GPZ1100シム調整

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2013/03/25(月)
では続きを・・

ヘッドカバーを捲ってまずはバルブの隙間チェック・・・・・

全体の約半分が基準値ではなかった。

1番だけが悪いわけではない。

その内の大半が基準値以下。

普通は基準値以上が多いはずだが年式によって様々(^_^;)

シムの厚みを調べていく・・

このエンジンの良い所は直打式なのだが中間にスライドさせられるロッカーアームがある。

こいつのおかげでカムシャフトを外さずにシムを外す事が出来る。

ただそれなりに狭いので作業は大変だが(^_^;)

隙間の狂っているシムを外しノギスでチェック・・

微妙?な老眼(^_^;)なのでメモリが見にくく目が疲れる(^_^;)

今持っているシム(20枚くらい)を出して丁度良い物を見つけ取り付けて隙間チェックしていく・・・・・

なるべく最低基準値に・・

さすがに一発で決まらない部分も有り何度かやり直し(^_^;)

ノギスでは最低が0.05mmなので0.01mm単位は測れない(^_^;)

老眼には辛い作業が続く・・(^_^;)

こういう時に歳を強く感じる(^_^;)

何とか今有るシムだけで調整は終了。

液体ガスケットを塗りヘッドカバーを取り付けてしばし待つ・・

LLCを入れない状態でエンジンをかけて少し様子を見る・・大丈夫そう(^_^;)

エンジンを止めてLLCを注入しエア抜き・・

エンジンをかけて暖気・・

キャブレターに同調テスターを取り付けてまた調整・・

パイロットスクリューの微調整をしていくとマフラーから良い感じの音が出てきた(^.^)

しばらくそのままで放置していると・・リザーブタンクからLLCが溢れてきた( ̄◇ ̄;)

さっきまで元気だった電動ファンが回っていなかった( ̄◇ ̄;)

配線を直結するとファンは回る。

ファンスイッチをコンコンしてみるが変化なし(^_^;)

エンジンを止めて冷やす・・

そういえば・・こいつのファンスイッチが何処かにあったよなぁ・・

あちこち物色しているとファンスイッチを発見!!

ラジエターが冷えたのを確認しファンスイッチを交換しLLCを補充してエア抜き・・

またエンジンをかけて様子を見る・・

しばらくすると電動ファンがブンブン回り復活(^_^;)

キャブレターのフロートもかなりくたびれているが当分はいけるかな(^_^;)

スポンサーサイト
この記事へのコメント
魔法の眼鏡はかけないんですか~?
(^^;)
2013/03/25(月) 19:00 | URL | おくさん #-[ 編集]
こんばんは。
魔法の眼鏡欲しいです(^_^;)
2013/03/25(月) 19:28 | URL | バイク修理屋おやじ #-[ 編集]
>こいつのファンスイッチが何処かにあったよなぁ・・

これって凄くないですか?(汗)
ばっちり直って、オーナーさんも大満足ですね!
2013/03/25(月) 20:55 | URL | やんべ #-[ 編集]
こんばんは。
かなり昔に注文した部品だったのですが使わずに終わってしまった物です(^_^;)
丁度使えて良かったです(^_^;)
2013/03/25(月) 23:35 | URL | バイク修理屋おやじ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ