交通の流れにも十分対応出来る・・はず(^^ゞ

ドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

エンジンをかけるとまたご機嫌になったようである(^^)

その内にタイヤ交換も必要になるな(^^ゞ
2015/10/22(木)
先日、常連さんが軽いメンテがしたいとかで来店。

場所を貸して作業をやらせる(^^ゞ

自分で必要な工具も徐々に集めたようである(^^)

作業で必要なケミカルはこちらで提供。

クラッチワイヤーの注油で本人が買ってきたワイヤーインジェクターを取り付けて作業・・

潤滑剤のノズルを取り付けて噴射・・

でも中には入らずほとんど漏れてくる(^^ゞ

こちらでワイヤーインジェクターの取り付け状態をチェック・・

特に間違ってはいない。

でもワイヤーを包み込むゴムの部分に隙間が出る(~_~;)

こちらが使っているワイヤーインジェクターを取り付けてやらせると・・

一発で潤滑剤が通った(^^ゞ

注油作業が終わりワイヤーインジェクターを比べる・・

外枠はほとんど同じ。

でも・・

ワイヤーを包み込むゴムに大きな違いがあった(^^ゞ

安物は全体的に薄い!!

その為しっかり固定しても圧力が足りなくなる(-_-;)

とりあえず対策してみたがどうなるやら(^^ゞ

道具は高ければ良いと言う事でもない・・

が、ハズレは非常に少ない(^^ゞ

逆に安物はたま~~~に良い物もある・・

が、ハズレも多い(^^ゞ

2015/10/21(水)
先日、常連さんがセローで来店。

「購入店で初回点検をやってきた」との事。

オイル交換はこちらでやるとの事で来店したらしい。

ありがたいねぇ(^^)

オイル交換のついででフィルターも購入してきたようである。

アンダーガードを外し先にフィルター交換から・・

カバーを外しフィルターを交換・・

カバーを取り付ける前にOリング部分をチェック・・

しっかりしたOリングだ・・

WRもこういう物を使ってほしいよなぁ・・

カバーを取り付けてドレンボルトを外し古いオイルを抜く・・・

新車時にスーパーゾイルを注入し慣らし運転をしていたのでそれほどギラギラしたものは少なかった。

ドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

エンジンをかけてオイル漏れのチェック・・OK

エンジンを止めてオイル量をチェック・・OK

アンダーガードを取り付けて完成。

オーナーさんが補助灯(LED)を取り付けたいとの事でいろいろ場所探し・・・

ライトの向きが固定式なのでなかなか良い場所がないとか(^^ゞ

じゃあ作っちゃえ(^^ゞ

って事でライト下のグリップ部分にパイプを取り付ける(^^ゞ

これならハンドルを切っても何処にも接触しない(^^)v

そのパイプに補助灯を取り付けて配線を作る・・

LEDの補助灯も点灯しオーナーさんも納得(^^ゞ
2015/10/20(火)
タイヤ

先日、ビートの外れたディオが来店。

オーナーさんはかなり年輩の方。

依頼は・・パンク修理(^^ゞ

リヤタイヤをチェックするとスリップサインが出てる(~_~;)

私「やってあげたいけど・・これだけ減っていると無理です(^^ゞ」

オーナー「前はやってくれたでしょ」

私「タイヤが薄くなってるから修理してもすぐに抜けてしまいますよ。諦めてタイヤ交換してください(^^ゞ」

オーナー「すぐ出来る?」

私「在庫がないので早くても今日の夜くらいになります(^^ゞ」

と伝えるとバイクを置いていった。

先に作業しているバイクが終わらせてオーナーさんが帰ってからいつものタイヤ屋さんへ・・

タイヤを購入して帰ってきた。

すぐにタイヤ交換・・・・・

それほど時間も掛からず交換終了。

フロントタイヤの空気圧調整・・

前後ブレーキ調整・・

軽くグリスアップ・・

オーナーさんへ連絡するとすぐに来店。

バイクが軽くなって喜んでいた(^^ゞ
2015/10/19(月)
GT380

さて・・

残る作業はメーターカバー修理とタンク交換。

先にヘッドライトを外しメーターも外す・・・

問題のギヤポジションのレンズは何処かな・・

なんて考えながらメーターを分解・・・

Sメーター側にはレンズが落ちてない・・(^^ゞ

Tメーターを外すと・・あった!!

紫色の四角いレンズを発見!!

メーターカバーにレンズを取り付けてしっかり固定・・

またメーターを組み立てる・・

メーターを車体に固定しヘッドライトも取り付ける・・

メインスイッチON・・

メーターチェック・・OK(^^)

最後にタンク交換。

古いタンクからガソリンを抜く・・

のだがタンクキャップが開かない(-_-;)

なんだかんだやっているとタンクキャップが開いた(^^ゞ

ガソリンを抜く・・・・・

燃料コックを外す・・

持ち込んだタンクを出してコック取付け部と中をチェック・・

中はそれほど錆てない・・かな(^^ゞ

コック取付け部を綺麗にしてコックを取り付ける・・

燃料を少し入れてガソリン漏れをチェック・・

ガソリン漏れはしてないがしばし放置しておく・・(^^ゞ

大丈夫だな(^^ゞ

抜いたガソリンをタンクに注入・・・

タンクを車体に取り付けサイドカバーも取り付けて完成(^^)

オーナーさんに完成連絡・・

後日、オーナーさんが来店。

ポイントカバーを外していろいろ説明・・・

キャブレターの状態も詳しく説明・・・

説明が終わるとオーナーさんにエンジンをかけてもらう・・

チョークを引きキックすると元気良くエンジンが始動。

前とはまったく違うと喜んでいた。

前の店では「旧車だからチョークを引いたままで走れ!!」なんて言われたらしい(-_-;)

そんなキャブレターセッティングはない!!

そこそこ暖気出来れば走れる状態だと伝える。

ニードル調整すればもう少しピックアップは良くなるとも伝える。

が、「遠出しないからこのままで良い」との事(^^ゞ
2015/10/18(日)
キャブレター

燃料が薄い・・って事でキャブレターを外す・・

分解し掃除・・・・・

特に問題はない・・

一応エアガンでブシュブシュしておく(^^ゞ

ただ・・油面が低いよなぁ・・

同調は目線で合わせる(^^ゞ

とりあえずこんなもんだろう・・くらいに油面を上げて組み上げる・・・

ガソリンを送ってもオーバーフローしない(^^)

そのままエンジンと合体・・

エアクリーナーは取付けしないでエンジン始動・・

エンジンがかかりしばし暖気・・・・・

暖気中でも燃料が薄い感じがする(~_~;)

暖気が終わってもやはり薄いか・・

プラグをチェックすると特に2番3番が薄い。

またキャブレターを外し油面調整・・・・・

特に2番3番の油面を高くする・・

キャブレターを組み上げてガソリンを送る・・オーバーフローはしないな(^^ゞ

キャブレターをエンジンと合体・・

エンジン始動・・

しばらく様子を見てプラグチェック・・

まだ2番3番が薄い・・か(~_~;)

フロートの当たりハズレが激しいな(~_~;)

こいつで言うと1番がハズレって事だな(^^ゞ

またキャブレターを外し2番3番の油面調整・・・・・

これ以上はやばいな・・って所まで調整(^^ゞ

キャブレターを組み上げて燃料を送る・・オーバーフローしないか(^^ゞ

そのままエンジンと合体・・

エンジン始動・・

3気筒の動きが滑らかになった感じ(^^)

エアクリーナーを取り付けて最終調整・・・・・

エアスクリューの戻しが1回転前後くらいで丁度良い感じになった(^^ゞ

プラグをチェック・・こんなもんかな(^^ゞ

残るは・・

メーターカバーの修理とタンク交換だけ・・

つづく・・
2015/10/17(土)
ポイント

エンジン不調らしいGT380が部品を揃えて来店。

そのままお預かり。

まずはシートグリップから・・

リヤサスを外したりしながら取り付ける・・・

シートグリップが歪んでいるのか?それともフレームが歪んでいるのか?・・

力技で何とか取り付ける(^^ゞ

さて・・

問題の点火系を先にやらなければ・・

壊れている?フルトラキットを外す・・・・・

持ち込んできた部品をチェック・・

新品のポイント(コンタクトブレーカー)は形が似てるがそのまま取り付けるのは不可(-_-;)

古いのが生きてるからそのまま使うか(^^ゞ

足りなかったコンタクトブレーカーカムも有る(^^ゞ

新品のコンデンサもまったく違う物で配線が短い(-_-;)

ノーマルの配線は1本外され残り2本も加工されていて短い(~_~;)

配線は何とかなるがターミナルがない(~_~;)

仕方ない・・オートバックスでも行ってみるか(^^ゞ

ターミナルを物色・・・2種類購入し帰ってきた。

ノーマルの配線を延長しもう1本を足す・・

古いポイントの接点を磨く・・

古いコンデンサを外し新品に交換・・するのだが配線が短い(-_-;)

ほとんど強引に新品のコンデンサに交換・・(^^ゞ

配線にターミナルを取り付けて各ポイントに配線を取り付ける・・・・・

久しぶりに5.5mmスパナが大活躍(^^ゞ

メインの左のポイントの点火時期をテスターを使いクランクを回しながら調整・・・

メインプレートをしっかり固定・・

次に右ポイントの点火時期の調整・・・・・

最後にセンターのポイントの点火時期を調整・・・・・

まあこんなもん・・かな(^^ゞ

バラバラの配線をテープでまとめ反対側に通してメインハーネスと接続・・

プラグキャップにプラグを取り付けて点火チェック・・OK(^^)

エンジンにプラグを取り付けてエンジンをかける・・

チョークを引いてキック数発でエンジンがかかった。

暖気しながら調子を見る・・

確かに低速域の調子が悪いな(^^ゞ

ガスが薄い・・

エアスクリューを目いっぱい締めても薄い・・(-_-;)

キャブレターを外すか・・(^^ゞ

つづく・・

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ