アドレス125

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2017/06/30(金)
プラグ

アドレス125が来店。

オーナーさんは前に旧車を乗っていた人であった(^^ゞ

依頼はオイル交換。

古いオイルを抜いていると・・

「エンジンをかけ初めの時が微妙に調子が悪いような・・」との事。

抜けているオイルを見ると真っ黒(^^ゞ

走行距離は約20000km

中古で購入してからそれほど経っていないらしい。

普通なら購入店に話をすると思うのだが(^^ゞ

オーナーさんは真っ黒なオイルを見て「納車整備してるのかなぁ・・」

「どうですかねぇ。距離もそこそこだしプラグを交換しても悪くないと思いますよ(^^ゞ」

とは言ってみたものの在庫は持ってない(^^ゞ

とりあえずドレンボルトを締めてトリプルRを注入しエンジンをかける・・

エンジン音は多少静かになったがかけ初めのエンストは直ってない・・

試しにエアクリーナーを掃除してみるが特に変化無し(-_-;)

作業が終わりオーナーさんは用品屋へプラグを買いに向かった。

しばらくしてまた帰ってきた。

買ってきたのはイリジウムプラグ。

プラグは確か左側だったよなぁ・・

プラグキャップを見つけるが何となくしっかり嵌ってないような感じに見えたが実際にはしっかり嵌っていた。

でも何となく少し浮いていたような・・

プラグキャップを外しプラグを緩める・・

何やら違和感だらけの手応え・・(-_-;)

外れたプラグをチェックするとしっかり奥まで入ってない状態のような・・

オーナーさんも機械関係の仕事をしているらしくすぐに分かったらしい。

新品のプラグを手で優しく入れてみるが良い角度では全く入らずどうしてもやや斜めっぽい感じにしないとダメらしい・・

覗き穴からプラグホールをチェック・・

やはり覗き穴からは真っ直ぐには入らないような角度でプラグホールは開いている・・

何とか丁度良い角度で入れようと努力してみたが全く入らない(-_-;)

オーナーさんが「入る方向で入れて良い」との事。

仕方なく何とか入る方向でプラグを入れる・・・・・

やはり違和感だらけ(-_-;)

プラグキャップを取り付けてエンジンをかける・・

無事にエンジンがかかりかけ初めのエンストもとりあえず解消。

オーナーさんに「前のオーナーかバイク屋でやられたかも」と伝える。

オーナーさんはエンストしなくなっただけでも良いと妥協していたようである。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ