カウル穴開け

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2012/12/24(月)
また昔話。

インテリメカニックさんの友人のビモータDB-1

エンジンが熱くなってくるとご機嫌斜めになる(^_^;)

何度かお高いカウル(一体式)を外してはキャブ調整をしていた。

でも走行する時はカウルが装備されているので状況がかなり変化する( ̄◇ ̄;)

その友人さんが某ディーラーに相談したらカウルの側面に直径5cmくらいの穴を開けてキャブ調整をするという話を聞いてきたようである。

こちらで何とかならないかと言ってきたのである(^_^;)

カウルに穴を開けても良いのならこちらに問題はない(^_^;)

単品で購入すれば150万以上するカウルに穴を開けるのはある意味快感(^_^;)

なるべくキャブ調整しやすい所に印をつける。

ドキドキの穴開け・・

とりあえず10mmの穴を開けてみる。

ロングドライバーを通すと何とかなりそうな予感(^_^;)

エンジンをかけて熱くなるのを待つ・・・・・

一応前面から微風を送りながらのキャブ調整・・・・・

やはりカウルを外した時とはまったく違う。

渋滞に嵌ってしまったらガソリンが沸騰しそうな感じ・・

それだけカウルの中が熱いって事である。

苦労して多少ご機嫌が悪くなるくらいまでに調整。

オーナーさんも納得してくれたのでラッキー(^_^;)

外車は外車なりの苦労がある(^_^;)
スポンサーサイト
この記事へのコメント
こんにちは

DB-1のカウルに、穴開け・・・!
ひえぇぇぇぇ~!

開けるほうは、ドキドキもンですよねぇ~!
けど、オーナーはどういった方なのでしょう?

あたしは、GSX-R750のサイドカウルに通風孔を開けるのに、FRPでサイド部分を作り直して通風孔を設けました
2012/12/24(月) 10:45 | URL | 中高年ライダー&スケーター #PVhsdGGw[ 編集]
こんばんは。
オーナーさんにOKを貰えば穴を開けちゃいますよ(^_^;)
オーナーさんは普通のサラリーマンみたいですね。
2012/12/24(月) 20:25 | URL | バイク修理屋おやじ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ