セロー250

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2017/09/25(月)
部品

セロー250の常連さんが来店。

新車時につま先立ちだったノーマルポジション・・

半年もしない内に踵が余裕でつくほどになっていた。

新車時にリンクのグリスアップはしてある。

それでリヤサスのスプリングを調整したみたが若干直った(踵が軽くつく)程度であった(~_~;)

根本的な原因があるのは確かなのだがハッキリとは言えない・・

個人的な意見ではあるがリヤサスが怪しい(^^ゞ

へたりだけではないがこれと言ってリコールが出ているわけでもない(~_~;)

打開策としてはリンクのコネクティングロッドの変更くらい(^^ゞ

姉妹品のトリッカーのコネクティングロッドが若干短いらしい。

それで先に部品注文・・

物はすぐに入荷(^^)

オーナーさんに連絡すると後日来店。

バイクを中へ入れてジャッキアップ・・

後はオーナーさんがやるので見学(^^ゞ

こちらは外れたコネクティングロッドとトリッカーの物を比べる・・

2mmほどではあるが確かに短い(^^ゞ

個人的にはあと1mmほど短くても良いのだが(^^ゞ

トリッカーのコネクティングロッドの取り付けが終了。

ジャッキを外しオーナーさんに跨ってもらうと・・

「大分直りましたね。前ほどではないですけど(^^ゞ」

踵が浮くようになり満足度半分ってとこかな(^^ゞ

それでも踵べったりよりは良いとの事。

WRと比べるとかなりコストダウンされているのは分かっている。

せめてサスのスプリングくらいは良い物(材質)を使ってほしいものだ(^^ゞ

もう生産中止になってしまったが(^^ゞ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ