バイク修理屋のつぶやき2017年09月

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2017/09/30(土)
スバルから・・

スバルからリコールの案内が届いた・・

ネットでサンバーのリコール情報を見たのだが・・年式はギリギリセーフだったような・・(^^ゞ

中身をチェックするとやはり同じ部分であった。

特に異音みたいな音は出ていないが・・行ってみるか(^^ゞ

初めて行くスバルのディーラー・・

到着して案内を見せるとすぐに工場の中へ・・

工場の中が見えるので見学・・

やる事と言っても右リヤホイールを外してプーリーのチェックをするだけだが(^^ゞ

荷台のカバーも外してる(^^ゞ

作業は15分くらいで終わっているが書類関係の処理もやって30分くらい終了。

「特に問題ありませんでした」との事。

こちらも分かっているけど(^^ゞ
スポンサーサイト
2017/09/29(金)
ボルト残骸

数日前にステップラバーの交換で来店したW400

この時はステップラバーの5mmボルトが固着していてスペアがなかったので断念。

それで後日ステップラバーのボルト(4本)と可動部分の強化スプリングを用意してまた来店。

作業開始・・

先に前回出来なかった左側から・・

ブラケットのボルトを外しステップを外す・・

固着しているボルトの頭をドリルで破壊しステップラバーが外れた(^^ゞ

可動部のスプリングを交換し新品のステップラバーも取り付けフレームに合体・・

続いて右ステップ・・

こちらは社外マフラーのブラケットが邪魔をしている(~_~;)

とりあえずステップラバーのボルトを緩めてみる・・

こっちは2本とも固着か(-_-;)

右サイレンサー、ブレーキペダルを外し右のエキパイを緩めて角材でコンコンコンコン・・

少し隙間が出来ると右ステップが外れた。

こちらも同じようにボルトの頭をドリルで破壊しステップラバーを外す・・

ステップラバーは交換しないのでボルトの残骸も外す・・

可動部のスプリングを交換しステップラバーを取り付けフレームに合体・・

エキパイと同時組みなので多少手間が掛かった(^^ゞ

ブレーキペダル、サイレンサーを取り付ける・・

最後にエンジンをかけて排気漏れチェック・・OK

これで作業終了(^^)
2017/09/28(木)
ZZR1200

排ガスだけが不安なZZR1200(^^ゞ

一応整備が終わり車検予約・・

書類記入・・・

時間に余裕があるのでライト調整屋へ試乗も兼ねて向かう・・

極低速は多少乗りにくいがやはり大排気量車。

気にしなければ普通に走れてしまう(^^ゞ

ライト調整が終わり帰ってきた。

車検当日。

少しジメッとしているが晴れ。

そのまま乗っていっても良いがなるべくエンジンは冷やしておきたいので軽トラに積んで出発・・

車検場に到着。

書類に印紙を貼り予約チェック・・

軽トラからバイクを下ろしてラインへ・・

数人待ちでこちらの番・・

保安部品チェック・・OK

問題の排ガス検査・・・

数字を見ていると・・そろそろやばい領域になってきた(~_~;)

これでも現状ではかなり激薄状態にしてきたのに・・(-_-;)

止まれ~~~~~・・「○}

無事に排ガス検査・・OK(^^ゞ

速度・・「○」

ブレーキ・・「○」

ヘッドライト・・「○」

新しい車検証とシールを貰い車検終了(^^)v

帰って来てまた右アンダーカウルとタンクを外しキャブレター調整・・・・・

大排気量らしい排気音が復活(^^)

タンク、右アンダーカウルを取り付けて完成(^^ゞ

オーナーさんへ車検終了と現状をメールで送る・・

後日オーナーさんが来店。

現状を詳しく説明して納得してもらってから納車。
2017/09/27(水)
ホーネット250

ホーネット250のオーナーの父親から電話・・

怪我の様子を聞くと打撲メインで骨折はないらしい(^^ゞ

バイクの方は・・・・・・・・・・と転倒の割に軽傷と伝える(^^ゞ

走れる状態にしてほしいとの事。

トッピングが多いハンドル周りを少し修正しながら整える・・・・・

グニャ~~と曲がっているブレーキペダルを修正・・・

鉄製の部品は修正出来るから良い(^^ゞ

これでとりあえず走れる状態になった(^^ゞ
2017/09/26(火)
ZZR1200

常連さんのZZR1200(C1)が車検。

初年度登録から14年か・・

キャブレター仕様では排ガスが怪しくなる・・

以前フルパワーのZRX1200もそうであった(~_~;)

フルノーマルだから大丈夫かなって通してみたら排ガスで落ちた(予想はしてたが(^^ゞ)

こいつ(ZZR1200)も排ガスの臭いはギリギリ通るか通らないかみたいな感じ・・

ちょっとだけでも良くなる方向でやるしかないな(^^ゞ

面倒だがキャブレターを外しフロートをチェックするとガソリン色の漬物状態・・

それでもオーナーフローしてないだけ立派かな(^^ゞ

油面を1mmほど下げる・・・・・

これで多少は良くなるはず(^^ゞ

後はパイロットスクリューを絞れば何とかなる・・かな(^^ゞ

バッテリーの充電電圧も14vを若干上回る程度・・

理想はやはり余裕の14.5vだが(^^ゞ

古くなってくるといろいろ出てくるもんだ(^^ゞ
2017/09/25(月)
部品

セロー250の常連さんが来店。

新車時につま先立ちだったノーマルポジション・・

半年もしない内に踵が余裕でつくほどになっていた。

新車時にリンクのグリスアップはしてある。

それでリヤサスのスプリングを調整したみたが若干直った(踵が軽くつく)程度であった(~_~;)

根本的な原因があるのは確かなのだがハッキリとは言えない・・

個人的な意見ではあるがリヤサスが怪しい(^^ゞ

へたりだけではないがこれと言ってリコールが出ているわけでもない(~_~;)

打開策としてはリンクのコネクティングロッドの変更くらい(^^ゞ

姉妹品のトリッカーのコネクティングロッドが若干短いらしい。

それで先に部品注文・・

物はすぐに入荷(^^)

オーナーさんに連絡すると後日来店。

バイクを中へ入れてジャッキアップ・・

後はオーナーさんがやるので見学(^^ゞ

こちらは外れたコネクティングロッドとトリッカーの物を比べる・・

2mmほどではあるが確かに短い(^^ゞ

個人的にはあと1mmほど短くても良いのだが(^^ゞ

トリッカーのコネクティングロッドの取り付けが終了。

ジャッキを外しオーナーさんに跨ってもらうと・・

「大分直りましたね。前ほどではないですけど(^^ゞ」

踵が浮くようになり満足度半分ってとこかな(^^ゞ

それでも踵べったりよりは良いとの事。

WRと比べるとかなりコストダウンされているのは分かっている。

せめてサスのスプリングくらいは良い物(材質)を使ってほしいものだ(^^ゞ

もう生産中止になってしまったが(^^ゞ
2017/09/24(日)
ホーネット250の常連さんから電話・・

他県で転倒したらしい(~_~;)

本人もそれなりのダメージが有る・・とか。

骨折はしてないようであった。

バイクはレッカーでこちらに運んでくるとの事。

少ししてからレッカー屋から電話・・

大体の到着時間を聞いて待つ・・

到着時間を過ぎた頃にレッカー屋が到着。

バイクを下ろす作業中に軽くチェック・・・

フロントから滑った跡がハッキリ残っている(^^ゞ

でも車体、足回りは大丈夫そうだ・・

今回は人のダメージが大きそうだな・・

バイクを中へ入れて書類処理・・

レッカー屋は帰った。

エンジンをかけてみる・・

少しかぶっていたようだが無事に始動(^^ゞ

もうすぐ9万キロになりそうなオドメーター(^^ゞ

それでも調子は悪くない。

細かいキズを除けばブレーキペダルの修正だけで何とかなりそうだな(^^ゞ
2017/09/23(土)
初来店のお客さん・・

バイクには乗ってきてないがオイル交換が出来るか聞いてきた。

バイクはマジェスティ125・・らしい。

世間ではコマジェとか言われているやつか・・

個人売買で購入したとか(^^ゞ

そこそこ話をしてお客さんは帰った。

が1時間も経過しない内にマジェスティ125が来店。

そこそこ改造してあるがメンテはあまりしてないような感じ・・

はっきり言えばボロを買わされたようなもの(~_~;)

走れるだけでもマシかな(^^ゞ

とりあえずドレンボルトを緩めてみる・・・

が、頭の部分が歪んでいた(-_-;)

メガネレンチだと不安を感じるのでボックスレンチでやってみる・・

1mmも動かない(-_-;)

「これ、無理すると壊れますよ。オイル交換は無理です」

「じゃあどうすれば・・」

「今現在エンジンの異音は出てないしオイルもまだ使える感じだからこのまま乗りながら他のバイクを探した方が無難かも」

「・・・」

「カブなら丈夫ですよ。燃費も良いし(^^ゞ」

と伝えて今回は終了(^^ゞ
2017/09/22(金)
アドレス125の常連さんから電話・・

「2回目のオイル交換なんだけどフィルター交換した方が良い?」

新車時からスーパーゾイルを入れてあるから問題ないんだけど(^^ゞ

「やっておいてもバチは当たらないと思いますよ(^^ゞ」

しばらくしてアドレス125が到着。

「用品屋でフィルター買ってきた」

バイクを中へ入れて先に古いオイルを抜く・・

その間にフィルターの位置を探す・・(^^ゞ

左前の下にそれらしきカバーを発見(^^ゞ

ドレンボルトを締めてセンタースタンドを立てる・・

それらしきカバーのネジを緩めるとオイルが出てきた(やっぱここか)

カバーを外しフィルター&Oリング交換・・

トリプルRスーパーゾイルを注入・・

一度エンジンをかけてオイル漏れチェック・・OK

エンジンを止めてオイル量をチェック・・少し補充・・

「エンジンが静かになった(^^)」との事。

元々新車時に振動が多かった。

それが気になるとの事でオイル交換の依頼が有りオイル交換(1回目)をしたら振動が激減!!

ついでにスーパーゾイルも注入した(更に振動が減った)

最後にタイヤ空気圧調整、リヤブレーキ調整、レバー注油で作業終了。

しばらく雑談し帰った。

帰り際の走りを見ているとイントラを退いてかなり経過するがライテクは健在。

相変わらず切れのある滑らかな走りであった。

自分では敵わないな(^^ゞ

雑な操作なら負けない気がする(^^ゞ
2017/09/21(木)
毎年行っている交通安全運動

今年は9月21日~9月30日まで。

表向きは交通事故死亡0運動。

裏は・・・

まあ好きで事故を起こす人はいない。

極一部の当たり屋以外は。

視野を広げてサイン会に参加しないように気をつけましょう(^^ゞ
2017/09/20(水)
パッド

店の前に見慣れたような見慣れないようなスクーターが止まった・・

アドレスのような気がするんだが・・ホイールが大きいな・・

アドレス110か(^^ゞ

初めて見た(^^ゞ

オーナーさんが中へ入ってきて「パッド交換してください」

「在庫は持ってないから用品屋で買ってくるか、もしくは向こうでも交換出来ますよ(^^ゞ」

と伝えるとオーナーさんはそのままバイクに乗って用品屋へ・・

しばらくしてまたアドレス110が来店。

向こうは混んでいたようでこちらへ戻ってきたらしい(^^ゞ

すぐに作業開始・・

キャリパーを掃除しながら「これってリコール出てましたよね」

「ハガキがきてすぐにやってもらった」との事。

キャリパーの掃除が終わり新品パッドを取り付けてフォークに合体・・

レバーをにぎにぎしてブレーキのチェック・・OK(^^)

引きずりもない。

タイヤの空気圧チェックの依頼・・

少し減っていたので調整・・

リヤタイヤがやばいのでオーナーさんに伝えリヤブレーキの調整もして作業終了。
2017/09/19(火)
青空

台風18号が通過している所は酷い災害の所も・・(-_-;)

洪水・・

停電・・

風で車が倒れたり、看板が落ちたり・・

早めの復旧を祈る・・

台風が去って雲一つない秋晴れ?

気温も夏に戻ったみたいな30度超え(^^ゞ

寒かったり暑かったりの気温差で大変だ(^^ゞ
2017/09/18(月)
今お騒がせ中の台風18号

日曜の昼くらいに九州に上陸

今年の西日本はによる被害が多い(-_-;)

今回の台風でまた大雨の所も・・(-_-;)

台風18号はこのまま日本縦断みたいな形で進むらしい・・

被害、災害が少ない事を祈る・・

連休中に出かけている人も気をつけてもらいたい。
2017/09/17(日)
少し前にバイクの修理相談をしたW400が来店。

今回はフォークのオーバーホール。

部品などはオーナーさんが用意してきた(^^ゞ

バイクを中へ入れる時に違和感が・・

タイヤの空気圧が減り過ぎている感じではない・・

フロントをジャッキアップ・・

ホイールが浮いた状態でハンドルを動かすと引っかかるわけではないが重い・・(-_-;)

多分ベアリング交換が必要だろう・・

オーナーさんに伝えておく。

オーナーさんが言うには「買った時からこうでした」

「な、なるほど(~_~;)」

センタースタンドのブラケットは存在するのだがW650とは足回りが違うようで標準装備ではないらしい。

その分シート高が低いのかもしれない。

ホイール、フェンダーなどを外す・・・

この時、フロントアクスルがかなり締めこんであったようでなかなか外れなかった(~_~;)

片方のフォークを外し分解・・・

この時、一番下のボルトがネジロックの影響でなかなか外れなかった(-_-;)

インナーチューブとアウターチューブを合体させトップキャップを外しスプリングも抜く・・

新品のオイルシールを打ち込みフォークオイルを注入しエア抜きしながら油面を合わせる・・

外したスプリングを入れてトップキャップを取り付けて車体に合体・・

もう片方のフォークを外し分解・・・

こちらも一番下のボルトがネジロックの影響でなかなか外れなかった(-_-;)

メーカーの気持ちも分からんではないがもう少し控えめに使ってほしいなぁ(^^ゞ

こちらも同じように仕上げて車体に合体・・

フェンダー、ホイールを取り付けて完成。

オーナーさんがステムの事を理解してるか分からないようなので自分のGSF750で教えてみる(^^ゞ

ジャッキでフロントを浮かせてオーナーさんにハンドルを動かしてもらうと・・

「軽い!!これで大丈夫なんですか?」

「これが普通の状態です(^^ゞハンドルの動きが悪いとバランスを取りにくくなるし無駄に疲れますよ」

とりあえず納得?したと思う(^^ゞ
2017/09/16(土)
XLRバハの常連さんから久しぶりに電話・・

「タイヤ持ち込みで交換お願いします」

「了解(^^ゞ」

少し待っているとXLRバハが到着。

持ち込んだタイヤを見ると・・

新品なんだけど中身は賞味期限切れだな(~_~;)

おまけにタイヤが硬くなってきてるし・・(-_-;)

バイクを中へ入れて先にリヤから始める・・

リヤホイールを外し古いタイヤを外す・・

こちらもかなり古いのでそれなりに硬くなっている(~_~;)

古いタイヤは外れて持ち込んだタイヤを嵌める・・

チューブを入れる時もこの硬さが手をいじめる・・

タイヤレバーで出来ない範囲ではない硬さだが苦労させられた(-_-;)

リヤホイールを車体に取り付けてチェーン調整し固定・・

続いてフロント・・

ホイールを外し古いタイヤを外す・・

こちらもそれなりに硬くなっているがリヤほど苦労しない(^^ゞ

持ち込んだタイヤを嵌める・・

こちらもそれなりに硬いが苦労せず嵌められた(^^ゞ

そろそろタイヤ交換が終わる頃にエンジンオイル交換の追加依頼。

フロントホイールを車体に取り付けてタイヤ交換は終了。

続いてエンジンオイル交換・・

古いオイルを抜く・・

雑談しているとかなり動かしてなかったらしい。

それでも走れる状態なのだからラッキーだが(^^ゞ

ドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

キックでエンジンをかけてからオイル量をチェック・・OK

帰り際に「やんちゃするとタイヤ滑るからね(^^ゞ」と言っておいた(^^ゞ

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ