グラストラッカー

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2015/06/25(木)
先日、WR250X(逆車)の作業をしていると電話が・・

オーナー「グラストラッカーなんですが、エンジンの調子が悪いんです」

私「症状はどんな感じですか?」

オーナー「エンジンは普通にかかるのですが・・スロットル操作をすると吹けないんです。ゆっくりやれば多少吹け上がるのですが・・」

私「多分キャブレターが怪しいと思いますよ」

オーナー「自分でキャブレターをオーバーホールしてみたんですが直りません。見てもらえますか?」

私「今作業中のバイクがあるのですぐに出来るか分かりませんがそれでも良いですか?」

オーナー「とりあえずそちらへ向かいます」

しばらくするとグラストラッカーが来店。

こちらは丁度作業が終わった所だった。

先にバイクの症状をチェック・・

私「やっぱりキャブレターが怪しいですね(^^ゞ」

オーナー「2回もオーバーホールしたんですがね(^^ゞ」

バイクを中へ入れてキャブレターを外す・・

分解しながら予想する所を調べていく・・・・・

特に詰まっているような所はない・・

一度組み上げていく・・

が、

ニードルジェットが素直に組めない(-_-;)

反対にすれば組めるがこれは間違い!!

これが原因だろう(^^ゞ

オーナーさんにも現状を見せつつ説明・・

キャブレター本体を少しずつ加工しニードルジェットは組めるようになった(^^ゞ

後は普通に組み上げるだけ・・・

出来上がったキャブレターをエンジンと合体・・

エンジンをかけて吹け上がりチェック・・OK(^^)

オーナーさんも喜んではいたが多少複雑な顔であった(^^ゞ

ちょっとしたニアミスではあるがこれも経験(^^ゞ

構造を理解すればこういうミスはしなくなるだろう(^^ゞ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ