今では懐かしいトラブル(^^ゞ

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2013/12/25(水)
少し前にスプロケット&チェーンを交換したST250E

何だかエンジントラブル?が出るらしく相談に来店。

いろいろ話を聞いてみる・・・

一応購入した店でいろいろやったみたいだが症状は変化なし。

ここ最近急激に冷え込んできてたまにエンジンの回転が下がらなくなるとか。

これは懐かしいアイシング現象(^^ゞ

でも冬限定の症状ではない(^^ゞ

極一部の車両に出るトラブルと言っても良いかな。

旧車は結構出るかも(^^ゞ

今ではあまり聞かなくなったのだが・・

回避としてはあまり寒い日に乗らなければ良い事なのだが(^^ゞ

後は見た目が悪くなるがキャブレターにエンジンの熱を送るしかない。

オーナーさんにこれを教えたら自分でやってみると言って帰った。

数日後また来店。

ちょっと大げさな処理をしていたがアイシングはまったく出ないとの事(^^ゞ

ただ・・エンジンがあまり冷えない状態なので改善を進めておいた(^^ゞ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
僕は1980年製のジムニー(SJ30)に乗ってるんですが、まさにこれと同じ現象で、現在悩み中でした。
そうか。「アイシング」っていうのか。
キャブレターをあっためればいいのでしょうか?
ホカロンでも貼ってみようかな……?
2013/12/26(木) 00:19 | URL | 因俊郎@W650 #SFo5/nok[ 編集]
こんにちは。
多分2ストジムニーですよね(^^ゞ
アイシングはキャブレターが吸気熱で急激に冷えて出る現象です。
2ストでは良くある現象です(^^ゞ
冬場だけでもキャブレターを温めるような工夫をすれば何とかなるかもしれません(^^ゞ
2013/12/26(木) 08:52 | URL | バイク修理おやじ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ