Fフォークトラブル(>_<)

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2010/04/19(月)
特殊塗装に出していたXJR1200のヘッドカバーとステムとFフォークのアウターチューブが完成して仲介の刀のお客さんがアドレスV125に乗って届けてくれた(^_^)

とりあえず足回りを組んでバイクを安定させたい!!

早速ステムのベアリングにグリスを塗って組み上げる。

ここまでは問題無し。

まず右Fフォークを組み立てて新しいオイルシールを打ち込んでフォークオイルを注入・・・

油面を測りながら正確にオイルを入れてフォークトップも組み上げて動きを確認すると・・・

フォークオイルが漏れてはいけない所(アウターチューブ下部の縮み側のダンパー調整のネジ)からじわりと漏れてくるではないか(>_<)

その現場を見ていた刀のお客さんも困った顔をしていた(・_・;)

パーツリストを見てもダンパー調整の部分は単品でなくアウターチューブASSYになっている(>_<)

構造は何となく判るのだが今までやった事はないし・・・

刀のお客さんと話をしてとりあえずやれるだけやってみようと言う事になった^_^;

必要な所だけ特殊塗装を剥がし材質チェック・・・

何だか鉄っぽいなぁ^_^;

慎重にドリルで穴を開けていくと凄く小さいスプリング(5mmくらい)が見えた。

穴を徐々に大きくして適度な大きさでストップ。

スプリングを外すと奥にはスチールボールが一つ入っていたのでそれも外す。

大体予想通りの構造であった^_^;

後はダンパー調整の部分を無理しないように外し傷んでいるOリングを代用の物に交換し組み上げてフォークを何度も沈めて様子をみたがフォークオイルの漏れは無し(^_^)v

スチールボールとスプリングのフタの部分も作製して右フォーク完成。

左Fフォークもやはり同じ症状だったのでこちらも対応した^_^;

予想外のトラブルで数時間かかったがせっかく特殊塗装したアウターチューブを交換しなくて済んだので刀のお客さんもほっとしていた^_^;

バイクも10年以上経つといろいろとトラブルが出るものである^_^;
スポンサーサイト
この記事へのコメント
バイクったって、いろんなのありますもんね。
基本的は作りは一緒なんでしょうけど、細部までは。
10年たつと、いろいろガタくるんだろうな。
今の愛車、10年以上乗りたい!!
2010/04/19(月) 19:01 | URL | おくさん #-[ 編集]
おくさんさん
いろいろとハイテクな物が装備されているとトラブルも増えますね^_^;
CBも大切に手入れすれば永く乗れますよ(^_^)
2010/04/19(月) 19:11 | URL | バイク修理屋おやじ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ