バイク修理屋のつぶやき2017年05月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2017/05/28(日)
R1-Zの常連さんがフロートバルブを入手し来店。

場所を提供し作業させる(^^ゞ

もう何度もキャブレターを脱着しているので作業が早い(^^ゞ

途中フロートバルブの受け側が外せないらしくお手伝い・・

ジェット類はとりあえずノーマルセッティングに戻させる(焼き付き防止のため)

フロートは正規品を使わずこちらの持っていた中古を使うらしい(^^ゞ

キャブレターを取り付けてお漏らしチェック・・OK

エンジンをかけて調整している・・・・・

調整の仕方も大分覚えたようで見てても安心。

試乗してとりあえず納得したらしい(^^ゞ

細かいセッティングは様子を見ながらやるとの事。
スポンサーサイト
2017/05/27(土)
急激な気温上昇が続いていたが・・

雨・・

一時的ではあるが涼しくなった(^^ゞ

多分これがいつもの気温だと思う。

恵の雨とは言わないが雨嫌いのライダーにとっては嬉しくないだろう(^^ゞ
2017/05/26(金)
ファンスイッチ

ファンスイッチが入荷(^^)

タンクを起こしておく・・

それからファンスイッチ交換・・

LLCを補充・・・

タンクを元に戻しエンジン始動・・

このまま電動ファンが回るまで放置・・・・・

一応その間に水漏れもチェック・・OK

しばらくすると電動ファンが回った(^^)

このままもう少し様子を見る・・・・・

電動ファンは快調に回り水漏れも無し(^^)

タンクを固定しサイドカバー、シートを取り付けて完成(^^)
2017/05/25(木)
ファンスイッチ

少し前にキャブレターと充電系を直したCB1300

今度は電動ファンが回らなくなった・・とか。

ヒューズは切れてないらしい。

現状を見ないと何処が壊れているのか分からないので来店してもらった。

ラジエターの横に付いているファンスイッチの配線を抜いて直結・・

電動ファンは元気に回る。

となればこのファンスイッチが壊れているって事になる。

このままお預かり(^^ゞ

すぐに部品注文・・
2017/05/24(水)
常連さんが来店。

大型二輪免許を取得したらしい。

前は大型バイクを見ても・・乗れないなぁって感じの顔であった。

が免許を取得したら・・乗れるって感じの余裕がある。

特に乗りたいバイクはないらしいが心のゆとりで走れるだろう(^^ゞ
2017/05/23(火)
ビーノ(2スト)が来店。

タイヤの空気を入れてもすぐに抜けてしまうらしい・・

タイヤは特に問題なし。

だが・・チューブレスバルブを弄ると・・シュ~~(~_~;)

オーナーさんに「バルブがダメですね(^^ゞ」と伝える。

するとチューブレスバルブ交換の依頼。

追加でエンジンの調子が悪いとの事でチェックする事に(^^ゞ

とりあえずお預かり。

先にフロントからチューブレスバルブ交換・・・・・

続いてリヤのチューブレスバルブ交換・・・・・

それからプラグチェック・・

エアクリーナー掃除・・・

エンジンをかけて回転を上昇させ様子をみていると・・

オイルの臭いからカーボンの焼けるような臭いに変化(^^ゞ

マフラーが便秘ぎみらしい(^^ゞ

これはオーナーさんに伝えて返事を待つとするか(^^ゞ

作業が終わりオーナーさんへ連絡すると数分後来店。

マフラーの便秘を説明・・

納得してもらい納車。
2017/05/22(月)
土曜から急激に気温が上昇・・

日陰に居る分には良いが日向はかなり暑そう(^^ゞ

場所によっては30度を超えてる所も・・

でも今はまだ梅雨・・だよなぁ・・

ライダーの姿を見ていると・・暑そう(^^ゞ

適度に水分俸給してもらいたい。
2017/05/21(日)
ホイール

カブの常連さんが来店。

何やら大きな箱を積んできた。

中身はカブの前後ホイールと幅広の鉄リムが一つ・・

リヤホイールはASSYの新品(^^ゞ

何をやるのか・・

新品のリヤホイールに1.85リム、フロントホイールに外した1.60リムに交換・・らしい。

ホイールを預けて帰った。

さて・・のんびりやるか(^^ゞ

まずはリヤホイール。

ニップルを緩めて1.60リムを外す・・・・・

1.85リムを仮組み・・・・・

バランスを取りながらニップルを締めていくがリムの精度が悪く上手くいかない(~_~;)

リヤは後回しにするか(^^ゞ

フロントホイールのニップルを緩める・・・

が、全体的に動きが悪い(-_-;)

何とかニップルを緩め1.40リムを外す・・・

先ほど外した1.60リムを仮組み・・・・・

バランスを取りながらニップルを締めていく・・・・・

こちらはリムの精度が良いようで楽(^^ゞ

ニップルが渋くなければもっと楽(^^ゞ

バランスを見ながらニップルを締めていく・・・・・

最後にホイールを回して・・こんなもんだな(^^ゞ

またリヤホイールへ・・

ニップルを緩め最初からやり直し・・・・・

リムにテープでマーキングしてバランスを見ながらニップルを締めていく・・・・・

精度の悪い部分を把握しながらバランスを取っていく・・・・・

今度は良い感じでバランスが取れてきた(^^)

バランスを見ながら全体を締めていく・・・・・

最後にホイールを回して・・こんなもんだな(^^ゞ

カブにこんな太いリムが必要なのだろうか(^^ゞ
2017/05/20(土)
金魚

相変わらず半放置飼育している金魚の稚魚(^^ゞ

残り2匹。

やっと魚らしくなってきた(^^)
2017/05/19(金)
前回サーモスタット交換した隼。

冷却は良くなったらしい。

が、今度は低速域でギクシャクするとか。

それで来店したのだがこの日は症状が出てないらしい(^^ゞ

こうなると機械系ではなく電気系だろう。

とりあえずタンク内のガソリンをチェック・・

特に水が混入してる形跡はなさそう。

後はプラグを掃除して様子を見てもらう事に(^^ゞ

電気系で考えると・・

点火系・・

燃料系・・

どちらも関係あるので難しいな(^^ゞ
2017/05/18(木)
前回油面調整したR1-Z

やはりお漏らしは直ってないらしい(~_~;)

それで新品のフロートを持ち込んで来店。

場所を提供し作業させる・・・・・

キャブレターを合体させ燃料を送る・・

そのままでは特にお漏らしはない。

でもバイクをゆするとお漏らし(~_~;)

こうなると関連部品のフロートバルブも怪しくなる。

とりあえず新品のフロートは弄らずに前のフロートを更に油面調整してみる・・

これで試してみるが症状は同じ(~_~;)

中古のフロートをいろいろ探してみる・・

取り付け出来そうな物を発見(^^ゞ

「これで試してみる?」

また右キャブレターを分解しフロート交換・・

キャブレターを合体させ燃料を送る・・

バイクをゆするとお漏らしはするが極少量(^^ゞ

「これで様子を見れば(^^ゞ」

オーナーさんも今回はこれで様子を見る事に。

次回は新品のフロートバルブも持ってくるらしい(^^ゞ
2017/05/17(水)
チェーン

クロスカブのお客さんが来店。

ドライブチェーン(持ち込み)の交換依頼。

純正のチェーンカバーが外されていて他のチェーンカバーが取り付けられている。

バイクを中へ入れて作業開始・・

リヤアクスルを緩めホイールを前へ移動・・

その時にオーナーさんが「ドライブスプロケットのチェックもお願いします」との事。

カバーを外しドライブスプロケットをチェック・・問題なし。

古いチェーンに新品チェーンをくっつけて通す・・

リンク数を合わせてカットしクリップジョイントで固定・・

チェーン調整して固定しブレーキ調整して終了・・

と思っていたら「フロントブレーキシュー(社外品)も」と追加依頼。

フロントをジャッキアップ・・

フロントホイールを外し古いブレーキシューも外す・・

ブレーキカムの動きは問題なし。

新品のブレーキシューを取り付けてホイールをフォークに合体させ終了。
2017/05/16(火)
少し時間が掛かったが電動ファンが入荷(^^)

中身をチェック・・

外観は特に変わった所はない(^^ゞ

ペラを回してみると・・スムースな動き。

外してあるラジエターに電動ファンを合体・・

ラジエターを車体に取り付けてLLCを注入・・・

15Aのヒューズも取り付ける・・

エンジンを始動・・

電動ファンが回るまで放置・・・・・

スロットルボディを掃除したらアイドリングが上昇し調整・・

水漏れもない(^^)

電動ファンが元気に回った(^^)

ヒューズも切れる事もなくなった(^^)

同調も見るか(^^ゞ

ほとんど問題ないが微調整(^^ゞ

エアクリーナーケースを取り付けタンクを戻す・・

ウインカーも取り付ける・・

シートも取り付けてもう一度エンジン始動・・

問題なし(^^)

オーナーさんに連絡して完成。
2017/05/15(月)
電動ファン

注文している部品がまだ入荷してないZ1000

ラジエターを外し電動ファンも外す・・・

外した電動ファンに電気を流してみるが回らない(^^ゞ

最後の一滴まで力を使いまくったらしい。

電動ファンを分解・・・

モーターがなかなか分解出来ないなぁ・・

溶接してるような感じでもないし・・

何だかんだしていると隙間が見えた(^^)

どうやら磁力が強いようである。

分解出来そうな感じになりこじこじしていると蓋が開いた(^^)

すぐに目に入ったのはブラシ部分。

ここがヒューズ切れの原因らしい。

ブラシの片方は限界まで使われていた。

モーターと言えば銅線がいっぱい使われている・・と思っていたのだが(^^ゞ

ここまでシンプルな造りでも問題ない時代になったんだねぇ(^^ゞ
2017/05/14(日)
スロットルボディ

電動ファンを注文中のZ1000

エアクリーナーケースを外してあるので掃除でも・・

スロットルを開閉し汚れをチェック・・

エンジンコンディショナーを少量ずつ吹き付けて放置・・

その間に同調のスクリューを探してみるが真ん中に一つだけ。

1番2番と3番4番がそれぞれ一つのブロックになっている。

インジェクションってこんなんでも良いんだ(^^ゞ

放置しておいた部分を拭き取り汚れをチェック・・

まだ汚れているのでエンジンコンディショナーを少量吹き付けてまた放置・・

また放置しておいた部分を拭き取り汚れをチェック・・

まあそこそこ綺麗になった・・かな(^^ゞ

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ