アドレスポート加工

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2010/04/20(火)
店の常連さんのアドレスV125改。

エンジンのボアアップ、ワンオフチタンマフラー、ステムシャフト補強、フォークスプリング交換、リヤサス交換、インジェクションの燃圧アップ、プーリー周りもそれなりに部品を交換している。

これだけでも改造費でいくらかかっているやら・・・^_^;

でもまだ納得のいく仕上がりになってないようで私にお願いしにやってきた^_^;

依頼内容はシリンダーヘッドのポート加工。

ノーマルの状態なら依頼を受けないがそれなりにお膳立てしてあるから何とかしてあげよう^_^;

アドレスを1日半預かり邪魔なカバー類やマフラーをを外していく・・・

でもエンジン周りのクーリングカバーがなかなか外れない(>_<)

リヤサスのボルトを外しフレームを持ち上げながら何とか外したが付ける時にまた苦労しそうだ^_^;

インジェクションのジョイント部も外しエンジンがすっきりした。

初めて分解するエンジンなので分解しながらカムタイミングをメモしておく。

ここまでやれば後はモンキーと同じようなエンジンだからそれほど苦労はないだろう^_^;

カムチェーンを外しシリンダーヘッドを上手に外す。

ポートの大きさとエンジンの肉厚をチェックしていく。

吸気ポートは加工しなくても問題無さそう(他の人はツルツルにしているらしい)だが排気ポートはかなり小さいのでここでパワー制御されているのがすぐに判った。

これじゃあ高回転が回らないからつまらないだろうなぁ^_^;

エキゾーストのバルブを外し、リューターで排気ポートを削っていく・・・

少しずつ少しずつ肉厚をチェックしながら削っていく・・・

無駄に大きく削っても無意味なので排気効率を考えながら削っていく・・・

良い感じにポートを広げられたので外したバルブも綺麗に磨いて取り付けてエンジンを組み上げる。

インジェクション部を付けてマフラーも付けてエンジンかけてオイル漏れのチェック・・問題無し(^_^)

吹け上がりも軽くなったようでエンジンもご機嫌である(^_^)

エンジンを冷やし、マフラー、インジェクション部を外しクーリングカバーを苦労しながら取り付ける。

後はそれほど苦労はないのでどんどん組み上げる。

このアドレスにこれ以上の事を求められても困るなぁ^_^;

と思っているのは私だけだろうか^_^;
スポンサーサイト
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。そちらで去年御厄介になった、コバタケ@ジェベル乗りです。

ブログ開設おめでとうございます。 これからもちょくちょく見させてもらいますので、よろしくお願いします。

またお店にも遊びに行きますね。(お金にならない客でゴメンナサイ)
2010/04/20(火) 22:23 | URL | コバタケ #8kSX63fM[ 編集]
コバタケさん
ありがとうございます(^_^)
まだまだ慣れていないので何かと苦労してます^_^;
2010/04/21(水) 01:04 | URL | バイク修理屋おやじ #-[ 編集]
v125の高回転が回らないことに頭を悩ませ調べていてこちらへたどり着きました。
私もそれなりなカスタムをしているのですが、高回転が回らないことで困っています。
ポート加工なのですが、吸気側を触らず排気のみの加工をこの記事ではやったようですが、吸気をあまり大きくすることはまずいのでしょうか?
排気側も大きすぎると意味がない・・・。とありますが開けすぎでの不具合もあるのでしょうか?
あと、圧縮圧が高いと高回転は回らなくなりますか?
純正10kg/cm2のところボアアップにともない現在13kg/cm2ほどになっています。
時間がある時でよろしいですのでアドバイスお願いします。
2012/02/11(土) 10:07 | URL | 苦戦者 #YG9ONXHE[ 編集]
こんにちは。
こちらは常連さんの依頼でポート加工を行っただけですのでアドレスを専門にカスタムしている業者さんへ聞いた方が詳しく教えてもらえると思いますよ^_^;
2012/02/11(土) 10:33 | URL | バイク修理屋おやじ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ