FC2ブログ

GSX1100S(1994)

パソコン苦手なバイク修理屋おやじの気まぐれ日記でございます^_^;
2018/07/11(水)
今年の春前くらいに車検を通したGSX1100S(1994)の常連さんからメール・・

キャブレターからガソリン漏れ&始動性が悪い?ような・・との事。

とりあえず来店してもらう事に・・

後日、予定通りに来店。

まずはキャブレターのガソリン漏れをチェック・・

4番キャブの一番下の部分からガソリン漏れの跡が・・

ドレンボルトが緩いのかな・・

特にエンジンの調子も悪くないしドレンボルトが緩いわけでもなかったが一端緩めて締め直す・・

「ここはこれで様子を見てください」

次に始動性の話に・・

オーナーさんの使用状況を詳しく聞く・・・

それほど頻繁には乗っていないようである(^^ゞ

「確かプラグはノーマルでしたよね。イリジウムプラグに交換してみませんか?今よりは始動条件が良くなりますよ」

「今有りますか?」

「在庫はないので買ってきてもらえればやりますよ(^^ゞ」

「では買ってきます」と言ってオーナーさんは用品屋へ・・

しばらくしてオーナーさんが帰ってきた。

すぐにバイクを入れて作業開始・・

タンクを外さずに作業していると・・

「タンクは外さないんですか?」

「このバイクはそこそこスペースがあるので外さないですよ(^^ゞ」

なんて言いながらプラグを交換していく・・・

交換が終わりエンジン始動・・

気持ち良く始動してアイドリングしている・・

若干ではあるが微調整をしようかな・・

バイクの振動&排気音に注意しながらパイロットスクリュー調整・・・

オーナーさんは不思議そうな顔(^^ゞ

調整が終わるとハンドルの振動が細かくなり低音の安定した排気音になった(^^)

「始動性もこれで様子を見てください」

ここでオーナーさんからエンジンオイルの相談が・・

現在プロステージを使用しているらしい。

「トリプルRを入れたら変わりますか?」

「冷えてる時はそれほど変わらないと思いますが通常の温度になれば違いが出ると思いますよ(^^ゞ」

「ではオイル交換お願いします」

ドレンボルトを外し古いオイルを抜く・・・

ドレンボルトを締めてトリプルRを注入・・

エンジンをかけてオイルを通しエンジンを止めてオイル量をチェック・・

エンジンが熱い内に抜いているので指定量では足りるわけもない(^^ゞ

もう少し待ってから少し補充・・OK

オイルが新品になると振動が更に細かくなった(^^)
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © バイク修理屋のつぶやき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ