GT380(その1)

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2015/10/17(土)
ポイント

エンジン不調らしいGT380が部品を揃えて来店。

そのままお預かり。

まずはシートグリップから・・

リヤサスを外したりしながら取り付ける・・・

シートグリップが歪んでいるのか?それともフレームが歪んでいるのか?・・

力技で何とか取り付ける(^^ゞ

さて・・

問題の点火系を先にやらなければ・・

壊れている?フルトラキットを外す・・・・・

持ち込んできた部品をチェック・・

新品のポイント(コンタクトブレーカー)は形が似てるがそのまま取り付けるのは不可(-_-;)

古いのが生きてるからそのまま使うか(^^ゞ

足りなかったコンタクトブレーカーカムも有る(^^ゞ

新品のコンデンサもまったく違う物で配線が短い(-_-;)

ノーマルの配線は1本外され残り2本も加工されていて短い(~_~;)

配線は何とかなるがターミナルがない(~_~;)

仕方ない・・オートバックスでも行ってみるか(^^ゞ

ターミナルを物色・・・2種類購入し帰ってきた。

ノーマルの配線を延長しもう1本を足す・・

古いポイントの接点を磨く・・

古いコンデンサを外し新品に交換・・するのだが配線が短い(-_-;)

ほとんど強引に新品のコンデンサに交換・・(^^ゞ

配線にターミナルを取り付けて各ポイントに配線を取り付ける・・・・・

久しぶりに5.5mmスパナが大活躍(^^ゞ

メインの左のポイントの点火時期をテスターを使いクランクを回しながら調整・・・

メインプレートをしっかり固定・・

次に右ポイントの点火時期の調整・・・・・

最後にセンターのポイントの点火時期を調整・・・・・

まあこんなもん・・かな(^^ゞ

バラバラの配線をテープでまとめ反対側に通してメインハーネスと接続・・

プラグキャップにプラグを取り付けて点火チェック・・OK(^^)

エンジンにプラグを取り付けてエンジンをかける・・

チョークを引いてキック数発でエンジンがかかった。

暖気しながら調子を見る・・

確かに低速域の調子が悪いな(^^ゞ

ガスが薄い・・

エアスクリューを目いっぱい締めても薄い・・(-_-;)

キャブレターを外すか・・(^^ゞ

つづく・・
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ