発電機トラブル

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2013/08/06(火)
中華エンジンのカブ号。

ショートクランクにして発電機も国産にチェンジしたのだが・・

発電量が徐々に足りなくなってきた(~_~;)

とりあえず純正部品の在庫確認・・・・・

生産中止!!

キャブ式のカブにも欠品部品の波が・・(-_-;)

オーナーさんはまた妄想の世界(^^ゞ

後日また来店。

手には何やら怪しい袋(^^ゞ

中身はチューニング用の発電機(^^ゞ

6vのエンジンもこの部品を使えば12vになるらしい(^^ゞ

バイクを中へ入れてオーナーさんは外せる所を外していく・・

発電機がむき出しになった所でバトンタッチ。

特殊工具でフライホイールを外しベースプレートごとステーターを外す・・

持ってきた部品を合わせてみると問題なく取り付け出来そうだ(^^ゞ

細かい物を取り付けてステーターを固定しフライホイールもしっかり固定。

これから先はまたオーナーさんが配線加工・・・

配線が繋がった所でエンジン始動・・

無事にエンジンがかかりヘッドライトも前より明るい(^^ゞ

普通は暗くなるのだが(^^ゞ

もしかしてHIDが取り付け出来るかも・・

試しに配線を繋いでみるがやはりダメ(>_<)

発電量がまだ足りないらしい(^^ゞ

軽量発電機でどれだけトルクが薄くなったかはまた来店した時にでも聞いてみよう(^^ゞ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ