CBR600RR

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2015/10/03(土)
先日、県外からCBR600RRが来店。

天気が悪いのにありがたい事である。

依頼はフォークオイル交換。

作業前にダンパーの位置をチェック・・

戻りも縮みも最弱・・

スプリングのイニシャルも最弱・・

なんだけど動きが硬いらしい・・

中古で購入してるから前のオーナーさんが何かやっているのかも?・・

フロントをジャッキアップしてホイール、フェンダーなどを外し倒立フォークの可動部を磨く・・・・・

錆は出てないな(^^ゞ

ハンドルを動かすと・・ステムベアリングが少しゴリゴリするような感じ・・

オーナーさんにも確認させてステムベアリング調整・・

ハンドルの動きが前よりは良くなった所で右フォークを外す・・

半分解していると・・普通は外れない部分が何故か外れる(-_-;)

今までもいろんな倒立をやってきたがこれはありえなかった。

オーナーさんにも現状を見せて説明・・

それから作業を進める・・

スプリングを見ると何となくだが純正ではなさそう・・

油面をチェックし古いフォークオイルを抜く・・

結構粘りが強いオイルが出てきた。

多分強化スプリングで指定の番数のオイル(15番くらい?)が入っていたようである。

それはそれで悪くはないが現オーナーさんには硬いらしい(^^ゞ

一応オーナーさんにスプリングの件を伝える。

少しでも柔らかくなるようにオイルの番数を下げる事に・・(^^ゞ

新しいフォークオイルを注入し油面を合わせながらエア抜き・・

後は組み上げていく・・

車体に取り付ける前にフォークを動かしてダンパー調整・・・・・

仕上げたフォークを車体に取り付けて左フォークを外す・・

左フォークを半分解すると問題の部分はいつも通りの感じで外れた(^^ゞ

前のオーナーさんが右側を無理して壊したような気が・・

スプリングを抜き油面をチェック・・

あれっ・・10mmくらい違うなぁ・・(^^ゞ

多少誤差があってもこれはないだろう(~_~;)

古いフォークオイルを抜き新しいフォークオイルを注入し右フォークと同じ油面に合わせながらエア抜き・・

後は組み上げてダンパー調整・・

仕上げたフォークを車体に取り付けてフェンダー、ホイールなどを取り付けて完成。

これでも硬ければ純正のスプリングも考えてもらうしかない(^^ゞ

ちなみにリヤサスもかなり硬くしてあったようでオーナーさんが緩めたらしい(^^ゞ

足回りのセッティングはしなやかさを残しつつ徐々に硬くしていくのが無難。

自分のライテクとセッティングが合わなければ乗りにくくなるだけ!!
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ