R1-Z

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2016/12/31(土)
R1-Z

今年中に予定していたR1-Zのエンジン腰上の修理。

オーナーさんから連絡が入り来店を待つ・・

しばらくしてR1-Zが到着。

すぐにシート、タンク、チャンバーを外す・・・

LLCを抜きラジエターも外す・・

YPVSのジョイントも問題なく外れた。

シリンダーヘッドを外す・・・

ピストンをチェックすると・・STD。

博打みたいな感じで持ち込んだ新品ピストンが使える(^^ゞ

シリンダーも外す・・・

古いピストンはリングの下まで黒い(予想通り(^^ゞ)

クランクケースのシリンダーガスケットの除去はオーナーさんに任せる(^^ゞ

こちらはシリンダーからYPVSバルブを外しエンジンコンディショナーを使って掃除・・・・・・・・・・

何とか綺麗になりパーツクリーナーで洗浄・・

それからシリンダーのキズを修正・・・・・

そのシリンダーをオーナーさんに渡してガスケットの除去を任せる(^^ゞ

その間に新品のピストンをコンロッドに合体・・・

社外品にしては良い造りである。

シリンダーヘッドの燃焼室の掃除も・・

シリンダーのガスケット処理が終わりYPVSバルブを取り付ける・・・

2サイクルオイルを塗りピストンとシリンダーを合体・・

空キックをしてピストンの動きをチェックしシリンダーを固定・・・

YPVSバルブのジョイントで少し手間が掛かったが何とか取り付ける・・

掃除したシリンダーヘッドも取り付ける・・・

また空キックで圧縮をチェック・・OK

チャンバーを取り付けラジエターを取り付けLLCを注入・・水漏れ無し(^^)

タンクを取り付けてオーナーさんにエンジンをかけてもらう・・

元気良くエンジン始動。

アイドリング状態でしばらく暖気・・・

吹け上がりも軽くなり水漏れもなし。

「特に慣らしは気にしないで良いから」と言ってオーナーさんに試乗してもらう。

試乗から帰ってくると笑顔であった。

そこそこ回してきたらしく「高回転までスムースに回る」との事。

楽しく走ってもらいたい。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ