中華+ノーマル(^_^;)

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2013/03/18(月)
壊れている中華エンジンとノーマル(50cc)を積んでカブのオーナーさんが来店(^_^;)

かごの中にはボアアップキット(確か75ccと言っていたような・・)

こちらが「本当にやるの?」と聞くと向こうは「やる」とか(^_^;)

本人が良いと言っているので作業開始。

まずはノーマルエンジンを分解していく・・・・・

移植するクランク、ジェネレーターなどを別にしておく。

次にシリンダーヘッドが外れている中華エンジン(110cc)を同じように分解していく・・・・・

分解しながらノーマルと違う部分をいろいろと発見(^_^;)

良い所もあれば悪い所もある(^_^;)

コピー品なので大きな差はないが(^_^;)

ロングクランクを外しショートクランクを移植・・・・・

ミッションのチェックをしてからクラッチ側を仕上げていく・・・・・

ショート用(ノーマル)のカムチェーンを通してカムチェンテンショナーの先端をノーマルに変更。

ノーマルのジェネレーターを取り付ける・・

銅線の質はノーマルの方が絶対良さそう(^_^;)

シリンダーのスタッドボルトもノーマルに変更・・・

腰上を仕上げる前にシリンダーヘッド(ノーマル)の掃除&バルブ磨り合わせ・・・

キットのハイカム、ロッカーアームを取り付けてある程度タペット調整しておく。

キットのピストンを取り付けてシリンダーも取り付ける・・

カムチェンガイドローラーもノーマルに変更。

シリンダーヘッドを取り付けてしっかり固定しカムタイミングを合わせる・・

タペットの隙間は問題なさそうだ(^.^)

残っている部品を取り付けてエンジンは完成。

現在積んであるエンジンを下ろすまでの作業はオーナーさんに任せる(^_^;)

積み替え作業は共同でやり後はオーナーさんに任せる(^_^;)

エンジンをかけられる状態になるとエンジンオイルを注入しキック・・

無事にエンジンはかかったが2次エアっぽい音がする・・

オイル漏れはなさそうなのでエンジンを止めてマフラーを取り付けさせる。

またエンジン始動。

やはり2次エアを吸っているみたいでアイドリングが安定しない(>_<)

対策の連続でやっと2次エアがなくなるとアイドリングも安定。

中華+ノーマルは長持ちするのだろうか(^_^;)
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ