ジェネレーターは復活(^^ゞ

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2015/12/26(土)
ステータ

車検で預かっているGSX750S

発電トラブルで注文していたステータが入荷。

値段を見るとホンダの半分くらい。

良心的なのか?それともコストダウンか?

早速作業開始(^^)/

なるべくエンジンオイルが出る量を減らすように工夫・・

それからスプロケットカバー、セルモーターカバーを外しジェネレーターカバーを外す・・

ステータを見ると・・見事に真っ黒!!

これじゃあ発電しないよなぁ(^^ゞ

ステータを交換する前にプラスチックみたいにカチカチのガスケットを除去・・・・・・・・・・

除去するだけで1時間以上掛かったかなぁ・・

ステータを交換し新品のガスケットを取り付けてジェネレーターカバーを合体・・・

液体ガスケットが乾くまで少し待つ・・

エンジンオイルを補充しエンジン始動・・

アイドリングするギリギリの回転でもAC16V以上出ている(^^)

エンジンを止めてレギュレターの配線と接続・・

またエンジンをかける・・

しばらくするとレギュレターが熱くなってきた。

これはいけるか・・

バッテリー端子で充電電圧をチェック・・足りない・・

他の配線でもチェックするが足りない・・

レギュレターもダメか・・(~_~;)

スズキはステータ&レギュレターのセットで壊れる確率が高いなぁ・・

前にやった隼も同じだったなぁ・・

ギリギリではあるが部品注文・・

個人的な考えではあるが・・

先にレギュレターが壊れて電気の流れが滞りステータがおこげになる・・ような気がする(^^ゞ

電気はあまり得意ではないのではっきりしないが(^^ゞ

後日(祝日)、オーナーさんが油圧式のブレーキスイッチを持参で来店。

レギュレターも壊れているのを説明し現状のブレーキスイッチの状態も見せる・・

私「週末にレギュレターが入荷すれば今年の最終日の車検に間に合うと思います」と伝える。

オーナーさんが帰ってから油圧スイッチを交換・・・

フロントブレーキスイッチが復活(^^)

配線もトラブルが出ないように工夫・・
スポンサーサイト
この記事へのコメント
こんにちわぁ~
そぉですか、スズキ車はジェネとレギュが一緒に逝くことが多い・・・
30年物のGSXR750君も充電系統が不調になったら、まずはここをチェックですねぇ~♪
2015/12/27(日) 12:13 | URL | ライ・スケ #8S10KUAo[ 編集]
こんにちは。
スズキはセットのトラブルが多いですよね(^^ゞ
2015/12/28(月) 11:54 | URL | バイク修理屋おやじ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ