バイク修理屋のつぶやき2017年02月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2017/02/28(火)
Z750(07)の常連さんからメール・・

どうやら車検らしい。

特に悪い所はないようである。

分かっているとは思うが必要書類をメールで返信・・

週末、Z750が来店。

バイクを入れようとすると・・

「出るまでは何ともなかったんですが・・フォークが・・」

両方のフォークからオイル漏れ(~_~;)

「ここは初めてでしょ。もう10年だからね(^^ゞ」

バイクを中へ入れて書類確認・・OK

オーナーさんが帰ってから部品注文・・

今回はエアクリーナーも交換するか(^^ゞ

バイク全体を軽くチェック・・

シリンダーに繋がっているホースからも年々LLCの染みが広がっている(~_~;)

大量に漏れる事はないのだが症状は確実に酷くなってるし・・

何とかしてみるか(^^ゞ
スポンサーサイト
2017/02/27(月)
VFR750

では続きを・・

リヤ周りが終わり丁度良く注文していた部品が入荷(^^)

フロント周りの整備・・

ホイールを外しそのままベアリング交換・・

でも古いベアリングも悪い状態ではなかった。

ホイールバランスチェック・・問題なし(タイヤは結構硬くなってるなぁ・・(^^ゞ)

やはりハンドル振れはリヤが怪しかったかな・・

フェンダーを外し片方のフォークを外す・・

分解するとそこそこ汚れたフォークオイルが出てきた(^^ゞ

組み立てながら新品のオイルシールを組み込む・・・

フォークオイルを注入しエア抜きしながら油面調整・・・

仕上げたフォークの動きをチェックしてステムと合体・・

もう片方のフォークも外し同じ作業・・・・・

フェンダー、ホイールを取り付けてからパッド交換へ・・

キャリパーの掃除&グリスアップをして新品パッドを組み込む・・

フォークにキャリパーを固定してフロント周りも終了。

エンジン周り・・

前回からそれほど乗っていないようで特に問題なし(^^ゞ

充電電圧もOK

ハンドル周り・・

こちらもほとんど問題なし(^^ゞ

ロアカウル、センターカウルを取り付ける・・・

サイドカバー、シートも取り付ける・・

もう一度保安部品チェック・・OK

さて・・試乗してクラッチのチェックをしようかな(^^ゞ

エンジンをかけてしばらく放置・・

それから試乗へ・・

クラッチの切れ、繋がりはまったく問題なし(^^)

問題はパワーバンドに入る辺りからのクラッチ滑り・・

スロットルをグイッとひねり回転を上昇させる・・

パワーバンド付近で一瞬タコメーターの針がクイッと動いたがまだタイヤが暖まっていなかったのかホイルスピンしただけでスピンが止まるとフロントタイヤがフワッと浮いてきた(^^ゞ

何度か同じテストをしてみたがクラッチ滑りは解消(^^)

フロントパッドも軽く馴染んでくるとタイヤがロックするようになった(^^ゞ

フロントタイヤ(ディアブロコルサ)が現役ならジャックナイフするだろうな(^^ゞ

後は車検を通すだけだ(^^ゞ
2017/02/26(日)
リヤホイール

とりあえずクラッチの怪しい所はやるだけやってみた(^^ゞ

続いてリヤ周り・・

先にリヤホイールを外しタイヤ交換(タイヤレバーで)・・・

交換が終わると一度車体へ取り付けてみる・・大丈夫そうだ(^^ゞ

またホイールを外す・・

ホイールバランスは調整出来ないのでいつものタイヤ屋(レーシングMAX)へGO・・

向こうへ到着すると丁度作業はしてなかったので「ホイールバランスお願い(^^ゞ」

バランサーのアタッチメントを交換してホイールバランスチェック・・

出てきた数字は・・90g(-_-;)

二人で絶句(^^ゞ

「前のタイヤも120gくらい貼ってあったよ」

(ハンドル振れの原因はここかもしれない(^^ゞ)

試しにタイヤの位置を180度変更・・(タイヤチェンジャーは楽だなぁ(^^ゞ)

またホイールバランスチェック・・(それでも半分くらいはあるだろう・・と二人とも思っていた(^^ゞ)

出てきた数字は・・10g(^^ゞ

店長も「こんなの初めてだ(^^ゞ」とか(私もだが(^^ゞ)

10gのウエイトを貼って完成。

帰ってきてまたリヤ周りの点検・・

点検が終わりリヤ周りの掃除をしてホイールを取り付けてリヤ周りは終了。
2017/02/25(土)
VFR750(フルパワー)の常連さんが車検で来店。

オーナーさんから気になる所を聞く・・

クラッチ不調・・(通常走行は問題ないらしい)

ハンドル振れ・・

フォークのオイル漏れ・・

他・・

それから書類を確認・・

車検証・・OK

自賠責保険証・・OK

納税証明書・・?

持ってきたのだが・・有効期限切れ(^^ゞ

車検が近づいている方は気をつけましょう(^^ゞ

書類にハンコを押してもらい「もう一度探してきます(^^ゞ」との事でスパーダを貸した。

その間にセンターカウル、ロアカウル、サイドカバーなどを外す・・

クラッチ不調の原因を考えながら作業・・

クラッチはほぼ新品だからOKとしておこう・・

クラッチスレーブシリンダーも新品だからOKとしておこう・・

クラッチリフターロッドも前にチェックしたが曲がり、摩耗もなかった・・

残るはマスターシリンダー周り・・

でも全てノーマル部品・・

レバーを外しインナーキットをチェック・・問題なし・・

となればレバーとインナーキットの間のプッシュロッドが怪しい・・

レバーを取り付ける時にかなり押し気味な感じになる・・

ゴミがひっかかっている感じはない・・

プッシュロッドが伸びる?って事もないだろうに(^^ゞ

プッシュロッドを少し削っては取り付けを繰り返す・・・・・

ギリギリまで削りレバーの遊びをほぼ0に。

フルードを入れてエア抜きしながら交換・・

エンジンをかけてクラッチレバーを握りギヤを1速に・・

問題なくクラッチは切れている。

そのままクラッチミート・・

繋がりが近くなるわけでもなかったし繋がりも悪くない・・

おまけでレバーの重さも少し軽くなった(^^ゞ

そんなテストをしていたらオーナーさんが帰ってきた。

納税証明書を確認・・OK

オーナーさんに作業の説明をしてクラッチレバーを握ってもらう・・

オーナーさんもレバーの重さを気にしていたようであったが少し軽くなり喜んでいた。

「もしこれで滑るようならクラッチをもう一度組み直してみます」と伝える。
2017/02/24(金)
ST250E

前回部品が足りなくて作業を断念したST250E

足りない部品を揃えてまた来店。

部品をチェック・・ベースパッキンは金属製か・・

「こいつはまだやった事はないけど見た目にはエンジンを降ろさなくても何とかなるかも?・・」

とは言ってはみたがどうなる事やら(^^ゞ

タンク、マフラー、キャブレターなどを外す・・・

とりあえず圧縮上死点に合わせてヘッドカバーを外す・・長めの6mmスタッドボルトが怪しいな・・

カムのタイミングは・・なるほどね(^^ゞ

シリンダーヘッドを外そうとしたら・・やはり6mmスタッドボルトが邪魔をして外せない(~_~;)

「やっぱりエンジンを降ろすか移動させるかしないとダメだね(^^ゞ」

クランクケースを固定している部分を2ヶ所外そうとしたがクランクケース下のボルトが抜けない(-_-;)

「スズキはこのボルトどうやって組んだんだろうね・・スズキマジックだ(^^ゞ」

オーナーさんと相談しサイドスタンドスイッチのブラケット部分を少し削らせてもらったらボルトが抜けた(~_~;)

エンジンを前に傾けてシリンダーヘッドを外してみる・・

外れた\(^o^)/

シリンダーも外れた(^^)

ピストンをチェックすると6万キロ以上使っているにしては抜けてなかった(^^ゞ

でもピストンリングはそれなりにお疲れモードかな(^^ゞ

オーナーさんにシリンダーヘッド、シリンダーを渡し合わせ目のガスケットの除去をしてもらう(^^ゞ

こちらはクランクケースの合わせ目を綺麗にして新品のピストン&リングを交換・・

見た目はそれほど変わらないがスズキなりに工夫しているな(^^ゞ

オーナーさんの作業が終わるまで少し休憩(^^ゞ

シリンダーの処理が終わりスーパーゾイルを塗りピストンと合体・・

シリンダーヘッドの処理も終わりシリンダーと合体・・

カムチェーンの状態をチェックしてシリンダーヘッドをしっかり固定・・・

カムシャフトを取り付けてクランクを回しタイミングチェック・・OK

ヘッドカバーを取り付けてしっかり固定・・

クランクケースのマウントボルトをしっかり固定・・・

先にキャブレターを取り付けてエンジンをかけてみる・・

問題なくエンジンは始動(^^)

異音&オイル漏れもない(^^)

エンジンを止めてマフラーを取り付ける・・

またエンジンをかけて様子をみる・・

オーナーさんが排圧の違いに気がついたらしい。

そのままエンジンを暖気・・・・・

異音&オイル漏れはない(^^)

外してある小物を取り付けてからキャブレター調整・・

調整が終わるとアイドリングが安定し排気音も良い感じ(^^)

「クラッチも交換したばかりだからエンジンの違いもはっきり分かるはずだよ(^^)」

帰り際に発進すると・・

「全然違う!!」との事であった(^^ゞ
2017/02/23(木)
ここ数日・・

寒暖の差は激しいが・・

それでも暖かい日が多くなってきた(^^)

明日は雨っぽい・・

はたして・・また寒くなるのか?
2017/02/22(水)
セロー250の常連さんが来店。

話を聞くとオイル交換の依頼。

バイクを中へ入れて古いオイルを抜く・・

その間に雑談していると・・

やはりリヤサスの事に(^^ゞ

新車時の時はそれなりの高さにあったシート位置。

現在(まだ1年未満)は明らかに低くなっている。

リヤサスのスプリングのへたりもあるが・・とりあえず伸びきった状態でも低い(~_~;)

先にドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

一度エンジンをかけてからオイル量をチェック・・OK

続いてリヤサス(スプリング)の調整・・・・・

シートの高さに変化はないが体重を載せた時のぐにゃぁ~~は解消(^^ゞ

オーナーさんもとりあえず納得したらしい(^^ゞ
2017/02/21(火)
ST250Eの常連さんが来店。

エンジンは止めないでオーナーさんが中へ入ってきた。

異音でも出てるのかなぁ・・

と思っていると・・

「ピストンリングの交換お願いします」

「部品は有るの?」

「スズキで部品を注文して貰ってきました」

話を聞いていると府中の○ールドっぽい・・

「エンジンを止めないって事は預けるんだよね?くそ熱いエンジンは触らないよ」

「あっ」と言ってオーナーさんはバイクのエンジンを止めに行った。

その間に持ち込んだ部品をチェック・・

「?・・足りない部品が数点有るけど・・」

「スズキで一通り説明して部品を注文してもらったんですが・・」

「多分受付した人がメカの知識がないんじゃないかなぁ」

足りない部品を別の紙に書いてオーナーさんに渡す。

「これが揃ったら作業出来るよ」

「こんなに(-_-;)・・追加注文してきます」

今回は作業を諦めて帰った(^^ゞ
2017/02/20(月)
TT250Rの常連さんが来店。

話を聞くと・・

サブライトを取り付けたい・・との事。

元々それほど明るくはないヘッドライト(^^ゞ

姉妹品のレイドのライトを移植している人も居るらしいが充電系が怪しくなる・・だろう。

今回持ち込んだのはLEDライト2個と配線(スイッチ付)

まずは電源を取りライトチェック・・OK

白いビームのような光。

ノーマルヘッドライトより明るい(^^ゞ

ここからが問題・・

このライトを何処に取り付けするか?

オーナーさんといろいろ相談・・・・・

ライトの取り付け位置が決定。

まずはLEDライトを取り付ける・・・・・

残るは持ち込んだ配線キットを上手く収納するだけ・・

だがスペースがあまりない(~_~;)

ノーマル部品を少し移動させてみる・・・・・いけるかも(^^ゞ

一端形にしてオーナーさんにも確認してもらう・・OKサイン。

スイッチの位置はオーナーさんに任せて取り付けしてもらう・・

後はこちらが配線を加工・・・・・

長過ぎる配線も短くなりスッキリ収納(^^)

ライトチェック・・OK

「後、オイル交換も」

古いオイルを抜く・・

ドレンボルトを締めてトリプルRを注入し一度エンジンをかける・・

エンジンを止めてオイル量をチェック・・ちょっと補充して終了(^^)

作業が終わると外はほどよく暗くなっていた。

エンジンをかけてサブライトON・・

光軸を適度に合わせて楽しそうに帰った。
2017/02/19(日)
マウス

ほぼ毎日使っているマウス。

真ん中のクルクルの調子が悪くなってきてストレスを感じてきた(^^ゞ

って事で近くの電気屋へ・・

飾ってあるのは私が使うにはお高い(^^ゞ

ワゴンに雑に展示してあるマウスを物色・・・

同じメーカーで大きさもほぼ一緒(^^ゞ

値段は¥600くらい(^^ゞ

写真左が新品で右が今までの。

真ん中のクルクルを動かすと手応えが違う(^^ゞ
2017/02/18(土)
朝晩はまだ寒い・・

でも春一番が吹いたらしい。

春は確実に近づいている(^^)

天気予報ではまた寒くなるとは言っていたが(^^ゞ

季節の変わり目で仕方ない事だろう(^^ゞ
2017/02/17(金)
たまに中国系バイクの修理相談がある。

それが一般消耗品なら何とかなる場合もある。

でも・・

それ以外でオーナーさんが弄り壊したのを修理してほしいとの相談もある。

こういう時は一般消耗品ではない事が多い。

後先考えないでこういうバイクを購入したオーナーさんの責任は大きい。

バイク屋で購入していればそこで何とかなる・・だろう。

個人売買なら最悪。

そうするとこちらでも部品は完全に入手不可!!

部品が入手出来なければ修理出来ない事もある。

当然事故関係の修理&見積もりも不可能!!

「このブログを見て・・・」とメールしてくる人は気をつけてもらいたい(^^ゞ
2017/02/16(木)
NSR250の常連さんから電話・・

「バルブからエア漏れしてる(^^ゞ」との事。

「バルブは有るけど今作業中だから出れないよ」

「じゃあ軽トラ貸して(^^ゞ」

しばらくして常連さんが来店。

軽トラで自分のバイクを引き上げに・・(^^ゞ

こちらの作業が終わりのんびりしていると軽トラが帰ってきた。

バイクを下ろして中へ入れる。

バルブの根元に大きなヒビ割れ(~_~;)

「自分でやる!!」との事(^^ゞ

「じゃあ頑張って(^^ゞ」

そこそこ弄れる・・はずだから大丈夫だろう(^^ゞ

先にリヤからやり始めた・・

ホイールを外しエア抜きしビート落とし・・・・・

なかなか落ちないのでコツを教える(^^ゞ

何とかビートが外れタイヤを捲るのだがこれまた上手く出来ない(^^ゞ

これもコツを教えると何とか捲れた(^^ゞ

バルブの交換はこちらがやる・・

タイヤが嵌りホイールを見るとあちこちキズが・・(~_~;)

本人の責任だからね(^^ゞ

エアを入れてホイールバランスチェック・・OK

ホイールを取り付けてリヤは完成。

続いてフロント・・

ホイールを外しエア抜きしてビート落とし・・

さすがに流れ作業なので体は覚えたらしい(^^ゞ

タイヤ半面を捲りバルブ交換・・

タイヤを嵌めてエアを入れてホイールバランスをチェック・・OK

ホイールのキズは見なかった事にする(^^ゞ

ホイールを取り付けて完成。
2017/02/15(水)
TRX850

点検が終了したTRX850

残るは洗車・・

エンジン周りは普通の洗剤で・・・・・

白いホイールはフィルタークリーナー&スポンジで油汚れを落としてから洗剤で・・・・・

最後に水で流す・・・・・

外装を磨いて完成(^^)v
2017/02/14(火)
TRX850

TRX850の常連さんが来店。

オーナーさんが中へ入ってきて「12ケ月点検お願いします」との事。

気になる所は無いか確認するが特になし(^^ゞ

以前乗せ換えたエンジンも調子が良いらしい(^^)

交換するのはエンジンオイルくらい。

「後日取りに来ます(^^)」と一晩お預かり。

先に古いオイルを抜く・・・

ドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

一度エンジンをかけてからオイル量をチェック・・少し補充・・

ツインとは言え約4リットルほど飲み込んだ(^^ゞ

オイル量が多い分だけ余裕も出てくるから長持ちするのだろう。

今時のバイクは軽量化などと言い訳してオイル量も減らしているから寿命も短い・・はず(^^ゞ

必要な所はもっと余裕を確保してほしいと思う。

シートを外しタンクを起こしてつっかえ棒・・(^^ゞ

バッテリーは外さずにそのままチャージ・・

エンジン周りのチェック&掃除・・・

リヤ周りのチェック&キャリパーの掃除、エア抜き・・・

フロント周りのチェック&キャリパーの掃除、エア抜き・・・

最後にハンドル周りのチェック&グリスアップ・・

タンクを戻しバッテリーチャージをやめてエンジン始動・・

保安部品チェック・・OK

充電電圧チェック・・OK

シートを取り付けて終了(^^)

後は洗車だな・・

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ